スズキソリオの車中泊には段差を隠すマットが必須

April 28 [Thu], 2016, 21:55
スズキソリオで車中泊をしたい人は、
フルフラットにした時の段差対策が必須ですね。

口コミを見ていると、段差が気になって
快眠しにくいよねっていう意見が多いんです。

フルフラットにすると、そのままでも大丈夫な気がするぐらい
フラットになるんですが、実際に寝てみると、
やっぱり身体が痛くなるみたいです。

段差対策として、マットを敷く必要があるっていう
意見が多いんです。


では、どんなマットが人気があるんでしょうか、
調べてみると、厚さが10cmぐらいのマットが
ちょうどいいみたいです。

薄いマットだと段差が隠れないので寝心地が悪いままです。

厚すぎるとフワフワしすぎてひどい時には
酔ってしまうこともあるみたいですよ。

ちょうどいいのが10cmですね。

マットのタイプについてはエアーマットがいいみたいです。

段差を隠す効果が高くて、しかも使わない時は
折りたたんでコンパクトにできますからね。

エアーマットタイプで10cmというのがベストです。

そして、エアーマットを購入するときに
もう一つ注意したいのがエアーの入れ方がどうなっているかです。

ポンプを使わなくても広げれば自動でエアーが入るタイプが
評判いいですよ。

ポンプを使わないとエアーが入らないタイプは、
手動式のエアーポンプでは、入れるのに時間も労力もかかって
かなり大変です。

そして、自動のエアーポンプは、結構騒音がして、
静かなキャンプ場とかには不向きです。

なので、広げると自動的にエアーが入るものを選びたいですね。


ソリオで車中泊をする時にピッタリの
エアーマットの条件をまとめますね。
・厚さが10cm程度であること
・エアーマットタイプであること
・エアーは広げると自動で入るタイプであること

この条件にピッタリのマットを早速探しました。

そしたら見つかったんです、
まさにこの条件にピッタリのエアーマットが!

それが「オンリースタイルの車中泊専用マット」です。

厚さは10cmのエアーマットで、
しかも広げると自動的にエアーが入って膨らむので、
ポンプいらずなんですね。

口コミを調べてみると、段差も無くフラットになって
かなり快適に眠ることが出来たっていう書き込みが
多いですね。

予想以上の寝心地の良さだって評判いいですよ。

快適に睡眠できるようになると、
翌日もすっきり爽やかに起きることができて
かなり充実した旅になるって口コミが多いですね。

ソリオの車中泊に必携のマットについて、
詳しくは下の画像をクリックして内容を確認して下さいね
↓↓↓↓↓↓↓