カスタム検索

 

奥多摩で温泉と麦とろ
2011.06.16 [Thu] 23:15

今日6月16日は麦とろの日。
毎年参加してきたこのイベントも去年はケガで参加できなかったのですが、今年はたまたま休みがとれたので少しだけ遠出しようと思い、奥多摩までやって来ました。
奥多摩は3年前に沢井、4年前に鳩ノ巣へ訪れたことがありますが、終点の奥多摩駅は初めて。
西武鉄道で発売されている「奥多摩ハイキングフリーきっぷ」を利用しました。西武拝島駅を経由してJR内の青梅線、五日市線が乗り降り自由で、単純往復だけでも600円はお得なすぐれもの。さらにチケット提示で沿線の施設が割引になる特典も。

電車を乗り継いで2時間、緑いっぱいの渓谷を通って奥多摩駅に到着。そこから徒歩10分ほどのところにある温泉施設「もえぎの湯」へ。フリーきっぷ提示で100円引きしてもらいました。



お風呂は思ったほどの広さではなく、こぢんまりしていました。お昼時間と合わせてきた人が多いのか(そんな私も)平日だけど結構な混雑ぶり。
露天風呂もあり、すがすがしい緑やせせらぎの音を聞きながらリラックス〜。
地元のおばあちゃんたちの社交場になっているらしく、みなさんのお話を聞いてるだけでなんだか楽しいひとときでした。

お風呂のあとは広々とした休憩所へ移動。頼んだのはもちろん麦とろごはん♪食券を買うとポケベルみたいなのを渡されるので、チャイムが鳴ったら取りに行くシステムです。



味付きのとろろに麦めし、山菜、お味噌汁じゃなくてお吸い物というのがユニーク。



窓から見える渓谷の青葉が目にまぶしく、素朴な定食が3割増しで美味しく感じられました。
演歌歌手さんがJPOPを歌っているBGMが妙に和む(笑)。

せっかくフリーきっぷを買ったので、御岳駅で途中下車してみました。実はこちらのサイトに「奥多摩三大名物」と称して手打ち蕎麦、とろろめし、釜飯が挙げられており、釜飯ととろろめしは制覇したので、残る手打ち蕎麦も制覇したくなったのです。
御岳〜沢井まできれいに整理された遊歩道があり、川を眺めながら散歩することができます。



気になっていたお店「笑(えみ)」へ到着。喫茶と手打ち蕎麦を掲げるお店ってそうそうないはず。



つけとろろそば900円、グッドルッキン。



とろろは大和芋そのままで、だしでのばしていません。固形率と粘りがスゴい!



やや平打ちの不揃いな太さの麺はまさに“ザ・手打ち”! 「喫茶と手打ち蕎麦」の看板に偽りなしです。遅い時間だったので貸し切り状態でしたが、最後のそば湯までおいしくいただきました。



帰りはまたこんなオゾンあふれる風景を見ながら駅へと向かいました。
いいなあ〜、奥多摩。
また温泉と美味しいものを食べに行きたいな。