「ラスト、コーション」情熱をもって生きるとは、陳腐なことなのだ。

2008年02月16日(土) 11時09分
「ラスト、コーション」★★★★
トニー・レオン、タン・ウェィ主演
アン・リー監督、アメリカ 中国 、2007年、158分



日本軍占領下の1942年の上海、
大学生だった主人公は、演劇仲間と抗日運動に
加わり、ある男の暗殺計画に強力する。

トニー・レオンに冷酷な役はどうかなと思っていたが、
スクリーンで寡黙な男は
強い意志を持った謎の男だった、演じるとは
こういうことなんだなと納得。

そしてその男を暗殺しようと
自分の体も捧げる抗日のスパイは
新人のタン・ウェィは
堂々とした存在感を見せて強烈な印象を残した。

憎むべき相手に近づいたが故に
愛してしまう主人公

好きだとか愛してるだとかの意思表示は特にされないが、
丁寧に微妙な表情や動作を捉えることで
その感情の揺れを的確にこちら側に
伝えている。

自分ではコントロールできない感情は
誰にでもあるもの、

その断片を疑似体験しながらも
安泰の今の世の中の漠然とした幸せを
ふと感じる。

言葉で簡単に心情を告げてしまうような
薄っぺらな作品が多い中で
何も言わないことで、これほど饒舌な映画は珍しい、
そしてそのことが映画館へ足を運んだことを
嬉しく感じさせてくれるのだ。

日本がかつて中国をも支配しようとしていた時代、
自分たちはその近代史をいつもは
忘れている、でも隣の国と付き合う時
そういった事実も踏まえて挨拶をしあわないといけないのだろう。
もちろん口に出すことはない、
それでも心の中でしっかり認識して
未来を語りたい。

自分の情熱を何に賭けるのか、
その様は傍から見たら陳腐かもしれない
でも光り輝いて見えた。


★100点満点で80点

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


ともすると古臭いメロドラマになりそうだけど、
時代考証がしっかりとされた作りこまれた映像は陳腐じゃない

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/982
トラックバック
トラックバックURL:
米中台香合作。
セックス・シーンの撮影の仕方とかが話題になったが見てみたらそこのところはやはり過激な演出。主演女優タン・ウェイが中国当局に実質芸能活動を締め出されるなどしたということにもなったのは、中国の表現の自由度の低さと敏感的な検閲性政治状況を露呈しているが、性描写のみならず抗日運動を侮辱する風にも取れる作品の内容ということでの生贄になったとの憶測もさもありなん(泪)。確かにスパイものというのは扱いにくい。常に相手に取り入っていってぎゃふんと言わせるということなので、日本占領を描いていてそれほど日本を貶めずに、抗日活動家を排除している公安的な者に取り入るだけでなく愛してしまうように、味方(抗日側)がちゃっんと支えてくれていない(リーホン愛国っちが女にはだめねえ)というのではね。そういう意味で問題作であるのだし、日本側の方のトニー・レオンが苦悩の人でそれに女スパイが結局惹かれてしまうのは学生演劇からの童顔女性が愛国仲間とし始めたスパイ活動のために結局処女も捨てて練習し日本側を喜ばせるだけでなくそいつ(哀愁トニー)にココロもカラダをも通わせかつ決行ギリギリで味方にとっての危機になっ...
しぇんて的風来坊ブログ  2009年12月20日(日) 11時42分
あらすじ日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のトップであるイーは、かつて香港で出会った女性マイ夫人と再会する。数年前、香港大学の学生だったチアチーは抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた・・・。感想女が嵌めるか?男が見破るか?隙を見...
2007 アメリカ, 中国, 台湾, 香港 洋画 ラブロマンス ミステリー・サスペンス
作品のイメージ:切ない、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ
出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン

時代は第二次世界大戦中。日本軍による占領下、抗日運動に参加するワン(タン・ウェイ)は、運動弾圧側の組
あず沙の映画レビュー・ノート  2009年01月30日(金) 18時01分
台湾の話題作『 ラスト、コーション 』を見てきました。「情欲、戒め」という意味のストレートな題名です。
なんといってもトニー・レオンに注目です。(男性はやはり新星、タン・ウェイ目的でしょうか)
ブレンドな日々  2008年03月22日(土) 15時02分
オススメ度 ★★★★☆(4・0)

「タン・ウェイに釘付け。」
ブロークバック・マウンテンに続き、ヴェネチアで金獅子賞を勝ち取ったアン・リー、その他多くの映画賞にノミネートされている本作、R-18指定は公然のことですが、予想以上にエロティック。

まぶスク 瞼のスクリーン  2008年02月27日(水) 23時50分
《ラスト、コーション》 2007年 アメリカ/中国/台湾/香港映画 − 原題
Diarydiary!  2008年02月27日(水) 20時24分
JUGEMテーマ:映画


2008年2月2日 公開

ダイヤモンドは永遠のしるしです!


これ、いろんな意味ですごいね(つぶやきシローで)

あっぱれだね(つぶやきシローで)


過激な性描写があるとは聞いてましたが。
アメリカでは"NC?17"だそ...
UkiUkiれいんぼーデイ  2008年02月27日(水) 14時26分
「ラスト、コーション」 色・戒/LUST, CAUTION/製作:2007年、ア
映画通の部屋  2008年02月26日(火) 22時51分

監督:アン・リー
キャスト
イー☆トニー・レオン
ワン・チアチー☆タン・ウェイ
クァン☆ワン・リーホン
ジョアン・チェン

【ストーリー】
1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送ら...
あーうぃ だにぇっと  2008年02月26日(火) 21時55分
この映画はいい。何も言葉はいらない、とにかくいい。久々に映画を見た!そんな気持ち
猫背で三十路の・・・  2008年02月26日(火) 21時26分
アン・リー監督、トニー・レオン主演の
『ラスト、コーション』の先行上映会へ出かけた。
花のように  2008年02月26日(火) 12時52分
3連休の中日はレイトショーで『ラスト、コーション』を鑑賞。 2007年ヴェネチア国際映画祭でグランプリ(金獅子賞)を受賞している。 監督は『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー。 ”過激な性描写”
時流を聴く  2008年02月25日(月) 22時21分
楽しみにしていた映画、公開を待ちかねて観てきました。
去年のベネチア映画祭で金獅子賞を受賞した、
アン・リー監督のこの作品です。
毎日が映画記念日  2008年02月25日(月) 20時55分
中国映画「ラスト、コーション」が日本でも1月24日に封切られました。
日本では、そんなに話題を呼んでないようですが、中国人社会では、この映画は話題の映画です。
中国国内ではカットされたベッドシーンに対する議論もさることながら、日本の特務を肯定する映画だと...
天津駐在員が送る中国エッセイ  2008年02月25日(月) 19時20分


監督・:アン・リー CAST:トニー・レオン、タン・ウェイ 他
第64回ヴェネツィア映画祭 金獅子賞、金オゼッラ賞受賞

1940年前後、...
Sweet*Days**  2008年02月25日(月) 10時33分
ヴェネチア映画祭で金獅子賞を撮った映画ですが、おそれ多くも、私にはこの映画の良さがそこまでは解らなかった様でした。でも長い映画なの?...
ポコアポコヤ 映画倉庫  2008年02月25日(月) 8時37分
  ★★★☆☆  第2次大戦中の中国を舞台にした男女の悲恋。 原題(中国語)は「Lust, Caution (Se, jie 、色,戒)」。  1938年、香港。 大学の演劇部の学生たちが、 親日色の強い特務機関の幹部 Mr. Yee (Tony Leung Chiu Wai)の暗殺を計画。 メンバーの女学生...
富久亭日乗  2008年02月25日(月) 6時53分
 あんまり、男を印象付けて記事を書くことはないのですが・・・でもこれは、男性全開
eclipse的な独り言  2008年02月25日(月) 6時11分



 LUST, CAUTION

 色・戒 Se, jie

 日中戦争下、抗日運動の女スパイとして親日傀儡政権の幹部イー(トニー・レオン)
に近付くワン・チア?...
真紅のthinkingdays  2008年02月25日(月) 1時14分
=== 貪りあうことだけが、唯一の生の証だった・・・ ===

{{{:
[[img(http://www.geocities.jp/cinema_house2007/moji/review.gif)]]
人の間に揺れ動く細やかな感情を描かせたら、右に出るものがない作品を作り上げるアン・リー。
その彼が『ブロークバック・マウン...
シネマ ハウス  2008年02月21日(木) 18時58分
ル・シネマで観たのですが 年配の方というか老人が多くてびっくり。1942年、日本占領下の上海が舞台だからかなあ。照明が落とされた予告編上映中に入場する人もすごく多かったんですが暗闇を歩くのがおぼつかないご様子で ちょっとはらはらしました。。ヴェネツィア国...
miu on miu*  2008年02月21日(木) 9時19分
本当のことを言えば、エッチシーンが第一の目当てで観に行ったことを白状しなければならない。(いや、白状しなくてもいいんだけど。)
しか...
或る日の出来事  2008年02月21日(木) 0時44分
先週から公開されている『ラスト、コーション』観て来ました。
最近はちょっと仕事で疲れ気味ということもあり、午後になろうかという時間にベッドから這い出ます。昼食を食べながら文化村ル・シネマの上映時間をチェックしましたが、渋谷以外でも結構上映してましたね。...
マジック・映画について思うこと  2008年02月20日(水) 23時34分
{{{   ***STORY***              2007年 アメリカ=中国=台湾=香港
日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のスパイのトップであるイーは、かつて香港で出会った女性ワンと再会する。数年前、香港大学の学生だったワンは、抗日に燃える演...
Cartouche  2008年02月17日(日) 21時46分
R?18指定なのでちょっとwktk(ワクテカ)してます(*ノωノ)キャー

激しい性描写だけが大きく話題になっている気もしますが…(ノ∀`) ア?...
ちょっとひとことええでっかぁ?♪  2008年02月17日(日) 13時24分
2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf