「ALWAYS 続・三丁目の夕日」意味無くどこまでも走りたい気分

2007年11月14日(水) 20時20分
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」★★★★オススメ
堤真一 、吉岡秀隆 、薬師丸ひろこ 、堀北真希 出演
山崎貴 監督、2007年、145分



あの三丁目の人達が帰ってきた!

昭和34年春。
東京オリンピックの開催が決定し、
日本は高度経済成長時代に突入し、
人々の気持ちは、今よりもっと良くなると
大きなうねりのなか、時代のムードを
享受していた。


戦後の焼け野原から立ち上がり
東京タワーが完成し
人々の暮らしの中には
テレビ、冷蔵庫、洗濯機の三種の神器が
揃い始めた頃。


三丁目の人々もそんなムードの中、
これから暮らしはもっと良くなる、
日本ももっと良くなると信じて
明るく暮らしている。

出演者も同じ、場所も同じなので
変化はとくには無いから
続きものと考えてすっと話しに入っていける。


ここでは近所付き合いや、親子関係が
ある部分、強調されて描かれているが、
それでもどこかに懐かしい何かを見つけられるはず。


大人になって自分で稼いだお金で暮らし始めると
親が自分に注いでくれた愛情を
初めて実感する。大変だっただろうなとかありがたいなとか。

それでもそれをなかなか口に出せない、
だからなのかな、この映画のように
思ったことを口にだして時々はやりすぎてしまうこともあるけど
自分の感情に一番素直でいる登場人物に
優しい気持ちになるのだ。

オレは日本人だから感謝の気持ちを
表現する為に親を抱き締めるとか
そんなことは気恥ずかしくてできない、
でも口に出して言ってもいいかなと
なんだか後押しされたような気持ちになる。

本当にそんなことをするかどうかは
ともかく、そんな気持ちに映画がさせてくれるなんてね、
「明日もきっと良い日になる」

その視線の先に本当に確かな幸せが見える気がした。

★100点満点で90点、是非劇場で★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


吉岡秀隆はどうしても「北の国から」のイメージが強く
大人な役はどれも違和感があって、これはどうしようもない。

★映画ランキングはこちら
前作は最終成績は35億円で、最初の週の成績は前作比240%と
好調な滑り出し、50〜60億くらいまで期待できそう、
良い作品なので多くの人に見てもらいたい。
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/912
トラックバック
トラックバックURL:
前作が非常に好感触だった一方、劇場で見る機会が無かった「ALWAYS 続・三丁目の夕日」。地上波で放送されたいたのでREGZAで録画して期待して観賞しました。
まだ新しい映画なので、ネタバレにならないよう続きを読むからどうぞ。
VAIOちゃんのよもやまブログ  2009年01月11日(日) 0時27分
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/}

今日から12月ですね{/ase/}
…ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/}


昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの様な時間(20:00頃{/face_ase2/})に就寝した私。
なので、書き損ねた昨日の行動記録です。

昨日(2008年11月30日〈日曜日〉{/kaeru_fine/})は、嫁さんと一緒に買い物に出かけました。
…買い物といっても一番の目的はデパートへの支払いだったんですけどね(引き落とし日までに口座に入金するタイミングが無くて、仕方なく直接払いに行きました{/face_ase2/})。

で、それが終わってから“創作料理 一椿?和?”というお店(オバちゃん層向きなお店{/face_ase1/})でお昼の会席ってのを食べました。会席なんか出すお店で写真{/camera/}を写すのは憚られたので料理の写真はありませんが{/ase/}…前菜が3種、お造り、豆乳鍋やら、松茸の土瓶蒸やら、なんだか蕪のムースなんてのもあったし、揚げ物も…松茸ご飯、赤出汁、香の物…デザートも2種、他にも色々出てきて2,100円(税込)ってのは随分とリーズ...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  2008年12月02日(火) 21時11分
あらすじ昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばか...

ALWAYS 続・三丁目の夕日[DVD通常版] (2007/日本)

昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミを思い続けながら淳之介と暮らす茶川のもとに、実父が再び淳之介を連れ戻しに来た。(シネマトゥデイ)
みかんのReading Diary♪  2008年09月10日(水) 11時30分
監督/山崎貴   脚本/山崎貴、古沢良太   原作/西岸良平 『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)    製作年度/2007年  公開/2007年11月3日  上映時?...
+++ Candy Cinema +++  2007年12月20日(木) 20時58分
興行通信社によります、12月第1週国内週末興行成績(動員集計) です。RANKI
映画コンサルタント日記  2007年12月03日(月) 23時14分
 みなさんの映画ブログの中で、2005年観て良かったランキング(自分調べ)でベスト5以内に入れている人がほとんどだった「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編ALWAYS 続・三丁目の夕日を観てきました。
よしなしごと  2007年12月02日(日) 15時54分
2年前に感動を呼んだ作品の続編が、ついに公開!!
私も、待ちに待ってました♪
ともみの言いたい放題♪  2007年12月01日(土) 22時22分
興行通信社によります、11月第4週国内週末興行成績(動員集計) です。  1.A
映画コンサルタント日記  2007年11月27日(火) 0時43分
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]         2007/11/03公開  (公式サイト)
泣き度[:悲しい:][:悲しい:]
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:]
娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]
満足度[:...
アンディの日記 シネマ版  2007年11月26日(月) 13時18分
公開直後と、まだ言ってもいいでしょう。見てきました!

ええと、一言で言えば、とってもわかりやすい! それがいいんです。妙に凝ってないんで、あんまり映画を見慣れてない人にもわかりやすい。たくさん笑って、た?
David the smart ass  2007年11月25日(日) 8時44分
のっけから「散り散りになってもいいんじゃないか」って書きましたが、もう少し詳しく書くと、
 散り散りになっても心に美しいものが残るような話の収め方でもいいんじゃないか、
ということです・・・

 時代は昭和34年。当時、青春時代を過ごした人にとって懐かしく思える作品、この時代を知らない世代でも懐かしく思えるのはなぜだろう。町並みが変わっても、変わらないものがあるからだと思う。「三丁目の人々」は人情味にあふれ、他の人のことでも興味を持ち,大変...
OmuhaCinema  2007年11月21日(水) 2時02分


この続編、前作より好きかもしれません。
いや、前作を観てたからこそ、この昭和の下町に戻れだけで
なんかこう、嬉しくなってくるというか・・。
ベタベタな展開は判っていながらも、素直に感動しまくりでした。
試写で見せていただいたんですが、場内ですすり泣...
It's a Wonderful Life  2007年11月19日(月) 20時14分
1作目を観た時に、この作品は映画によるテーマパークなんじゃないかと気がついた。テーマパークはこの映画同様、昭和30年代をイメージされるように造ってある事が多い。狙いは同じ。アナログでちょっと汚れた舞台装置をしっかり造られたら、もうそれだけでウルッとして...
古今東西座  2007年11月19日(月) 1時37分
昭和は遠くなりにけり・・・・
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。
前作は、昭和という人々の思い出の中に存在する「時間」その物を、VFXを駆使してテ
ノラネコの呑んで観るシネマ  2007年11月19日(月) 0時10分
 
楽しみな映画
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

今作も『昭和』を再現 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
 昭和30年代の原風景を巧みなVFX撮影で再現し、280万人を動員した大ヒ?...
博士の独り言  2007年11月18日(日) 12時38分
最初はサブタイトルを「日本橋と”プー”」にしたろかと 思いましたわな。(ノ*゚▽゚)ノ でもそれじゃ~あんましなので。 今回は薬師丸ひろ子演じるお母さんにも ちょっぴり甘いおもひで話がこの場所で出てきます。 んで家に帰ったら、鈴木オートは モモヒキ姿で大の字、起きた...
ペパーミントの魔術師  2007年11月18日(日) 1時54分
(2007年・東宝/監督:山崎 貴) 前作は、大感動し、泣いた。当然その年の私のベストワン。 当時のインタビューで「続編は考えていない」という発言があったので(実際、セットはすべ
ALWAYS 続・三丁目の夕日 ナビゲートDVD 続・夕日町のひみつ吉岡秀隆 バップ 2007-10-24売り上げランキング : 932おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools
 前作が大ヒットした上に、賞レー?...
闘争と逃走の道程  2007年11月17日(土) 23時04分
金曜日、寝不足がたたったか風邪の初期症状かで喉の痛みと身体のだるさで会社を休み。応募したコンテストの発表込みのイベントもあったのだが、果たしてどーなったか。

土曜日、ダルさが抜けぬも映画に。

映画の後、よせば良いの帰りにジムに行ったら案の定10分走っ...
流れよわが涙、と、おぢさんはゆった  2007年11月17日(土) 20時54分



映画 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 を観ました。
ようこそMr.G  2007年11月17日(土) 20時43分
またあの懐かしい夕日が観たくなって午前1回目のファーストショーで堪能してきましたぉ。
大体、続編というヤツは期待の大きさに負けてしまうのか、前評判の割に「あらら?」ってなるのが多いのがセオリー。
がっかり感を味わいたくなくて映画館に行くか行くまいか結構...
こころね*  2007年11月17日(土) 19時43分
さて、昨日は今日公開の映画、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」に合わせて「昭和の町」を紹介しましたが、昨日テレビでも1作目の<a href="http://minkara.carview.co.jp/userid/122479/b
欧風  2007年11月17日(土) 8時23分
http://yaplog.jp/sora2001/tb_ping/912
豪の気ままな日記  2007年11月17日(土) 1時27分
よく続編は駄作と言うけれど→そんなことは無かった 評価☆☆☆☆ さわやかな笑いと感動でアカデミー賞他、映画賞を総ナメした前作から2年。「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の公開が愈々、始まりました。続編というのは大概が前作に比べると評判の良くないものが多...
豪の気ままな日記  2007年11月17日(土) 1時23分
≪ストーリー≫
昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は...
ナマケモノの穴  2007年11月16日(金) 21時50分
JUGEMテーマ:映画

11月6日(火)◆616日目◆

この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。

CGは凄いねぇ(笑)。
エピソード盛りだくさんでそこそこ。

ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
            2007年11月16日(金) 19時34分
夕日の美しさは時と一緒にいた人によって決まるのかも。
キマグレなヒトリゴト  2007年11月16日(金) 18時38分
ボンジュール ピンクでございまーす。今回は映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』でございまーす。国際派のわたくしは、邦画を映画館で殆ど観ないのですが、(だってすぐテレビで放映するんですものォ~)今回は昭和好きのグリーンに付き合わされてシブシブ観に行ってみました...
『WebCADD.com』の管理人ブログ  2007年11月16日(金) 13時31分
「金じゃないんだよ!世の中には、もっと大事なものがあるんだよぉ!」 今日は、休み
うっかりはんぞう  2007年11月16日(金) 11時13分
上映スクリーン数: 382 オープニング土日興収:5.5億円前作(最終興収35億
映画コンサルタント日記  2007年11月15日(木) 20時37分
栄養不良(?)でも淳之介は4ヶ月で育ちまくりw

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:吉岡秀隆、小雪、須賀健太、堤真一、薬師丸ひろ子、小清水一揮、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、羽鳥慎一、マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、ピエール瀧、小木茂光...
映画レビュー トラックバックセンター  2007年11月15日(木) 16時49分
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
一言居士!スペードのAの放埓手記  2007年11月15日(木) 16時15分
監督・脚本・VFX、山崎貴。2007年日本。ファミリードラマ映画。出演:吉岡秀隆
erabu  2007年11月15日(木) 15時00分

2005年の公開からちょうど二年目。国民的大ヒットを記録した超
話題作が帰ってきた???
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

「おいおい、帰ってくるなよ!」
‥‥そう。正直言って、この映画の「続編が作られた」という情報を
知ったときには、まずは率直にそう思...
バビロン21  2007年11月15日(木) 14時04分

続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、
観るまでは、悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、
と、ちょっとがっかりもしてた。

やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。
ハズレはしないだろうがもう展開読める...
えいがの感想文  2007年11月15日(木) 10時17分
監督:山崎貴 CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他

昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家?...
Sweet*Days**  2007年11月15日(木) 9時58分
{{{   ***STORY***            2,007年   日本
昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美...
Cartouche  2007年11月15日(木) 9時50分



『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー!
「こだま」も登場!
前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現






昭和34年、日本の空は広かった

東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。

日本中を感動の涙でつつんだ

あの三丁目の人々が帰...
★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!  2007年11月15日(木) 2時55分
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」試写会 よみうりホールで鑑賞

年末に向かっての期待作はこの作品と思っている人もたくさんいると思います。前作が思いもよらぬ大ヒットの秀作だったので続編がこんなにも早く出来上がりました。確かにこれは「続」なんですよ。2作...
てんびんthe LIFE  2007年11月15日(木) 2時01分

 昭和34年、完成した東京タワーに程近い夕日町三丁目。駄菓子屋を営む文学
青年茶川(吉岡秀隆)は淳之介(須賀健太)と暮らしている。淳之介の実父から安定
した生活を保障するよう求められた茶川は、夢だった芥川賞獲り
真紅のthinkingdays  2007年11月15日(木) 0時59分
 大ヒットした「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編。 初っ端から思いもよらない
みんなシネマいいのに!  2007年11月15日(木) 0時47分


☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5)
11月3日(土・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:15の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2007年11月15日(木) 0時31分
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回...
はっしぃの映画三昧!  2007年11月14日(水) 22時58分
最初のシーン、好き!だなぁ。


前作は映画館で観たんですが、TVで直前にやっていたので、やっぱ、すぅ?と『ALWAYS』の世界に浸れました。他の観客も、くすくす笑ったり、映画の世界を楽しんでいましたね。
”螢”や ”?
描きたいアレコレ・やや甘口  2007年11月14日(水) 22時38分

2007年/東宝/146分
【オフィシャルサイト】
監督・脚本・VFX:山崎貴
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太、もたいまさこ、三浦友和
kuemama。の<ウェブリブログのへや>  2007年11月14日(水) 22時20分
あれから4ヶ月(ほんとは2年w)。「夕日町三丁目」の相変わらずの賑やかさがとても心地よい。前作では”昭和33年”がこれでもか!とばかりに押し出されており、(観てる側の)懐かしさの”押し売られ”がちょ
たいむのひとりごと  2007年11月14日(水) 22時19分
木曜日に試写会に当たって『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を勇んで観て来ました。
喫茶店日誌  2007年11月14日(水) 21時51分
前作は前作として、今作もいい映画。『ALWAYS 続・三丁目の夕日』11月3日公開。茶川のもとに再び川渕が訪れ、淳之介を引き取ろうとする。抵抗する茶川は、淳之介に人並みの生活をさせることを約束し、再び芥川賞をめざして書きはじめることに。六ちゃんもすっかり一人前な...
EDITOREAL  2007年11月14日(水) 21時36分
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf