カスタム検索

 

横浜グルメ旅〜昼の部
2014.04.30 [Wed] 07:00

去年の春に退職した後輩の案内で横浜に行ってきました。出勤時にいつも羨ましく思っていた「元町・中華街行き」の電車に初乗車 西武池袋線〜地下鉄副都心線〜東急東横線〜みなとみらい線の4つの路線を乗り換えなし約1時間で快適に到着〜♪


「食べさせたいものがある」といって連れて来られたのは、中華街のメインストリートからちょっと外れたところにある「山東(さんとん)」さん。


私が選んだのは五目あんかけ。いつもお昼にお弁当を食べながら雑談していた後輩に、私のあんかけ好きは周知の事実。「1年経ってもブレてないですね!」とお褒めの言葉をいただきました(笑)。じゅわっとあんかけがかかったおこげ、サクサクゾーンもしっとりゾーンもどちらも美味なり
ランチビールを頼んだら、後輩もオーダー。いいね!彼女のこういう所が好きなんだ


後輩オススメの水餃子。こちらのお店の看板メニューでもあり、まわりみんなこれを頼んでました。グラスに入ったタレが気になります。


とぅるん、ぷるん、もっちもちの水餃子、うまし ユニークなのはこのタレ。なんとココナッツが入っているんです!こんなの食べたことない!!ベースはピリカラだけどココナッツの甘みや食感も加わり、とにかく面白い!
豚肉とニラ+ニンニクのシンプルな具の美味しさもさることながら、タレとの相性がバツグンで、その不思議なマリアージュを再確認したくなってまた食べてしまう…。
「美味しい!面白い!」を連発して、後輩も喜んでいました。おまけに「いつもおごってもらったので」と、ごちそうしてもらっちゃいました。若いのになんて義理堅い…。次は倍返しでおごっちゃうよ!

山東(さんとん)(横浜・中華街)(All About)
 

九段下の移動弁当
2014.04.28 [Mon] 07:00

都心のランチタイムはタイミングが難しい。
みんなが外に繰り出す時間には混雑&行列、かといって遅すぎるとランチタイム終了&品切れ…。
この日も遅い時間にお弁当を求めて外に出たのに、どこも売り切れ。すごすご戻ってコンビニ弁当かなあ…なんて思っていたとき、路地裏に「お弁当」の旗がひらめいていたので飛びつきました。

ワゴン車にお惣菜を乗せたお弁当屋さん。メインのほかに付け合わせも3種類選べます。この日はもうブリ大根しか残ってなかったので、おまけでもう1種類おかずをつけてくれました。ブリ大根が入ってるお弁当なんてなかなか出会えませんよね。


ごはん、お味噌汁つきで630円。ここに限らず、この近辺のお弁当屋さん、結構高いです
野菜やひじきなど和のおかずがホッとします。できれば選べるおかずじゃなくてデフォルトで付いていてほしいな…。
実はこれ、撮影用に右に寄せています。お弁当を開けた時にワクワクするのは“いっぱい詰まってる”感。それがスカスカだとちょっとがっかりしちゃいます。
いっぱい詰まってて、しかも安くて美味しいお弁当が理想です


おまけで自家製のワッフルをもらっちゃいました。午後はワッフルを販売しているのだとか。
遅い時間に行くとおまけしてもらえるという良いこともあるみたい。
 

九段下〜神保町界隈カレー事情 入門編
2014.04.25 [Fri] 07:00

神保町はカレー激戦区として有名ですが、隣の九段下もインド大使館があるせいかカレーのお店が多いような気がします。
といってもカレー愛好家ではないので気が向いた時に食べる程度なのですが、たまたま通りかかったインド料理店の「テイクアウト500円」の文字に注目してたら、すかさずインド人の店員さんが入店をうながしてきました。外国人の店員さんって、こういうの上手いですよね。


アジアンダイニング プジャ」の持ち帰りランチ。待ってる間にココナッツのプリンがサービスで出てきました。先にデザートかあ…と思いつつありがたくいただきました。チキンカレーを選んだら、なぜか600円だったシステムがよく分かりません(笑)。


焼きたてのナンは冷めないようにアルミホイルに包んでくれました。サラダもついて600円ならまあまあかな。ただ私は500円ランチの正体をどうしても知りたいです。


こちらは九段下交差点にある「ターリー屋」の2色カレー定食。ライスを選んだらめっちゃボリューミー!配分考えないと大変だ〜。


2種類選べると言いつつもいくつかはオプション料金がかかるので選択肢は狭まります。キーマと野菜だったっけな。辛さは控えめ…っていうか「ターリー屋」という名前から想像するインドっぽさはほとんど感じられず…。日本人向けのインド風カレーといった印象でした。店員さんも日本人だったし。


ツレは目玉焼き付きのセットにしてました。ソースポットに入ってるのが雰囲気あっていいけど、やっぱりインド式ではないよね。


最後は金曜日のワゴン販売「アジアンランチ」の3品ぶっかけごはん。左からスリランカ「だしが効いた緑豆ココナツカレー」、フィリピンの肉付き豚ナンコツのバター醤油煮「アドボ」、インド「バターチキンカレー」。んまい!スパイシィ!やっぱりカレーはこうでなくちゃ。

せっかく有数のカレータウンにいるのですから、今後もいろいろ食べ歩いてみる所存であります
 

やっぱり美味しい!池袋「母屋」の炭火焼鳥
2014.04.24 [Thu] 07:00

休みの日に池袋を経由した時、かなりの確率で買ってしまうのが西武百貨店の地下にある「母屋」の焼き鳥。本店は南池袋にあるのですが、常連だった西武百貨店の社員さんの熱いアプローチによりデパ地下に出店することになったそうです。(参考サイト内外食品

お店で食べると1本220円〜400円と結構なお値段ですが、デパ地下だと若干リーズナブル。さらに8本入りで塩かたれ、肉系か内臓系が選べて1000円というオトクなパックがあり、いつもこれを狙って買いに行くのです。
ある日いつものように塩・内臓系の1000円パックを買おうとしたら、内臓系が売り切れ ハツやレバーが食べたかったので、仕方なく別のお店で買いましたが、うーむ、全然ちがーーーーう!!!
やっぱり母屋は特別なのだと思い知ったのでありました。


「やっぱり母屋じゃないとダメ!」と後日池袋西武に行ったら、好きなものを自由に8本選べる時間帯だったのでラッキー☆ いろいろ選んで帰宅してからいただきましたが、紀州の備長炭で焼いた焼き鳥、やっぱり最高 備長炭の風味が香ばしいだけでなく、お肉がとにかく美味しいのです。
この味がデパ地下で買えるなんて素晴らしすぎる!
やっぱり浮気しないでこれからも母屋のおいしい焼き鳥をいただこうと思います
 

神保町「開元」のカレーうどん
2014.04.23 [Wed] 07:00


専大通り沿いにある富山氷見手延うどんの「開元」へ。長〜いカウンターだけのお店かと思ったら、奥にあったテーブル席に通されました。


こちらのウリであるカレーうどんにしてみました。ランチはオプションで海老天がつけられるようですが、ノーマルのカレーうどんを。


結構しっかり目のカレーだしに細めのうどん。氷見うどんを食べるのは初めてですが、ルーツは輪島のそうめんで、普通のうどんとは違い手延べしているのが特徴だそう。製法も見た目も稲庭うどんに似ているかな。つるつるとのど越しが良く、やや平べったい麺はカレーだしとのからみも良かったです。
半熟卵の天ぷらと、熊本ラーメンのトッピングではおなじみのマー油がかかっているのがユニーク。


卵をぷちっと割って。むふふ、テンション上がる(笑)。牛の薄切り肉も入っており、なかなかボリュームがありました。
平日ランチ限定のミニ会席御膳というのが1000円以下で提供されているのですが、30食限定なのですぐ無くなっちゃうみたい。ノーマルな氷見うどんも食べてみたいですね。

開元(食べログ)