カスタム検索

 

修善寺・朴念仁のつけ蕎麦とろろ
2012.06.26 [Tue] 08:00

やや曇り空の伊豆長岡から電車で4駅、伊豆箱根鉄道駿豆線の終点・修善寺へと向かいました。
修善寺は今回で4度目、2年前にも来たことがある大好きな場所です。
神社やお寺があって、川や竹林があって、適度ににぎやかで適度にひなびていて、理想的な温泉街の見本のような町なのです。



修善寺の境内にある十六羅漢像。こぢんまりとしたお寺はいつ来ても落ち着く素敵な空間です。温泉地なので手水も温泉なんですよ!

わざわざ修善寺まで来たわけは、ここにはおいしいおそば屋さんがたくさんあるから! 2年前に食べ損ねた「独鈷そば」を食べようと思っていたけど、これだけたくさんお蕎麦屋さんがあるのにあちこち食べない手はない!ってことで新規開拓。



朴念仁(ぼくねんじん)というお店。古民家を改装した雰囲気のあるお店で、川に面した奥の和室に通されました。



つけ蕎麦とろろ1550円。このふわふわと泡立ったつゆが珍しくて、ぜひ食べてみたかったのです。



麺は正真正銘の細うち。つなぎを使わない生粉打ちの十割蕎麦だというのに、この細さ、そして麺が全然切れてない! 太くてブチブチ千切れてる十割蕎麦のイメージを完全に覆す繊細なものでした。
のびやすいので大盛りは出していないというこだわりぶりです。



つけ汁につけてみたら、ふわふわだったのは表面だけで、とろろと出汁をあらかじめ合わせてあるタイプでした。有喜そばみたいなふわふわを想像していたのでちょっとイメージと違いました。
それに若干酸味があって…。とろろに酸味なんてあったっけ?と思いながらいただきましたが、お蕎麦は美味しかったけど、このつけ汁は残念ながら私の好みではありませんでした。1550円というお値段を考えてもちょっと高いかなあ…(一番安いせいろで1枚1050円でした)。

ちなみにこのお店のそばに十割蕎麦の屋台があり、なんとすべてワンコイン!1500円あれば3枚も食べられるじゃん!やや不完全燃焼だったのでもう1枚食べたかったのですが、調子に乗って朝ごはんをおかわりしたのが悪かったのかおなかの調子がイマイチで、断念せざるを得ませんでした
ああ、こんなお蕎麦天国に来ているというのに! バカバカ!アタシのヤワなオナカ!!



食後は温泉街をそぞろ歩き、こんな“いやげもの”をうっかり買いそうになりました(笑)。

静岡・山梨のうまい蕎麦83選
静岡・山梨のうまい蕎麦83選山口 雅子

幹書房 2009-07-24
売り上げランキング : 472309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
信州 蕎麦と温泉めぐり (蕎麦と温泉シリーズ) 神奈川のうまい蕎麦64選 南東北 蕎麦と温泉めぐり―福島・宮城・山形 (蕎麦と温泉シリーズ (3)) 茨城のうまい蕎麦84選 休日の蕎麦と温泉めぐり埼玉・茨城・栃木・群馬・福島 (蕎麦と温泉シリーズ)

 

伊豆長岡温泉「湯屋 光林」
2012.06.25 [Mon] 08:00



静岡から各駅停車の東海道線と伊豆箱根鉄道を乗り継ぎ、伊豆長岡に到着。伊豆長岡は源頼朝ゆかりの地で、駅前では「よりともの湯」なるポップな看板がお出迎えしていました。



この日の宿泊先は「湯屋 光林」さん。立派な門構えの旅館ですが、中に入るとTシャツ姿のスタッフさんが。日帰り温泉施設の受付も兼ねているようで、フランクな感じです。



歩き疲れていたので早速お風呂へ。大浴場は洗い場も広く、高い天井と梁が清々しかったです。露天の岩風呂は3カ所もあり、さらに奥には檜の樽風呂まであり、とてもゆったりとお風呂を楽しむことができました。

館内には岩盤浴もあり、宿泊者は無料だったので利用してみました。実は私、岩盤浴初体験。うつぶせで5分、仰向けで12分と書いてあったのですが、時計がないので時間が計れず、なんとなくこれぐらいかな?という時間で入ってみましたが、効き目はよくわからず
普段からよく汗をかいているし、夏は着替えが必要なほど大汗をかいているので、岩盤浴でかいた汗は“夏の普通の自分”程度でした(笑)。



日帰り施設に力を入れているらしく、休憩室が広くて充実してました。中庭もあり外で涼めるようになっています。



夕食は、静岡の駅ビル「パルシェ 食彩館」で見つけた美味しそうなお寿司をテイクアウト。
魚の北辰という鮮魚店のお寿司で、どれもこれも美味しくてびっくり。赤身のまぐろは普段そんなに好みではないのですが、中トロにひけを取らない美味しさだったので驚きでした。とろろと餅でおなかいっぱいだったので夜は軽めにと思ったのに、こんなに美味しいならもうちょっと買ってくれば良かったなあ。



翌朝は再度お風呂に入って館内の食事処で朝食。伊豆らしくアジの干物がついていて、ごはんもおいしくてついおかわりしちゃいました。納豆がなかったのが残念でしたが…。

日帰り入浴に力を入れている反面、宿泊客へのサービスが若干不足気味に感じました。今やビジネスホテルでも女性用アメニティを置いているので、クレンジングや化粧水ぐらいはせめてほしい人にだけでも提供してくれればなあと思いました。
経費削減でいろいろと工夫しているのでしょうが、“ケチってるなあ”という所を見せられてしまうとせっかくお金を払って泊まってる側はちょっとがっかりしてしまいます。
「よりともの湯」っぽさもあんまりなかったし、大河ドラマにのっかった急ごしらえな印象が残ってしまいました。
しかしお風呂はすごく良かったので、ぜひとも頑張っていただきたいです。

旅館のすぐそばには富士山が展望できる公園にのぼるロープウェイがあったのですが、雲が多くて残念ながら富士山は到底望めそうになかったので、次の目的地へと向かいました。

 

とろろの次は登呂でモチ!
2012.06.20 [Wed] 08:00

ヘソが飛び出るほど麦とろを食べたあとは、登呂遺跡へと向かいました。
第2次世界大戦中、軍需工場の工事中に発見された弥生時代の遺跡で、私が子どもの頃に家族で訪れたことがある思い出の場所。面白好きな父はここで火おこしの道具を買ったっけ(笑)。



おおおー!高床スィ〜キ! ネズミがえスィ〜!(byレキシ)



2010年10月にリニューアルオープンした博物館は、スタイリッシュな展示が印象的。
♪縄文土器 弥生土器 どっちが好き?♪
シュッとして洗練された弥生土器もいいけど、ゴツゴツと情熱的な縄文土器のほうが好きかなあ…



キュートなゆるキャラのトロベー。ポストカードももらったけど、いつ使って良いやら…。偶然本物(?)にも遭遇したけど、子どもたちにイジラれて大変そうでした(笑)。
ミュージアムショップではさすが模型の町・静岡らしく、テラダモケイ×タミヤカラーがコラボした竪穴式住居の模型も販売していました。



おなかが全然減らないので、博物館の隣にある「静岡市立芹沢_介美術館」へ。静岡出身の染色家・芹沢_介氏の作品と収集品を収蔵・展示する美術館なのですが、ここが思いのほか楽しかった!色やデザインなど私好みのものが多く、こんな手ぬぐいやぽち袋があったら買うのに!と思うようなかわいいデザインに興奮してしまいました。





若干おなかが空いてきたので、遺跡の敷地に隣する、その名も「もちの家」へGO!



弥生時代よりは全然新しいけど(笑)古民家をそのまま使ったお店はとても風情があります。雨のせいか、お客さんは私ひとり。
ここで食べたかったのが、静岡の地名にもなっている“安倍川もち”。静岡みやげでおなじみ、安倍川もちの販売元でもあるやまだいちさんの直営店で、つきたての温かいお餅をいただくことができます。



安倍川もち(500円)は小ぶりのお餅が5つ。このサイズなら食べられそう。



風味豊かなきな粉を惜しげもなくまとったお餅が3つと



なめらかなこしあんが2つ。どちらも温かくて柔らかいお餅で、“もちもち”という擬音の語源を今一度振り返ってしまうようなもう至福の一時 そして大きな急須で出されたお茶が実にうまい! 私の中の“静岡のお店で出されるお茶がめっちゃ旨い”伝説は、伝説じゃなく確定の事実となりました。

こうしておいしいお餅が食べられるのも、弥生時代に稲作が始まったおかげです。コメを作り始めて稲作定住してくれた弥生人のみなさん、本当にありがとう!

縄文土器や弥生土器や稲作や高床式に興味がある人はこの曲がオススメ! ライヴでのコール&レスポンスが最高です



 

麦とろの日@静岡・丁子屋
2012.06.18 [Mon] 08:00

6月16日は麦とろの日。このブログでも何度か勝手に参加してきましたが、今回は遠出して静岡まで出かけてきました。
慶長元年(1596年)、なんと関ヶ原の戦いや江戸幕府開幕よりも前に創業したという「丁字屋」さん。広重の浮世絵「東海道五十三次」にもにも“丸子 名物茶店”として描かれている、おそらく日本で一番古い麦とろ専門店なのです。



静岡駅からバスで少々行ったところに現れる茅葺き屋根のお店は、まさに浮世絵から飛び出してきたかのよう。



あいにくの雨だったのですが、しっとり濡れた佇まいもまた味わいがあります。
ちなみにバスで来た道は国道1号線。まさに東海道!いろんな人々、数々の歴史上の人物たちがこの道を通って京や江戸に移動したんだな〜と思うとグッときてしまいました。



奥の大広間、広重さんの部屋に通されました。上には東海道五十三次の版画がずらりと飾られています。
メニューは基本の定食に小鉢が増えてお値段が変わる感じ。私は2000円の「本陣」にしました。



メニューがとろろしかないので料理が出てくるのが早い! 目の前にドーンと置かれたおひつにひるむ私。



おそるおそるふたを開けたら、どう見ても二合はある(笑)。私が1日に食べる量より多いです。これをひとりで食べろと!?



自然薯をすりおろしたとろろには皮も入っています。自然薯は他の山芋とくらべて皮が薄いため、皮ごとすりおろして食べられるのだそう。



グッドルッキンな麦とろはいかにも食物繊維たっぷり!



付け合わせには自然薯とお豆腐を混ぜて揚げた「おかべ揚げ」。とろろとお豆腐のひりょうずといったところ。外はカリッサクッ、中はモッチモチ 本来は自然薯にできる小さな球の“むかご”を使った揚げ団子がついてくるはずだったのですが、猛暑のためむかごが不足しているらしく、かわりにこのメニューになっていました。



お味噌汁の具はなんとたたみいわし! この高級食材をお味噌汁に入れてしまうとは、さすがシラスの名産地・静岡!! 魚のおだしがぎっしりの、とてもインパクトのある美味しいお味噌汁でした。

頑張って食べたけど、やっぱりごはんは2杯が限界だ〜 朝から何も食べずに来たのになあ。私が江戸時代の人間だったらきっと全部食べられたのに…悔しい。
ごはんの量に比べてとろろの量が少なめだったので(多くされてもさらに苦しくなって困るけど)お行儀悪いけど最後はお味噌汁をかけて流し込みました。
それでもやっぱりごはん残しちゃった…敗北感…



デザートにはメロンと抹茶のムース。お茶は大きな急須でドーンと出されたのですが、このお茶がまた美味しいんだ

麦とろの日ということで丸麦のおみやげをいただき、オリジナルの手ぬぐいも購入できてハッピー
このあと「あー苦しい ふー苦しい」と連呼しながら帰りのバス停へと向かいました(笑)。

丁子屋 オフィシャルサイト

4906799035休日のごちそう食堂 静岡【伊豆・東部・中部・西部】
休日のレストラン製作委員会
幹書房 2012-04-23

by G-Tools

 

手打ちそば 八溝@新座
2012.06.14 [Thu] 08:00



埼玉県新座市にある「手打ちそば 八溝(やみぞ)」さん。2010年2月にオープンした、まだ新しいお店です。
この近辺には有名なうどん屋さんや行列ができるラーメン屋さんもあるのですが、私が一直線に飛んでいったのは、これ!



鴨汁せいろ。ここ1年ですっかりはまってしまい、こうなったらもう鴨汁せいろブログを始めようかと思うぐらい好きになってしまいました(笑)。



たっぷりの鴨汁にはほどよく焼けたネギと厚切りの鴨が4枚。普段は脂っこい料理が苦手な私ですが、この脂はもうシズル感満載で実にそそられます。しかもこの鴨がまた美味しい!



蕎麦はしゃっきりとした細切り。濃いめのおだしにつけて、スルスルっといくらでもいけそうな喉越しのよいお蕎麦でした。小さいせいろをおかわりするという手もあったけど、もうちょっと食べたいぐらいがちょうど良いということで。
一般的に鴨汁せいろはお値段お高めのところが多いのですが、ミニミニお豆腐つきで1000円というのもグッド。

ひとつだけお願いするならば(全国のお蕎麦屋さんにお願いなのですが)、鴨汁せいろのつゆは量が多いので、そば湯で割ってもかなりしょっぱいのです せっかくの美味しいつゆを最後まで楽しみたいので、小さい蕎麦猪口を付けていただけると、血圧を気にする鴨汁せいろ好きが喜ぶことと思います

鴨汁せいろアーカイヴ
水峰(福島)
食彩工房 雅(長野・小淵沢)
そばごころ小坂(長野/上諏訪)