カスタム検索

 

おんせん県で蒸し料理を堪能
2017.09.19 [Tue] 08:00

延岡から再び18きっぷで別府へ。6時09分発の佐伯行き各駅停車を逃すとあとはもう特急のみといういさぎよい路線だったので、絶対に寝坊できませんでした。
佐伯で乗り換えて別府に着いたのは9時台だったけれど、もう暑いのなんのって

宿に荷物を預け、亀の井バスの窓口で「Myべっぷフリー 1日ミニフリー乗車券」を購入。1日900円で別府市内の亀の井バスに乗り放題+割引の優待が受けられる、とてもお得な切符なのです。

まず最初に向かったのは、明礬(みょうばん)温泉にある「湯の里」。明礬温泉では湯の花小屋という製造施設で天然の湯の花を製造しており、この技術は重要無形民俗文化財にも指定されています。

朝から何も食べてなかったので、まずは朝ごはんがわりに売店で温泉蒸したまご50円を購入。温泉の蒸気で蒸しており、卵に温泉の成分が染み込んで茶色くなっています。これがもうあっちくてあっちくて、殻をむいて食べるまで3分くらいかかりました。

小腹を満たしたところで温泉へ。Myべっぷフリーの優待で600円→500円で入れました。ちょうど他に人がいなかったので、この素晴らしい大露天岩風呂を独り占め! 天国ってきっとこのことだ〜
湯の花を製造している所だけあり、いかにも温泉!という硫黄の匂いに包まれて、心ゆくまでリラックスしました。

湯の里から少し下ったところにある「岡本屋」さんの売店で地獄蒸しプリンをいただきました。別府はとにかく街中に湯気がシューシューと吹き出しており、この温泉の蒸気を使った料理を“地獄蒸し”と呼んでいます。

そこからさらに下った鉄輪(かんなわ)温泉にある日帰り温泉施設「ひょうたん温泉」へ温泉のはしご。1日乗車券の優待で1割引♪

お風呂の前にまずはランチ。食事処で“地獄づくし定食”1600円をいただきました。
地獄蒸しせいろをメインに、さっくりのとり天、濃厚な地獄蒸し豆腐、ミニ団子汁、小鉢2品、蒸し玉子つき。
ひょうたん型がかわいらしい蒸しご飯はじゃこやゴマ入り。デザートにプリンもついています。

メインの地獄蒸しせいろは、カニ爪、ムール貝、ホタテ、エビ、サワラ?、鶏肉、ソーセージ、下には白菜やかぼちゃなど。魚介の旨味もさることながら、野菜が甘い甘い!茹でるのではなく蒸すことで素材の旨みがぎゅぎゅっと閉じ込められるのでしょうね。

大分の郷土料理・団子汁は、山菜やこんにゃくと一緒に煮込まれた極太麺が食べ応えあります。濃いめの味噌汁が太麺にからまって美味しい フルセットを食べてお腹いっぱい!

いろいろな形のお風呂があって、どれも源泉掛け流し。露天風呂も広くて気持ちがよく、源泉が岩の上から惜しみなく流れています。めっちゃ勢いのある瀧湯(打たせ湯)は水圧の強さに倒れそうなほど。

中庭で売られていたあっつあつゆで卵、お湯はなんと86度!でももう卵は食べられんとです…。
豆腐やたまごの地獄蒸しを体験できるコーナーもあります。
温泉を利用した様々なことが楽しめるようになっており、おんせん県の名前に偽りなし。ますます温泉が好きになりました。

湯の里とひょうたん温泉のコラボ企画で、湯の里→ひょうたん温泉の順番で入るともらえる、湯の花ミニ石鹸と竹鈴をゲットしました 
明礬温泉の泉質のスッキリきれいなシャンプー効果、鉄輪温泉の泉質のしっとりリンス効果で美容効果がアップするそう。なるほど、そういう入り方もあるのですね。湯の里でスタンプをもらうのをお忘れなく!

 




 
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存
2017.09.20 [Wed]
ぷるみえ
あゆなかさん
ひょうたん温泉、めっちゃ楽しかったです!
砂蒸し風呂にも入りたかったのですが、
砂をかけてくれる人がいないので断念しました
指宿に行った時の楽しみにとっておくことにします。

2017.09.19 [Tue]
あゆなか
明礬温泉、鉄輪温泉と、別府は温泉パラダイスですよねー!
ひょうたん温泉、行ったことあります。
確か、砂蒸し風呂に入りました。
当日3才くらいだった長女は(年齢的に砂はかぶせることが出来ないので)埋まった親の横で砂遊びしてました。
また行きたくなりました!!