カスタム検索

 

お世話になったランチたち
2017.12.28 [Thu] 08:00

本日、無事に仕事納めの日を迎えました。私がこの1年一番お世話になったランチは、恵比寿三越の地下食品売り場のお弁当たち。初夏ぐらいから通い始め、真夏はタイ弁当秋にはインド弁当にはまり、今やすっかりインド料理に魅せられてしまいました。

インド料理店「スワガット」の“シェフのおまかせ弁当”が特に大好きで、もう毎日これでいい!っていうくらい買ってました。この穴あきソーセージみたいなのがシークカバブだと読者の方に教えていただきましたっけ。毎日通って分かったのは、これがなかなか登場しないレアメニューだということ。

インド弁当を好んだもう一つのポイントが、野菜のおかずが多いこと。この日のお弁当は、ほうれん草のカレーに、付け合わせが大根、ブロッコリー、玉ねぎで、ほぼ野菜! 味付けもそれぞれ異なるので、単にスパイシィという言葉だけで片付けられない、インド料理の奥行きの深さを知ることができました。

和食のお弁当ももちろんありますよ! こちらは築地 中島水産(奈加嶋)さんのお弁当。色とりどりのおかずが目でも楽しめます。

海鮮丼がワンコインでいただけるのはうれしいです

イートインもいくつかあるのですが、中でも「北京飯店」はこの場所ではリーズナブルに出来立ての中華料理をいただけるのが嬉しい存在。担々麺、美味しかった〜

野菜ラーメンは絵に描いたような正統派のタンメン。優しい塩味のスープにホッとします。定食もたくさんあって、どれも800円くらい。
もちろんお弁当も各種あり、チャーハン+おかずのワンコイン弁当がお気に入りでした。

ここしばらくは倹約と健康を兼ねて手弁当を公園で食べていますが、そろそろ外ランチはキビシくなってきたなあ。今後の方向性を模索していく所存でございます。
 

クラスメートとスペインバル「オブラ」へ
2017.12.27 [Wed] 08:00

この春からスペイン語を習っているのですが、最近やっとクラスメートと打ち解けるようになり、初めて一緒にごはんを食べに行きました。毎週授業の前に学食の美味しいカレーを食べるのが楽しみで、放課後の分のお腹の空きがなかったというのもありますが(笑) 。
向かったのは魅惑的なお店がひしめき合っている四谷のしんみち通り。小さな通りにメキシコやらペルーやらスペイン語圏の料理店が集まっている超楽しいゾーンなのですが、ここはやっぱりスペインでしょ!ってことでスペインバル「オブラ」さんへ。

ここを選んだのは、なみなみスパークリング、なみなみシードル、なみなみランブルスコというグラスのフチまで表面張力で注いでくれるドリンクに惹かれたから(笑) 。ただし持ち上げるとこぼれるので、まず1口すすってからでないと乾杯できません。

シャルキュトリーの盛り合わせ。生ハムがおいしひ〜〜

ムール貝の白ワイン蒸し。ワインが進みまくりです

スペイン風オムレツ、トルティージャ。卵がふんわりとして美味しかったです!

パエリア(スペイン語読みだとパエジャ)はバレンシア風だったかな。ごはんはパリっと、チキンは柔らかくて最高

海老のアヒージョもたっぷり。パンにしみしみさせていただくオイルがめちゃうま

最後のシメにシェリー酒(スペイン語でヘレス)を飲み比べ。色の濃いのは甘口のペドロ・ヒメネス、中辛のアモンティリャード、麦わら色は辛口のマンサニージャ。昔は甘いお酒が苦手だったけど、甘いだけでなく芳醇な美味しさがわかるようになりました。うふふ。

なみなみスパークリング、なみなみランブルスコ、赤のグラスワインも飲んだので、翌日は久しぶりに二日酔いになりましたが、それだけ楽しかったってことだね。

食べたり飲んだりするのが大好きで(1人だけ下戸だけど酒飲みと同じテンション!)ノリがいい このメンバーで旅行したら絶対楽しいだろうな〜という夢が新たに生まれてきました。
1人が年明けに中米に短期留学するとのことで、この日は壮行会も兼ねていたのに、めちゃくちゃ意気投合してしまい「出発前に新年会をしよう!」と盛り上がってしまうほど。
次は旅行計画のキックオフになればいいな…

四ツ谷スペインバル オブラ
四ツ谷スペインバル オブラ
ジャンル:スペインバル四谷
アクセス:JR中央線四ツ谷駅 徒歩3分
住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8-8 佐伯千成ビル1F(地図
ネット予約:四ツ谷スペインバル オブラのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 四谷(四ツ谷)×スペインバル・イタリアンバール

 

 

永谷園の煮込みラーメンで
2017.12.26 [Tue] 08:00

ある日、スーパーの魚売り場であんこうが安くなっているのを発見。昔、水戸に行った時に食べた、濃い味噌味のあんこう鍋が美味しかったな〜と思い出し(多分このお店)、作ってみることに。
味付けを考えているときに浮かんだのが、先日食べた永谷園の「煮込みラーメン」の今季限定“担々麺風”味。このスープを使って作ってみたら、めちゃくちゃ美味しいじゃないの! 味噌ベースのピリ辛スープがあんこう鍋にぴったりで、水戸で食べた味にかなり近く、大満足でした。
よく考えたら永谷園はあの「麻婆春雨の素」を作っている会社なので、こういう味はお手のもの。それじゃあこのスープでもう一つ作ってみよう!と思いついたのがこれ。

もつ煮込みです。下ごしらえが面倒くさそうだな〜と思って今まで敬遠してたけれど、豚足の煮込みを作れるほど腕を上げた(?)ので、全然らくちん。
一度湯がいてゆでこぼしたモツを、にんにく、しょうが、長ねぎと一緒に1時間ほど煮込み、根菜、こんにゃく、豆腐、煮込みラーメン担々麺風スープを加えてさらに煮込みました。
う〜ん、やっぱりこのスープを選んで大正解! 居酒屋で出てくるもつ煮と変わらないくらい美味しくできました

もうひとつ、蒙古タンメン中本風のラーメンを作ってみました。白菜ともやしを「煮込みラーメン」の麺と一緒に煮込み、スープを加えて野菜がクタクタになるまで煮込みます。なんたって「煮込みラーメン」ってぐらいなので、煮込まないと美味しくできないのです。
その間とろみ多めの麻婆豆腐を作っておき、出来上がったラーメンにトッピングし、蒙古タンメン風ラーメンが完成!
合計7分煮込んだけど、麺はちょうどよく、野菜は蒙古タンメンっぽくいい感じにクタクタ、そしてスープがやっぱり美味しい! ただしかなり濃い目なので血圧高めの人はお気をつけください

いろいろ使えるこの担々麺風味、今季限定といわず通常商品になることを願っております

関連エントリスパイシーココナッツミルクラーメン
永谷園の麻婆春雨の素を使ったエスニック風ラーメンのレシピです。

 

やっぱり好きだ!パネットーネ
2017.12.25 [Mon] 08:00

毎年クリスマス・シーズンになると楽しみなのが、この時期限定のパネットーネが買えること。イタリアのクリスマスケーキで、ブラジルやペルーでもクリスマスと言えばこれです。
小さめの“パネットンチーノ”を買ってあったけれど、大きいのが30%オフになっていたので、思わず買ってしまいました。割引シールにとことん弱いオレ…。

パネットンチーノは老舗のパネットーネ専門店イタリアのロイソンのもの。ドライフルーツたっぷりでおいしい〜 外皮の香ばしさもたまりません♪

こちらはブラジルのバウドゥッコ。このサイズは初めて買ったけれど、大きさに圧倒されます!なんと幸せな断面図…。
1/6切れで270kcalなので、パン1個ぐらいの平均的カロリーなのもグッド。朝食がわりに食べるのもありだけど、ワインのお供にもピッタリなのよね〜

イタリアでもブラジルでもクリスマスにはパネットーネを贈りあう習慣があるそうで、家には大量のパネットーネが積み重なっているみたいです。
生地に使われているパネットーネ種という酵母は酸化しにくい性質があるため、半年くらい長持ちするので、たくさんもらっても日持ちするのが助かりますね。

関連エントリ好きだ!パネットーネ(2006年12月)もう11年も前!
 


 


 

青森からのいただき物で
2017.12.19 [Tue] 08:00

今年も青森の親戚から美味しそうなりんごが送られてきました。このシーズンに合わせてゲットしたのが、りんごカッター。上からぐぐっと押さえると、芯のまわりから8等分にカットしてくれるというすぐれものなのです。100均のわりにはちゃんと切れるし、ものの10秒でカットできるのでとても便利。

りんごと大根の千切りを、ほぐしたホタテ風味のかまぼこと合わせ、マヨネーズを和えてサラダにしてみました。ホントは青森名物の缶詰「ほたてマヨネーズ」と合わせるともっと美味しいんだけど、まあまあいいお値段なので(笑) ホタテ風味のかまぼこで代用しました。でもこのかまぼこ、かなりうまくできているのでオススメです!

もうひとつ、おいらせ町のながいも農家さんの親戚から毎年送っていただいているながいもで豆腐グラタンを作ってみました。
すりおろしたながいもにたらことマヨネーズを適量混ぜ、耐熱皿に水切りした豆腐をくずして入れたものにかけます。シュレッドチーズを乗せてオーブントースターで焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。縁にこんもり盛り上がったとろろ&たらこにめっちゃそそられます

とろとろのながいもがふわふわ豆腐に合う たらことチーズの塩気も程よく、とても美味しくいただきました。もちろん、マカロニやペンネでグラタンにしても美味しいと思いますので、よろしければお試しください

どうもごちそうさまでした!