カスタム検索

 

バター・クライシス
2008.02.29 [Fri] 10:00

今日本ではバターが極端に品薄になっているのをご存じですか?
牛乳の消費料が減ってしまったため、酪農が減ってしまったのがその原因のようです。
たしかに、余剰牛乳が廃棄されるニュースには胸が痛みましたが、バターの原料不足になるほど減ってしまうなんて驚きです。

去年のクリスマス前などはバターの需要が増えたため、いつも製パンの材料を買ってる富澤商店のネットショップでもずーっと欠品。たまに入荷されても1回2個までの制限付きで、バターのかわりにバターの風味に近いコンパウンド・マーガリンを扱いはじめました。
でもやっぱり今まで使ってた北海道のよつ葉無塩バターが一番おいしいので、入荷されるのをチェックしていたら、たまたま在庫があったので「逃すものか!」とばかりに購入。数時間後に見たらもう品切れになってました(ちなみに富澤商店の実店舗ではちゃんと扱っています)。楽天でも各ショップで品切れ状態なんですよねえ。

個人的には、もともと牛乳を飲む習慣がなかった日本人が無理してまで飲む必要はないと思っているので、消費が減ったなら生産が減っても仕方ないと思っていますが、ヨーグルトやチーズは品薄になってないのに、なんでバターだけ?って思っちゃいます。小麦粉も微妙に値上がりしているし、自宅でちまちま作っているとはいえ、製パンには厳しい時代になりそうです。
ま、パンが高ければお米を食べれば良いではないですかbyマリー・アントワネット(嘘です)ってことで。

こういうレシピブックでも参考にしようかな。
バター、オイルなしでもこんなにおいしいふとらないパンバター、オイルなしでもこんなにおいしい
ふとらないパン

茨木 くみ子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

EcoとEgoは似ている
2008.02.26 [Tue] 10:30

わが市はゴミの戸別収集が始まり、可燃ごみと不燃ごみを集積所にではなく各家の前に出すことになりました。今まで全て“燃えないゴミ”として捨てていたプラスチック容器も、リサイクルできるものとできないものに分けることになり、それらの「可燃ごみ・不燃ごみ・プラスチック容器包装類」を有料の「指定袋」に入れて出さなくてはいけなくなったのですが、それが、5リットル相当1枚10円、一番大きい40リットル相当ではなんと1枚80円もするんです。1枚80円って!?ええ〜??
もともと我が市はゴミの分別が厳しく、ビン、カン、ペットボトルの分別はもちろん、ルールを守らないゴミは持って行ってもらえなかったりします。そのため私たちもしっかり分別しているのですが、こんなに努力している人たちが有料でゴミ袋を買わされる反面、分別せずにタダでじゃんじゃん捨てている自治体もあるかと思うと何となく納得がいかないんですよね。

みんなでやらないと意味ないじゃーん!
だって地球は丸いんだもん!!


そんなわけで、レジ袋は今後ゴミ袋としては使えないので、買い物袋を持ち歩くようになりました。レジ袋を断るとポイントがもらえるようになったのですが、レジ袋を有料化したスーパーは売り上げが落ちているそうで、買う側の心理も問われる深い問題であることは確かです。

ある日ハンバーガーショップに行った時のこと。私、普段ファーストフードをあんまり利用しないので“特別な外食”なのですが、持ち帰りの紙袋をさらにビニール袋に入れようとするので断ったら、マニュアルにないのか店員さんは一瞬たじろぎ、私が断ったビニール袋をくしゃくしゃとたたんでしまったんです。
ありゃりゃ、ほかのお客さんにはもう使えないじゃん。何のために私が断ったのか分かっているのかな…。
末端のバイトまで地球環境の教育をするのは難しいかもしれないけど、少なくとも環境破壊を率先して行っている企業の1つのはず。あんなに何枚もナフキンを入れなくたって口は拭けるよ。
そういう企業が「チームマイナス6%」に平然と参加しているんですよね。まあ、参加するだけなら誰でもできますけど。

食品店でレジに並んでいる時、私の前で会計していたおばさまが、店員さんが紙袋に商品を詰めてテープを貼ったその瞬間「あっ、紙袋は要らないの」。
店員さんは丁寧にテープを剥がそうとしたけれど、なかなか剥がれずイライラして、しまいには袋を引きちぎっていましたが、きっと「なんでこのタイミングで言うねん!」って思ってたはず。
この場合おばさんはいわゆる「K・Y」(空気を読めない)なのですが「アタシ、地球にやさしいんザマス!」という思い上がりを感じてしまいました。

環境にやさしいはずの燃料が食料の値段を上げてしまったり、有名ブランドが限定販売したエコバッグが高値で取り引きされたり、本末転倒なことが多すぎて「エコって何?」と思うことが多いですよね。

以前TVでやっていた「地球の危機を救うお金の使い方」という番組。スポンサーが金融機関だったので「お金の使い方」という視点で構成されていたのがユニークでした。自分の貨幣基準で比べると見えてくることがいろいろあるんですよね。
1枚のお札がどこにどう動くのかを追跡するコーナーがあったのですが、日本では買われた物がほとんど外国産だったのに対し、パプアニューギニアではほとんどが国産か隣のオーストラリア産。輸入品に頼らなければならない現状は分かるけど、ここまで日本は自国でまかなえる物がないのかと見せつけられて驚きました。
「週刊オリラジ経済白書」(これ、面白いです!)でも、中国でオリンピックが開催されるせいで日本の焼き鳥屋さんが困っているというのをやっていました。中国人がオリンピック景気で小金を持つようになったせいで肉を食べるようになり、家畜が増えて放牧の草を食べ尽くしたせいで砂漠化が起こり、それを危惧した中国が森林伐採を制限したせいで木を炭にすることも減り、今まで中国から輸入していた炭を国産に頼るようになった焼き鳥屋さんが困っているらしいのです。

贅沢な国のしわ寄せが貧しい国に来ていることも自覚しなくてはいけません。
意外と気付かないのが、輸送によってCO2が排出されていること。今や日本では世界中のものを取り寄せることができるけど、そんなに必要なのかな?と思う。スーパーでチェックすると、すごく遠くから運ばれて来たブロッコリーとか、どこにあるのか分からないような国から来た魚とか、燃料の無駄遣いではないかと思うものが多いことに気づかされます。

地球環境という意味でも、地元の物を地元で消費する「地産地消」の考えは重要です。近場でまかなうのなら輸送のための燃料もかからないし、何しろ新鮮。それを広めるにはまず国が生産者さんをしっかりサポートする必要があります。作る人がいなければ何もまかなえないのですから…。

不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機
枝廣淳子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ところで、レジでいつも思うのが、どのタイミングで「袋いりません」を言うか。
1.先に言った場合
その時は「はい」と言われるけど、いざ全部打ち終わった時には忘れられ、袋を付けようとする人が多い。

2.「袋いりません」カードをかごに入れる
これも、こんだけ堂々とアピールしているにも関わらず最後は忘れられる。

このような経験から
3.全部打ち終わった時に言う
一度合計を出してから言うので、マイバッグ持参のポイントを後からわざわざ付けてもらうことになる。

なんで客がこんなに気を使ってるんでしょうか(笑)。
コンビニでも、レジを打つ→袋に入れることが一連の作業のくせになっているので、袋を断っても入れられることが多いです。スーパーでは必ず1枚多くくれます。必要な人だけもらえばいいのに。
買う側にばかり押し付けず、もうちょっと売る側にも真剣に考えてもらいたいです。

あと逆の例で、コンビニでお弁当を買い、“温めなくてもいい”の意味で「そのままでいいです」と言ったら、袋に入れずに手渡しされたことがありました(笑)。そのままゴツゴツしたお弁当を手に持って帰りました。日本語って難しいわーん。

ルーショッパー
キュートでポップなデザインが多い、エコバッグのブランド、ルートート。ノーマルサイズのルーショッパー、小さめのショッパーミニ、大きめで薄いクルットなどいろんなシリーズがあります。
 

だるま納豆 国産小粒納豆
2008.02.23 [Sat] 08:50

水戸市にある、だるま食品さんの「国産小粒納豆」(45g×3パック98円)。地元茨城でとれた大豆を100%使用した、正真正銘の水戸納豆です。
茨城産の原料を使用し、品質の確保等一定の基準を満たした産品に対して認定された“うまいもんどころ”マーク付きで、だるま納豆さんは第9号として登録されています。

歯ごたえがあり、茨城の大豆独特の香ばしさがあります。何と言っても地元の大豆を使った安全・安心な納豆が、たったの98円で買えるなんて、茨城の人がホント羨ましいです。

唯一残念なのは、からしは着色料未使用、タレも天然素材のみを使用しているのに、化学調味料が使われていること。実に惜しい!

●スローフード度… ●無添加度… ●おすすめ度…

関連記事だるま食品さんの納豆2種 水戸のおいしい納豆

だるま食品 オフィシャルサイト

産地直送 水戸 だるま納豆詰合せ
わら納豆、国産小粒納豆(1パックヴァージョンです)、三角経木納豆、そぼろ納豆、ころころ納豆、ドライ納豆うめ味のセットを工場から直送。送料無料です。 
 

きざみ揚げをむしゃむしゃ
2008.02.22 [Fri] 10:55

ある日急に、油揚げをむしゃむしゃ食べたくなりました。スーパーで3枚分のおあげさんをあらかじめ刻んだものがあったので、どう使うか決めずにとりあえず購入。

ネギを刻んでおあげさんと一緒に空煎りし、ほどよくおこげがついたところで超簡単なオツマミ完成。おろししょうが、おいしいお醤油を加えていただきました。
お揚げのコクがあるので油を使わなくても十分なのと、熱を加えることでネギに甘みが出てとてもおいしかったです。
簡単で素朴なメニューですが、飲み助にはピッタリです酔ってても作れます(笑)。

さて、残ったお揚げで炊き込みごはんを作りました。
いつもは面倒なので素を使っていましたが、気が向いたので最初から全部作ってみることに。レシピはキッコーマンのサイトを参考にしました。
具材をお醤油風味の煮汁で煮て、具材を濾した煮汁に水を加えてごはんを炊く水加減にし、具材を乗せて炊飯器で普通に炊くだけ。
下ごしらえに時間がかかりますが(特にささがき!)やっぱり手作りだとおいしさが違うなあ〜ナンテ自画自賛しちゃいました。


おかずは肉じゃが。例によって豚肉使用の北国風です。こちらもおいしかった〜!
どちらも使ったのは川越の松本醤油さんのはつかり醤油。しっかりしたお味が料理を引き立ててくれます

はつかり醤油
天然醸造の蔵出し醤油。国内産の丸大豆と小麦を原料とし、木桶の中で2年間熟成・醗酵させました。深みがあり、旨み成分と残留糖類が多く香りのよいのが特徴です。
松本醤油さんの記事はこちらにあります。

とりごもく御飯の素
やっぱり面倒くさーい!という人にはこちら。 金沢の老舗料亭旅館、浅田屋がつくったこだわりの炊き込み御飯の素です。合成保存料、合成着色料、化学調味料は無添加。こだわりの素材を使用した、あっさり味の板前仕立てです。 
 

二重の陽
2008.02.21 [Thu] 13:00

下仁田納豆さんの『二重の陽(ふたえのひなた)』(50g×2包み189円)。滋賀県産の大豆を経木で包んだ極大粒納豆です。極小粒はよくありますが、極大粒なんて初めて。

包みを開けると、おおお!たしかにびっくりするぐらい巨大な豆が!!普通の納豆の数倍はあろうかと思われる大きさで、思わず「大きすぎやで!」とつっこみたくなるほど。もちろんごはんには混ざりません(笑)。上に乗っけて食べるような感じになります。
歯ごたえがあって、こんな大きいのに中までふっくら熟成されています。
ごはんよりも1粒ずつ空豆感覚でおつまみで食べた方が合うかもしれません。

●スローフード度… ●無添加度… ●おすすめ度…

下仁田納豆 オフィシャルサイト