カスタム検索

 

じゃが彩 いもささめ
2006.09.29 [Fri] 08:05

池袋西武の地下のガーデン自由が丘で「じゃが彩(いろ)」なるお菓子を発見。
じゃがいも、インカレッド、インカパープルをスティック状に揚げたスナックで、見た目からして“アイツ”にそっくり。
これはもしや?と思ったら、製造元はカルビー製。
ってことは!

 
食べてみたらまさにあの幻の“じゃがポックル”と同じ!
しかも178円と安い。じゃがポックルは12本入り×10袋で800円もするんだもの。
キューブ型の「いもさざれ」もあり、そちらはさらにレアで入手困難だった“じゃがピリカ”そのもの。
でも発売はソシオ工房という地味な会社。う〜ん、聞いたことないなあ。

と思って調べてみたら、ソシオ工房はいくつかのお菓子メーカーの開発者が集ってコラボしている会社だったのです。ポテト・スナックはカルビー、おせんべいは「味しらべ」でお馴染みの岩塚製菓、クッキーは「ミスターイトウ」でお馴染みのイトウ製菓と、各ジャンルのエキスパートと共に商品を開発しているんですね。面白いなあ。

関連エントリー北海道限定商品 2つ(じゃがポックルの記事です)

じゃが彩 いもささめ (水玉散歩)
偶然にも昨日pindotさんが記事を書いていらっしゃいました。ちょっとビックリ! 

ソシオ工房 オフィシャルサイト 
 

「利吉」で角煮
2006.09.28 [Thu] 09:15

大感動したフジ味噌醤油さんのお醤油「利吉」を使って豚の角煮を作ってみました。

ぶつ切りの長ねぎ、スライスしたしょうが、叩いたにんにくと一緒に豚の三枚肉を脂をすくいながら1時間煮込み、醤油、みりん、お好みで砂糖(きび砂糖を使用)を入れて、煮玉子を加え、さらに2時間煮込みます。時間はかかるけど調理自体は簡単です。私は小さめに切って煮込みました。

普通のお醤油より色が濃いので味も濃いように見えますが、ぜんぜん塩辛くありません。とてもコクのある美味しい角煮に仕上がりました。

現在口角炎が出来ているので、豚肉のビタミンB2パワーが発揮されると良いなあ。


手造り特上さしみ醤油「利吉」
送料込みで1,780円です。ペットボットル入りの業務用もあるので、次はそちらをリピート買いしようかと思ってます。
 

毛豆のずんだ餅
2006.09.27 [Wed] 18:00

昨日の毛豆のエントリーで「毛豆をずんだ状にしたものと豆を合わせた小鉢が美味しかった」とのコメントをいただき、“ずんだ”という言葉に激しく反応した私は、毛豆でずんだ餅を作ってみました。

茹でた豆をさやから出し、薄皮も取ります。これが面倒! 出した豆をボウルに入れて水を加え、手でこねるようにして薄皮を取りました。どうせあとでつぶすので形がくずれても構いません。

それをすり鉢に入れてすりこ木でつぶし、豆の姿が無くなった所で砂糖水を少しずつ加えながら練っていきます。豆の甘みを楽しみたいので、砂糖控えめにしました。
フードプロセッサーを使おうかと思いましたが、せっかくなので人力で頑張りました。30分ぐらいかかったかなあ? 豆がつるんつるん逃げ出すので大変でした(笑)。

ずんだが出来上がったら今度は餅。上新粉で白玉団子を作りました。普段自分でお菓子を作らないので“耳たぶぐらいの硬さ”と言われてもピンと来ず…。私は福耳なのでかなり柔らかいけどこれでいいのかな?などと悩みつつ、ほどよい柔らかさでゆで上がりました。

上品な甘みのある贅沢なずんだ餅でした。
手作業だから売るとしたら高いっすよ!(笑)

ZUNDAずくしお味見福箱(もち処木の幡)
地方によってはずんだ=じんだとも呼ばれています。こちらは新潟産の黒崎茶豆の新豆を使ったずんだ餅、ずんだぼたもち、ずんだジェラート、茶豆ずんだ大福のずんだづくしセットです。 
 

毛豆ッコ食いへぇ!
2006.09.26 [Tue] 13:35

去年の今頃“美味しいアイツ”が送られて来たんだけど、今年はこないのかなあ…と思っていたら、青森の足長おばさんからタイミングよく送られてきました! 私の独り言が青森まで届いたのかな(笑)。

 
青森の特産品の「毛豆」。文字どおり、表面に茶色いうぶ毛が生えています。
見た目のワイルドさとは裏腹に、お豆はとっても甘みがあって美味しいんです!
甘みの秘密は、夏から秋に向かう気温の寒暖差。寒くなると植物が栄養分を貯めようとするので糖度が上がり、甘みが多くなるのです。

たくさん茹でてむしゃむしゃ…やめられない止まらない♪

去年の毛豆青森の毛豆は無精髭のニクイやつ

関連記事やっぱりうまい 「毛豆」(「まるごと青森」さん)


完全無農薬・無化学肥料栽培!ちょい悪オヤジ斉藤さんのたのくろ毛豆!
完全無農薬・無化学肥料・BM栽培、農作業は全て手作業で作られた毛豆。
季節商品ですのでお早めに!
 

北海道の懐かしい飲み物
2006.09.22 [Fri] 09:10

近所のスーパーで北海道フェアをやっており、特設売り場で懐かしい飲み物「コアップガラナ」を見つけました。
ブラジル産のガラナの実を使った炭酸飲料で、なぜか北海道では昔からメジャーな飲み物。ボトルの形がカワイイので思わず買ってしまいました。

久しぶりに飲んでみたら…
うへえ、これこれ!このクスリっぽい味!(笑)。あんまり美味しいとは言えないけれど、なぜか飲みたくなってしまうのだ。
いやあ〜、これだったらブラジルのガラナのほうがまだ飲みやすいかも(笑)。

ボトルは一輪挿しにしようっと。

コアップ・ガラナ
このフォルムはコカコーラの瓶に対抗したんでしょうか? ガラナの実のデザインもかわいいです。

ガラナ アンタルチカ
こちらはブラジルのガラナ。サッカー・ブラジル代表のオフィシャル・スポンサーにもなっているアンタルチカのガラナです。サッパリとしていて飲みやすいです。