@07 

January 05 [Thu], 2006, 18:53
よく中を横切った公園


いつも買ってたパン屋さん


あの小さな橋を越えるとキミの住んでいた町







あのときからまだ一度も行けないまま







あのときから変わらないのかな


他の人に笑われちゃうかな






怖くて とても行けない




@06 

January 03 [Tue], 2006, 1:39
ここから見えるそらは
いつも明るくて星がよく見えない


キミからわたしが見える?




日差しが肌に残した跡は キミの体温




雪が降るのは キミの声がよく聞こえるように




どうか どうか 一瞬でも

キミが感じられますように

@05 

December 27 [Tue], 2005, 9:48
いつだって会える


他愛のない会話


ただ手をつなぐだけでいい





そんな何気ないことが一番シアワセなんだと

キミが教えてくれました

@04 

December 26 [Mon], 2005, 1:38
誰になんて言われようとかまわない



わたしは強いのだから






それはキミのせい




わたしは弱くて

わたしは強いのです

@03 

December 25 [Sun], 2005, 11:33
キミの名前を口にすれば


そこにキミがいるような気がして





キミの名前を口にすれば


閉じ込めた想いが全て溢れてしまいそうで






だから心の中で何度も呼んでしまうのです

@02 

December 25 [Sun], 2005, 0:54
キミが永遠にいなくなってしまった日

誰かがわたしに言った言葉



  神様は その苦しみを あなたなら乗り越えられると
  信じて お与えになったのです







わたしは乗り越えてるのでしょうか




乗り越えられるのでしょうか






その先にキミはいないのですか







もう一度 会えることなんて 決してないのですか

@01 

December 25 [Sun], 2005, 0:20
キミに会えなくなって もうずいぶんたちました



わたしはあの頃とずいぶん変わりました


キミはソラノムコウに変わらずいるのですか



わたしは 今も この街にいます





わたしは 今も 苦しいのです




どんな奇跡が起こっても キミは ソラから戻ることはないのですね

@00 

December 24 [Sat], 2005, 2:24
一番大切な人と過ごした4年間

その先もずっとそれが続くと信じてました




それが

ほんの些細な事がきっかけで
わたしはカレとぎこちなくなり

ある日カレはバイクに乗り事故に遭いました




わたしはカレとの間にあった小さな誤解を解くことなく

カレにお別れを言うこともできず

一人になってしまいました





それからずいぶん経った今

わたしの環境はとても変わりました




だけど

あの時の後悔とカレへの想いは

今も変わることなく
忘れることなく
懐かしくて 苦しくて



わたしは今もどうしたらいいのか分からないのです


忘れてしまいたい

忘れられない とても




誰かに話す勇気もなくずっと心の中にしまい込んでいた気持ち


言葉にしなくとも せめて文字にしたら

心の中の整理ができるかもしれない




これから書くのは わたしの心の中にあることです

読んでも意味が分からないかもしれない

違う と感じる人もいるかもしれない

矛盾だらけかもしれない



でもわたしの心にずっとある気持ちなのです



                              砂羽 −さわ−
P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sorairokimoti
読者になる
Yapme!一覧
読者になる