ドールバトンその2(チビ花・永・烈) 

June 26 [Fri], 2009, 12:27


悠夜さんから、チビ花にバトンをいただきましたー♪
では・・いってみましょー♪


ルール
・三日以内(1週間以内)に書く事
・嘘偽りなく
・アンカー禁止   
・回した人はちゃんとその人がやったか見に行く・書いてない人は罰ゲーム
※三日以内(1週間以内)に実行しなかった人への罰ゲーム

チビ「ばつゲームってなぁに?おいしいの?」


●回す6人

今回はアンカー勤めさせてもらいますーvv

●あなたの名前

チビ「花だよー。」

永「永でーす。チビ一人じゃ心配だろ?
こんなに可愛いから、誰かにさらわれたらえらいコトだし。」

烈「バカじゃねーの。こんな動物、誰も拾わねぇーよっ。」

●呼ばれ方

チビ「花は花だよー。」

永「かわいいーなぁvvvv」

烈「どこがだっ。つーか呼ばれ方聞かれてんだろ。答えてやれ。」

チビ「えー。花は花だもん。」

永「だよなーvチビはチビだもんなぁvv」

烈「・・オレ様が呼ばれたのはこーいう理由か・・。」

●あなたの年齢

チビ「うーん。わかんない。
・・・・・・・お腹すいたなぁ・・。」

永「よし。今からお菓子持ってきてやるからな。」

烈「菓子はさっき食ってたぞ。」

チビ「うん。食べたよー。でもお菓子食べたいなーv」

永「育ち盛りだもんなv今持ってきてやるからなv」

烈「残ってんのは俺んだからな。食ったらまじで殺す。」

●好きな物

チビ「チョコレートv」

永「想像通りの答えだなv可憐な子=チョコレートだろ〜♪」

チビ「あっvでもお肉のほうが好きv」

烈「・・・・まさに獣だな。」

永「・・・・・いや・・肉好きは生きてる者の基本だろ。」

●現在恋人は?

チビ「コイビトってなぁに?」

永「居ません。チビにも花にもそんな者は居ません。」

烈「あれは?あのサドメガネ。」

永「違う!!
あいつは ただのどうしようもない変態だ。」

烈「ま。確かに変態だな。変態の中の変態だ。」

チビ「ねぇねぇ。コイビトってなぁに?」

●好きなタイプ

チビ「好きな人はね、お肉とお菓子をくれる人。」

永「・・・・・・お兄ちゃんとか・・・ないんだな・・」

烈「んなコト言うわけねぇーだろ。キモい。つーかペット感覚だな。まさに。」

永「チビ。個別では?永くんだとか。」

チビ「あっ。花ね、壱くんが好きーv」

永「・・・・・・・・・・・・・・・。」

烈「変態と動物か。お似合いじゃねぇか。」

●嫌いなタイプ

チビ「烈くん。」

永「だろうなーvvv俺も俺もーV烈と壱が嫌い。」

烈「あっ?このチビ ケンカ売ってんのか。」

チビ「だって烈くん、花のお菓子とったんだもん。」

烈「取ってねぇだろ。つーか、お前のは自分で食ったろ。」

チビ「違うよー。全部花のだよー。お菓子は全部花のだもん。」

烈「・・お前がうるせぇから特別に半分にしてやったってのに・・。
どんなルールだよ。」

永「いや。お前がいうな。」

●好きな映画

チビ「お肉のCMが好き。」

永「・・・チビ・・。
そこはディ○ニーとか・・可愛い系の返答を期待してたな・・」

烈「無駄だ。無駄。いい加減学べよ。ばか永。」

●好きな音楽

チビ「お肉の焼ける音ー。」

永「・・・・・うん。だよなー・・。
肉が焼ける音っていいよなー。」

烈「あー・・だり。いい加減ツッコむのもウザくなってきた。」

●好きな食べ物

チビ「お肉とチョコレートだよーv」

永「チョコレートかーvvv花っぽくていいなv」

烈「肉って最初に言ってんぞ。」

永「やっぱり女の子はチョコレート好きだもんな。」

烈「女の子っつーかメスの間違いだろ。」

●送り主を色にしたら?

チビ「うーんそうだなぁー。楓ちゃんはマシュマロv紅葉ちゃんはラムネv
美味しそうだよねーv花ねどっちも大好きなんだよv」

烈「だーかーらー・・・・色っつってんだろっ!!!
質問を根本的に変えるのはヤメろ!!」

●回す人を色にしたら?


そんなこんなで悠夜さんからバトンいただきましたーvv
いやー・・チビ花をここまで兄達と絡ませたのは 
初めてだったので、とっても楽しくさせていただきましたーv
でもって・・ほんとキャラ付けにもってこいですね・・(笑)
結局小さくても大きくても、花は花って解りました・・。

そんなこんなで素敵バトン返しありがとうございましたーV
遅くなってすみません・・!

ドールバトン(湊・樹) 

June 26 [Fri], 2009, 12:22



mixiにてバトンをいただいたので、こちらにもペタリ。
人物像が改めて、実感できた気がします(笑)


ルール
・三日以内(1週間以内)に書く事
・嘘偽りなく
・アンカー禁止   
・回した人はちゃんとその人がやったか見に行く・書いてない人は罰ゲーム
※三日以内(1週間以内)に実行しなかった人への罰ゲーム

湊「・・罰ゲーム?・・・樹と一日過ごさないといけないとかでいいんじゃない。」

●回す6人

●あなたの名前
湊「湊(ミナト)。」

樹「樹(イツキ)でーすv」

●呼ばれ方

湊「呼ばれ方・・。オーナーには湊って呼ばれてるかな。」

樹「オレにはミィちゃんって呼ばれてるよね。」

湊「お前の呼び方は 俺の仲ではカウントされないし。」

樹「ふーん。じゃーカウントされるまで呼び続けよーっと。」

湊「ヤメろ。キモい。」

●あなたの年齢
湊「何歳かな。20とかそのくらい?
あのオーナー、年齢を設定してないから。わかんないや。」

樹「じゃーオレもそのくらいだな。
なんせオレら親友で幼馴染だしな。」

湊「キモい。親友じゃないし。
つーか そもそも何でお前がいんの?お前呼ばれてないじゃん。」

樹「だろ?そー思うだろ?
だけどオーナーがさぁ、湊だけじゃ根暗で愛想ないから面白みがないってコトで
オレを呼んだわけ。
つーコトで感謝しろよ。」

湊「・・・・むかつく・・。」

●好きな物

湊「一人の時間。」

樹「うわー・・。やっぱ根暗だな・・。
オレは可愛い子v」

湊「キモい。」

●現在恋人は?

湊「前は居たけど。今は大きくなったし、居ないかな。」

樹「オレは居まーすv美人で可愛いこv
オレだけ大きくなって、向こうは小さいままでもそれはそれで・・・」

湊「変態。つーかマジで変態。」

●好きなタイプ

湊「・・・・・・ここで言うの?
・・・・・・大人しくて可愛い感じの子。」

樹「つーか・・
向こうも大人しかったらさー お前ますます根暗になんじゃん。
ヤバいって。絶対。明るい子にしとけって。」

湊「・・・・・・お前うるさい。」

樹「あっ。ちなみにオレは付き合ってる子がタイプでーす。」

●嫌いなタイプ

湊「うるさいの。あとウチに一緒に同居してる動物みたいなヤツ。
兄に甘やかされてるタイプのヤツ。」

樹「えー。花ちゃん可愛いじゃん。」

湊「あえて名前伏せてんのに。空気読めよ。」

樹「ふーん。後で兄達に怒られるもんな。
あっちなみにオレは可愛くない子。」

●好きな映画
湊「特にないかな。面白かったらいいかも。」

樹「はーい。オレはエロいの。」

湊「・・・お前帰れば?マジで恥さらしもいいいとこだし。」

●好きな音楽
湊「うるさくないのが好きかな。」

樹「そうそう、こいつの部屋行くと いっつも三分で寝れんの。」

湊「そうそう。で、いっつも激しく邪魔なの。」

樹「・・・・・・むかつく。」

●好きな食べ物

湊「辛いのがすき。」

樹「オレは甘いのが好き〜♪」

●送り主を色にしたら?

湊「桂くんだろ?黄色とかオレンジとかその辺の色かな。
ウチの弟に雰囲気が似てるかも。」

●回す人を色にしたら?


そんなこんなで長々と、失礼しました〜♪
久々のバトンとっても楽しかったですvv

お願いごと。(チビ花*永) 

June 07 [Sun], 2009, 13:34


チビ花「あー。永くんだー。」

永「おっvチビじゃないか。」

チビ花「花ね、永くんにお願いがあるの。」

永「なんだ?なんでも言ってみな。
チビの頼みなら、なんでも叶えてやるからv」

チビ花「ほんとに?」

永「もちろんv」

チビ花「わーいv永くん大好きvv」

永「そうだろそうだろvv」

チビ花「あのね・・・」

永「うんうん。」



チビ花「さっき零くんに取り上げられたお菓子が 
花ね どうしても食べたいの。
零くんは鬼のような顔で何か言ってたんだけど、花ね、
お菓子がどうしても食べたいの。」

永「・・・・・・・・・・・・・・。」

チビ花「零くんのところのお菓子が 花食べたいの。」

永「うん。よし。鬼のような顔の零のところにある
お菓子が食べたいんだな。
めったに鬼のような顔になるコトのない零のところにあるお菓子な。」

チビ花「うんv花、楽しみに待ってるねv」

永「・・・・・・うん。頑張ってくる・・・。」

チビと湊。(チビ花*湊) 

June 07 [Sun], 2009, 13:26


湊「・・・・あんたさ、デカくなかったけ?」

チビ花「えー。花は花だよー。」

湊「いや、そーいうこと言ってるんじゃなくてさ、
無駄にデカかったよな?確か。」

チビ花「えー。花は花だよー。」

湊「・・・・もういいや。頭痛くなってきた。
つーかさ、足、どけてくんない?」

チビ花「足ってなぁに?」

湊「あんたが俺の上に乗せてる足だよ。」

チビ花「・・・・・・・・。」

湊「・・・・・なに?なんでダマってんの?
小さいからって ごまかされないからな。」

チビ花「・・・・・お腹すいたなぁー・・。」

湊「・・・・・・・」

チビ花「ねぇねぇ湊くん。花ね、お腹すいたの。」

湊「で?」

チビ花「花、何か食べたいなぁ。」

湊「・・・・話が通じない・・。
これもすべてあのバカ兄どものせいだ・・。」

大人。(零・烈) 

May 24 [Sun], 2009, 12:45


烈「・・・・なぁ。零。」

零「なんだ?」

烈「お前さ。ちょっと雰囲気ちがくね?」

零「そうか?」

烈「うん。てか・・なんかデカくなってねぇか?」

零「あぁ。そのコトか。大人になったんだ。」

烈「は?」

零「大人になったんだ。」

烈「いや、意味わかんねぇから聞きなおしてんだよ。
聞こえなかったんじゃねぇからリピートすんなっ。」

零「・・・・?」

烈「首傾げてんじゃねぇよ。大人になったっつー意味には二通りの
使い方があんだろっ。」

零「訳の解らないことを言うな。そのままの意味だろ。」

烈「・・・・・・・・!!!!!!!!!(白目)

零「黒い肌に白目は気持ちが悪いと思うんだが。」

烈「おっ・・・・・おぉぉぉぉぉぉぉぉお前っ!!!
い・・・・いつの間に・・この俺様を出し抜いて・・・・・っ」

零「出し抜くもなにも・・昼寝をしててな、起きたら大人になっていた。
烈も昼寝をしたらいいだろう。そんなに大きくなりたいんなら。」

烈「は・・・?」

零「背が伸びたのが羨ましいんだろ?」

烈「そっち・・・?」

零「何を訳のわからないことを・・。
烈、お前には前から言おうと思っていたんだが、
そもそもお前はマナーっていうものがなっていない。
そして勉強も出来ないし、なぜか高飛車だし・・それから壱に対しても
永に対しても態度が・・ぶつぶつ」

烈「・・・なんだ・・そっちか・・・。よかった。」

初めまして。(湊*樹 

May 19 [Tue], 2009, 15:47


樹「初めまして。樹です。」

湊「・・・・お前どこまでふざけてんの。
ほんと冗談は顔だけにしろよ。」

樹「・・・まったく湊こそ冗談通じないね。相変わらず。」

湊「デカくなって初の挨拶だってのに冗談も何もないだろ。」

樹「はぁ・・はいはい。じゃぁマジメに。
オレ樹。前はミニSDサイズだった訳だけど・・素体変更ってヤツで大きくなりました。
ちなみに この無愛想な湊とは親友だよv
そんな訳でどうぞよろしくーv」

湊「親友とかキモいし。
オレは湊。ここの管理人が 一番最初に家に呼んだ訳だけど・・
どうにも黄色くなったつーんで、大きくなって帰ってきたわけ。
この樹ってヤツとは親友とか言うもんじゃなくて、ただの知り合い。
で、葵つー弟も居るわけだけど・・。まぁ・・よろしくな。」

樹「お前ってば相変わらず無愛想だな。」

湊「お前は相変わらずバカだな。」

樹「・・・・・・・。」

湊「・・・・・・・。」

我が家の人物関係図。そのいち。 

August 16 [Sat], 2008, 20:44


名前  零 *ゼロ*

タイプ ボークス社 ◆「セシル・ザ・スカーフェイス」◆東京湾クルージング

性格 真面目。ボーっとしている。説教臭い。所帯じみている。

備考 烈と双子。永・花とは兄妹。花を溺愛している。壱とは親友同士。
    我が家で何気に一番強かったりする。



名前  烈 *レツ*

タイプ ボークス社 ◆「セシル・ザ・スカーフェイス」
漆黒の大海原ver◆神戸湾クルージング

性格 バカ。獣。単細胞。ジャイ○ン。俺様。

備考 零の双子。永・花の兄妹。壱とは悪友同士。零には頭が上がらない。



名前  永 *トワ*

タイプ ボークス社 ◆ワンオフ セシル◆

性格 一般人。不幸。普通の人。

備考 零・烈の弟。花の兄。花を溺愛している。壱とは犬猿の仲。
    兄妹がキャラが濃すぎる為何気に影が薄い。



名前  花 *ハナ*

タイプ ボークス社 ◆フルチョイスF-22美白SD少女◆

性格 食いしん坊万歳。何気に獣。

備考 零・烈・永の妹。壱とは恋人同士。



名前  壱 *イチ*

タイプ ボークス社 ◆13少年 F−16◆

性格 変態。サド。変態。エロ。

備考 零と烈の親友。永で遊ぶのが大好き。花とは恋人同士。









野生の勘(烈・花) 

August 16 [Sat], 2008, 20:30


花「・・・・・・・・・。」

烈「ぐぅ・・・・・。」

花「美味しそう・・・v」

烈「ぐぅ・・・。」

花「今日はどこを食べてみようかなー。」

烈「ぐぅ・・。」

花「ほっぺとか・・美味しそうだなぁvvじゅるり。」



烈「・・・・っ・・・!!!!!
おっ・・・お前・・今 食いついたろ・・・・っ?」

花「あーあ。起きちゃった。」

烈「いや。まじで勘弁してくれ。
つーか本気でやめろ。」

花「・・・?
烈くんお顔が怖いよ?」

烈「お前んがこえぇよっっ!!」


花談義(永・壱) 

April 23 [Wed], 2008, 11:24


永「お前 俺が留守の間、花に変なことしなかっただろうな。」

壱「ふふふ・・」

永「・・・・・早く答えろ。」

壱「さぁな。」

バレンタインv(壱・花) 

February 14 [Thu], 2008, 16:23


花「・・・・・・・・。」

壱「・・・なんだ?」

花「なんでもないよ。」

壱「言いたい事があるならいえ。」

花「・・花ね、すごく、ものすごーく悩んでる事があるの。」

壱「珍しいな。なんだ?」

P R
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
アイコン画像
» 花談義(永・壱) (2008年04月25日)
アイコン画像満月
» 花談義(永・壱) (2008年04月25日)
アイコン画像
» バレンタイン(烈・零・永) (2007年03月14日)
アイコン画像渚 美鈴
» バレンタイン(烈・零・永) (2007年02月14日)
アイコン画像
» お土産(零・永・烈) (2006年12月01日)
アイコン画像夏夏
» お土産(零・永・烈) (2006年11月29日)
アイコン画像
» クマさんvv(零・永) (2006年07月08日)
アイコン画像夏夏
» クマさんvv(零・永) (2006年07月06日)
アイコン画像飛鳥11号
» 何がなんだか・・(永・花・零) (2006年04月15日)
アイコン画像
» ……(花) (2006年04月12日)