カスタム検索

 

ワインの郷・塩尻で浮かれすぎ!
2014.03.31 [Mon] 07:00

松本から一路塩尻へ。
ここでは次の目的地への乗り換えだけのはずだったけど、小一時間ほどの乗り換え時間に何か見るものはないかなと思って入った観光案内所で「ワイナリー」の文字を見ちゃったものだから、これはもう行くしかない!気がつくともうバスに飛び乗っていました。


まず最初に訪れたのが井筒ワイン。堂々たる佇まいにテンション上がります


ショップの中には試飲用のスペースがあり、冷蔵庫に入っているボトルから自由に注いで飲むことができます。飲もうと思えばいくらでも飲めますが(笑)さすがに大人なので試飲程度におさめ、気に入ったものを1本購入。


お次は向かいにある五一ワイン。こちらはお店のかたに好みを言うとおすすめのワインを注いでくれるシステム。いくつか試したけどやっぱりそれなりのお値段のものがそれなりに美味しいのよね…ってことでまた1本購入。
旅行ではなるべく重いものを買うまいと心に決めていたのに、ああ、なぜ買ってしまったのだ自分よ…。


枯れたぶどう棚の向こうの山々が美しい。これが秋だったら、たわわに実るブドウが壮観なんだろうな。


さて、この時点でもう乗り換えの列車に乗り遅れ決定(笑)。再びバスに乗って駅に戻り、駅前の「Fontana del Vino」というお店へ。


Fontana del Vino、つまりイタリア語で“ワインの泉”!その名にふさわしく、店内には48種類のワインが飲めるワインサーバーが置かれており、プリペイドカードを差し込んで好みのワインを好みの量だけ楽しむことができます。


量は30cc、60cc、90ccの3種類。いろいろ試したかったので30ccで攻めることに。


30ccはこれくらいの量で、グラス1/3くらい。130円〜500円と様々なものを試せるのが楽しい


おつまみはオリーブの盛り合わせと信州味噌のマーブルチーズ。これがまた美味しかった


特に美味しかったのがミュゼ・ド・ヴァンというシリーズ。このブロック、全部試しました。

チェイサーのお水も大量に飲んだので、まあまあ飲んだ(30cc×8種類=240cc)わりにはヘベレケにならずに済みました(笑)。
残念だったのが、お客さんがほぼ私ひとりだったこと!実にもったいない!!こんなによいお店なのに、もっと宣伝しても良いと思うんですよねえ〜。

塩尻、楽しすぎました。列車に乗り遅れても本望です!

Fontana del Vino オフィシャルサイト
 

 
「ワイン王国」1,000円台の日本ワイン・ザベストワインで、★★★★★5つ星獲得!!ミュゼドゥヴ...

ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン
価格:1,400円(税5%込、送料別)

「ワイン王国」1,000円台の日本ワイン・ザベストワインで、★★★★★5つ星獲得!!ミュゼドゥヴ...

ミュゼドゥヴァン 塩尻メルロー
価格:1,900円(税5%込、送料別)

 

松本「珈琲美学アベ」でモーニング
2014.03.28 [Fri] 07:00


去年の夏に訪れて、その美学にすっかり虜になってしまった「珈琲美学アベ」。素泊まりにしたのはここのモーニングを食べるためと言っても過言ではありません。

お店へ向かっていたら、私の前に歩いていたおねえさんの行き先も一緒でした。前に来た時も入り口の写真を撮る間、お客さんがひっきりなしに出入りしていたっけ。
いざ入店したら、満席とのことで入り口すぐの若干落ち着かない席に通されました。うーむ、やっぱり人気だったか…。忙しそうだしメニューももらいにくいなあ…と思っていたら「奥の席が空きました!」と、ゆったり4人がけのテーブルに案内していただきました。
このホスピタリティにまた美学を感じちゃいました


モーニングサービスはセットにはなっておらず、好きなメニューを組み合わせる方式。パンや付け合わせのサイドオーダーはどれも50円or100円で、好きなものを好きなだけオーダーできます。


私はコーヒー+バタートースト+レタスサラダ+ハムエッグをチョイス。レタスサラダが木のボウルに山盛りで登場したのにはビックリ!スーパーのカット野菜でも100円でこれくらいの量じゃないですか?なんと太っ腹な!さすが高原野菜の名産地


コーヒーもマグカップにたっぷり。セニョール・アベも微笑んでます。

フライパンでジュワ〜ッと卵が焼かれ、厚切りのパンを次々とオーブンに入れていく。たった2人なのに、実にテキパキとしたお店のかたの働きっぷりが気持ちよかったです


ソーサーにはこんなグッとくる言葉が…。素敵すぎる!


また絶対に来ます

【まつもと百てん】珈琲美学 アベ
 

浅間温泉「あるぷす」の絶品蕎麦
2014.03.27 [Thu] 07:00

ホテルは素泊まりだったので、夕食は駅前のデパ地下で調達しようと思ったのですが、私が想像していたような地方色豊かなお惣菜は売っていなくて食指が動かず…。あらかじめチェックしていた宿の近くの豆腐料理専門店に向かったら、なんと閉まってるぅぅぅ〜〜〜
またも出会いましたか、通称“勝手ながら”。まいったなあ。


がっくりとうなだれつつ向かい側を見ると、創業明治二十七年と書かれたお蕎麦屋さんの看板が。


最初の安曇野翁がかなり大満足だったし、そのあともう一軒行ったので、さすがに蕎麦は…と思ったけれど、この店構え、ちょっとただ者ではない気がして…。


牛すじなどのおつまみで晩酌もいいなと思ったけど、このあともう一度お風呂に入るつもりだったので、お酒なしで純粋にお蕎麦を楽しむことに。
左から二八、十割、水そば3種類のそばの盛り合わせ「やまびこセット」1290円。4ケタだけどこれは特別!「水そば」というのが気になったのです。


こちらの水そばは、最高級玄そばの「むき実」のみを石臼挽し、通常より荒めに製粉した荒挽のそば粉10割+つなぎ粉2割(外二というそうです)で打上げたお蕎麦。とても繊細な風味なので、まずはお水につけて、その次にお箸の先につけた塩をつけて、最後にそばつゆで…と3度楽しめるお蕎麦なのです。


二八もこだわりのブレンドだそう。んまーい!十割はもっと黒々しているのを想像していたけれど、二八とさほど変わらない品の良さでした(十割の画像が撮れてなかった…ゴメンナサイ)。

3つそれぞれ食べ比べてみたけれど、もうね、どれも美味しいのですよ(笑)。


最後のそば湯もトロットロ。オリジナルのおちょこがカワイイなあ。
正直そんなに期待してなかったけれど、松本の中心地でもりが4ケタのお蕎麦屋さんなんかよりもずっとずっと値打ちがあると感じました。
こんなところに名店があったとは!松本に来る楽しみがまたまた増えました

松本市浅間温泉の手打ちそばあるぷす
 

翁堂でたぬきケーキ&浅間温泉玉之湯
2014.03.26 [Wed] 07:00

この日は松本市内からバスで10分程度のところにある浅間温泉に宿を取っていたのですが、宿に向かうにはまだ早かったため、松本市内を散策することに。
「自分の実家がここだったらいいな」ランキング・ベスト1の松本は、4回目の訪問。勝手知ったる“自称・実家”なので、どこに何があるかすっかり分かっているつもりなのですが、ひとつだけ分からないこと、それは大好きな喫茶店「翁堂茶房」の営業時間…。やっぱり閉まってる。いったいいつ行ったら開いているのか不明だったのですが、平日の9〜14時しかチャンスがないことがついに分かりました。ううむ、絶対に無理だ…。
というわけで茶房からほど近い場所にある「翁堂蔵の店」へと向かいました。


食べたかったのはこれ、たぬきケーキ!お店の奥にあるイートインスペースでいただきました。サービスのお茶つき。


カワイイ。かわいいけど食べちゃう(笑)。
ご主人とお話しながらのほっこりタイム。ごちそうさまでした☆

このあと恒例の松本城に寄り、夕暮れ時のお城の美しさにうっとりしつつ写真を撮りまくっていたら、スマホのバッテリーが切れちゃったよぉぉ!
宿の地図もプリントしていなかったため、すべてがスマホ頼り。自力で行ける自信がなかったので、タクシーに乗ることに。東京から松本まで18きっぷで2300円で来たのに、松本市内の移動に1900円もかかってしまうとは…


浅間温泉の玉之湯さんに到着。とても立派なお宿でした。洋室シングル素泊まり6,300円。いいなと思ったのが、一般的な温泉宿では有料の貸し切り露天風呂が無料だったこと。


3つあるうちの南天ノ湯に入りました。実は大浴場でも1人きりの貸し切り状態だったため、あんまり有り難みはなかったのですが(笑)大浴場の露天とは違って遮るものがないため、きれいな星空を眺めながら温泉につかることができました。
泉質は弱アルカリ性単純泉、熱すぎずぬるすぎないちょうどよい温度だったので、40分の制限時間ギリギリまで楽しむことができました。

玉の湯さんではバリアフリーに力を入れており、あらゆる場所で車いすのまま利用することができるようになっています。エレベーターで高いところのボタンを押せる棒まであったのには驚きました!

また、ふれあい広場車坐というイベントスペースでは毎日様々なジャンルの音楽のライヴを行っており、すんごく盛り上がってました!
様々な工夫をされているのが素晴らしいなと思いました。

 

松本駅0分「榑木野」でざるそば
2014.03.25 [Tue] 07:30

「足りないぐらいがちょうど良い」と思いつつも、ほとんどトレッキングに近いほどの道のりを歩いたので、松本駅に着いた頃には小腹が減ってきました。
ランチタイム終了ぎりぎりの微妙な時間だったため松本市内のお店は諦め、駅を出てすぐ(というか駅の建物内)の手打ち蕎麦のお店へ。


榑木野(くれきの)駅舎店。1人だったので中央のカウンターに通されました。メニューを見て一瞬ひるんだワタシ(笑)。おーっとそうだった!ここはお値段高めだったんだわ。ざるとかけ以外は4ケタ…。


「特別な場合を除き4ケタのお蕎麦は食べない」と決めたので、ざるそば870円をオーダー。


わー、なんかすごい盛り!お蕎麦の山をくずしながらいただきましたが、小腹を満たすには十分すぎるぐらいの量でしたが、細切りのお蕎麦はのど越しが良く、気がつくとするするっと完食。

向かい側に座っていたお兄さんは、最近人気のとうじそばを頼んでいました。大盛りのお蕎麦がドドーン!と盛られてきて、迫力満点! これをどんどん平らげてゆくお兄さんの食欲に惚れ惚れしてしまいました




満足してお店を出たら、お隣にこんなお店が。あー、たしか去年来たとき「次は絶対ここで食べよう」って思ったんだった 宿題店がまたひとつ。

榑木野 駅舎店(ホットペッパー)
つけそばや壱丁目壱番(ホットペッパー)