意外・・。 

2005年10月23日(日) 22時27分
樹「じゃー俺が下なら俺の遊びに付き合ってくれんの?」

零「別に・・誰に義理立てする相手がいるわけじゃないし。まぁ抵抗はないが。」

樹「へぇ・・・。ゼロって案外そーいうのに理解あるんだな。」

零「俺に特定の相手がいれば別だ。」

樹「ふ〜ん・・。意外かも・・。」

零「まぁ・・。お前に愛情があるわけじゃないがな。」

樹「いやいやいや。俺もゼロのこと好きなわけじゃないよ?」

零「だろうな。」

イタズラ(樹・零ver) 

2005年10月23日(日) 9時56分

「・・・・これは何事なんだ・・?」

「別に〜。ただ面白そうだからさ。」

「まったく面白くない。」

「ふ〜ん。まぁ・・・俺が楽しかったらいいんだけどね・・。」

「・・・・・・・・・・・・・。」

「つーかさぁ・・ゼロってなんだかんだで色気あるよね。」

「そうか?」

「うんv俺綺麗なヤツって好きだぜv」

「・・・・喜ぶとこなのか?」

「そりゃーそうだろ・・?さてと・・イタズラしちゃおうかな〜。」

「樹。」

「な〜に?」

「俺は下より上のが好きだ。」

「・・・・は?」

「下は無理だ。」

「いやいやいやいや・・。俺も下とか無理だし。」

「ヤルにしても下なら付き合う気はない。」

「・・・いや。こーいちゃなんだけどさぁ・・。」

「なんだ?」

「そーいう問題なの?」

「俺にとっては重大な問題だな。」

「・・・・・あんた変わってんね・・。」

おかしいだろ? 

2005年09月15日(木) 19時34分
浬「これから楽しくて気持ちいいことするんでしょ?」

樹「だな。楽しくて気持ちいいこと・・。」

湊「・・・・・・・。」

浬「ふふ・・。楽しみだなぁ・・。ボク気持ちいいこと大好きだから」

湊「つーかさ。この体勢おかしくない?」


樹「なにが?」

湊「なんでオレが囲まれてんの?」

樹「そりゃぁ・・ねぇ・・浬・・・?」

浬「うんv湊クンが一番乗り気じゃないからだよv」

湊「・・いや。意味わかんないし。普通浬が真ん中なんじゃないの?」

樹「だって。浬。どう?」


浬「だってボクどっちもいけるもんv」

湊(・・・・頭いたい・・。)

浬「だから・・湊クンにたくさん楽しい思いさせてあげるね・・。」

湊「もう・・どっちでもいいよ。」

仲間に入れてよ・・ 

2005年09月14日(水) 20時56分
「ねぇ・・何してるの?」

樹「浬か・・。」

湊「・・・・・・・・・・・・。」

樹「楽しいコト。」

浬「ふ〜ん・・。確かに楽しそうだね・・。」


湊「まったく楽しくないけど。」

浬「・・・ふふ・・。」

樹「な〜んだよ。仲間に入れてほしいの?」

浬「・・どうしよっかなぁ・・。まぁ・・。退屈だし・・仲間に入れてもらおうかなぁ。」

樹「・・・・いい度胸じゃん。」

湊「じゃぁ。オレは必要ないな。浬にでも遊んでもらえば。」


樹「何いってんの。今更・・。さっき約束したろ?」

浬「そうだよ。湊クンもいないとつまんないじゃん。」

湊(・・・・なんなんだよ・・。こいつら・・)

樹「おっ。浬よくわかってんじゃん。」

浬「まぁね。てか樹クンと二人だけなんてつまんないもん。」

浬(イヤがってるのを無理やりっていうのが楽しいんだし・・)

樹「まぁ〜。それもそうだな。」

樹(こいつとだとすんなり行き過ぎだもんな・・)

湊「いや・・意味わかんないし。」

抵抗。 

2005年09月10日(土) 19時20分

樹「観念したんだ?」

湊「・・・・・・・。」

樹「いいことじゃん♪ミナも楽しんだらいいよ。」

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・ゴッッ。

樹「・・・・・っ。」


樹「・・・・・・今さぁ。本気で殴ったよね。」

湊「当たり前じゃん。きもいっつってんだろ。」

樹「・・・・・むかつく。」

湊「こっちのセリフ。」

樹「・・じゃ〜いいや。別に。」

湊「は?」

樹「ミナが遊んでくんないんだったらあーちゃんに遊んでもらうし。」

湊「・・・・・・。」

樹「あーちゃんさぁ・・なんにも知らないだろーから・・
俺が教えこむのも楽しそうだしな・・。」

湊「お前うざい。」

樹「は〜?聞こえませんけど。」

湊「ほんと・・むかつく。」

樹「・・・あっそ。」

湊「・・・・・最後までする気ないからな。」

樹「・・・・俺だってないよ?」

湊「じゃぁ・・早くすれば。」

樹「今度抵抗したら俺もう知んないから。」

湊「しつこい。しないって言ってんじゃん。」

樹「じゃ〜今度こそ・・・はじめますか。」

?「何してるの・・?」

はじめようか・・・ 

2005年09月04日(日) 22時13分
樹「・・・・・さ〜てと。はじめようか・・・。」

湊「・・・は?」

樹「約束したじゃん?ミナが俺の遊びにつきあっってくれるって。」

湊「・・・・・・・。」

樹「・・・・・・・・・・・・・ね?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

っっ!!!

湊「・・・っっやめろって。」

樹「い・や・だ。」

湊「変なとこ触んな。変態。」

樹「・・・・♪い・や・だ。」

鳥肌。 

2005年08月28日(日) 19時55分
樹「やりはしないけど・・・まぁ・・。ねぇ・・?」

湊「つーかさぁ・・。こーいうのもきもくて鳥肌立ってんだけど。」

樹「そう?まぁ。俺は立ってないし。」

湊「お前ほんと節操ないよな。」

樹「だってさぁ・・ミナとこーいうのすんの楽しいじゃん。嫌がり方が尋常じゃないからさ。」

湊「・・・まさか。」

樹「うんvそーいうことv俺さぁミナが嫌がることすんの大好きなんだよね〜。」

湊「・・・・最悪・・。」

樹「なんとでもいえば〜?」

イケナイコト・・? 

2005年08月26日(金) 18時30分
湊「イケナイコト・・・?」

樹「そう・・。イケナイコト。」

湊「・・・・・・・。」

樹「だって暇じゃん。」

湊「つーかさぁ。オレお前とヤルのだけは死んでもイヤ。」

樹「俺は別にいいかな〜。気持ちよければ。
つーか。ヤルとは言ってないじゃん」

湊「お前の頭ん中そればっかだし。」

樹「ヤリはしないけど・・・・。」

湊「なんだ?」

樹「なんだろうな・・。」

湊「・・・・・・なぁ。」

樹「な〜に?」

湊「なんだこの手?」

樹「さぁ?なんだろうな?」

湊「さっき言ったじゃん。」

樹「だから・・ヤりはしないって・・」

・・・・・・・・・・。 

2005年08月24日(水) 18時22分
樹「じゃ〜。なんに付き合ってもらおうかな・・・」

湊「なんでもいいけど早くしてくんない?うざい。」

樹「・・・・じゃーさぁ・・・。」

湊「・・・・・・・・・・・。」

樹「イケナイコトしようか・・・?」

何して・・・ 

2005年08月23日(火) 16時39分
樹「ねぇ・・・ミナ。」

湊「は?」

樹「何して遊ぼうか?ミナが俺の暇つぶしに付き合ってくれるって言ったよね?」

湊「すごくイヤだけどな。」

樹「イヤだけど付き合ってもらうし。」

湊「・・・またこいつの病気がはじまった・・めんどくさ・・。」
P R
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像空@管理人
» はじめようか・・・ (2005年09月07日)
アイコン画像空@管理人
» はじめようか・・・ (2005年09月07日)
アイコン画像テナ
» はじめようか・・・ (2005年09月07日)
アイコン画像きき
» はじめようか・・・ (2005年09月07日)
アイコン画像空@管理人
» ・・・・・・・・・・。 (2005年08月26日)
アイコン画像渚美鈴
» ・・・・・・・・・・。 (2005年08月25日)
アイコン画像空@管理人
» 悪ふざけ。 (2005年08月22日)
アイコン画像神涙
» 悪ふざけ。 (2005年08月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sorarararara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる