IQの誤解。 

January 10 [Tue], 2006, 18:08
■しかし…此処に投稿する事自体が凄く久し振りなんですけど!!笑
半分位、存在自体を忘れてましたよ。はははは。
今、此処って携帯サイトと新しいブログからしかリンクしてないもんで、
(多分)閲覧してる方の殆どは携帯からのお客さんだと思います。
携帯サイト、殆ど更新出来てないので、せめて此処だけでも。
みたいな★死

■で、いきなりIQなのかよ!!っつー話なんですが、まぁ良いじゃないですか。
此処って、あくまで暇潰しなんですから。
番外地。笑

■ワタクシ、IQは多分平均値。
オンラインで最近やってみた知能テストの結果は…確か、128とかだったかな。
ちなみに姉は高かったです。小学校か中学校150以上はあったらしいです。
でも、現在は主婦兼コスプレイヤーですけど。汗

Comic Batton(こみっく ばとん) 

July 19 [Tue], 2005, 14:13
■翅さんから『Comic Batton』が回って来ました。
って事で、回答です。

-----+++++-----

(1)Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
本棚に漫画は一切入ってないです。(専門書でいっぱいなので)
部屋の片隅のダンボール2つ分あります。多分100冊位…かなぁ。

(2)Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
『からくりサーカス』藤田和日郎

(3)The last comic I bought (最後に買った漫画)
『下僕少年節W』Dr.天(←多分18禁)

(4)Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
『うしおととら』(藤田和日郎)
『ぼくんち』(西原理恵子)
『死神くん』(えんどコイチ)
『ゴッドサイダー』(巻来功士)
『聖闘士星矢』(車田正美)

(5)Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)
ソープバーさん
戌井瞬さん
長月鵜鷺さん
みなぱんさん
平井榴太朗さん
(面倒臭いならスルーでも良いと思われます)

-----+++++-----

参考サイト
『はてなダイアリー:Comic Battonとは?』→此処

調味料バトン(ちょうみりょう バトン) 

July 19 [Tue], 2005, 13:56
■平井さんより『調味料バトン』を戴きました。
って事で、回答するですよ〜。。

-----+++++-----
【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。
目玉焼き   → ソース
納豆     → めんつゆ。醤油だと何故か舌が痺れる。醤油に粉チーズも結構いける。
冷奴     → 醤油とすりおろし生姜。もしくはポン酢とか。
餃子     → 醤油とラー油。
カレーライス → 掛けない
ナポリタン  → 食べない(ナポリタン嫌い/爆)
ピザ     → 掛けない
生キャベツ  → 市販のイタリアンドレッシング
トマト    → 塩
サラダ    → 和風ドレッシング。胡麻味推奨。
カキフライ  → ソース
メンチカツ  → ソース(でもメンチカツってしょっぱいよなぁ)
コロッケ   → ソース
天ぷら    → めんつゆに大根おろしをぶっこんだの。
とんかつ   → ソース。でもとんかつあんまり食べない。カツ丼なら食べる。爆
ご飯(おかず無しの時)→ 鰹節と醤油…かなぁ。
 
【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
冷やし中華にマヨネーズ。地元では当たり前だった。

【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
本当は、刺身にはめんつゆ&わさびが良いっす。
醤油はきつい…いや、食べられるけど。汗

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?
※うちを覗いてくれていそうな方って事で。。
ソープバーさん
戌井瞬さん
みなぱんさん
なっつさん
ぺんぺんさん

-----+++++-----

参考サイト
『はてなダイアリー:調味料バトンとは?』→此処

Musical Baton(ミュージカル バトン) 

July 05 [Tue], 2005, 22:51
翅さん(←どうしてもこーゆー表記にしてしまう。すまぬ)から回ってきたので、
回答してみようと思います。
いや、受け取ったのは初めてですよ。
有り難やぁ〜。。(何)
って事で。

-----+++++-----
■Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
容量は…個別にしか出ないから調べたくない。爆
(ちなみにsonic stage使用)
CDにするとおよそ100枚分。

■Song playing right now (今聞いている曲)
『名前のない鳥』山崎まさよし

■The last CD I bought (最後に買ったCD)
『ばらいろポップ』singer songer
昨日購入し、取り敢えずパソコンには取り込んだ。半分位聴いた。

■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
『大迷惑』UNICIRN
→初めて買ったCD(多分)だったから。『服部』は良いよぉ〜。
『失格』橘いずみ
→橘いずみを初めて知った曲。高校の頃、狂った様に聴いてた記憶が。
この曲とか『サルの歌』とか『平成』とか『上海バンドネオン』とか、其の辺りを。
そーいや、高校卒業と同時に全然聴かなくなったのよね。
『さよなら、カエル』小島麻由美
→衝撃だった。怖過ぎる。
『絶望の丘』Plastic Tree
→プラと出逢った曲。テレビで唄ってた。
『はたらくよ』PUFFY
凄く好きな曲なので、最後に。

■Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
・ソープバーさん
・長月鵜鷺さん
・平井榴太朗さん
・なっつさん
・みなぱんさん

■詳しい説明は、此方でどうぞ。

図書館は好きだって事なんだけど 

June 29 [Wed], 2005, 23:25
■偶に、暇が出来ると蔵書目当てに大学に行きます。
出身大学がキリスト教系列なので、
宗教関係の本の充実度は素敵に陰気な感じですが。笑(わぁ)
勿論、別にクリスチャンじゃなくても入学は出来るけど、
入学式ん時にパイプオルガンの壮大な音で出迎えられた時は、
「…あたし、このまま居なくなろうかしら…」
って思ったりして。
無宗教の性だねぇ。。

■で、この間やっぱり大学の図書館に行った時に。
(図書館は割と暇潰し&足休めに行くんですが、最も利用してるのは府中の伊勢丹近くの図書館だよ★)
この本を見つけてね。
よく、英語のテキストの教材にも為ってる本だと思うんですけれども。
(『華麗なるギャッツビー』って邦題だと心当たりのある方もいるだろうか)
基本的には、戦後の資本主義下のアメリカでの、ある男性の栄光と転落(と、ラブストーリー?)が主体なんですけど。
短めの文と云うか段落と云うか…、がざっくりと並んでいて、印象的なものも多くて。

■ちなみに、出だしがね。
ひとを批判したいような気持が起きた場合にはだな」
と、父は言うのである。
「この世の中の人がみんなおまえと同じように恵まれているわけではないということを、ちょっと思いだしてみるのだ」
っつー文章なんですよ。
何だかね、凄く横柄な文章だなーって最初は思ったんだけれど。
"おまえと同じではない"
ではなくて、
"おまえと同じように恵まれてるわけではない"
ですからね。

■アメリカには実に様々な人種や民族の人間が暮らしていて、
それぞれの立場から世界を見つめているワケで。

■勿論、日本でもそうですよね。
資本主義っつーフィルターを通して見るならば、
元々お金持ちの人、自分でお金を稼ぐ人、
様々な理由で働く事の出来ない人、子供や高齢者、
不法就労で働いている外国人、
都会の人、田舎の人。
同じ世界に暮らしていても、1人1人の現実は違うって事で。
"同じように恵まれてるわけではない"
と云う言葉は、残念ながら真実の様で。

■理解って言葉は、英語で"understand"ですが。
単語を2つに分けると、"under"に"stand"するって事になり。
下の立場から見つめてみる、って事なのだろうか。
なかなか、興味深い事実だったり。

こぼれおちるもの 

June 29 [Wed], 2005, 23:03
■他人の事なんて、簡単に理解出来ない。
自分に置き換えて、考えるなんて意味が無い。
(↑橘いずみ『永遠のパズル』より)
高校時代、2年の中だるみの時に奥田民生と共に一番聴いてたのは多分彼女の唄で。
音楽の趣味があんまり合わない友人とも、
何故か橘いずみは共通して、
「よく聴いてたなぁ〜」
って話に為る。
でも、この言葉の意味は、あの時より今が一番解るかもなぁ、と思う。
橘いずみだと、『上海バンドネオン』とか『サルの歌』なんかも好きですなぁ。
はぁ〜。。

■現実って、実は凄い曖昧だよなぁって。
思う時があります。

■「現実を見なさいよ!!」って、職場なんかで云われる事があって。
まぁ、ケアの統一なんかで揉めたりするワケですよ。いろいろ。
でも、入居者さんのADLなんて、職員のケアの力量でいくらでも変わっちゃうし。
なんて、ね。
例えば。
車椅子使用のTさんが立位出来るかって事を考えてみる。
私は、居室のポータブルトイレに座らせる時に、ベッドに両手を付かせて身体を前にスライドさせる。
そうすると、Tさんは腰を浮かせてズボンの上げ下ろしの間立っていられる。
他の職員さんだと、トイレに連れて行って、1人の職員が彼女を抱きかかえ、もう1人の職員が彼女のズボンの上げ下ろしをする。
Tさんは、トイレの手すりだと足を前に進めてしまって立位は出来ない。

■なもんで、私の中では、
"Tさんは方法次第では立位出来る"
って事に為っている。
で、多分。
他の職員さんの中では、
"Tさんは立位出来ない"
って事に為っている。
この時点で、Tさんに対する現実は2通りに為るって事で。

■現実ってのは結局、自分の眼を通したものでしかないんじゃないかと。
かなり、主観的ですよね。
今の出来事の積み重ねが現実だってと、ちょっと違うなぁって。
結論出ないなぁ。いやはや。

永遠のパズル 

June 27 [Mon], 2005, 21:07
■普段、日記に使ってるブログ(→ちなみにしーさーです。えへ★)のサーバーが落ちてるみたい。
なので、此方に日記記載。
サーバー復活したら、此処のログをコピーします。

■本日、昼休みの時。
以前勤めてたフロアの主任が要介護認定のソフトを打ち込みに来ていて、
対象の入居者さんが、此処に就職してから3年間担当だった方なので、
「意見を参考にしたいの〜。ちょっと付き合って頂戴よぉ」
と云われ、いろいろ意見を出していまして。
で、其の侭昼休みが終わってミーティングの時間と為り。
其の主任もうちのフロアに残って作業してたワケ。
其れで、この間の出来事の話に為った時に、横から喋りだしてですね。

■で、この間のもめ事の話に為り。
某おばーちゃん(→以後Tさんで記載)が、其の原因なんじゃないかって事で。
「1人で帰りなさいよ」とか、
「甘えてんじゃないわよ」とか、食堂の端っこでボソボソ云ってるのがうっかり聴こえちゃって、
其れで彼女(→以後Hさんで記載)がキレたんじゃないか?っつー。

■別フロアの主任が云うには、
(注:Tさんは6月に別フロアからうちのフロアに引越して来たのぢゃ)
@別フロアでも、他入居者の悪口をいろんなトコで云っていた
Aしかも、いろんな人に違う云い回しで云っていた
Bなもんで、フロアの人間関係はぐちゃぐちゃに為った
CTさんが居なくなって、やっとこさフロアの人間関係がすっきりしてきた。
………。。
ほー。
其れって、6月の移動の真の目的が、
Tさんのやっかいばらいだって云ってるみたいなもんじゃないですか?
みたいな、ねぇ。
前からちょっと思ってたけどさぁ。。苦笑

ごく稀に此処の人の脳内で展開される下らない話A 

June 21 [Tue], 2005, 16:43
ちなみに与太話を1つ。
管理人さんは高校ん時初めてゲイ雑誌に出逢ったのですが…、
高校2年の夏休みの補習中の事です。
其の日は偶々、一緒に弁当食ってる友達が補習を欠席したので、
別の友達んトコに行こうと理系クラスに行ったのですよ。
そしたら、何だか教室の後ろの方が騒がしい…。
"何か有ったのかなー?"とか思いつつ覗いてみたら、ゲイ雑誌が転がってました。

しかも中身を観ると、
体格の良いお兄さんが全裸で亀甲縛りにされて天井から吊るされ、
(しかも逆ブリッジみたいな格好だった)
口に猿轡を噛まされてまして。
んで、もう1人のやっぱり体格の宜しいお兄さんに思いっきりケツを割られて、
浣腸されて手袋を嵌めた手がいんさーと。
(所謂フィストファックってヤツだよ)
そんな内容でした。しかもオールカラーでね。ええ。

多分、ケツに筋弛緩剤でも打ってから事に及んだのでしょーが、
"…取り敢えず、方法如何ではケツに手首が入るらしい。でも何か厭♪"
ってな感想が取り敢えず。

…ってか、あの雑誌誰が持ってきたんだ?未だに謎。

ごく稀に此処の人の脳内で展開される下らない話@ 

June 21 [Tue], 2005, 16:40
ごく私見ですが、プラサイトには本当に同人サイトが多いのです。
ネットってのは非常に利便性の高い場所なので、
"あ、良いネタを思いついたー!!"と閃いたら、すぐ自分のサイトに反映させる事が可能なんですね。
幸か不幸か、此処の管理人さんは、
絵も書けなければ妄想いっぱいの小説を書く才能も持ち合わせて無いのですが、
(正確にゆーと『鎧伝サムライトルーパー』の当麻&征士なら描けるのですが←きっと知らない人間多数)
其の手の作品群ってのは、閲覧専門者に為るワケなのです。
しかも、大概の作品が(自分にとっては)感想が思い浮かばなかったりするので、
"…あー。"と云いつつさよーなりしてしまうのです。(ロムラーってヤツですな)

とは云え、そんなサイトを閲覧してる以上、管理人さんも同人は嫌いじゃ無いのです。
ってか…むしろ大好きです♪笑
今は殆ど買わないのですが、
中学〜高校の時は地域限定のトルーパーお絵かきサークルに入ってイラストを描いたりしてました。
(んで、さっきの"当麻&征士なら描ける"ってな発言に為るのです)

まぁ、偶にはプラメンをモチーフにした同人的シチュエーションを考えてみたりするのですが、
大概、"…こんな○○はやだなー。笑"ってな展開にしか為らないのが悔やまれます。
此処でうっとりと遠い世界に旅立つ事が出来たら、あたしにも小説が書けたのでしょうか?果てさて。

其れでは、取り敢えず自分トコ(携帯サイト)&他所様んトコで発言した妄想(なのか甚だ疑問)を少々。

でも後悔なんてしないさ、仕方ないから。 

June 21 [Tue], 2005, 16:38
あんまり人様には期待と云う物を求めちゃいないし、
僕に求めるものちょっと困るかもなぁ…ってのが、基本姿勢。

なんて、取り敢えず云ってはみても、
やっぱり何処かで期待してしまう。
求めてしまう。

でも、求められてるのは何となく分かるんだけど、聴こえない振り、知らない振り。
ずるいねぇ。

君と僕は違う個体だから、
君が僕を信じる必要なんて全然無いし、理由も無い。
そんなご立派な人間じゃない。
残念ながら。

もしもね。もしも、の話だよ。
今、只一言、君に言葉を掛けられるとするならば、
君がどんなに自分の事を嫌いだと云っても。

僕は、君の事が。
嫌いじゃないよ、って事。

御免なさい。
好き、って云える程には、未だ、僕等の間には。
時間が足りないみたいだよ。