カスタム検索

 

アホほど牡蠣を食べる会
2017.03.21 [Tue] 08:00

今回の大阪行きは、過去に3回開催されている「アホほど牡蠣を食べる会」(通称“アホかき会”)への参加が最大の目的でした。文字どおりアホみたいな量の牡蠣を仕入れて、アホみたいにじゃんじゃん色んな牡蠣料理を作って食べるというアホすぎる宴会で、念願叶ってついに参加することができました!

早起きしてえて吉さんと買い出しに同行。買い出しといっても兵庫の西の端にある坂越(さこし)。ほぼ岡山の県境。この時点でもうアホですがな。
関係者しか入らないような道をスイスイ進むえて吉さんの後をついて行くと、漁協の横に数軒の牡蠣販売所があり、こんな風にとれたての牡蠣が山のように積まれています。

いつも買っているという「功結(こうゆう)水産」さんで仕入れたのは、殻付き4kg、剥き身4kg!! 剥き身はハネといわれるB級品で、これがとってもオトクなのだそう。
お店のかたに毎年買っていることを告げると、特別にもう1kgおまけしてくれました。

お昼過ぎにぼちぼち人が集まりだし、大人10人子ども3人の宴会がスタート。男子が軍手をはめて殻付きの牡蠣を剥いてくれました。私も挑戦しましたが、つるんとした帆立とは違って牡蠣はゴツゴツしている上に、とれたて新鮮なので口があいておらず、かな〜り手こずりました。

ぷりっぷりの生牡蠣はグッドルッキン!

朝まで海にいた牡蠣なので、何もかけずとも海の塩味で十分美味しかった

えて吉さんちにタコ焼き器があることを知っていた私は、これでエスカルゴっぽく調理できないかなと思い、ガーリックオイルでアヒージョにすることを提案。参加者のだいこんさんが持参してくださった牡蠣の燻製(めっちゃ美味しかった!)を漬けていたオイル(通称“だいこんオイル”)も入れてみたら、これがめちゃうま!

こちらは広東風牡蠣のお好み焼き。なにしろアホほど材料があるので、つぶつぶしてるのは全部牡蛎という超贅沢な仕上がりとなっております。

こちらは参加者のLAKSAさん作、牡蠣のキムチ炒め。辛味たっぷりのキムチとプリプリの牡蠣にビールが進む!

だいこんさん自作の燻製ベーコンと春菊を牡蠣と一緒に炒めたもの。なんだこの牡蠣の量(笑) 。牡蠣とベーコンと春菊がこんなに会うとは!! そして春菊のことを関西では“菊菜”と呼ぶことを初めて知りました。

えて吉さんやishさんのブログでよく目にしていた、インド料理の会を主催されているこばやしさん作の牡蠣のビリヤニ。細長いお米に牡蠣とスパイスが絶妙にマッチし、あとを引く美味しさでした。

最後の方で殻付き牡蠣が残っていたため、私の提案で牡蠣のコキーユを作ってみました。実はこれ、去年参加できなくて悔しいから帆立で対抗した会で作ったもの。なんか足りないと思ったら白ワインで煮詰めるのを忘れてたのはナイショです


ラストにishさんと**あきこ**さんがカキフライを揚げてくれましたが、かなり酔ってて写真撮り忘れた
気がつくとみなさんお土産で持ち帰り。

牡蠣の他にもみなさんが持参したオイシイモノが満載で、とってもとっても楽しかった!

食べたい人は食べ、眠くなったら寝て、起きて食べたいものがあったら食べるという、とってもフリーダムな宴会。最高です 初対面の方々との会話が楽しくて、意外とアホほどは食べなかったかも?? 来年もよろしければお誘いいただけると嬉しいです

「しっかし良く飲んだニャ〜」(このビン以外にビールの空き缶多数)。
ホストのえて吉さん、お疲れ様でした!

参加者様のエントリ
恒例?坂越のカキをアホほど買うて家宴会(こんなの食べたよ)
第4回アホほどカキを食べる宴会(foodish:"雑"食記)
毎年恒例、坂越の牡蠣を大量に料理して食べる宴会(B級的・大阪グルメ!ブログ)




 
トラックバック
トラックバックURL
※トラックバックは記事中に当方へのリンクがあり、当方の記事の内容にふれて下さっているもののみとさせていただきますのでご了承下さい。また、まとめサイトやアフィリ目的のサイトからのトラックバックはお受けしておりません。
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
 クッキーに保存