☆過去記事・リンク等☆

December 31 [Fri], 2010, 9:15
奇跡の猫 スカーレット
犬たちをおくる日
捨てられた犬が人を支える(セラピードッグ)
捨て犬・捨て猫の行方。保健所の実態
熊本市動物愛護センター「殺処分ゼロへの挑戦」
「ジュルのしっぽ」・・・「8週齢の基準」
・「ジュルのしっぽ」・・・「殺処分ゼロへの道筋」
・9月23日放送 ニュースJAPAN 時代のカルテ 「最後の願い」-殺処分の現実

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆犬猫譲渡会情報☆・・・・・・・・・・・・・・・・・



「ジュルのしっぽ−猫日記」から「【署名】殺処分ゼロへ(再)

November 08 [Sun], 2009, 23:18
ジュルのしっぽ−猫日記」の管理人さんが、
犬猫の殺処分方法再検討の要望書」の署名につづく殺処分ゼ

ロに近づくために「2011年動物愛護管理法改正の要望書」の署名を募集しています。

詳細は、「ジュルのしっぽ−猫日記」「【署名】殺処分ゼロへ(再)」をご覧ください。

ご賛同いただける方は署名のご協力お願いします。

9月23日放送 ニュースJAPAN 時代のカルテ 「最後の願い」-殺処分の現実

September 26 [Sat], 2009, 21:30
9月23日放送 ニュースJAPAN 

時代のカルテ 「最後の願い」-殺処分の現実

ペットを飼われている方・これから飼おうとしている方にはぜひ見ていただきたいと思います。


空 1-14 青空そして曇り空♪ 

September 18 [Fri], 2009, 21:11









雲がバタフライで泳いでるみたいです♪


ありがとう

「殺処分ゼロ」を目指して:熊本からの報告/上 安易な飼育放棄許さず

September 16 [Wed], 2009, 21:23
毎日新聞 2009年9月16日 東京朝刊

毎日新聞社サイト

「殺処分ゼロ」を目指して:熊本からの報告/上 安易な飼育放棄許さず」

 年間30万匹以上の犬猫が殺処分されているいま、安易な飼育放棄を許さず、飼い主の説得や譲渡に力を入れる熊本市動物愛護センター。行政と市民の協働で殺処分数を13年前の約20分の1にまで減らし、ガス殺を廃止して麻酔薬による安楽死も実現した。目指すは「殺処分ゼロ」。全国から注目されるセンターを訪ね、その活動を2回に分けて報告する。【田後真里】

 ◇官民協働で協議会 処分数20分の1に
 秋晴れの今月初旬。熊本市郊外にあるセンターに着くと、元気な犬たちの鳴き声に迎えられた。約20匹が犬舎の外に出て体いっぱいに日光を浴び、のんびり伏せたり、隣の犬にちょっかいを出している。「鳴き声がご近所さんの迷惑になってはいないかと、気が気でないんです」。所長の松崎正吉さん(53)が苦笑いした。

 松崎さんはセンターを殺処分から「再生」の場に変えた獣医師の一人だ。01年に赴任してから日々、やり場のない怒りを感じてきた。「引っ越すから」「しつけができない」「飼い猫に子どもが生まれたが自分で飼えない」。身勝手な理由で次々と施設に持ち込まれる犬や猫。

 かつての施設は人間が効率よく作業できるように設計されていた。壁が動いて動物を追いやる「攻め檻(おり)」。収容数が多すぎて、下痢や嘔吐(おうと)があってもどの犬が体調を崩しているのかすら分からなかった。約10分かけて動物を窒息死させるガスの注入も、死骸(しがい)を焼却機に入れるのもボタン一つの流れ作業だった。

 だが「殺す作業はつらすぎた」。殺処分の日には職員が集合し、並んで手を合わせた。目をつぶる松崎さんの耳に、最期の瞬間までステンレスの床を引っかくつめの音がいつまでも残った。「どげんかしてこんなことはやめんと」。同時に赴任した獣医師、松本充史(あつし)さん(37)との試行錯誤が始まった。

 02年1月に処分数を減らすための協議会を発足させ、7月に獣医師会、愛護団体、動物取扱業者など20人(現在は25人)の推進員に委嘱。話し合いを重ねた。「行政の愛護イベントは大切なことが伝わらない」「ペット業界の取り組みも、行政の監視も不十分」。要請や批判ばかりが続出し、話し合いは紛糾するばかり。

 松本さんが提案した。「私たちは、どんな社会を目指しとるんでしょうか」。意見を出し合うと「殺処分を減らし、人と動物のよりよい関係を実現したい」との願いは同じだった。松本さんは続けた。「問題点は何か」、そして「それぞれの立場で何から始められるのか」。

 話し合いを始めて5カ月がたったころ、活動が具体化してきた。センターは安易な動物の引き取りを徹底的に拒否し、しつけ教室を開いて飼育を続けさせたり、新聞などで引き取り先を探すよう、飼い主を説得し始めた。当初は市民から批判も受けたが「ここは処分のための場所じゃない。動物愛護法にも基づいている」と説明した。犬の殺処分数は95年度の1378匹から08年度は71匹まで激減した。



 午後2時から始まる譲渡会を前に、真っ白な6匹の子猫たちに、昨年から施設で働く本田信夫さん(40)がエサを与えていた。

 「かつてセンターは誰も行きたがらない職場だったが、今は誇りを持ってやっている。獣医師など専門家でないぼくら業務職も高い意識を持つことは大切だと思う」=次回は30日、譲渡会の様子と返還の対策、地域猫活動などボランティアとの連携を紹介します。

毎日新聞 2009年9月16日 東京朝刊

空 1-13 青空そして曇り空♪  月

September 13 [Sun], 2009, 22:30


昼間の月







ちょっとお気に入り♪


ありがとう


空 1-12 青空そして曇り空♪

September 11 [Fri], 2009, 20:59









すご〜


ありがとう

「ジュルのしっぽ」 「殺処分ゼロへの道筋」

September 06 [Sun], 2009, 9:02
人気ブログ「ジュルのしっぽ」の犬猫の殺処分に関しての記事にリンクです。


「殺処分ゼロへの道筋」

殺処分ゼロへの道筋(1)

殺処分ゼロへの道筋(2)

殺処分ゼロへの道筋(3)

殺処分ゼロへの道筋(4)

殺処分ゼロへの道筋(5)

殺処分ゼロへの道筋(終)



ヒメリンゴ♪

September 05 [Sat], 2009, 8:03



ヒメリンゴおいしそう
                         























きもちいい〜(^〜^)


ありがとう


心癒す緑♪

September 04 [Fri], 2009, 8:30


心を癒してくれる緑とても好きです♪










感謝します
P R
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1 Click Animalsへ1 Click Animalsへペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

動物の遺棄・虐待は犯罪です。不幸な命を生み出さないために不妊虚勢しましょう。(環境省ポスター)

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sora999
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
よろしくです
最新コメント
アイコン画像sora
» 空 1-12 青空そして曇り空♪ (2009年09月12日)
アイコン画像トトロ
» 空 1-12 青空そして曇り空♪ (2009年09月12日)
アイコン画像sora
» ヒメリンゴ♪ (2009年09月07日)
アイコン画像むつみ
» ヒメリンゴ♪ (2009年09月06日)
http://yaplog.jp/sora999/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる