重い教育の任務は私に息が苦しいようにおさえます

April 03 [Fri], 2015, 23:12
喜ばないで心配事でなくて、重くなくて浮ついていないで、満ち足りた衣食は落ち着いている日いつもすぐ過ぎます。まるで昨日やっと校門を出して、またたく間に、30余り春、夏、秋、冬の巡回して、平凡で忙しい中でいつの間にか流れ去りました。突然振りかえて、過去は雲煙のように速く過ぎ去って、芒ka農の中でただ生活する一部分の記憶だけを残してまた(まだ)ありありと目の前にあるようです。

文章がオリジナルです:ロレックス スーパーコピー時計通販店 by 2015年

私が芒ka農業中学校まで(に)授業をするのはまさしく偶然で、調査によるとその時内部事情の人の後で言って、1983年に県農業中学校は学生の募集を回復して専門科目の教師に不足して、県の中で農業局と外国貿易局からそれぞれ1名の専門の技術者を選んで派遣するのを決定して、派遣(調達)して農業の中で授業を代講する教師を担当します。私が到着を報告しに来る前で、すでにもち米の良区農科駅駅長ルーマニア華興から決定して、1人の専門の学識の基礎的な技能が深くて、方法の厳格な兄弟子は教員を務めるのに行きます。その時のため糯良区の指導(者)、農業技術が骨幹を広めるのを加減して現地が生産するのがとても嬉しくないのに影響しに行きを心配します。まして、学校は置いていて夏休みまだ学校が始まっていないで、このようなルーマニアの兄弟子はずっと赴任に行っていないでを引っ張っています。秋季から学校が始まって半分ヶ月もある時、ちょうど私と7人の省、地農業学校の卒業する学生に追いついて報道しに来ます。農業局もルーマニアの兄弟子の出て行く原因を派遣(調達)したくないをの指導して、私をルーマニアの兄弟子に替え玉になって農業の中でまで(に)2年多い授業を代講する教師にならせた。

初めて農業の中に着く時、人とも土地ともなじみが薄いため、からだが学校に通って怒るまた重くて、いつもすべて憧れるのがとてもすばらしいを、突然役を転換して学生のから先生になって、いつも全身のが不自然だと感じます。キャンパスの荒涼としているの、校舎の古いの、芒kaの開けていないで極めて悪い気候、確実に私を意気消沈させて、気持ちはワ族の山の秋季の天気、いつも土砂が舞いどんよりしていてまた湿っぽいです。私は何回が心の中でひそかにのろいが分かりません:それがすえる注意を出して、損な決定を行って、この荒涼としている偏僻場所ban農業中学校にいる人、本当にこの千の刃物の万は吹きます!天寿を全うできません!

103キロメートルから、隣の県耿馬孟定鎮の30キロメートルに離れます。臨滄市は飛ぶ区博尚鎮の南の水辺の平地の川だで源を発して、4県区を流れた後に、芒kaが出国する時すでに1条の水の量がわりに大きくてで、普通の人は徒歩で行って水の向こうへ行く大河にぽたぽた滴ることができませんでした。芒ka叫の“堤”はとても無理があって、実は南汀河辺の一面の台地で、ちょうど両国の2県の境界所にあります。面積の大きくない芒kaは分けて南臘区芒監視塔大隊とアカザ片大隊に属して、芒kaの住民主に下で芒ka、上で芒kaと芒久の3つの村落、1つの小学校、1つの農業の中で、1つの武装警察の国境の警備のワークステーション、ひとつのは1名の従業員の郵便所から、1つの10数(何)人の兵士しかない国境の警備中隊、1軒の米穀食料販売店、1つの仕入れと販売チーム、総計は数(何)百人を越えません。農業の中で武装警察のワークステーションと次芒ka村落の中間にあって、キャンパスは中ミャンマー国境線急激にから約1キロメートルまで、meng董至孟決める道路は学校の中間から横切って、キャンパスを分けて一部を2上り下りして、道の下で倉庫で、発電する部屋、ブタ小屋、ウシ小屋、野菜畑、養魚池などの附属区。途中で主な校区で、道路にすぐ側に寄って2横の1たとえ3軒の土れんがの瓦ぶきの家でもがあって、てっぺんの後ろ盾は4棟が続けて1列の土れんがのれんがの柱の小さい瓦ぶきの家になるので、キャンパスの中間はまた(まだ)いくつかの自然と成長する木を残します。

開放的ではない辺境の要衝は辺鄙で開けていない死角で、開発する辺境を待つのは貧しくて荒涼としているです。あの時代道路は本当に悪くて安くて、車もまばらで、芒kaの堤の生活する人にとって、いいえ同じくめったに帰りなくに出てきやすいです。乾季は通るトラックとハンドトラクターがまだあって、10日ごとの1クラスは蒼源県政府のある町からmeng董は耿馬孟定鎮の旅客輸送の送迎バスまで(に)、車に乗りにくいが、しかし何とか機会もあります。着いて雨季送迎バスが止まり始めて、通るハンドトラクターとトラックもとても少なくて、事を処理して帰ってただ2本の足に頼って(寄りかかって)行きに出てくるのにも関わらず。辺鄙で良くて、開けていません。芒kaの堤の仕事と生活の最も人に我慢できなくならせるのが彼女それ極めて悪い気候だ、そこの四季常に夏1年中霜がない、海抜の640メートル、年の平均気温の21度、1950ミリメートル雨が降る左右、しぬれる季明らかに四季明らかではないのが、は年間蚊・蝿が荒れ狂っていて、は伝染性の熱病が、がとてもすごいとてもいくらかあり評判名のマラリアひとつのだ重く出して。毎年5月中旬〜11月中旬は雨季で、11月下旬〜次の年5月上旬は乾季です。雨季に入るのは長雨の曇りがちの天気で、高温の高湿度、日光の明るい晴れ渡っている日が少ない。乾季朝の霧に着いたのはとても濃くて、昼ごろ前は濃霧がばらばらで尽くして、日光は強烈に焼く人は耐えがたくて、悩み煩っている酷暑はずっと真夜中まで続きます。ちょうど芒kaの堤のその前の1ヶ月間まで(に)そこの気候に適応しないでご飯が食べられないで眠れないをのの苦しめられて、重い教育の任務は私に息が苦しいようにおさえます。

友情は支持:日本の最大級、品質第一、価格が最低で、ロレックス スーパーコピー時計通販店!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sora20152134
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sora20152134/index1_0.rdf