「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」みんな知ってる物語を劇場で見よう

2007年04月17日(火) 21時32分
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★泣ける!
オダギリジョー、樹木希林主演
松岡錠司監督、2007年



原作がヒットしドラマ化と露出過多気味だけれど
やはり見てきました。

入院中のオカンと見舞う主人公、
現在から子供時代を回想する仕掛け、
原作と少し違うところもあるが、
うまくまとめている。

何と言ってもオカン、
精力的であり可愛くもあり
だれにもひとりだけいるオカン

もちろん似ては居ない
けれどなんとなく誰もが
そこに自分のオカンを見つけるだろう。

長生きしてね。

後悔と言う文字、
後で悔いても遅いけれど
人間はバカな生き物だから
分かっていながら、気が付くのが遅いのだ。

映画館を出たら
近いうち田舎へ帰ろうかなという気になる、
懐かしい人、
無償の愛を注いでくれた人が住む町へ。

これは豊かではない時代の
人間の営みと
その次の世代の豊かさを享受し、
ただ消費つくす現代を照らしている。

何も無いけれど豊かだった

そんなフレーズを時々目にする、
でもそれは違う、
何もないということは豊かではない
心だって豊かさを常に求めている。

でも決して空虚ではなかった時代、
そして今。

たまにはこんな映画もいいね、
たぶん殆どの人が泣く用意をして劇場へ向かうだろう、
そう思うとこの存在はちょっと変わった位置にある。
でも期待した分はちゃんと持ち帰ることができるよ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

母親の重大な報告を病院で聞く日の
オダジョーは全身ピンク、こんなの似合うのは彼しかいないな。

★映画ランキングはこちら
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/784
トラックバック
トラックバックURL:
東京タワー オカンとボクと、時々オトンは映画Ch鑑賞で
結論はドラマSP大泉&映画オダギリ&連ドラ速水の順番だ

内容は主人公が病気のオカンと酒飲みのオトンとの親子で
主人公が3歳から大学に入ってオカンが死ぬまでの展開だ

主演ボクがオダギリ&オカンが樹木
別館ヒガシ日記  2009年07月11日(土) 14時03分



 『 東京タワー
  オカンとボクと、時々、オトン 』



 

この話は、東京に弾き飛ばされ
故郷に戻っていった オトン と、
同じようにやってきて帰るところを失ってしまった ボク と
そして、一度もそんな幻想を抱いたこともなかったのに、
東京に連...
王様の耳はロバの耳  2007年07月11日(水) 22時43分
.しい結末になるのは判っている。それを殊更強調するでもなく,静かに静かに撮られると,大仰に盛り上げるよりずっと,琴線に触れるのだよ。
日々徒然ゆ~だけ  2007年06月03日(日) 22時24分
大泉さんのドラマは見ました。
もこみち君のは見ていません。

 


ダメダメなボクはキレイに(オダジョーだからでしょうか)さらりと描かれ、
オカンはとても生々しく見えました。
私自身もオカンだからそんな風に感
映画館で観ましょ♪  2007年05月24日(木) 13時05分
?????????????c?????若?????潟??若????絨??????????????????
羂贋??ャ??激????荐?  2007年05月18日(金) 0時06分
 記事を書くのがだいぶ遅くなってしまいましたが、ゴールデンウイーク9日中(5/1,2は出勤日)最終日は東京タワー オカンとボクと、時々、オトンを観てきました。
よしなしごと  2007年05月17日(木) 4時20分
帰省中 ワタシのオカンと 観てきましただ。
2007 映画観てきました♪  2007年05月07日(月) 0時22分



【松岡錠司監督作品集(No.8)】



映画 『  東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 』
[試写会鑑賞]

2007年:日本 【2007年4月14日公開】[ 上映劇場  ]

監督:松岡錠司
脚本:松尾スズキ
原作:リリー・フランキー
「東京タワー オカ...
やっぱり邦画好き…  2007年05月04日(金) 16時16分
今日、イオンりんくうでやっていた地元テレビ局主催の「東京タワー」の試写会に行ってきました。
テレビや小説でやっていたのでご存知だとはおもいますが、内容は、九州の炭鉱に暮らしていた母子がいまして、その子が東京の大学に出て、出世をしましたが、母親の方ががん...
かなやす日記  2007年05月03日(木) 17時01分
親ってそうなんだよね・・なんの楽しみがあったのだろう、なんのために生きてきたのだろう、人生って一体なんだったのだろう、ただ子供のために生きて死ぬ・・



ボク(オダギリジョー)が幼い頃、遊び人のオトン(小林薫)に見切りをつけた若き日のオカン(樹木希林の...
 原作が大人気!ということなので観てみました。「東京にもあったんだ」という主題歌
プラネタリーヴ  2007年04月30日(月) 23時55分
このところ映画観る回数減ってる。
厳選してるってわけでもない。
ただやっぱね、映画特に劇場で観たほうがいろんな意味で刺激受けるし、いいですね。
安売りチケット探そ(笑)。
...
Black Pepper's Blog  2007年04月30日(月) 23時20分
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

きのう観に行ってきました。
ドラマ全部見てハマって、映画も観たいな〜って思ってたんです。

個人的なことだけど、公開日が私の母の誕生日(4/14)っていうのも、なんだか縁があるな〜って思ってね。
母は元気でピン...
.:+* Miss Sunday *+:.   2007年04月30日(月) 0時41分


最近映画ネタ続きだな。
先日、ひと足お先に試写会にて
映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞。
glitterhythm  2007年04月30日(月) 0時37分
「東京タワー」初日舞台挨拶に行って来ました(^_^)/
目の前に、オダギリ・ジョー、松たかこ、小林薫、樹木希林親子という豪華メンバーが!!みなさん全員素敵でした??!。

ポコアポコヤ 映画倉庫  2007年04月29日(日) 22時29分
セブンイレブンでいまだに・・・というか4月30日までらしいのですが前売券売ってます(笑)『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』観てきました。昨日のレディースディに行けばいいのに・・・すっごく眠かったので・・・今日になりました^^;まぁ1300円で観られるな
黒猫のうたた寝  2007年04月29日(日) 19時45分
♪東京にもあったんだ。こんなキレイな夕日が・・・♪
とみのひとりごと  2007年04月29日(日) 16時33分

東京タワー

製作年度 2007年
製作国 日本
上映時間 142分
監督 松岡錠司
原作 リリー・フランキー
脚本 松尾スズキ
音楽 上田禎
出演 オダギリジョー 、樹木希林 、内田也哉子 、松たか子 、小林薫 、冨浦智嗣 、田中
とりあえず生態学+  2007年04月29日(日) 2時31分
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」主演:オダギリジョー、樹木希林劇場:
pinkopaque/weblog  2007年04月29日(日) 2時13分
私は元々リリー・フランキーのイラストや文章はそれほど好きではないので、200万部の大ベストセラーとなった本作の原作も読んでいないし、テレビドラマも観逃している。
さすがにこれだけ話題になると、本を読んでいなく?
ノラネコの呑んで観るシネマ  2007年04月29日(日) 1時33分
今日はKampoのキャンペーンで当選した 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の試写会に行っ
しましまシネマライフ!  2007年04月29日(日) 0時52分
原作は、ベストセラー。テレビドラマは、複数製作。母親に対する男性の心を刺激するの
cococo  2007年04月29日(日) 0時35分
リリー・フランキーの自伝的小説の映画化。昭和38年生まれとということで、懐かしい昭和ノスタルジーを満喫できます。

内田也哉子・樹木希林の実際の親子が、オカンの若い頃と
skywave blog シネマな独り言  2007年04月28日(土) 17時59分
監督 松岡錠司原作 リリー・フランキー脚本 松尾スズキ出演 オダギリジョー(現在のボク・雅也)樹木
あいりのCinema cafe  2007年04月28日(土) 16時19分
 映画が公開する前に、まるで松竹への営業妨害のようにTVスペシャル、月9で連ド
みんなシネマいいのに!  2007年04月28日(土) 15時53分
2007年
監督:松岡錠司
出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、
   松たか子、小林 薫  ほかたくさん



原作は前に読んでいました。
細かい所は忘れちゃったけど、できる限り忠実に作られたのがわかります。
淡々としたナレーションなど、小説の持...
えいがの感想文  2007年04月28日(土) 11時11分
20日はシネコンのサービスデイで1,000円で鑑賞。 出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫 リリー・フランキーの原作を読んだときもそうだったけど、母親への感謝の気持ちで一杯にな
時流を聴く  2007年04月28日(土) 11時07分
★久しぶりに映画館で、ポロポロと、涙を流しまくった作品でした。210万部も売れ
空の「一期一会」  2007年04月28日(土) 9時25分
さて、この週末に観たふたつ目の映画。…公開になったばかりだし、たぶんロングランに
いんどあかめさん日記  2007年04月28日(土) 8時29分



映画 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 を観ました。
ようこそMr.G  2007年04月28日(土) 1時47分
映画としてはつまらない。けれど人としては温かい。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』4月14日公開。もう今さら言うまでもなしの大ヒット物語。ぼかー、原作もSPドラマも観てないの。連ドラは初回観ただけなの。
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』...
APRIL FOOLS  2007年04月28日(土) 1時39分
「東京タワー オカンとボクと,時々,オトン」イイノホールで鑑賞

読んだら誰でも泣くといわれた超ベストセラーを半年かけて読んだせいか、ちっとも泣けなくて、まさか映画をみて涙を流してしまうとは思ってもいませんでした。トシのせい?当然会場内は涙涙…。
何が泣...
てんびんthe LIFE  2007年04月28日(土) 1時26分
話題の映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を鑑賞。
FREE TIME  2007年04月28日(土) 0時16分
 ガンモが職場の人たちと飲み会だと言うので、またしても私は映画を観に行った。実は、前日の夜も私は映画を観に行っている。
ガンまる日記  2007年04月27日(金) 23時02分
映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の試写会に行った。
いもロックフェスティバル  2007年04月27日(金) 22時08分
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、松たか子、小林薫、他 *監督:松岡錠司 *原作:リリー・フランキー 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ...
映画レビュー トラックバックセンター  2007年04月26日(木) 20時16分
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]           2007/04/14公開  (公式サイト)
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]
泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:]
満足度[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:] 


【監督】松岡錠司
【脚本】 松尾スズキ
【原...
アンディの日記 シネマ版  2007年04月26日(木) 18時36分
たまに東北新幹線に乗って東京へ行くと、電車の窓から見える広告の多さに驚く。ビルの窓に貼りつけられた文字、壁の看板、屋上のネオンサイン。車内に目を転じれば中吊り広告。電車を降りれば駅構内のいたるところにポスター。「ご?
ぱんどら日記  2007年04月26日(木) 9時05分
  ―原作、TVドラマ、映画を比較して― 昨15日、亀さんは、14日から公開された映画「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」を見ました。(夫婦で2000円、駐車4時間以内無料は有り難い!)亀さんが育った時代は、この舞台となった時代よりも15年近く古いも...
団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)  2007年04月25日(水) 23時45分
2007年。 松竹。


















 松岡錠司監督。 松尾スズキ脚本。リリー・フランキー原作。


















オダギリジョー、樹木希林、小林薫、内田也哉子、渡辺美佐子、佐々木すみえ、松たか子、その他出演。
映画の感想文日記  2007年04月25日(水) 23時13分
久々に試写会。原作は未読。「国民的ベストセラー」とか話題になると、読む気がなくなるのはいつものこと。大泉洋&田中裕子のTVスペシャル版は見ていたので、話の大筋は知っていた。速水もこみち&倍賞美津子のTVシリーズはたまに見る程度だったが、ラ
たいむのひとりごと  2007年04月25日(水) 21時20分



『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』鑑賞レビュー!
オカン、ありがとうね。




200万部を超える大ベストセラー、ついに映画化

『ボクの一番大切な人。
ボクのために自分の人生を生きてくれた人──
ボクのオカン。』

母と子、父と子...
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!  2007年04月25日(水) 21時20分
2時間ドラマも連続ドラマも原作も未見。





それはこの映画を楽しみにしていたから。





原作を読むとイメージが頭の中でできてしまうから。





最後まで何ら特別な内容ではないけれど、





滲むように泣けてくる。
映画君の毎日  2007年04月24日(火) 21時23分









監督 : 松岡錠司


出演 : オダギリジョー  /樹木希林 /内田也哉子

MoonDreamWorks★Fc2  2007年04月22日(日) 14時28分
こんばんわ、maiです。
久しぶりに、映画ネタを書こうと思います。
ついこの前まで、月9で「東京タワー」が放送されていましたが、
なんと、今度は映画で公開されることになりました。

4月14日公開です。




東京タワー
オカンとボクと、時々、オトン

今...
少し間隔が空きましたが、今年の10本目。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』を近所の映画館で。 さすがに200万部を越える話題の原作の話題の映画化ということで、ほぼ満席でした。 2時間ドラマも連続ドラマもありましたし、もうストーリーの解説は不要でし...
健康への長い道  2007年04月21日(土) 23時47分
1960年代、ボクが3歳の頃。真夜中に酔ったオトンはボクに焼き鳥の串を食わせ、オカンにホウキで殴られた。故郷の小倉で、3人が暮らした短くも幸せな日々の最後の思い出だった。1970年代。中3になったボクは、大分の美術高校に合格し、下宿生活をすることになった。駅まで見送
映画な日々。読書な日々。  2007年04月21日(土) 20時41分
あのベストセラー小説が、満を持して映画で登場。
ともみの言いたい放題♪  2007年04月20日(金) 21時27分
金曜の夜に宴会があって、カラオケ歌ったんですが、コブクロの蕾を歌ってみようとしたものの、「消えそうに〜♪咲きそうな〜♪」とかいうサビの部分しか歌えず、見事に敗退。

ならば蕾を聞いてみようではないか!そう言えば、<a href="http://www.tokyotower-movie
欧風  2007年04月20日(金) 20時43分
原作が200万部も売れ、フジテレビでスペシャルドラマ化&月9ドラマにもなったこの
セガール気分で逢いましょう  2007年04月20日(金) 17時38分
原作:リリー・フランキー 脚本:松尾スズキ
CAST:オダギリジョー、樹木希林、内田也哉子、小林薫 他

STORY:1960年代、小倉に暮らすボクは、オカン(内田也哉子)と共に、オトン(小林薫)と暮らした家を出る。その後高校になったボクは、大分の美術学校に入学す...
Sweet* Days  2007年04月20日(金) 16時59分



中京テレビ主催の試写会に当たりました{%cracker_a%}
ロハな生活  2007年04月19日(木) 23時54分
ベストセラーの原作小説もテレビドラマも見ていないけれど、なかなか良かったと思う。
やはり、オカン役に尽きると思う。
それほど樹木希林さんは良かったと思う。
また若き日のオカン役が樹木希林さんの実娘の内田也哉子さんなんですね。実際昔の人でおかしくない違和...
しぇんて的風来坊ブログ  2007年04月19日(木) 0時47分
エンドロールが流れ、涙で目が痛い。でも安心しきっている。 手をひいて歩くなんて恥ずかしくてできない世界に生きている僕だが、母を誘って、試写会でともに、東京タワーを観た。
去年の秋にスペシャルドラマで放送され、その後さらに レギュラードラマとなり、そ...
どどんぱすブログ  2007年04月18日(水) 1時54分
先日
 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
の映画公開の記事を書きました。
その中では随分なめた文章を書いてしまいました。
(もう皆、いいかげんこの話には飽きている、と。)
で、週末に公開となったわけですが、
どこの映画館も大入り満員だそうで...
映画を10倍好きになる!  2007年04月17日(火) 23時32分
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf