宿命、淺薄似せる描

July 13 [Mon], 2015, 11:40
ある時、私の心は乱のいくつかの思い出を温習して、ふとまた努力を取り戻したいすべての考えは、ある種の感情の氾濫を恐れたり、痛みの恐れは、元の思い出すらも簡単ではない、手のひらの脈絡を握って欲しいあの砂のように多くの往事衝突魂に疲れたのに、また君の目がないと向き合うとその雨の中を歩く、今は、私は認めて孤独で、かつてない親しみ、それでいてわがままを拒絶しているすべての温もりに、あなたは私を助けた風の景、私は聞いて漂流を止め一種の声、遠くから近く、扇動して一回の可能性の占有。

かつては言いかけてやめた嘘、美しいあやうく殘酷で、毎回の信じているすべての美しい、疲れ知らずで妄想して循環の渇望は、それらを簡単に刻むものを忘れて、私は、多くの事、あなたとは関係ないかもしれない、おそらく私は習習慣に慣れました、たくさん時には思わず押しつけ、あの1の幕は結局は私を飛び越え天涯海かもしれないが、時間が足りないので、足りない忘れて、その後、私はマスターして1種の悲しみも喜びもない守る、花開花落、見てそれぞれに……見えてきた1種の心の昇華、しかし最多の一つとして、1種のないのもろくて弱さ、足元を見られないかもしれないを待つために身をかわすのは、この簑霧雨など、あなたのために帰。

実は、孤独ではない人の専属、中は、江南の私ににこの都市の深い、少ないこと、迷って、おそらく私はそっとは古くなって、もうその点を意図的に追求するより逆光、無言のを受け、もう辛くて、私は一つの花が咲く書く時間で人の静かな時、それを心の救いを演じる平凡な歳月、時間、距離も許してほしい容赦のないその一種の澄んだ渇望して、淺いの極、簡単になって、しかしそれでは私は依おかないから、もし覚醒は忘れていたから、そんなに時間の果てがあまり荒涼、なぜそれらの余分な浮き出た意味がない。

ときに回転するもう一つの画面、優しいに潜んでいるあの目を見ることが好きでなくて、日、そのようにして私は脆弱埋蔵のとても深い、深い意味は、本当に、情は深いので、あまりにも多くの別れがない、特殊で、私もただこの平凡な大衆の中で1人の普通で、しかし私も1部の善良を舎てて、私のこの世の中で一番やさしい心に入るの涙はこのように1種の本当の存在、時間の原点はますます遠くなって、もし日は一回の繰り返しで、私は、最後の最後、これは結局は1度のない意味を待って、瀋黙になってかもしれないあの朽ちる不変の静かで、しかし、心は空。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sosad04742
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sosad04742/index1_0.rdf