日焼けでひりひりするときの効果的なアフターケアはコレ!

May 23 [Mon], 2016, 13:00


晴れの日は日差しが強く、
ずっと外で太陽の光を
浴びていると肌がヒリヒリと痛くなってきます。

夏場などはずっと喫茶店で息抜き出来たらと、
思ってしまうこの頃です。


強い日差しを浴び続けると、
弱いやけどをしたのと同じ症状になります。

やけどをした場合、
そのやけどをした部分を冷やすのと同様に
日焼けした場合も、
日焼けした部分を冷やすことには効果があります。

水で顔を洗ったり、
ぬるめのシャワーを浴びたりすることでも
きちんと効果があります。


ただし、顔を洗ったりする際に、
ヒリヒリするからといって
ゴシゴシと念入りに洗うのは
逆効果になります。

確かに日焼けをしたら、
顔にもたくさんの汗をかいているので、
汗の汚れを落とすことは大切です。

でも顔は軽いやけど状態になっているので、
汗の汚れを取ろうとして強く洗うと、
皮膚がかぶれてくる危険があります。

皮膚がかぶれれば、
今よりもヒリヒリとして痛くなります。


そして、日焼け後は皮膚の水分も蒸発しているため、
保湿することが大切になります。

特に顔はずっと外気にさらされているので
顔の保湿だけはしたほうがいいと言われています。


まとめますと、日焼け後の効果的なアフターケアは
水で冷やしながら顔をやさしく洗って汗の汚れを落とし、
保湿することです。


ただ、やはり汗の汚れが気になり
ついつい顔をゴシゴシと強く洗ってしまう方も多いです。

そんな方に朗報があります。

今人気のある「どろあわわ」は
ズッシリと泡立つため、
顔をやさしく包むように自然に洗えます。

どのくらいずっしりと泡立つかは
下記の画像をクリックして確かめてください。
↓    ↓    ↓    ↓