プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sotto_voce
読者になる
2004年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
「はてな」で書いてます・・・ / 2004年10月18日(月)
あわわ。
今日「ヤプース!更新しないの?」と友人に聞かれて、ビックリ。
まだここを見てくれている人がいるのかわからないけど、
とりあえず・・・

現在はコチラで書いています。

ここは、今しばらく放置になる予定。
気が向いたら写真をアップするかも。
 
   
Posted at 02:41/ この記事のURL
コメント(0)
GW旅行記2 / 2004年05月20日(木)
新潟県十日町市にある弁天池。
大賀蓮で有名な地で、蓮の花が咲く
夏の早朝には、カメラを持った人も多い。

母の実家が近くにあるため、
長期の休みに遊びに行く度に、
鯉に餌をあげるのが楽しみだった。

鯉の餌は、もちろんかっぱえびせん。
とても食いつきが良く、えびせんを
奪うため重なり合う鯉の姿は、壮観。
 
   
Posted at 00:38/ この記事のURL
コメント(0)
GW旅行記1 / 2004年05月20日(木)
今年のGWは、北陸方面へ。

まずは、飛行機の中から撮影した
アルプス山脈。

地上は薄手の長袖で十分な暖かさなのに
山の上はまだ雪景色。
 
   
Posted at 00:34/ この記事のURL
コメント(0)
帰って来ています / 2004年05月10日(月)
無事に関東に戻ってきています。
心配をしてくれた方々、連絡が遅くなってごめんなさい。

予告どおり、いっぱいのんびりしてきました。
すごく幸せ。
これでまた、しばらく頑張れそうです。

GWの写真は、次からアップします。
とりえあず、ご報告まで。
 
   
Posted at 06:44/ この記事のURL
コメント(0)
いってきます / 2004年04月29日(木)
しばし、関東を離れます。
帰ってくるのは、5月7日頃。

いっぱいのんびりしてきます。
写真もたくさん撮影する予定。

それでは、いってきます!
 
   
Posted at 05:07/ この記事のURL
コメント(0)
ありえない / 2004年04月28日(水)
もう、ありえないくらい仕事が終わらない。

■ここ数日寝た場所
・一昨日:実家のコタツ
  →仕事をしつつバッタリ倒れる
・昨日:研究室のソファー
  →目覚ましを4回かけるが、起きれず
・本日:車の中
  →自宅駐車場に車を止めたものの眠さが限界で、そのまま・・・

えーっと、起きて自宅に戻ったらこの時間だったのです。
(現在朝の5時過ぎ)
朝日がまぶしいよ・・・
 
   
Posted at 05:11/ この記事のURL
コメント(0)
道を聞かれやすい女 / 2004年04月17日(土)
昨日は某大学院のゼミに参加するために
朝から東京へ。

無事にゼミも終了し、ホッとしつつホームで電車を待っていると
2人の人に道を聞かれる。

■ハデな洋服にスネ男ママのようなザマスメガネをかけたマダム
マ:○○病院ってどこにあるかご存知?
私:(この駅の利用は2回目だから、わかんないよ・・・)
  すみません、この駅をよく利用していないのでわからないです。
  改札で聞くと良いと思いますよ
マ:改札はどこですの?
私:(目の前に階段があるだろーー!)
  目の前の階段を上っていくと改札になります・・・

■若手サラリーマン風の男性
サ:この電車は○○駅に行きますか?
私:(目の前に電車の案内図があるじゃん!)
  はい・・・行きますよ

よく道をきかれる日だなぁと思いつつ、研究室へと戻る。
そしてやっぱり帰るのは終電コース。
ぐったりしながら電車を乗り換えるために歩いていると
またまた道を聞かれる。

■半ベソをかいた女子大生
女:この電車新宿方面に行かないんですか?(ベソ)
私:(いや、だって逆方面行きの表示が出てるよ!)
  どこまで帰りたいのですか?
  新宿方面の終電は、もうないみたいですよ
女:神奈川の○○駅まで帰りたいのです(ベソベソ)
私:(いや、もう帰るのはムリだろーーー)
  とりあえず、他の路線でまだ途中まで行けると思うので
  早く行った方がいいですよ
女:ありがとうございます・・・(ベソベソベソ)

あー、こっちも一緒に切羽詰っちゃったよ・・・と思いつつ
携帯で彼女の駅までを検索すると
案の定、自宅にたどり着く電車はもう無い様子。
大丈夫かなぁと心配しつつも、
私も次の終電に乗らなくては家に帰れなくなるので
早足で駅のコンコースを歩く。
そこで、また!

■酔っ払いサラリーマン中間管理職風
酔:○○駅ってさ〜どこよ?
私:(聞いたことのない駅名だよ・・・とりあず方面を聞いておこうか)
  え、その駅は何県にあるのですか?
酔:いや、それがわかんないんだよね〜あはははは!
私:!!!!!

もうイヤ!と思いつつ、酔っ払いを駅員に押し付けて
なんとか終電に駆け込み、ギリギリセーフ。

私の周りには「聞いてください」オーラでもあるのだろうか・・・
 
   
Posted at 10:49/ この記事のURL
コメント(0)
生茶パンダ / 2004年04月15日(木)
■左側
・私の携帯
・第2回numeriさいたまオフでMさんから強制ゲット
・そして返し忘れる(わざとじゃないってば!)
・Mさんごめん
・その後、ホントに貰う
・Mさんありがとう!

■右側
・研究室Hさんの携帯
・とみせかけて、実はPHS
・生でみると半笑いがコワイ
・写真で見るとけっこうカワイイ
・もともと私のパンダ
・でも左側のパンダに携帯キャップの座を奪われる
・捨てる神あれば拾う神アリ
・HさんのPHSにおさまる
・多分、そのほうがシアワセっぽい
 
   
Posted at 00:56/ この記事のURL
コメント(0)
本日のいろいろ / 2004年04月08日(木)
うちの研究室は、学部も専門もまったく異なる研究室と
共同運営されている。
新歓や追コンから、泊りがけの合宿まで、すべて一緒。
共通領域については、合同輪講などもあるので
専門が異なる分、お互いにすごく刺激を受ける。

4月から、向こうの研究室の先生が教授に昇進したので
ゼミ生を中心にOBOG会を兼ねた就任パーティを行うことに。
本日は会場を予約するために、朝から新宿へ。

ちょっと早く着きすぎたので、紀伊国屋で本を物色。
ここで、乙一の「失はれる物語」の装丁にひと目惚れして、
久しぶりに本のジャケ買いをしてしまった。
こんなに惹かれる装丁は、森博嗣の「スカイ・クロラ」以来。
手の込んだ装丁の本は、初版のみという場合が多いので
出会ったときが買い時。一期一会。

ギリギリに紀伊国屋を飛び出して、
ちょっと迷いつつパーティを行う予定の会場へ。
結婚式の2次会会場として利用されることが多いせいか
なぜかブライダルコーナーで担当者と打ち合わせ。
ガラスケースに並べられた、さまざまなデザインの
マリッジリンクを眺めつつ、打ち合わせは10分程度でサックリ終了。

研究室にとんぼ返りして、夜は新M1とB3を迎えての新歓コンパ。
講座内で一番キビシイ研究室にもかかわらず、
2年連続で定員ギリギリとは、ちと驚き。
今年度はさらに、ペルーとブラジルから教研生も加わったので
新歓は日本語と英語が混じって飛び交う。

研究室のメンバーは、基本的に流動的。
先生以外は、いつかは出て行く存在である。
ここはすごく居心地が良いのだけれど、
いつまでも安穏としていてはいけないと改めて思う。

明日から、またガシガシと研究モードでいこう。
立ち止まっている時間はない。

 
   
Posted at 02:16/ この記事のURL
コメント(0)
嬉しい偶然 / 2004年04月07日(水)
今日の写真は、近所の公園の夜桜。
妖艶さは写しきれていないのだけど、
ちょっと片鱗だけでも。

昨日、メッセの名前欄に、3/27日に書いた西行の和歌を入れておいたら
「西行ですか…」と声をかけられた。
嬉しくなって、いろいろ話をしていたら
彼の方から「桜の樹の下には〜」という
話を振ってきたので、本当にビックリ。

両方とも、有名な言葉なので
当然2つとも知っている人は
たくさんいるだろう。
でも、知っているからといって
話題として必ずでてくるわけではない。
もちろん彼は、このsotto voceを
知っていたというワケではない。
♯思わずURLを教えてしまったが(笑)

すごく嬉しい偶然。
 
   
Posted at 23:32/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!