一輪の花

March 01 [Mon], 2010, 11:51
バンクーバーオリンピックが終わりましたねぇ。

氷上を滑る競技に、メダルが入り嬉しいです。

しかし....残念でしたねぇ。パシュートの結果には、喜びと悲しみが入り混じった思いでした。目の瞬きのスピードより早いタイミングでの決着....時というものは非常ですね。

と、言っていますが相手国ドイツにとっては、時は金なりでしたね。金メダル獲得おめでとうございます。

昨日に放送があった「フィギュア・エキシビジョン」は、出場選手の「違った一面」が見れて楽しめました。このエキシビジョン開催もフィギュア競技の原動力(?)になっているのかもしれませんね。

大会での姿は、国を背負って滑る姿、楽しみながら滑る姿が見受けられましたが、エキシビジョンでは選手の皆さんの「楽しんで滑る姿」が見られ、もっとも盛り上がったのではないでしょうか?

結果、各国の順位、メダル数などは置いといて、氷上で「一輪の花」が、「華麗」に、「楽しそう」に、舞っている姿が一番大事だったと思います。

ほかの競技では、「失格」や「事故」などがありましたが、次の冬季オリンピックが楽しみになりました。

ありがとう!雪上と氷上の花達よ!来年も咲き誇りますように....

いよいよ開幕!

February 12 [Fri], 2010, 11:12
さぁ、いよいよ開幕ですねぇ....えっ?....バンクーバー大会が!!

暖冬といわれるけど、まさしく冬の祭典!

モーグル、ジャンプ、フィギュア......などなどの「雪と氷」を舞台にした舞台.....う〜ん....良いですねぇ。

選手を見習い自分も技術の向上を「努力と才能」で輝かせよう!

頑張れ!全ての格闘家よ

December 02 [Wed], 2009, 16:23
先日のボクシング、内藤VS亀田戦を見終え、釈然としない気分ですが、
12/5にはK−1WGP(ワールドグランプリ)決勝があり、年末にはDynamite
が控えている。非常に楽しみである。

格闘技界にも不況の煽りで、開催を控える団体や合同で開催をしている現状

ファイティングスタイルの違いで各団体、存在しているのだが、
存続するには厳しいと感じさせられるのは寂しい限りである。

合同といった開催は、各団体の人気、実力者が戦いを交える
という意味では面白みがある。一方どういったルールで試合
を行なうか、体格、体重差によって有利・不利が生じてくる。

ま、どんなスタイルでも勝つのが真の格闘王かもしれないが、
その道を極めるには、ルールを熟知し、うまく利用するクレバーさ
も必要になってくる。

肉体的、精神的に加え頭脳的に戦う事も勝つために必要な要素

もう力だけの大味な格闘は時代にマッチしなくなってきているのかも
しれない。。そういうところが現代には向いているのかもしれない。。。

今年から上方お笑い大賞までなくなってしまう・・そのうちお笑いの世界までも・・
お笑いも、ある意味格闘技 頑張ってくれ!全ての格闘家よ
P R

京都の求人を中心にした職業紹介サービス ぴたJOB

京都の求人を中心にした職業紹介サービス ぴたJOB
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:soulred
読者になる
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる