「オリヲン座からの招待状」時代は変わる、映画は変わるな

2007年11月19日(月) 0時29分
「オリヲン座からの招待状」★★★★映画ファンにススメます
宮沢りえ、加瀬亮主演、宇崎竜童、樋口可南子 、原田芳雄 、田口トモロヲ 出演
三枝健起 監督、20077年、116分



オリヲン座という映画館が舞台

昭和30年代の映画黄金時代から、
TVの出現で映画人口が減少し、
現代に至るまで。

夫を亡くして映画館を引き継いだ主人公と
見習いから映写技師として
映画館で働く男

満員の映画館がTVの登場で
客の入りが悪くなり、
新しいフィルムを借りるお金にも
困るような時期を一緒に耐え、
2人は心を通わせる。

映写室の窓から見えるスクリーンと
たくさんの観客の頭、頭、頭、
オレは映写技師でもないけど
その様子を見ただけでなんだか泣けてくる。

普段は映画を好きな位置をキープして
その時間を楽しんでいるだけだけれど、
見せる側は大変だろう。

映画を途切れることなく上映することや
毎日毎日同じ映画を見続けること
どれも仕事だからということでは出来そうも無い、
好きじゃなければ出来ないけれど、
それだけでもないだろう。

「ニューシネマパラダイス」の日本版とも言えるけれど、
ここには生まれ育った土地を捨てて
久し振りに戻る郷愁よりも、
そこで確かに生きてきた人の生き様がある

自分の心を言葉にしない
不器用な主人公ふたりの様子が
愛すべき映画と同じ様に
良い時もあり、日影の日もあり
それでもまた新しい顔を見せてくれる、
なんだか明日を信じられるような気にさせてくれる。

これまでを振り切り
新しい何かを決意したような
校庭で自転車に乗る宮沢りえの表情が
スゴク良かった。

過去は大切にはしたい、
忘れたくもない、それでも生きている人間は
明日を見なければいけない、
その力と喜びに満ち溢れたシーン。

地味な映画だし、洗練されているとはいえないけれど、
とてもいい映画に出会えた、
映画好きならこの映画のどこかに
好きなシーンを見つけれられるだろうし

見つけてくれたら嬉しい。

★100点満点で80点、満足★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


クラシカルな懐かしい映像をうまく映像にしている、
何処が良いかと聞かれたら、ここだと答えるのは難しいが
見た人なら分かってくれそう。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/915
トラックバック
トラックバックURL:
TSUTAYAのネット宅配レンタルDISCASにて、「オリヲン座からの招待状」をレンタルして観賞しました。
最近は映画を観る時間がほとんどなく少々欲求不満気味だったので、いつも以上に期待を持ってDVDをスタートし...
事務屋の日記  2009年08月04日(火) 2時10分
頑固一徹親父がフィルムを回す、町の小さな映画館。
そんな夫をそっと支える、芯の通った妻。
そこに弟子入りを願いに飛び込んできた、一人の青年。

この三人が、言葉は少ないけれども、それぞれを思いやり、
静かでささやかだけれども、幸せな日々を送り。

留吉も、親父さんの手助けに少しでもなるようにと、
叱り飛ばされながらも必死で仕
*モナミ* SMAP・映画・本  2009年03月06日(金) 22時33分
これは公開時気になっていた。加瀬亮は好き。

「17歳の留吉は松蔵とトヨが経営するオリヲン座へやって来る。映画が大好きだから働かせてくれという留吉に、初めは断るものの、あまりに必死な姿に住み込みとして雇うことにする。映写室に寝起きし、夫婦を立て仕事熱心な...
・*・ etoile ・*・  2008年10月13日(月) 1時58分
先日新作DVDリリースの三枝健起監督作品。未読だけれど原作は浅田次郎の短編、京都舞台、映写技師と女館主が老舗の映画館を守り続けた物語。やはり昭和30年代、映画館が舞台、とのことで気になっていた作品。

蛍のシーンや、おそらく昔の街並み等もCGも使いながらも、...
KYOKO〓  2008年06月02日(月) 22時19分
梅田ブルク7で『ALWAYS』と同じ昭和30年代を舞台にした映画『オリヲン座からの招待状』を鑑賞しました。公開日まで一緒って・・・蓮。この映画にとっては良いことなのか、悪いことなのか。 Story ある日、夫・祐次(田口トモロヲ)と別居中の良枝(樋口可南...
健康への長い道  2007年11月28日(水) 23時16分
ひょんなことから、映画「オリヲン座からの招待状」が映画「ALWAYS 続・三丁目
白いツバサ@cocolog  2007年11月28日(水) 1時09分
感動度[:ハート:][:ハート:]              2007/11/03公開  (公式サイト)
泣き度[:悲しい:]
満足度[:星:][:星:][:星:]

 
【監督】三枝健起
【脚本】いながききよたか
【原作】浅田次郎 『オリヲン座からの招待状』(集英社刊『鉄道員』所収)...
アンディの日記 シネマ版  2007年11月26日(月) 11時39分
映画「オリヲン座からの招待状」を見てきました。
奇をてらった内容ではなく、淡々と物語が綴られていきます。
しかし、だからこその感動があるとても良い映画でした。

そして、?...
趣味は読書(自称)  2007年11月26日(月) 10時44分
【鑑賞】試写会
【公開日】2007年11月3日
【製作年/製作国】2007/日本
【監督】三枝健起
【出演】宮沢りえ/加瀬亮/宇崎竜童/田口トモロヲ/中原ひとみ/樋口可南子/原田芳雄
【原作】浅田次郎「オリヲン座からの招待状」

昭和30年代、先代の館主・豊田松蔵...
caramelの映画日記  2007年11月26日(月) 9時34分
浅田次郎さんの原作は未読。 同じ昭和30年代をモチーフとした「ALWAYS続・三
uni’s cinema diary  2007年11月26日(月) 7時57分
レディースデーを利用して鑑賞しました。
ともみの言いたい放題♪  2007年11月25日(日) 16時57分
宮沢りえの「オリヲン座からの招待状」を見てきました。一言で言うと、どうでしょう、快作って感じでしょうか。



「しみじみと心に沁みる純愛もの」ということになるのだろうと思います。おそらく蛍のシーンは一つのク?
David the smart ass  2007年11月25日(日) 8時43分
第20回東京国際映画祭も今日で終わる。コンテンツフェスティバル2007(コ・フェ
dawn  2007年11月24日(土) 23時56分
またまた浅田次郎の小説からの映画化で、最近では『憑神』『椿山課長』など奇想天外な発想のものが多かったが、本作品は奇をてらったところが微塵もない作品で、これまでの映画化作品とはかなり味わいが異なっている(なお、原作小説は未読です)・・・


映画と映画館が好きなもんで、映画館が出てくる作品に弱いです。
「ニューシネマ・パラダイス」は勿論、昔の「ラムの大通り」
や「ラスト・ショー」、数年前の「マジェスティック」なんかも
いい映画でしたよね。

前に映画のバトンで書きましたけど、ガキの頃、...
It's a Wonderful Life  2007年11月21日(水) 20時37分
「オリヲン座からの招待状」製作:2007年、日本 116分 監督:三枝健起 原作
映画通の部屋  2007年11月21日(水) 20時27分
「さて突然ではございますが、昭和25年の開館以来半世紀以上にわたって、地元の皆様に愛され親しまれて参りましたオリヲン座は、誠に勝手ながら今秋を持ちまして閉館いたす事と相成りました」 昭和32年、京都。 豊田松蔵(宇崎竜童)、トヨ(宮沢りえ)夫妻...
韓国映画好き  2007年11月21日(水) 6時14分
「オリヲン座からの招待状」試写会 ニッショーホールで鑑賞

次々に公開される浅田次郎の小説が原作の作品。「ALWAYS 三丁目の夕日」との時代が同じ昭和30年代の京都。東京とは微妙に雰囲気が違うけれども、それは言葉の響きであって、オリヲン座をとりまくと...
てんびんthe LIFE  2007年11月21日(水) 1時36分
僕ずっとオリヲン座を守るさかい──
ここでいつまでも、一緒に映画(シャシン)かけてもらえますか。

2007年 日本  11/3ロードショー
監督 三枝健起
出演 宮沢りえ/加瀬亮/宇崎竜童/田口トモロヲ/中原ひとみ/樋口可南子/原田芳雄
原作 浅田次郎

あらすじ...
レンタルだけど映画好き   2007年11月21日(水) 0時00分
オリヲン座からの招待状を見ました。三枝健起監督、宮沢りえ、加瀬亮、原田芳雄、中原ひとみ、樋口可南子、ほか。

昭和25年から始まったオリヲン座が閉館になり、留吉は思いのある客に招待状を出すが。
浅田次郎の原作なのでせつなくて感動します。映画好きにはたまら...
Mooovingな日々  2007年11月20日(火) 23時48分
■状況
109シネマズ佐野にて通常価格で観賞(実は奢り)
■動機
誘われて&劇場版宮沢りえ観賞
■感想
いい映画だったのだが、難しい・・・

■あらすじ
三好良枝(樋口可南子/工藤あかり)の元に、故郷の映画館「オリヲン座」から閉館上映会の招待状が届く。良枝は...
新!やさぐれ日記  2007年11月20日(火) 23時47分
 映画が題材の映画は、どういうわけか昔は良かったというような内容のものが多い。
みんなシネマいいのに!  2007年11月20日(火) 22時58分






【オリヲン座からの招待状】 11月3日(祝/土)公開


監督 : 三枝健起


出演 : 宮沢りえ
MoonDreamWorks★Fc2  2007年11月20日(火) 22時43分
原作:浅田次郎 監督:三枝健起 
CAST:宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、原田芳雄 他

昭和32年、京都。松蔵(宇崎竜童)が妻のトヨ(宮沢りえ)と共に営む映画館オリヲン座...
Sweet*Days**  2007年11月20日(火) 21時54分

 昭和25年の開館以来、57年に渡って映画をかけ続けた京都の小さな映画館、オリ
ヲン座。館主であり、映写技師でもあった松蔵(宇崎竜童)の死後、その妻トヨ(宮沢
りえ)と見習?...
真紅のthinkingdays  2007年11月20日(火) 21時35分



『オリヲン座からの招待状』鑑賞レビュー!

僕ずっとオリヲン座を守るさかい──
ここでいつまでも、一緒に映画(シャシン)かけてもらえますか。




人気作家・浅田次郎の同名短編を基に
閉館を迎えた小さな映画館を取り巻く
人々の人生模様をノスタル...
★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!  2007年11月20日(火) 20時43分
こちらは先ほどまで観ていた映画です。
本当は観ようかどうか?迷ってたんですよね!
もう、今日、2本観てますし…
でも、折角なんで観てみました。
ポイントが溜まってもらった招待券で!この映画!

<font color=red size=4>『オリヲン座からの招待状』<...
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf