はまったマンガ

November 11 [Mon], 2013, 10:09
私は昔付き合った彼の影響で、車の走り屋系のマンガが好きになりました。もちろん購入もして、彼と楽しんでいました。特にはまっていたのは「イニシャルD」「湾岸ミッドナイト」です。そのときの私は、彼の好きなことは私も好きになるというのがモットーで、お互いが好きなものを一緒にするのが当たり前でした。コミック本を購入するまでは、デートといえばネットカフェで走り屋のコミックを読んだり、家のパソコンで車の動画を見たりとどっぷり彼の趣味にはまっていました。しかし別れが訪れ、今では車の走り屋に関することとは一切無縁になりました。
倉庫の処分にお困りの方はコチラ⇒倉庫 処分
コミック本は私の家にあったのですが、いい別れ方をしなかったので彼に渡すこともできず売ってしまったという悲しい思い出があります。車に関しては詳しくなり、それには感謝していますが、その知識を使うこともなく過ごしています。彼のあのはまりっぷりに、きっと今でも車が好きだろうなと思うと、コミック本渡したらよかったなと複雑な気持ちになります。

好きな本

November 11 [Mon], 2013, 10:08
"私は中学生のときに小説が好きで、携帯で毎日読んでは感動して涙を流していました。特にノンフィクションの恋愛や友情系が好きで、自分に置き換えて楽しんだり想像して読むのが好きでした。その中でも一番心にぐっときたのは「恋空」です。この小説はのちに書籍化やドラマ化や映画化され、すべて見ました。ドラマや映画も感動しましたが、1000ページ以上の小説が省略されているのでいい場面がないこともあり、やはり原作の本が一番好きです。読むのに1ヶ月くらいかかりましたが、内容はとても深く、大切な人をもっと大切に思うようになりました。
ゲームソフトの買取の詳細はこちらから⇒ゲームソフト 買取 宅配
高校生のカップルが主人公で、とっても仲がよかったのだが彼氏にひどく傷つけられ一方的に別れを告げられてしまい悲しむ彼女。だがそれは後に彼氏が癌を患い、未練を残さないようにわざと彼女を傷つけ、泣く泣く別れを告げたことが判明する。辛くて悲しいすれ違いばかりだった二人の歩んだ道が読みどころです。"

好きな歌手

November 11 [Mon], 2013, 10:06
私はたくさんCDを持っていますが、特に大好きな歌手は「ファンキーモンキーベイビーズ」です。もう解散してしまいましたが3人の男性グループで、この歌手の歌は勇気づけられたり元気にしてくれるのもがほとんどで、悲しいことや思い悩むことがあると聞いていました。ファンキーモンキーベイビーズのPVでとても感動するのは「ヒーロー」という曲です。PVには毎回有名芸能人が出てくるのでそこもまた好きです。この曲のPVは、アナウンサーの仕事で忙しいお父さんとそれを寂しく思う子供を舞台にしており、子供がお父さんの似顔絵を描くときに、テレビ画面に写っているお父さんを描いてしまうという親子の絆に感動するものがたりで、CDを聴くことと、PVと見ることとどちらにも感動します。歌詞に「家族にとってのヒーローになるため転んでも立ち上がるんだぜ」「家で待つ愛しいファミリーその笑顔がある限り」というフレーズがあるのですが、お父さんはこういう気持ちで仕事に行くんだなとお父さんの偉大さがわかる曲だと思います。
トレカの買取の詳細はコチラ⇒トレカ 高価買取

ジブリ作品

November 11 [Mon], 2013, 10:04
"私は、DVDなどはあまり買わないのですが、唯一買うDVDがあります。それはジブリです。今までに買ったものは「となりのトトロ」「ハウルの城」「崖の上のポニョ」「天空の城ラピュタ」「風の谷のナウシカ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「魔女の宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」です。ジブリ作品のほとんどは持っています。ジブリを好きになったきっかけは、「となりのトトロ」を見たことで、子供の時から大好きな作品でした。
私はもう20歳を超えましたが、この作品に出てくる「まっくろくろすけ」「トトロ」「猫バス」が今でも本当に大好きで、実際に存在すると信じています。トトロに出会い、不思議な冒険に出かけるとっても夢があふれる作品で、見るたびにわくわくしています。オープニング曲とエンディング曲も、トトロに合わせた歌詞になっており、「子供の時にだけあなたに訪れる不思議な出会い」というフレーズが好きです。実際に私の娘と一緒に見ており、娘もこの作品も曲も大好きで、娘に不思議な出会いが訪れたら素敵だなと夢を抱いています。"
フィギュアの処分にお困りの方はこちらから⇒フィギュア 処分方法

あだち充作品について

November 11 [Mon], 2013, 9:59
"あだち充といえばタッチで有名ですよね。
私も初めて読んだ作品はタッチでした。そしてあだち充作品の虜になり今ではほとんどの作品を読破しました。
私の中では全て面白い作品でしたが、ラフ・みゆき・KATSU!・クロスゲーム・H2が特にお勧めです。
ラフは実写で映画化されていますので比較的有名かと思います。
内容は、2つの和菓子屋の跡取りの物語です。お互い(特にヒロイン側)が先代や親の教えで嫌っているのですが、同じ学校の水泳部で接することにより徐々に仲良くなっていくお話です。物語のツンデレではないですが、初めの印象が悪いのが徐々に惹かれ合うってところにググっときます。
みゆきはテレビで放送されていましたが私は何回か再放送で見ただけです。比較的昔の作品ですがそこそこ有名では無いでしょうか?
2人のみゆき(血縁関係の無い妹と恋人)と主人公とのお話です。H2Oの想い出がいっぱいが作品の中で使われています。
続いてKATSU!ですが、私はとても面白いと思ったのですがあまり有名ではないのかな。ボクシングのお話で、あだち充作品としては珍しいですよね。タッチで一瞬達也が入部してましたけど・・・。
次にクロスゲームですが、あだち充王道の野球マンガです。こちらもラフに少し状況がにていて、主人公はヒロイン青葉に嫌われているところからスタートします。20巻以上続いた作品なので読み応えもバッチシでタッチに引けをとらないと思います。
そして最後がH2です。私はこれが最高傑作だと思っています。巻数も34巻と30巻を超えています。こちらも王道の野球マンガですが終わり方は世間では評価二分のようですね。
私も正直「ん?」となりまりましたが・・・。
話は変わりますが、タイトルの「H2」。実は表紙のタイトルを見ると毎回対称の2色で描かれているんですよね。主な登場人物が、国見比呂、雨宮ひかり、橘英雄、古賀春華の4人なのですがみんな名前のイニシャルがHなんですよね。私は勝手にこの中の2人の物語なのかなって思ってましたが。比呂=HERO、英雄=HEROと2人のHEROの物語とも捉えられるのでしょうか?この作品はタイトルも意味深なので大好きです。
全ての作品にいえるのですが、初めからエンディングまでの人間関係の描写が大好きです。あだち充作品には「死」もしばしば描かれていて、こちらも評価二分ですが、いろいろと考えさせられて私は肯定派です。
もし、まだあだち充作品を読んでない方で、興味を持ってくださる方がいらっしゃるのなら幸いです。"
ゲームソフトなどの買取の詳細はコチラ⇒ゲームソフト 買取 比較
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アキ
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sorareo001/index1_0.rdf