彼女の事・僕の事 3 

2007年10月06日(土) 3時17分
彼女に初めて会った時の感想は、綺麗でいて、なおかつ可愛らしいもある方と思いました。

今思えば、この時から彼女に惚れてしまっていたのかもしれません…w

僕達はその日、お互い用事があったのでカラオケに行き、電車の改札で別れました。

すると、彼女からメールが来て、「今日は楽しかったよ!シュン君はいい子なんだね。シュン君みたいな子と付き合えたら幸せなんだろうな」と…。

正直、嬉しかった。今まで、女性にこんな事を言われた事もなかった。だけど、いつも通りの良い人止まりだと思い、そっちだって一緒にいられるかたがいたら羨ましいと返しました…。


それから僕達は、メールや電話を頻繁にし、時々、遊んだり、一緒にご飯を食べたりしました。

だが、ある日…

僕が友達と二人で彼女のバイト先に遊びに行った時、彼女は友達に恋をしたらしく、僕にその事を打ち明けて来ました。
僕は正直、この時はまだ彼女が好きという気持ちに自分自身に気づいていなく、彼女が幸せになれるならと、応援した。
だが…

彼女と友達は合わなかったらしく、二人は付き合わなかった。

ある日、彼女から僕の家に来たいと言ってきた。僕は正直、ドキドキしたが、普通にいいよと返事をした。

彼女が遊びに来た日、家には妹がいた。初めはビックリしていた妹だが、彼女と話していくうちに、自然と打ち解けていった。

その日、彼女を送ってから、妹となにかビデオを借りに行こうとレンタル屋さんに向かってる時、彼女からメールが来た。


「私達、付き合わない?」



意外だった。というより、頭が真っ白になった。

彼女はどうやら友達として接していくうちに好きになってたらしく、ただ、年下というのが引っかかってたらしいのだが、彼女の友達に背中を押してもらったらしく、付き合おうと言ってきた。


僕は嬉しくて嬉しくて、ビデオを借りに行っても、彼女の事から頭が離れなかった。

それから一週間程、会える時間はなかったが、連絡は途絶えなかった。

だがある日、彼女は元カレから連絡が来たらしく、彼女の気持ちがそっちにいってしまった…。


僕は、一週間だけでも「彼女」というものが出来たので、彼女の幸せをとるため、彼女から手を引いた…

彼女の事・僕の事 2 

2007年10月03日(水) 12時31分
彼女は「一つ、お願いがあるんだけど…」と言ってきた。僕はなんだろうと思いつつ、いいよと返事した。…すると、「会いたい」と一言。僕は一瞬、頭が真っ白になった。(えっ、会いたいって…俺に…?) 僕は焦りまくり、「まだ知り合ってそんなにたたないのに…?」と返事した。すると彼女は「話てたら会いたくなった」と…。僕は正直、今までモテた事もなく、顔も自信がなかったゆえに、「なら、写メ交換しよ…?」っと…。今思うと、なんか変な感じがする返事だが、彼女は写メを送ってきてくれた…。後で聞いた話だと、その写メは僕と知り合う一年程前に撮ったやつらしく、初めて見た時は、失礼だが、幼く見えた。僕はちゃんと撮れるように何度も取り直し、これならまだいいだろうと思われる写メを送った。すると、「全然へんじゃないよ?むしろ会いたい」

僕は本当に嬉しくなり舞い上がった。

僕達は次の日に会う約束をし、寝た。だが!!僕はなかなか寝付けなかったw

次の日、僕達は池袋で会う約束だったので時間に間に合うように向かった。彼女は先に着いていたらしく、彼女から連絡があった。僕は慌てて待ち合わせ場所にいくと、「俊君ですか…?」と声を掛けられた。ふとみると彼女だろうと思われる女性だったが、写メより明らかに大人らしく、正直に綺麗な方だと思った。

彼女の事・僕の事 

2007年10月03日(水) 0時51分
まず、僕達の事を書かなければなりません。 僕達は普通の出会い方をしませんでした。僕は当時、まだ女性と付き合った事が無く、ただ友達が出来たらいいなという興味本位で、ヤフーのアバターを作り、チャットを良くしていました。すると、アバターを作ってから3日もしないうちに、一人の女性(この時は女性とは知りませんでした)からメールを頂きました。本文にはただ、「友達になってくれませんか…?」と…。 正直、ビックリしました!こんなに早く友達ができるとは思わなかったのでw メールで会話をしていく内に相手が女性で、僕より一つ上の方というのがわかりました。PCでのメールも時間が掛かる上、面倒なので携帯にしないかと聞くと、いいよと言ってくれました。話をしていくと、彼女から、恋の話になりました。どうやら、前の彼氏はキレやすく、彼女を過呼吸にさせてしまう程の方だったらしく、別れてから、男の人が信じれないと言っていました。僕は純粋に、彼女が可哀想に思え、「僕で良ければそういうのを取り除くきっかけになりますよ」と言い、彼女の男性不信を治したいと思いました。すると彼女は僕に、 「会いたい」と言ってきました…

初めに 

2007年10月03日(水) 0時46分
ここでは、日々の日常の中で時々、元カノとの事やら昔の事を思い出した時に出来る、自分でも良くわからない気持ちをぶちまけてみよう!

ってのが、コンセプトです。

本当に自分中心の内容なのですが、興味を頂けたら嬉しいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shun
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1987年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:フリーター
  • アイコン画像 趣味:
    ・ゲーム-格闘ゲーム・音楽ゲーム
    ・音楽-ロック・ロックンロール
    ・恋愛
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる