カスタム検索

 

ふわとろねばねば蕎麦
2012.01.23 [Mon] 08:00

寒い日が続いていますがみなさん元気にしていらっしゃいますか?
私は2週目に行った初詣でどうやらインフルエンザをもらってしまったらしく、3日ほど寝込んでその後もぶり返したりなんだりと新年早々不健康な日々を送っていました
体力がないけれど何か食べないと回復しない…。こんな時はつるつるねばねばな食べ物に頼るのが一番です。青森の親戚から送られてきた立派な長いもがあったので、これでお蕎麦を作ることにしました。

ふわとろねばねば蕎麦
[ジャンル]
和食
[難易度]
★☆☆☆☆
[調理時間]
10分
[[ 材料と分量 ]]・・・1人分
  • そば
  • 1束
  • 大1個
  • ひきわり納豆
  • 50g
  • 長いも
  • 10cm程度
  • めんつゆ
  • 適量
  • きざみ海苔
  • 適量
[[ 手順 ]]

下準備

作り方

1 ) そばを茹で始める。

2 ) とろろをすりおろす。

3 ) 卵を白身と黄身に分け、白身のみを泡立てる。しっかり泡立ったら黄身と納豆を加え泡がつぶれないようにさっくり混ぜる。

4 ) 茹であがったそばを盛り、真ん中を少し凹ませて上から3.をかけ、まわりに2.をかける。きざみ海苔をトッピングして出来上がり。めんつゆをかけてどうぞ。


病人には泡立てるのがちょっとキツいですが(笑)、卵を泡立てることで口当たりが良くなり、ふわふわするするっと入ってきます。滋養のあるものを食べてちょっと元気が復活しました でも鼻が詰まってるので食べ物の味が分からないのが本当に悲しく、人生の半分以上の楽しみを奪われています。早くしっかり治して今年も美味しいものを食べ歩きたいです!

 

うなぎ小林@下諏訪
2012.01.11 [Wed] 08:00

年末の下諏訪はあてにしていた博物館などが軒並みお休み。時間を持て余してしまったので、湖のほうにあるハーモ美術館へと向かいました。



美術館の2階から望む諏訪湖がとてもキレイ。私が好きなアンリ・ルソーの展示があり、なかなか楽しめました。カフェでとてもゴージャスなカップでコーヒーをいただき、しばしまったり。



夕刻の諏訪湖。湖畔は普通の歩道以外にジョギング用のレーンもあり、ここでジョギングしたら気分いいだろうなー。でも冬は寒いなー。そう思っていると水辺でカラカラという音がしているのでよーく見てみたら、湖の氷がぶつかって音を立てていたのでした。ひぃぃ〜!さむいぃぃ〜〜〜
そういえばよくニュースで見る、湖の氷が裂けて山のように盛り上がる「御神渡り(おみわたり)」は諏訪湖だったんですね!いる。いますよ、神様。
めちゃくちゃ寒かったけど、この旅行のために買ったあったかいコートと耳あて付きニット帽とボアの防水ブーツが大活躍してくれました。

だけど、背中のリュックの醤油と餅が重い…。もう歩けない…。
エネルギー切れでギブアップのところでやっと目当てのお店の開店時間になりました。助かった!



諏訪湖畔にほど近い「うなぎ小林」さん。諏訪湖はうなぎの名店も多いとのことで、夕食はうなぎ!と心に決めていました。まだ5時なんだけどね(笑)。
ちなみに上諏訪にも同じ名前のお店がありますが、全く別のお店なのでお間違えなく。



うな重かうな丼か悩んでいたら、せいろ蒸しなんていう珍しいメニューがあったのでこれにしてみました。



小鉢(長いもとお漬け物)、お吸い物、最後にアイスクリームのデザート付き。



うなぎとご飯とタレを三味一体にして蒸し上げており、見た目よりずっとボリュームがありました。うなぎは残念ながら諏訪湖産のものではなかったけれど、毎日浜松から直送しているそう。



サイドメニューでおいしそうだった茶碗蒸しもいただきました。これがまたアツアツでおいしい〜。あったまるなあ。
時間が早かったので人も少なかったため、やさしいおかみさんが話しかけてくださり、諏訪のことをいろいろ教えていただきました。花火大会の日には宿代がとんでもなく高くなることも(笑)。やっぱそうだよね〜。
最後は「また田舎の空気を吸いに来てくださいね」と笑顔で送ってくださり、身体も心も温かくなりました

東京から近いのになかなか足を運ぶ機会がなかった信州ですが、こんな近い距離にこんないい場所があったことを見つけられてすごく嬉しいです♪ これからも気軽に遊びに行きたいです


 

下諏訪の老舗・不二屋さんのお菓子
2012.01.10 [Tue] 08:00



お蕎麦を食べたあとは諏訪大社下社秋宮へ。青銅製では日本一と言われている巨大な狛犬に圧倒されます。
諏訪大社は歴史も古く格式も高い神社なのですが、全然威張ってないんです。きらびやかな金箔や錦糸に彩られているわけでもなく、お金のニオイを感じさせることなく、ただただ慎ましく、清廉で、気持ちが良い。この気持ち良さは私が好きな府中の大國魂神社に共通していることに気づきました。



町中には小さな温泉が湧いている箇所が所々にあり、とても風情があります。冷たくなった手を温泉で温めながら町歩きができ、冬の観光にはとても助かりました♪





秋宮から駅へ向かう途中、不二屋という老舗の和菓子屋さんに立ち寄りました。素朴で品の良い下諏訪を表すかのような佇まいが素敵です。中ではお店の雰囲気にぴったりの上品なおばあさまが接客してくださいました。



お正月のお供え用に買った5種類のお菓子。どれも1個100円〜150円ぐらいの良心的なお値段。シンプルで品の良いパッケージ、そしてこのかっこいい包み紙はよく見たら棟方志功じゃないですか!むむむ、ただ者ではないな…。



山型の可愛らしい最中は香ばしい皮に粒あんがたっぷり。



看板メニューの「初霜」は信州の郷土食・氷餅を切り分けて砂糖をかけたもの。氷餅とは水で湿らせた餅を外につるして凍らせて乾燥させたもので、初霜というネーミングのとおりサクサクと口の中で霜柱が解けていくような食感。これは今までに食べたことがないお菓子でした。



しおがま風の生地の中に味噌あんが入った「郷愁」は甘じょっぱいモノ好きな私好み。
黄身あんをあっさりしたパイ生地で包んだ「パイまん」や、くるみゆべしの「力餅」、どれもさりげなくおいしい。日持ちさせるために添加物やトレハロースを使っている和菓子店も多い中、こちらはすべて天然素材のみ。この潔さに真の老舗の貫禄を感じました。

そうか、潔いから素敵なんだ!諏訪の神社も、和菓子店も。
人間もこうありたいものです。

諏訪湖豆

諏訪湖豆
価格:420円(税込、送料別)

諏訪で買ったおみやげでもうひとつ気に入ったのがこの「諏訪湖豆」。大豆にお砂糖がまぶしてあるシンプルな豆菓子なのですが、真っ白な見た目も綺麗だし、ほどよい甘さと煎り大豆の香ばしさがあとを引く美味しさで、気がつくとポリポリ食べてしまっています。原材料は大豆、砂糖、澱粉のみ。おお、ここにも潔さが!
 

石臼挽手打ち蕎麦 山猫亭@下諏訪
2012.01.06 [Fri] 08:00

上諏訪から一駅、おとなりの下諏訪へ。まずは諏訪大社へお参りです。
諏訪大社は諏訪湖周辺の4箇所に境内を持ち、南側に上社(かみしゃ)本宮・前宮の2宮、北側に下社(しもしゃ)春宮・秋宮の2宮があります。社殿の四隅に御柱(おんばしら)という木の柱が立っていて、7年ごとに柱を取り替える御柱祭(おんばしらさい)で有名ですよね。



まず最初に下社春宮へ。御柱祭の勇ましいイメージがあったのですが、想像していたよりもこじんまりとした印象でした。



これが御柱。凛とした空気の中に威風堂々とそびえ立つその姿はとても力強く、パワーを感じました。さすが“御”をつけられているだけのことはありますね。



そこからほど近い場所にあるのが下諏訪イチオシの「万治の石仏」。あの岡本太郎氏も絶賛したそうで、記念の石碑が建てられていました。



雑木林の中に鎮座する石仏はどっしりとして存在感があり、見れば見るほど味わいのあるお姿です。まわりを三回廻りながら願い事をすると良いとのことで、家族の健康などをお願いしてきました。3周もあるから結構たくさんお願いしちゃいました



さて、たくさん歩いたところでおひるごはん。先日の夜もお蕎麦でしたが、またまたお蕎麦。だって、ここは信州なんだもの!山猫亭というお店へと向かいました。秋宮の近くに本店がありますが、そこより若干手前の大社通り店へ。
寒かったので温かいおそばも良かったのですが、お蕎麦のコシを楽しみたかったので、大根おろしそばにしてみました。



お蕎麦の上に乗ったたっぷりの大根おろしは、鬼おろしで下ろした粗めのもの。大根おろしというよりも大根そのものを食べているような、シャキシャキとした歯ごたえです。薬味にゴマ、海苔、そしてじゃこが入っているのがユニーク。



石臼挽きの手打ち蕎麦、これがまたうまいっ!信州はお蕎麦のパラダイスだね〜 



もうひとつ楽しみにしていたのが「そばちち」というデザート。竹の器に入って登場したそばちち、一見普通のプリンかと思いきや…



その下にはそば粉でできた葛のようなとろりとした層が。そば粉とミルクで作ってあるから「そばちち」というわけ。ネーミングもカワイイし、プリンのコクとそばの葛の食感が楽しめるオリジナリティ溢れる一品でした。

信州蕎麦ごのみ スタイルで選ぶお蕎麦屋さん信州蕎麦ごのみ スタイルで選ぶお蕎麦屋さん
山口 美緒

東海こだわりの蕎麦処 (爽BOOKS) そばもん ニッポン蕎麦行脚 7 (ビッグ コミックス) うまい蕎麦(日経プレミアシリーズ) そばうどん 41 (柴田書店MOOK) 蕎麦の事典 (講談社学術文庫)

by G-Tools
 

「くらすわ」で素敵なオミヤゲを
2012.01.05 [Thu] 08:00

稀石の癒をチェックアウトしたあとは、そこから目と鼻の先の距離にある「くらすわ」というショップへ向かいました。こちらはあの養命酒がやっているセレクトショップで、諏訪や長野から集められた質の良い商品が並ぶ素敵なお店。お正月前だったので入り口には門松が飾られていました。

大きな扉を開けると、広い店内には楽しいものがたっくさん!
1階にはショップ、2階にはレストラン、そして屋上には展望デッキがあります。



入ってすぐの「四季ギャラリー」には信州産の食材を使ったジャムやドレッシング、ハーブやスイーツ、そして信州の銘菓なども並んでいます。松本の開運堂さんの和菓子もありました。
中央の「匠工房」には信州十四豚のハムやソーセージ、信州の乳製品、そして焼きたてのパンやケーキが。
そして奥の「醸し蔵」には味噌やお醤油、お酒やお漬け物など信州を代表する食文化“醸造・発酵食品”にスポットを当てたセレクション。醸造・発酵大好きな私はめちゃくちゃテンションがあがりました



こちらは味噌と胡桃のラスク。サックサクのラスクに、ほどよい味付けの胡桃味噌が乗っています。こちらのコメント欄でも盛り上がったとおり、まとめ買いしたいくらいのおいしさ。



年末だったのでお正月用の食材も売られていたのですが、その中でクギヅケになったのがこの永井農場の手づくりもち。黒い豆餅はよくありますが、青大豆の豆餅はなかなかお目にかかれません。国産もち米、青大豆、天然塩のみ使用というのもグッド。

松本の大久保醸造店さんの再仕込み醤油「本づくり 甘露醤油」も購入。大豆、小麦、米は国産、塩は沖縄シママースを使用しています。どこかに出かけるたびに“いいお醤油”を探し求めているのですが、原料にこだわっているお醤油に出会えて嬉しかった のちほどこの醤油と餅の重さに苦しめられることになるのですが(笑)。

もうちょっと長くここに居たかったけど、上諏訪はバスや電車の本数が少ないため、このあとの予定のために早々に買い物を済ませて下諏訪へ移動してしまったのがやや心残り。次はレストランで食事してパンも買うぞ!と心に決めたのでありました。

くらすわ オフィシャルサイト