カスタム検索

 

北海道から来た立派なピーマンで。
2017.11.20 [Mon] 08:00

去年に引き続き、今年も北海道・日高の同級生から、つやっつやのピーマンが送られてきました
緑の中に1個だけ赤いのが入っていて、補色で緑を際立たせているのが心憎いです。

関東では北海道産のピーマンにお目にかかることは滅多にありませんが、北海道のピーマン生産量は日高の新冠町がトップなのです。さすが競走馬の産地だけあり、馬の堆肥を使って栽培しているのだそう。

まずは手始めにキーマカレーを作ることに。マルコメさんが出している「ダイズラボ」という大豆をお肉風に加工したシリーズの惣菜の素を利用しました。
きのこのかわりにピーマン200gと、玉ねぎ100gを炒め、大豆のお肉ミンチとたれを入れれば出来上がり。

ピーマンの歯ごたえを楽しむためやや大きめに刻んだのですが、大正解!切っている時にまず「なんだ、このシャキシャキ感は?」と、そのみずみずしさに驚いたのですが、食べてみてもふにゃっとしておらず、さらに色もきれいなままで見た目もグッド(小皿に盛ったのでサイズ感がおかしいですが…)。

大豆のお肉ミンチはあらかじめ味がついており、しっとりしているのでパサパサ感もなく、食べた感じはお肉にかなり近かったです。ガラムマサラとクミンシードも入れたらかなりスパイシーになって美味しかった〜
ピーマンのグリーンを生かしてサグカレーっぽいものも作ってみようかな。

さて、もうひとつ。スペイン風オムレツ“トルティージャ”にピーマンを入れてみました。
ピーマン数個は縦に4等分し、じゃがいも1個と玉ねぎ1/4は薄切りにしておきます。刻んだニンニクをオリーブオイルで炒めて香りが出たら野菜を炒めて軽く塩胡椒し、一度取り出します。
炒めたオイルを小さめのフライパン(ウチのは直径20cm)に移し、ピーマンをフライパンのふちに沿って円状に並べます。
塩胡椒した溶き卵3〜4個に残りの具材を入れ、フライパンに流し入れて焼き、片面が焼けたら一度大きなお皿をかぶせて取り(これがちょっと難しい)、もう片面を下にして再度フライパンに入れて焼き上げて出来上がり。

ちょっとうかうかしてる間にピーマンが焦げてしまいましたがまあるく並んだピーマンが可愛らしく、味も見た目も楽しめる1品となりました。
真ん中が空いてしまったので、飾りにピーマンのヘタを入れても良かったかな。

最近倹約してお弁当を作っているのですが、恋しくなるのが一時期ハマっていたスワガットのインド弁当。自分でこういうカレーを作って付け合わせのアチャールも詰めてお手製インド弁当にするのもアリだな、なんて思いついてしまいました。
とりあえず週明けはこのカレーとトルティージャをお弁当に入れていきます!

 



 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存