京都百貨店協会が17日発表した京都市内5百貨店の5月の総売上高は前年同月比3・4%減の187億円で

June 20 [Mon], 2011, 20:59
京都百貨店協会が17日発表した京都市内5百貨店の5月の総売上高は前年同月比3・4%減の187億円で、3カ月連続の前年割れとなった。ゴールデンウイーク(GW)後に天候不順が続き、集客に影響した。 カルバン・クライ
 官公庁と企業のクールビズ前倒しや、例年より早い梅雨入りで、関連商品は早く動き出したが、同協会は「肌寒い日や湿度の低い日も多く、消費者が初夏用衣料品の購入をちゅうちょした」とする。 シャネル
 紳士服・洋品は同5・8%の減少。清涼感のあるシャツは好調だったが、カジュアルウエアが伸び悩んだ。母の日商戦も苦戦し、婦人服・洋品は同4・1%減。身の回り品は、レインコートや傘などの動きが良かった一方、アクセサリーやハンドバッグが不振で、同4・8%減った。ショパール
 店舗別では、ジェイアール京都伊勢丹はGW中に観光客が多かったため、食料品が同4・1%増加。京都高島屋は、婦人服売り場の改装や近くの京都マルイ開業に伴う入店客増で、婦人服・洋品が同5・2%伸びた。大丸京都店は昨年の改装効果の反動が続いた。 コルム
 6月は10日現在で前年同期比3・1%減で推移している。同協会は「天候が安定すれば涼感商品や夏物衣料品が伸びる」と期待する。エベル
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:soraonion
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/soraonion/index1_0.rdf