ブログお引越し 

2008年06月09日(月) 17時28分

---
生後18日目
---


今までお世話になっていたヤプログ。
べいびぃ待ちとして、約1年前にはじめました。

そして、このたび無事妊娠〜出産することが出来ましたので、
新しいブログを立ち上げることにしました。
今度は育児日記として開始する予定です。

違うブログも使ってみたかったので、
FC2にしてみました。

こちらです「soraとharuの日記」

今までお付き合いいただいた皆様ありがとうございました。
そして、今後ともよろしくお願いします。



にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

出産レポート その5 

2008年06月04日(水) 11時22分
5/23 21時頃 (予定日2日後)

 分娩室に移動してからも、体勢は同じく横向き。
 枕を挟んで一生懸命いきむ。助産士さんは2人に増えていた。

 この時旦那は、私の手を握ってくれてうちわで扇いでくれてた。
 助産士さんの声でいきんでOKの時と、力を抜いての声が聞こえるが、
 突然力を抜く指示が出ても、いきみたい衝動は抑えきれない。
 そのとき、旦那が握っている手に力を入れてくれて私に言い聞かせてくれる。
 それがすごく良かったと思う。私もふっと我にかえってふぅ〜ふぅ〜と
 いきみ逃がしをすることが出来た。
 
 21時半、助産師さんが「45分には産まれるわよ〜 頑張って!」
 と、声をかけてくれたとき(もうすぐやん!頑張ろう!!)
 ってすごく勇気と力がわいてきた。
 それまでの30分は、頭が小指くらい見えてるとか、卵くらい見えてるとか
 色々言われてたけど、正直(まだそれだけかよ・・・)って心の中では
 思ってたから、ゴールが見えてきてすっごいうれしかった。
 
 陣痛の間隔はすっごい短いときと、眠りに一瞬落ちれるくらい
 (それでも2分くらいだったのかなぁ)の時と差があった。
 けど、間があいた次の陣痛のときは、良いいきみが出来た。
 力を蓄えてる2分間って感じ。

 そうこうしている間に先生登場。
 (後に旦那から聞いたが、先生は登場したものの立ったまま寝ていたそうだ。)
 予定の45分を過ぎた頃、助産士が私の左足を持ち上げた。
 この時あかちゃんのあたまが出てきたんだよね。
 そして22:04にゅるっと長女誕生! 元気な産声を聞かせてくれた。

 臍のををつけたまま本当は抱っこしたかったけど、この病院では処置してからの
 抱っこだった。
 緑の紙にくるまれたわが子は真っ赤だった。まさにあかちゃんという言葉に
 ふさわしい感じ。
 なんという言葉をかけたか、正直はっきりと覚えてないけど
 「頑張ったね」「ありがとうね」という言葉をかけたような気がする。
 とっても暖かかった。

 旦那はというと、私のメガネを一番最初に手渡してくれた。
 これはお願いしていたことなんだ♪

 その後、あかちゃんは一旦別のところに移されて今度は私の処置。
 なんと、胎盤の半分が残ってしまってるから、掻き出します。と。
 かなりゴリゴリ、ギューギューと押されたり引っ張られたりした。
 痛かったけど、これが残ったら大変だということは分かっていたので
 我慢しました。
 
 助産士さんが「きれいな胎盤だよ〜」といってくれたので安心した。
 食生活が不摂生だったりすると、脂肪がついてしまったり汚かったり
 くさかったりするらしいんだけど、そういったことはなかった。
 (後で見せてもらったけど、ほんときれいだった。血管がいっぱいで
 これで私とあかちゃんがつながっていたんだなぁと思うと感動した。)

 さて、最後の難関。会陰切開はしないように、助産師さんがのばしながら
 の出産だったんだけど、あかちゃんが大きかったので多少裂けてしまったのと
 胎盤を掻き出す作業をしたときの傷が若干できたので、縫うとの事。
 麻酔をしてくれたけど、効かない部分もあるらしくめちゃくちゃいたい。
 出産時には痛いって一言も発しなかったのに、「センセー痛い!!」と
 叫んでました。(後日旦那談:私は先生に痛いと怒っていたらしい)

 そんなわけで、出血量650mlと母子手帳の出血多量欄に○がついてた。 
 その後は点滴をして2時間別室でお休み。
 旦那とあかちゃんと私、3人で過ごす初めての時間。
 おっぱいを吸わせてみたり写真を撮ったりしてすごしました。


 と、私の出産レポートはこんな感じです。
 出産してから13日経ってしまったので、辛かった当時の記憶は
 消えつつあります。
 10日経ったくらいから、痛みの記憶もなくなりました。
 それまでは絶対あんな辛いのもう嫌だって思ってたのに。
 二人目なんて考えられないって思ったけど、本当に出産時の痛みって
 忘れられるもんなんですね。

 思い出せるがままに書いたので、結構リアルに書いてあるかもしれないですが、
 出産は人それぞれ違います。
 私よりもずっと楽かもしれないし、大変かもしれない。
 後に続く方々、不安にならずに自分とあかちゃんとのペースで良い出産を
 してくださいね!
 時間が長いからって悪い出産だと私は思っていませんから^^

 助産士さんが私とあかちゃんのペースがとっても良く合っていたと
 褒めてくださいましたから♪

 
 最後になりますが、助産士さんのほめ方って自分を頑張らせる力があります。
 私は何度も「上手ね〜」と褒められて自分が本当に上手なんだとそのときは
 思ってました。だから頑張れたってのもあります^^;



にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

出産レポート その4 

2008年06月04日(水) 10時48分
5/23 18時頃 (予定日2日後)

 陣痛室に移動してから、痛みの種類が変わってきた。
 痛いというより、いきみたいという力が加わってきた。
 ここで変わった助産士さんが、最後わが子を取り上げてくれて
 くれることになる。
 
 とにかく、肛門をおさえてくれぇ〜という気持ちが一番強かった。

 ほどなくして旦那が到着する。
 この頃、すでに結構声が出ていた私は、旦那が来たことで少し声を
 セーブしてみたりした。が、そんなことをしてる余裕も1,2回ほどだけ。
 あとはかまわず助産士さんの言うとおりに呼吸法をする。

 夕食が到着するも、もちろん食べられず。
 この日のメニューはチキンカツ。私が木馬椅子に座っている横で
 旦那がチキンカツをほおばる。
 陣痛の合間に「おいしい?」と聞いてみると、「すげーうまい!」
 と普通に答える旦那を見て一安心する。
 これから誕生日は毎年チキンカツになるかもね・・・^^
 そういえば、リンゴを少し食べた気がする。
 
 その後、ずっと木馬椅子に座っていた体が疲れてきて、ベッドに横になりたい
 とお願いする。
 ふぅふぅと呼吸をたくさんしているせいか、気管があつく苦しくなる。
 タオルを口にあてて、過呼吸にならないように気をつけてたけど、
 やっぱり呼吸の回数がすごかったんだろうな。
 次の日まで気管は苦しかった。

 ベッドに横になり、相変わらず陣痛がくると肛門を押さえてもらう。
 助産士さんがちょっと離れている間は、旦那が肛門を押さえてくれた。
 今思うと、本当に感謝。良くやってくれたと思います。
 さする力も、女性よりも力があるから気持ちよかったし。

 とにかくこの頃は肛門から何か出て来そうな感じがすごくあった。
 私はこの時勘違いをしてた。肛門を内側から押される感じがあったんだけど、
 それを押し出してはいけないと思っていた。
 けど、実は押し出してよかったらしい。う〜ん!と力を入れてはいけないと
 思っていたんだよね。陣痛を逃がすってのはそういうもんだと勝手に思ってた。
 実際には、肛門に力を入れてよかったと分かったとき楽になったし
 すごく進んだ。

 体勢的には、横向きが一番ベストだった。膝を立てて上向きになると
 あまり力がうまく力が入らず、足ががくがくとしてしまう。
 横向きに寝て、大きな枕を二つ足の間にはさんでもらう。
 この頃になると、あかちゃんの頭が見え始めたと言ってた気がする。
 ということは、子宮口全開。とかなんとかで分娩室へ移動。
 うちの病院は、ベッドごと移動してくれたからその点は楽だったと思う。

 
  〜 つづく 〜



にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

出産レポート その3 

2008年06月03日(火) 17時41分

5/23 0時頃 (予定日2日後)

 陣痛の逃がし方を、助産師さんが教えてくれるがうまく呼吸ができない。
 痛いと目をつぶってしまうが、目を開けて息を吐く。
 ヨガに行ったときしっかり習ったはずの深呼吸も全然できず・・・

 3時頃、いろんな体勢を試みるが、一番楽なのはやはり足を広げて座る
 体勢だった。
 ベッドの上半身を起こしてもらい、その体勢でずっといるも疲れてくる。
 助産士さんが、少し眠ったほうがいいからと安心な睡眠薬をもらう。
 これは、友達から進められていた。
 体力がなくなると、最後いきめなくなるから睡眠薬を処方しようか?と
 言われたら飲んだほうがいい。と。

 これを飲んでしまったら、朝まで寝てしまい、なんとまた陣痛が少し遠のいてしまう。
 子宮口を見てもらうとまだ3センチ。
 そしてまた、一度外に出て歩いたほうがいいと言われてしまう。
 こんなに痛いのに!?一人で歩いていたら途中で痛くなっても
 立ち止まってやり過ごすことなんて出来ない!って思ったら悲しくなって
 この時は本当に泣いてしまった。電話ボックスから旦那に電話してオイオイと。

 朝食も食べられず一人で耐えていたら、助産士が夜勤担当から昼間担当の
 助産士さんに変わっていて、病院内を一生懸命歩きましょう!
 と、提案してくれた。
 この時はすごくうれしかった。ほんとに白衣天使に見えたわぁ〜

 午前中廊下を行ったりきたり。途中痛くなると腰をさすってくれて。
 私の話を一生懸命に聞いてくれて、気持ち的にも楽になった。
 お昼前に、一度トイレにいくと破水をしていた。
 破水をするとお産が進むかもしれないから、頑張りましょう!と
 声をかけてくれた(TへT)
 
 お昼ごはんもやはりほとんどたべられず。あぁもったいない。
 午後は少し休み体力温存ということで、木馬のような椅子にまたがる。
 この頃から、陣痛がくると肛門を押さえてもらうと楽になる。
 テニスボールも試してみたが、はまりすぎてしまいやはり手が一番楽。
 助産士さんが居ないときは、自分で肛門を押さえる。

 義母がこの時お見舞いに来てくれた。プリンやヨーグルトを持ってきてくれたが、
 案の定喉を通らず。
 そしてもっと進むようにと、また廊下を歩き出す。
 そうそう、この時に言われたのが痛みが来たとき声が出るくらいになったら
 陣痛室に移動するからね〜ということ。
 (入院したのは普通の部屋で、陣痛待機室という部屋)
 
 それから義母が帰り、夕方17時になると白衣の天使だった助産士が
 交代だということで、帰ってしまう。さびしかった。
 この頃になると、ついに私も声をだしてしまうようになったので
 ベッドごと陣痛室へ移動される。
 この時も陣痛の波がくるので、仕方なく自分で肛門を押さえながら
 痛みに耐える。

 
  〜 つづく 〜



にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

出産レポート その2 

2008年06月03日(火) 16時53分

5/22 0時頃 (予定日1日後)

 前日同様、日付が変わった頃に産道をぐいぐい押す胎動が。
 それを機に昨日よりも強い生理痛の様な痛みが。
 でも、前の日の事もあるし旦那を起こさず一人で測る。
 この時も10分以下の間隔で来ていた。

 4時前になって痛みが強くなりだし、痛みに耐えるために声が出て
 顔をしかめるようになってきた。
 一人で絶えることがつらくなってきたので旦那を起こす。

 とりあえず一度病院にいって見てもらいたい!という私の希望で
 旦那の運転する車で病院へ。
 朝方なのでとてもすいてて、3分くらいで病院へ到着。

 受付を済ませて分娩室へ通され、まずはNST。
 お腹にコードをつけて、赤ちゃんの心音と痛みの度合いが波形で表示される。
 出産時にはこの波形は富士山のようになると聞いていたので、
 私のはまだまだだな・・・ とヘコむ。
 が、あかちゃんはとても元気に心臓をピコピコと動かしていた。

 その後、子宮口をはかってもらうとまだ1センチしかひらいていない・・・
 ひとまずおうちに帰って、少し散歩をしてきたほうがいいでしょうということ。
 このときおしるしの出血は結構な量になっていた。
 
 そして、内診のときぐいぐいと刺激をしてくれたためかお腹の痛みが強くなる。

 そしていったんお家に帰って一眠りすると、またまた痛みが遠のいてしまった。
 これには愕然としてしまった。内診の刺激であれだけ強くなっていた痛みが
 また遠のいてしまうなんて・・・

 こりゃ、散歩しかない!と思い、妊婦検診に来ていた友達とランチをする。
 ランチをしている間、10分間隔の痛みがあったりなかったり。
 友達を送りがてら散歩をする。この時も痛みがあるものの、止まってしまうほど
 つらいわけではない。

 そして夕方16時過ぎ、痛みが強くなってくる。散歩が効いたかな?
 ベッドに横になるも、波が押し寄せてくるたび油汗がでてくる。
 シャワーを浴びておくべきだ!と思った私はシャワーを浴びたが、
 痛みは強くなる一方で、波どころではなかった。ずっといたい。
 ちゃんと洗えたのかどうかも分からないくらいになったとき、
 ふと、近くにあったバランスボールに座ってみる。
 足を広げて座ることが良かったみたいで、痛みを逃すことが出来た。

 旦那が帰ってくるのを待ち、夜20時頃入院荷物一式を持ち再度病院へ。
 NSTを再度してから内診。あれだけ痛いのに2.5センチ。
 ほんと泣きそうだった。
 また帰らされそうだったけど、お願いをして入院させてもらうことに。
 
 晩御飯を食べてなかったので、旦那が近くのコンビニでパンやサラダを
 買ってきてくれた。
 体力勝負だから食べたほうがいいといわれても、全然喉をとおらず
 結局お茶だけですごす。

 旦那は仕事があるため帰宅。


  〜 つづく 〜



にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

出産レポート その1 

2008年06月03日(火) 16時39分
---
生後12日目
---


今やっと時間ができたので、出産報告をさせてもらいま〜す。

5/21 0時頃 (予定日当日)

 寝てすぐ位に、産道をぐいぐいと押すような胎動。
 今思うと、これが前駆陣痛の始まりだった気がします。
 ぐいぐいと押される痛みを気にせず、そのままねてしまう。

 そして予定日に日付が変わった0:30頃、生理痛を強くしたような
 痛みが。
 ちょいといつもと違う感じが違うかなぁと思って時間を測ってみたら
 8分おき。
 病院には10分おきになったら病院に来てくださいって言われたけど、
 この痛みじゃ、絶対子供はうまれん!と思い、一生懸命時間をただ測る。

 2:30にトイレに起ると、待ちに待ったおしるしが。
 色はピンク色のおりものって感じ。そして、便器のほうには鮮血が。
 旦那を起こして報告すると「マジー!」と飛び起きる。

 お腹がすくと力が入らなくなるからと、前の晩に残したカレーうどんを食べ、
 ご飯を炊いて小さなおにぎりを作る。
 (今考えると、こんな余裕があるくらいだもん全然だわな・・・)

 一応病院に電話をして確認してみようってことで、電話をしてみると

 「初産だし、痛みがまだまだそうなので、ひとまず様子をみて、
 間隔が4,5分程度になってふぅ〜っと息を吐くぐらいの痛みになったら
 来てみてください。」

 と言われる。
 その後も時間は測ってはいたけど、結局そのまま眠りに落ちてしまう。

 朝起きてみると、痛みは少なくなっていて間隔もあいてしまった。
 あまり遠くに出かけるのが怖いので、近くのコンビにやパン屋だけしか
 出かけず、家の中で拭き掃除やら体操などをして過ごす。

 旦那から心配の電話が掛かってくるも、結局なにもおこらずその日一日を
 終える。

  〜 つづく 〜



にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

産まれました 

2008年05月24日(土) 6時18分
5/23 22:04 3496gの女の子を無事出産する事ができました。

皆さんの励ましがあったからこそ頑張って来れた妊娠期間。 本当にありがとうございました!

出産レポートはまた後日ゆっくり報告しますね('-^*)/

これから出産される方もまだいらっしゃいます。
出産は確かに大変な事ですが、すばらしい事です。
痛みなんか本当に吹っ飛びます。

頑張ってくださいねo(^▽^)o

入院しました 

2008年05月22日(木) 23時23分
産まれるのは明日の朝以降だと思うけど、とりあえずご報告まで。

かなりキツい… くじけそうだ(ノ_・。)

おしるしキター 

2008年05月21日(水) 8時34分
---
40w0d
---


ついに本日予定日となりました。
そう、昨晩ついにおしるしがきたのです

いつもどおり、23時頃寝ようとして、
布団でゴロゴロしてたら、べいびぃが頭で産道をグィグィと
押してて痛かった。
たまにやることだったからそんなに気にしなかったけど、
なんかいつもより回数も多いし、力も強かった気がした。

でも、いつの間にか落ちてた

次に目が覚めたのが、日付が変わって
予定日の0:30頃。
夢を見ていたんだよね。
(お腹がいたいなぁ〜 いつもの前駆陣痛っぽいやつかなぁ)
って考えてたんだけど、ちょいといつもと違う感じが
してたから、測ってみたら8分おき。

(えっ!もう8分おき?陣痛にしちゃ痛くないよ?)

と思ってとりあえず一生懸命に測ることに。

2:30にトイレに起きたとき、おしるしとご対面
ピンク色のおりものがつきました。
そして、便器のほうにも血が・・・(汚くてごめんなさい)

待ちに待ったおしるしだったので、旦那ちゃんを起こし、
「おしるしキター
と伝えると、
「マジー
と、飛び起きる。

陣痛らしきものを測り続けたけど、
6分おきになったりして、ちょっと焦った。
でも、そこまで痛くないんだよね。
前駆陣痛かねぇなどと話してたら、
「食べられる今のうちに、ご飯食べといたら?」
と、旦那ちゃんが言うので、晩御飯に残した
カレーうどんを夜中の3:30頃食べる。

そして、陣痛室で食べるかも!と思って
小さなおにぎりをいくつか握る。
このときは立ってても、痛みが分かる。
というくらい。

一度病院に電話して確認しておこう。ということで、
病院に電話。
助産師さんに状況を話しすると、

「初産だし、痛みがまだまだそうなので、
ひとまず様子をみて、間隔が4,5分程度になって
ふぅ〜っと息を吐くぐらいの痛みになったら
来てみてください。」

と言われた。

それじゃ、出産は体力勝負。
少しでも横になって、体力温存!ってなわけで
ベッドに入って再度測り続けてたら、
5:18を最後に寝てしまった

朝、目覚ましで6:30に目が覚めたとき、
痛みはあっても、前より痛みが少ない気が・・・
そして、間隔は全然あいちゃったし、
陣痛遠のいちゃった。

ほとんど寝てないから、2度寝をしたいところ
だけど、動いたほうが陣痛が来やすいので、
また少し、体操をしてみようと思います。

また、変化があったらお知らせしま〜す


にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

陣痛を起こす体操をしてみた 

2008年05月20日(火) 8時07分
---
39w6d
---


予定日まであと1日となりました。
ついにというか、やっとというか・・・
でも、まだ産まれてくれる気配がありません。

いつ出てくるんだ〜い?

と、まぁ焦っても仕方が無いんだけど
陣痛を促す体操なんぞ始めてみました。

mixiのコミュニティで話題になってた体操で、
舟こぎ体操なるものを。
説明がいまいちで、分かりづらいので
あってるかわからないけど。

あとは、スクワット。
Dr.によっては、1日300回しなさいという
Dr.もいるとか。
そこまでは出来ないけど、とりあえず50回
やってみました。

あとは、股関節を開く運動などヨガで習ったもの。
お灸などなど。

今朝は多少筋肉痛になってます

関東地方は、台風と低気圧の影響からか
朝から大雨。昼間で降るらしいので
午後雨がやんだらお散歩へおでかけしよう。



にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

広告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sora
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-草野球観戦
    ・ハンドメイド-編み物
読者になる

 2006年10月結婚した
        34歳のsoraです。

2007年7月に初期流産してしまいました。 4週と4日でした。
そして9月に再度妊娠発覚♪
赤ちゃんがお腹の中で元気に育っているか不安で仕方ない毎日だけど、赤ちゃんを信じて前向きに頑張っています。


2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30