しりめつれつ
2008.06.11 [Wed] 03:03

約束ごとを2つ破った
いつか違う場所にあった荷物も片せなくて3日ばかり散らかった

ごみ溜めやー。なんていうかゴミにんげん。
嫌いな匂いまで持って帰ってしもた。

ものをなくしたいなぁ。
部屋にはふとんだけでいいや。床はしんどいし
自己満足も飽きてきました

真っ白の壁も家具ももう黄色くなってきたところやし
けっこうどうでもいいや。


なんやか声がでなくてだす気すらなくて電話もふせた
静かに鳴る音にも嫌気がさしてきました。静かすぎてうるさい

狂うなら一人で狂えと。
でも家族と触れたら安心した
でも痛かった

記憶のある限り初めてやった。冷静になったあとには怖くてできんかった
なんか自分にびっくりした

なにもなくてなにも要らんくなった
考える時間もこんなにはいらん


弱いっていうのは結局は逃げみち。
きもちわる。
しなあかんことも思い出さなわからんやー。



咎めるのは自分
他人が泣く必要はないやろに





無欲の方が怖いとおもった


簡単なことが難しいやね

ふるいきず
2008.05.05 [Mon] 20:03

父親の声色でわかった

自分のしてきたことの軽率さを


母親の顔色が痛く突いた


それでも私の選択はあれしかないのか



心配しか与えてない

困った顔しかさせてない



今までの価値観がぐちゃぐちゃになるくらい

「大人」になる度恥ずかしくなる


成長じゃなくて、あまりにも幼すぎる今の結果がそう言わせた



甘えさせてくれる人だけを欲しがって

それだけなのに

この消耗感は愚かな空しさ





価値観も理念も

答えもその先も
情も 音も
なにも持たなかった ら

かなしくて
2008.05.05 [Mon] 01:52

民生の歌う悲しくてやりきれないがなんかやるせない

いきてくことがしんどすぎる

立派に活きたことなんかないけども。


限りない空しさの救いはないだろうよー

いまのままでは。


変わらないと何もない。この現状はじゃあ何なのか、

いらんやないか


逃げ切ればいいのに。

なくなればいいのに。

なにも変わってない。

失格した。

おこがましい。

終わったあとのものなんて何も残ってない。


なんでいかされたのか

今笑うのか


アタリマエのことがわからん

自分がない。


虚無感に負けて消えるほど






むつかしい課題やに。


おかんごめん。


本当の失格。


縋り付く権利なんてない


でも一人でなくすこともできない

甘えっぱなし

いいかげん失くせやな


もうない

明日なんかこんでいい



ほんま青い。



頑張れというなら教えてほしいと思うほど

短すぎてそこまで行けれん。

ほっとかれたらしんでしまう

ひとの言う、そんな力が見当たらん

容易いこと

それもしない愚か者


逃亡者。


青い。

i
2008.05.04 [Sun] 21:52

嘘に続く言葉として



許せるとか、否。。



許すて何ゃぃ


認めること?

諦めること?

忘れたら楽やけど。



執拗に

混沌と



意味を求めても

誤りを咎めても



別に何も変わることはないし


自分の中で相手を責めるものだけできあがってしまってはもう真っ直ぐになることすら怖いだけで、

終わりに近づいてるだけかなぁ。


その末が終わりだと思ってる今の自分には必要のないものとしか思えん

でも他の道があるとか軽い口で言うあの人の言葉に矛盾しか感じなくて理解はし難い。

理解したところで今の自分が変わるか、見えない我慢しかない


そもそも理解なんて烏滸がましいし

二人して逃げるだけの意味のない時間、で、意味のないことを考えて、与えて、空回っては挫折。その上で欲しいのは見返りと、伝えたいのは自尊心に似たようなアホみたいなもん。

愚かと言われる強欲で突っ走った。だけかいな。
繰り返す矛盾の中で、逃げ道を探してちらつかせては狡さしか伝えられん


素直になるところを間違えてるような気はしてるけど


どっちつかず。


悩むならその先を

苦しむならその内を


保守的な考えなんか結局自分のことだけやろに。


無くすふりでもするなら、抑制くらいするふりでもすればよかった。


つらいとかを叫んで何も変わらないなら
それこそが無駄な感じやし。


一人で何もできんのに傷つくことだけは一人前


得意な悲観。迷惑な子。

自分がうぜー






口だけ。

無音
2007.11.11 [Sun] 02:54

会いたい。



他人と一緒に生きていくってすごいことかもしれない

そんなこと自分には到底無理なのかもしれない


自分ばかりを最優先

そんな人と添えるわけがない



きみがいなくなった意味がわかった






それなら、あんな軽い言葉は要らなかったのに





どこかに、寄りかかる場所が、愛でられるような、きみの、中じゃなくて、


どこに行けばいいのか



会いたい気持ちだけがはっきりとわかる


それだけでいいのに

それだけがうれしいのに



わたしが欲張りだからいけないのか

わたしがもっと強ければ叶うのか

わたしがきみを愛すことも怖いと思うのに

受け入れられたい気持ちだけが強くなってしょうがない

望むものが大きすぎるのか

求めすぎてる結果なのか


わたしのものさしが脆くてきみに届かないのか

なにか言ってくれないとわからない

わたしはそんなに賢くない


言葉がないのは気持ちがないから?

短絡思考がコドモみたい






もどかしいのは見えない距離

隠されてるみたいで怖い

方向転換
2007.11.03 [Sat] 02:20

天ない読んで泣いてしまった。

一番好きな少女漫画かな。


「自分の好きな人達が淋しい顔してたら自分が淋しいより悲しいでしょ?」


ほんまに。そんなキレイな気持ちに戻りたいとも思った。

自分を省みるときを見なければと思った。




苦しめて
傷つけて
求めてばかり




人のために私がなにかをしたことがあったかな。

求めれば答えてくれる人がいることをもっと幸せに思わなければならないけど、、

受け止めてくれるけど
求めてはくれないような気がしてた


もしかしたら無意識に無下にしていたことがあったかもしれない

一人だと嘆いている間に、求められるような素敵な人になりたいと思った


彼に甘えている場合じゃない

一度線を引いたなら、その色を濃く、深く、はっきりと焼き付けなければ と。


今ほんとうにやり直さなければならない気がする


まだ間に合うと思えるだけでやっていけると思った



今はやるべきことをしっかりしないと、私は誰にも甘える資格がない

そこまで思っていないととてもやっていけない


求めたらいてくれる人たちが、離れていくのを怖がる前に、自分で進んで行くしかないと思った



どうしようも泣きたくなって、でも一人で泣く時間も必要だと思えた



強くなりたい



願うばかりじゃ叶うはずがないってこと

今までの自分がわかってくれているはずだから



強くなる

やり遂げる

優しくなる



寂しがる余裕のないくらい 賢くなりたい

求めてばかりじゃ一人になると思うから 優しくなりたい

あの人と生きていきたいから 綺麗になりたい




叶わないのは小さいからだ



悲観が邪魔をするなら捨てればいい


すべてを悟っていけないから

小さいながらも幸せであれるように


今は精一杯、誇れるくらいの自分でありたい




蓋を開けなくちゃ

もっと広げていろんなものを見つめなくちゃ

数日
2007.10.28 [Sun] 05:04

--- つきあえないなら会うなとは言わない、関係をそれらしく保つべきだ。 ---



「ヤリ友」なんてカンケイの人々は、お互いがよければなんも問題ないと思う。

ただ
セックスは子作りだと頭に入れておくこと。避妊はしないとね。

子供を作る以外の目的の性行為なんてありふれてると思うけど。

愛のないセックスなんてつまらない欲望でしかないけど、
キレイゴトですまないくらい人間って壊れやすいもんだと思う。

本人たちの気の持ちようやね。


彼は私を好いていると言う

体だけでも手の届く距離にいるなら欲しがってくる

付き合えないと言いながら同じベッドに入る私を

彼が我慢することを当たり前に捉えてはいけないらしい

そのくらいの性欲は責められることじゃないのかもしれない

性欲だけではないから彼は苦しいらしい


それを受け入れる私は一番汚い。



「友達でいいからいて欲しい」

苦し紛れな彼の要望を

わたしは信じたわけでもなく、勘違いしたわけでもなく、ただ彼に優しさを与えられなかった

人として、してはいけなかった

自分に甘かった

その言葉に逃げ道を広げていた



やるだけならそれはいい

互いが納得していればいい

今はそんな甘い考えがあったとして、自分の欲望のために動くことを許容したとしても、

一人が傷つくなら線を引くべきだった。


「嫌だ」と言った
「帰る」と言った
「だめだ」と言った

大した抵抗もしない私になにも言い訳はできない

私はソレに慣れてしまって、

さらになにも考えなくなって、

小さくある自分の欲望が一番上に顔を出してた


昔と同じ優しさ

次の人に求めてももらえなかった優しさ

彼がくれるなら欲しいと思った


受け入れる私に彼があたりまえに感じるものはあったと思う。

知らないふりして逃げ道だけをなぞっていた

たぶんそうだった

自分のことだけを考えてた


結局は好きじゃない

恋愛じゃない

きみじゃない


これだけはずっとしっかり感じていたのに


繰り返した私に彼の傷はあたりまえのことだと思う。


「気持ちがないのにそんなことができていたのか」と

言われても言い逃れはできなかった


言葉なんて小さなもので

とめることができなかった甘さが全部無くしてしまう



どこかおかしかった

大きくなっていく愛情が苦しくなって

自分のタイミングで言葉を刺した


「ちゃんとした友達になろう」

この言葉はすべての行為をかき消すほどの力はなかった


「それならもう関わらないでほしい」

友達なら会ってもツライだけだと言われた。


友達でいいからと言った
しないと言ったのに触ってきた
恋人じゃなくても今が幸せだと言った


用意したものも小さなものだった



私が線を引くのが遅すぎた


相手を責めるわけじゃない

自分を省みないといけない


だから遅くても切ろうとしたのに


傷が消えないらしい





私は謝る気持ちがでない








中途半端な気持ちと態度が招いたことはよくわかった

自分がいけないことだけはわかった

これからしっかりしていかなくちゃならないと感じた



彼にごめんの言葉が浮かばない


ありがとうも言えなくなった



今の自分が汚すぎて

今はもう触れたくない



どうしてそばに居たんだろう

自分はなにがしたかったんだろう




感じるのは自分の甘さと軽率さだけだ




彼に対して何も感じられない






彼に対して感じる感情はどうあるべきかだけはわかっているのに


私はどうしても思えない

心のどこかで許せないことが消えてない


それすらも考えなかった

彼の なにも 考えたくない





「それなら会いに行くべきじゃなかった」



自分の甘さがいたいほど突いてくる。

空白
2007.10.22 [Mon] 04:08

付き合うって何よね

友達じゃだめなん?

変な欲望に駆られて傷つくのは何人だろう。


私だけじゃない

私のためにひとつが汚れる



どの位置にいるのかわからん

どの位置にいてほしいのかわからん

きみじゃないのはわかってる。


キスをしても
なにをしても

変な違和感が拭えない


友達じゃだめなん?

いてほしいのはあの人だと思う


それでも間違ったものを積み上げてキタナイものを作ってしまった

もう誰も触れてくれないような形ができた


なにもしないで愛されたいと思ったり

こんなにしてまで願ってみたり

こんなままでは嫌われるだけなのに






やさしくなれない
きれいになれない
もうたぶん愛されもしない

レプリカ
2007.10.14 [Sun] 00:35

誰かに必要とされたい。


知り尽くした安心

知らない快楽


ほしいものはどちらかだとか
わからんふりもバカを見るだけ。


自分でなければならない意味
存在理由

感じさせてほしいとか。
いろんなことを思ったりする



悲しいときにいてほしい人

要るのかな?

一人でおれないただの子供じゃないの



自分のためになにかをしてくれるなんて
ほんとに嬉しいことなのに、
それがあたりまえに感じる私が変わってしまったのかな。


ありきたりな言葉でいう居場所なんかわからん。

どの場所に添えばいいのかわからん。

そこに自分の意志がないのか
自分がなにをしたいのか




お医者さんが言ってたのは
安らげるところがないね
って。

そんなん自分の気の持ちようやん。


バイトは何も考えずやるべきことをこなせばいい。
小さくとも責任を感じられることがあるならば気が楽になる。

自分の信念(そんな大層なものじゃないけど)が折れたとき
迷惑をかけるのは
意志と責任がいいかげんだから。


線をひくことを覚えなくちゃならん。



誰にも迷惑をかけずに寂しがることができない。


泣きたくなる気持ちすら痛々しくて恥ずかしい。



逃げ道ばかりを探すのがクセになって
それが絶対の子供になって


私が自分で一人をつくりあげている。



嘆くことこそおこがましい。

夜行性
2007.10.12 [Fri] 03:32

寝れん。

眠ろうとしてないけど。




追いかけてほしいからそやって言ったりしたのかな。

自分が謎。


なんか所詮駆け引き好き。


女々しさを消すつもりはないけどけっこうかっこ悪い。



なにがしたいんやろう。


誰かと添って居たい。



ただの 自惚れかな。



------


一昨日、学校の男友達と夜から朝まで車で走って、ずっと自分の話を聞いてもらってた。

最近男友達と話す機会もなくて、
訊かれたわけじゃないけど聞いてほしくて勝手にべらべらしゃべり続けた。

拒まずにいてくれることがうれしい。

友達に恵まれてるなぁ。幸せ。


彼氏と別れた経緯やら、私はいつもどうでもいいはずの過去の話を掘り返して広めている。

自分の胸の内をぶつけられる相手なら線を引くのがどうも苦手。

けっこうしょうもない女やな。


その時間誰かとおれたことがどうしようもなくうれしかったり。

「一人でおった時間もあるから平気なはず」

って二人の友達に言われた

うん、確かに。



切れない理由はなんやろう。

ひとりって感じる理由はあるのかな。


どうも満足しきれない自分は相当の欲張り者かなぁ。



寂しいと嘆くことは愚かかな。

でもそれでも人は誰かと居たいと思うのにな。。


責められるのはそこに意志がなにもないからだと思う。

責めているのは自分だけやけど。


みんなも思ってたらどうしよう。

誰もおらんくなったらどうしよう。



無駄なことを考えるだけでなにも動けてない。

信用だの納得だの云々。



失くしていく理由なんてわかるはずなのに。




とにかくふとんに入ってみよ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aya
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2008年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
メールフォーム
タイトル

内容