当たり前になる程、怖くなるもの

December 04 [Wed], 2013, 4:57







こんな日が
いつかくるんじゃないかと
心ではわかってた


だけど、それは
いきなりなことすぎて
心はついていくことが
できなかった







彼から出た言葉を
拾うのが必死で
考えようにも考えれなくて
ただただもう終わりか、と
ただもうそれだけで
泣く彼の隣で
ただ黙って座ってるだけしか
できなかった



やっと出た言葉は、わかった 一つ。
貴方が決めたことならば と
もう終わりしようか と
出てくる言葉は心とは正反対。

物分りのいい女をきどったのか、
少しでもかっこよく終わりたいのか、
嫌われたくなかったのか、
あの時は何を考えてたかなんて
もう、思い出したくもない。

この2年半を思い出して
別れって単純やなって思えて
やっと悲しくなった。
涙が少しだけ零れて
「今まで、ありがとう」
この言葉を言うのが精一杯で
もう泣かないでおこうと
平常のままで別れようと
意地をはって上着をきて
あ、約束も全部なくなるのかって
切なくなった途端に
現実が押し寄せてきて
勝手に涙が溢れた。

もうかっこ悪いとこは
見せたくないと、
見送りはいらないって
走って最後になるかもしれない
ドアを開け放った。



歩いて歩いて考えて考えて
あ、何も無い。
そう思ったら止まらなく溢れて
綺麗な思い出もなくなって
一人で生きて行かなきゃ
一人で歩かなきゃ行けないんだと
自転車を漕いでも漕いでも
何も消えなかった。
寒くも無い痛くも無い
何も何も無いと、虚しくなった。






あ、これが罰なんだ
自然とそう思えた。





私が全部悪い
何もかも私が悪い

もっと大切にできたのに
意地はって素直じゃなくて
困らせてばかりで
かわいくない素振りばかり
ああ、全部私が悪い と、


後悔ばかりが押し寄せて
なんで、最後の最後まで
意地をはったのかとか
言いたいこと何も言えなかったとか
すきだって叫べばよかったとか
泣いて縋って止めたらとか
ああ、全部全部遅い
何もかも遅いんだよ と。






乗り込んだ電車に乗り
沢山沢山考えた。
このまま終わりでいいのか
このままさよならなのか
全てを無しにしてもいいのか
でも、もし、だから、、、
終わりのない答えを探して
ずっとずっと考えた。


話をしたい。
最後の足掻きをさせて。

その一心で返事をした。






一夜、考えて出した答えは
すごく清々しさを纏ってた。

変に落ち着いて安心した。
これで全てが決まるんだなと
そう、思ったら何もかもが
綺麗だな、なんて思えた。


もしかしたら、とか
大丈夫だ、とか
淡い期待も会ったら消えた。






そう、こんな彼を好きになった。

揺るがない心。
純粋で綺麗な心。

そんな彼が好きだった。






汚い汚い心の私を
愛してくれた。
それだけでもうよかったのに、、、

どうしても離したくなかった
どうしても傍に居たかった
泣いて縋って頼って

すごく困らせただろうな
この長い日々の中で1番
1番のわがまま。

どうしても傍に居たい
好きじゃないと言われても
もう傍に居られないとわかってても
どうしてもその手を離せない
どうしてもこの気持ちは無しにできない
少しでもいい傍に居たい

貴方に好きな人ができて
付き合っていても
何も恨まない
応援するから好きで居させて
それだけで救われるの
それだけで幸せ
(そんなの嘘なのに)
困らせてごめんなさい
悩ませてごめんなさい


それでもそれでもそれでも

貴方が好きなの、






抱きしめて最後なんて言わないで
離さないでお願いだから
会いたいとずっと思ってた
抱きしめたいずっと思ってた

寝てるの?
ご飯食べてる?
無理してない?

ずっとそんなことばっか
こんな状況でも
貴方の心配ばかり
もうなんでもよかった
貴方が元気だったら
もうなんでもよかった
大切なの

ただそれだけ





誰の隣に居ようと
元気で居てくれたら
それだけでいいの






もう離さないって貴方は言った
言ってくれた

もうそれだけでいい

それだけでいいから

もう絶対貴方を困らせない

笑ってて、お願い

泣かしたくなんかないの

ありがとう

二度と貴方を泣かさない






次泣く時は 最後のお別れ の時。

次笑う時は 最後のお別れ の時。








もう一世一代のわがままは終わり。

この一世一代の恋が終わりでいい。






大切な貴方へ。

ありがとう。
幸せでりますように。
元気で笑ってくれたら
私はそれだけで幸せ。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:K
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1992年5月19日
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像
» 傍にと願う程、視界から消えるの (2011年06月23日)
アイコン画像
» 傍にと願う程、視界から消えるの (2011年06月23日)
Yapme!一覧
読者になる