カスタム検索

 

長野名物、牛乳パン
2012.08.31 [Fri] 08:00

長野でもうひとつ食べてみたかったものがあります。
いつも愛読しているブログ「全国イイ味ハマル味」さんが、長野各地で売られている牛乳パンというローカルフードを紹介していたのを見て、ぜひ食べてみたかったのです。だって、こういうパンを作っているお店はおそらくその町のひとに愛されている昔ながらのパン屋さんのはずだから。

ちょうど翁堂さんのそばに「パンセ小松(小松パン店)」というパン屋さんがあり、そこで牛乳パンを売っているのをチェックしていたので入ってみることに。予想通り、中には美味しそうな総菜パンや菓子パンがずらりと並んでいました。

キョロキョロ探して牛乳パン発見!片手で持てるぐらいのパンを想像していたら、両手サイズじゃないですか。意外と大きい。そして思いのほかふわふわ。ふわふわのくせにずっしり。
これ、東京までつぶさないで持っていけるかなあ。おまけに真夏だし。
でもここで諦めたら「さらたび」の名前がすたる! ふんわ〜りやさしく包んで手荷物で持ち運ぶことに。

蔵作りの中町通りを歩いて駅へと向かいました。こんな風情のある町に住んでいる松本の人が本当に羨ましい。



カレー屋さんも蔵作り。



中華屋さんもテーラーも蔵づくり。やっぱり城下町っていいなあ〜。
クラシックな佇まいの一方でオシャレなファッションビルがあったり、古さと新しさが共存しているところもいいなと思います。



さて、帰宅して真っ先にしたのが牛乳パンの安否確認(笑)。外見はなんとか大丈夫そうですが…



うわ、ちょっとクリームがはみ出してる 開けてみるとさらに大きさと厚みが迫ってきます。菓子パンのクリームを想像していたら、ちゃんとしたホイップクリームじゃないですか!これってもう、デコレーションする前のケーキそのもの。
炎天下を持ち歩いたので痛んでしまうのが心配だったためその日のうちに食べ切りたかったのですが、このたっぷりの生クリームが挟まった両手サイズのお菓子をとても1日で食べ切れる年齢ではなかったので(笑)2日がかりでいただきました。まるでクリスマスイブとクリスマス当日の気分 
この“昭和リッチ”な感じは池袋のタカセにも通じるものがあります。やっぱりいいね、町のベーカリー。

信州てくてくおいしいもの探訪信州てくてくおいしいもの探訪
伊藤 まさこ

松本十二か月 軽井沢週末だより 京都てくてくはんなり散歩 東京てくてくすたこら散歩 信州ハンドクラフト手帖

by G-Tools
 

松本のレトロ喫茶「翁堂茶房」へ
2012.08.30 [Thu] 08:00

松本に来たかったもうひとつの理由は、気になるレトロ喫茶があったから。2年前に訪れた時、例の“勝手ながら”の臨時休業に当たってしまたため、ずっと想いを募らせていたのです。



やった!今日は開いてるみたい♪ 訪れたのは「翁堂茶房」さん。明治時代創業の老舗で、松本市内に和洋菓子、洋食、喫茶と支店があります。



笑顔のマダムに迎えられて奥の席へ。ユニークな木の天井とシャンデリアがステキです。



奥には洋風の坪庭もあり、池で泳ぐ鯉を眺めながらオーダーを待ちます。



うひゃー来ましたよ! テーブルに置かれた瞬間つい「かわいい!」と言ってしまったパンダのレモンケーキと、見るからに冷たそうな銅のゴブレットに入ったアイスコーヒー。これです、想いを募らせていたのは!

2年前はたぬきケーキが気になっていたのですが、その後パンダもできたことを知り、どっちにしようか迷っていました。
職場にパンダが大好きな同僚がいて、彼女にパンダケーキの画像を送らねばならぬ!と妙な使命感にかられ、心はパンダに決まりかけていました。
ところがケーキセットのメニューに見つけられなかったためマダムに訊ねたのですが、私が言い出す前に「パンダ?」と言われたので、問い合わせる人が多いのかもしれません。茶房にはケーキの見本はなく、オーダーがあってからはす向かいにある本店に取りに行くそうなので、茶房でケーキセットを食べたいかたは先に本店でケーキをチェックするのも良いかも(タヌキとパンダの他にコアラ、シロクマ、ブタもあるみたい)。



真っ赤なドレンチェリーの帽子、耳はコーヒー豆型のチョコレート、レモンのアイシングが郷愁を誘います。ああ、そんな罪のない目でこっちを見ないで…といいながら頭部分のレモンクリームをムシャムシャ。



おみやげに買ったのは、40数年前のマスコットキャラクターをあしらった「ミミーサブレ」。翁堂さんのサイトにも「今、何故か人気です」と書かれているように、作ってる本人も分からない謎の人気商品(笑)。でもこれ、女子にあげると「かわいい〜!」と喜んでもらえる鉄板のおみやげなのです。
見た目だけじゃなくてサブレ自体がおいしい リッチなバター風味にちょとだけ感じられる塩みが、大好きなスコットランドのお菓子・ショートブレッドを思わせ、1枚、また1枚と手を伸ばしてしまう不思議な魔力があります。

松本にはほかにもレトロな純喫茶や洋食屋さん、おもむきのある佇まいの大衆食堂があって気になります。今度は松本で一泊なんてのもいいな。また楽しみがひとつ増えました

純喫茶コレクション純喫茶コレクション
難波里奈

TOKYOカフェ 東京ノスタルジー喫茶 (エンターブレインムック) 東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴 土着喫茶TOKYO 東京ふつうの喫茶店 東京カフェブック 2012 (SEIBIDO MOOK)

by G-Tools
 

そば処 吉邦@松本
2012.08.29 [Wed] 08:00

湯田中から再び長野を通って、来た道を戻る感じに。そしてまた車内で爆睡(笑)。前日もあんなに寝たのに…。揺れてる乗り物ってどうしてあんなにも眠りを誘うのでしょうか。

長野には戸隠や安曇野など行ってみたいそば処がたくさんあるのですが、いかんせん1泊2日の各駅停車の旅で回るのはちょっと難しいため、帰り道の途中の松本に立ち寄りました。
松本は2年前に来た時にすっかり気に入ってしまった、とても味わい深い町。
なんといっても、とてつもなく大きくどっしりしたモノが鎮座していらっしゃる。それを拝みにきたのですよ。

…なんだけど、まずはランチ♪(空腹での観光は御法度)今日は最初からお蕎麦狙いです。



向かったのは「吉邦」さん。大きくどっしりしたモノの近くにあります。開店してすぐだったので先客は1人のみでしたが、次々とお客さんが訪れ、皆さんお蕎麦と丼がセットになった日替わりランチを頼んでいました。どうやらここも地元のかた御用達のお店だったようです。ちなみにもりそばは600円なり。



私が頼んだのはつけとろそば800円。白くてふわふわのとろろ、おいしそう〜



白馬産の地粉を使ったという二八そばはのど越しが良く、つるつるしたとろろとの相性ぴったりでした。

松本市内にはお蕎麦屋さんがたくさんあり、50メートルおきにお蕎麦屋さんに出くわす屈指のお蕎麦タウン。しかし高級なお蕎麦屋さんも多く、「もりが3ケタ以内」にこだわるとなかなかお店が決まらず苦労しました。
高級なお店のレビューは他のかたにお任せすることにして、庶民の私は「もりが3ケタ以内」を貫いて、安くて美味しいお蕎麦を探求したいなと思っています。

そば処 吉邦 オフィシャルサイト

さてさて、オナカが満たされたところで向かったのは、大きくどっしりしたモノ、松本城!



ドドーン! なんかもう、絵はがきみたい。お堀、石垣、天守閣。四方に山脈、映ってないけど赤い太鼓橋もあります。こんな完璧なルックスのお城はなかなか無いですよ。暑くて融けそうだったけど、できることならいつまでも眺めていたいぐらいの美しさでした。
実は一ヶ月前に訪れた彦根城の意外な小ささにちょっと物足りなさを感じていたので(もちろんあれはあれで良いお城ですが)松本城の大きさに打ちのめされたかったのです。



お城の大きさにも打ちのめされましたが、階段の急勾配にも打ちのめされました 途中で諦めて引き返すお年寄りもいました。ここを上れるかどうかが今後の健康のバロメーターになりそうです。

信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ)信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ)
高橋 克典

静岡・山梨のうまい蕎麦83選 神奈川のうまい蕎麦64選 埼玉のうまい蕎麦75選 南東北 蕎麦と温泉めぐり―福島・宮城・山形 (蕎麦と温泉シリーズ (3)) 東海こだわりの蕎麦処 (爽BOOKS)

by G-Tools
 

清風荘@湯田中温泉
2012.08.28 [Tue] 08:00

長野から長野電鉄で約1時間、りんご畑と栗畑が続く車窓の風景を眺めながら終点の湯田中へ。
駅から徒歩5分ほどの場所にある「清風荘」さんに宿泊しました。
温泉宿は駅から遠いところが多いため、電車移動の身にとってこの近さは大変ありがたかったです。駅前にコンビニがあったのも助かった!もちろん風呂上がりのビールを調達するためです(笑)。



清風荘さんはご家族で経営しているこぢんまりとした宿。玄関には宿泊客の靴がずら〜っと並んでいて、久しぶりに“昔ながらの家庭的な温泉宿”の風景に出会いました。



素泊りプランで4935円という破格のお値段だった上に楽天のポイントを使ったのでなんと3000円弱で泊まることができました。青春18きっぷが使えない私鉄に乗ったので結局同じ値段になったけどね
お部屋はトイレが共同で、全体的に古さは否めないものの、どこもこぎれいにされていて全く問題ありません。温泉まんじゅうのお出迎えと、お茶がちゃんと茶葉だったのが嬉しかった♪(最近はティーバッグのところが多いですよね)

さーて、一服したあとはお風呂お風呂!



時間によって男女が入れ替わり、7時までは「平安風呂」が女性用でした。中庭の真ん中に湯屋があり、とても風情があります。



正統派の湯屋建築ってこういう形なんですね。湯船と洗い場に段差がないお風呂に初めて入ったので、新鮮な感じでした。季節によっては湯船にりんごなどを浮かべたりもするようです。
新湯田中の温泉組合で保有する3本の源泉を使用した天然温泉で、泉質は単純泉。源泉掛け流しのあつ湯なので、あついお風呂大好きな私でもかなり熱く感じました。

お風呂のあとは散歩&夕食調達。平日の夕方だからかお店はほとんど閉まっていた(というか開いてるのか閉まってるのか分からない)ので、ううむこれは夕食はコンビニか?と思っていたら、文化商店というステキな名前のお店を発見。そこで美味しそうな田舎煮などを買い、宿へと戻りました。

7時からお風呂が男女入れ替わるというのでロビーで待っていたら、7時を過ぎても入れ替える気配はなし。しびれをきらして聞いてみたら、看板を入れ替えるのを忘れてたみたい(笑)。こんなユルさがなんだが楽しかったり。



檜風呂は窓を開けると半露天になるのでとても気持ちよかった〜。貸し切り状態だったので、人がいる時には絶対できない、泥パックで白塗りの“スケキヨ”になってお肌のお手入れをさせていただきました



平清露天風呂は明かりがひとつだけだったので雰囲気がありました。この広〜い岩風呂を独り占めとはなんたる贅沢 夏の露天風呂の天敵である蚊もいなかったので、ゆっくり入ることができました。

湯田中には地元のかたが利用する共同浴場がたくさんあり、そのうちの「鶴の湯」と「亀の湯」には清風荘さんで鍵を借りて入ることができると聞いていたので、翌朝入ろうかどうしようか悩んでいたのですが、その日の夜に「共同浴場に行って地元の人と仲良くなって妙に盛り上がる」という夢を見てしまい、それだけで行った気になっちゃったので(笑)共同浴場はやめて再度平安風呂へ。
先客のおばさまと何気なく話し始めたら、家族のこととや健康のことなどで会話が続いてしまい、あれ?これって正夢??なんて思ってしまいました。


ことりっぷ小布施・長野 戸隠・湯田中渋温泉郷 (ことりっぷ国内版)ことりっぷ小布施・長野 戸隠・湯田中渋温泉郷 (ことりっぷ国内版)
昭文社出版編集部

ことりっぷ軽井沢 (ことりっぷ国内版) ことりっぷ安曇野・上高地・松本 (ことりっぷ国内版) るるぶ長野 善光寺 上田 戸隠 小布施'13 (国内シリーズ)

by G-Tools
 

手打ちそば処 元屋@長野
2012.08.27 [Mon] 08:00

残暑お見舞い申し上げます
毎日毎日暑い日が続いておりますが、みなさんお元気でお過ごしですか?

私は2日分余った青春18きっぷを使って長野に行ってきました。
地元駅を始発電車で出発。今までで一番早起きだったかも…。



車内で数時間爆睡したあと、“日本三大車窓”と言われる姨捨(おばすて)駅からの風景で目が覚めました。この駅、スイッチバックがあったりして、オドロオドロしい名前の割には楽しめるポイント多しでした。

11時ちょっと前に長野駅到着。もう、あっちい(笑)。目指すはもちろん善光寺ー!なんだけど、朝から何も食べずに来たのでおなかペコペコだったため、まずはランチへ。
長野では当然おそばを食べるつもりでいたけれど、「弥生座」というお店のせいろ蒸しが美味しそうだったのでそちらへ向かったところ、なんとなんと臨時休業の張り紙が! 旅先でこの、通称“勝手ながら”に出くわすことがホントに多いため定休日もバッチリ調べて行ったはずなのに〜〜



これはきっと「長野に来てお蕎麦を食べないとはなにごとだ!」とお蕎麦の神様がお怒りになったに違いない。ということで弥生座さんの並びにある「手打ちそば処 元屋」さんへ駆け込みました。



ちょっと珍しいメニューをと「きのこおろしせいろ 野菜天つき」1100円を。せいろの盛りがすごいです!



なめこ、しめじ、えのきが入ったきのこだれにそばつゆを足していただきます。つるりとしたきのこだれと大根おろしのさっぱりした味でお蕎麦も進みます。野菜天もサクサクでうまし♪



自家製粉の荒挽き粉と他に3種類のそば粉をブレンドしているというお蕎麦は、しっかりとした食感。のど越しのよいお蕎麦もいいけれど、こうした噛み締める系も好きなので嬉しかったです。

観光客が吸い込まれていく門前のお蕎麦屋さんと違ってちょっと外れたところにあるためか、こちらは地元のかたでにぎわっていました。なんたってもりそばが550円、量もしっかりとあり、普段のランチには申し分のないコストパフォーマンス。今後も「もりそばが3ケタのお店」を応援しようと思ったワタシです。

信州善光寺 門前そばの会



お蕎麦のあとは善光寺へ。このコントラスト! ホントに暑かった〜



卍と葵のダイナミックなデザインがカッコイイ!
せっかく来たのでオプション500円で内陣券を買って本堂の中へ入り、「お戒壇めぐり」というのを体験しました。真っ暗な回廊を進んでいくと極楽に通じる錠があり、それに触れると真上にいらっしゃる御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるというもの。
予備知識がまったくないまま入ったので、あんなに長くて真っ暗だとは思わず(ホントに真っ暗!)5分ぐらいの時間がとても長く感じられました。途中、前にも後ろにも戻れない、どんなに目を凝らしても全く何も見えないことにものすごい恐怖を感じてしまい、錠前を探り当てて外の明かりが見えた時には心底ホッとしました。今までの人生で一番怖い体験だったかもしれないなあ〜。

信州蕎麦ごのみ スタイルで選ぶお蕎麦屋さん信州蕎麦ごのみ スタイルで選ぶお蕎麦屋さん
山口 美緒

うまい蕎麦(日経プレミアシリーズ) 東海こだわりの蕎麦処 (爽BOOKS) 蕎麦屋の常識・非常識 (朝日新書) そばもん ニッポン蕎麦行脚 9 (ビッグ コミックス) dancyu特別編集「そば」名人 ― 読む、観る、手繰る。「せいろの輝き」ここにあり (プレジデントムック)

by G-Tools