相場師育成マニュアル 極 方法とは? 

July 29 [Tue], 2008, 14:08
詳細はこちら











ドローダウンをすぐに取り返せない投資方法です。

どのような投資方法でもドローダウン(最も負けが進んだ状態)が発生しますが、そのドローダウンをいかにして解消できるかでリスクの高低が決まります。

レバレッジが高い投資がハイリスクですというのは小学生の回答です。
レバレッジはいくらでもコントロールできますから。

スワップ狙いが安全だという風潮がありますが、はっきり言わせて頂きます。

それは為替差益で大きく利益を上げる事ができない人にしかあてはまりません。

デイトレードが最もリスクが低く効率の良い投資法だというのが、プロトレーダー共通の見解です。

理由は以下の通りです。
 ・見ていない時には取引をしないので、不測の事態を回避できる。
 ・指標発表などの時間帯を避けることができる。
 ・大きな値動きをとらえる事ができるので、資金効率が非常に良い。
 ・負けを小さくでき、勝ちを大きく取れる。

など、デイトレードが優れているのは明確です。

その他のトレード方法が悪いとは言いません。
スワップ狙い、さや取り、スイングトレードなどでも勝てる方法はいくらでもあります。

ただし、スワップは「おまけ」と考えるべきです。

そして、あなたは複数の手法を身につけて下さい。
そうすることで様々な相場に応用が利くようになりますから。

私が伝授する手法はあくまでも一手法にすぎません。




詳細はこちら




ファンダメンタル分析は簡単ではない


相場を分析する方法としては大きく分けてファンダメンタル分析とテクニカル分析の二つに分けられます。

ファンダメンタル分析とはご存じの通り、様々な指標や経済状況などから判断、分析する方法です。

テクニカル分析は過去の値動きから移動平均などを用いて未来を予測する分析方法です。


結論から言うと、個人投資家はテクニカル分析に頼らざるを得ません。

ファンドなどがファンダメンタル分析を行うには数人のチームを組むようです。

日々発表される指標などから分析を行うのですが、 同じ事を個人レベルで行うことは不可能です。

できていると錯覚している人はたくさん居るようですが・・・。

一般的にファンダメンタル分析は短期には通用しないと言われていますので、
デイトレにおいてはそれほど重要ではありません。

つまり、個人投資家に求められるものは優れたテクニカル分析の手法です。




詳細はこちら








相場の王道 FX必勝のための投資コンサルタント 口コミ!





株式投資仕手株情報レポート レビュー





小金持ちのための中国株IPO2 口コミ