Γ虹の女神」どこに女神がいたのだろうか

2006年11月01日(水) 19時09分
Γ虹の女神」★★★☆劇場にて
市原隼人、上野樹里主演
熊澤尚人 監督、2006年

学生時代の友人が
飛行時事故で死んでしまった。

そこから始まって、出会いから
現在まで主人公と友人の物語。

夢半ばで事故に巻き込まれて
死んでしまうというのは
あまりに劇的で
実際はほとんどありえない。

だからこの映画にその部分でのリアリティは
求めない。

残されたものの悲しみが胸に迫るが、
やはりどうしても考えてしまうのが
限りがあるのなら、
自分のやりたいことをして生きたいということだ。

悔しかっただろうななどとも考えるが、
やはり毎日の暮らしの中で、
やりがいを感じられないのは
つまらないということ。

映画自体は見逃したくないというほどの
ものではないが、
つまらない映画じゃなく、
時間があればこの映画にその時間を使っても
悪くない。

これからもよく見るであろう
主演の二人と妹役の蒼井優など、
個性的な役者の旬の輝きを見るだけでも
価値あると感じた。

★参考になったらココをクリック!←ランキング上昇ボタン

★相田翔子ちゃんが出てくるパートは、不要だったな、
もっと主人公の心の動きを映して欲しかった。
オレには女神の存在は感じられなかった。
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/674
トラックバック
トラックバックURL:
虹の女神〜Rainbow Song〜
★★★★★(★満点!)



―あんなに近くにいたのに

突然受けた元同級生あおいの訃報。一緒に過ごした大学時代。

あおいの妹(蒼井優)が言う
「ばかだな、お姉ちゃん(上野樹里)も岸田さん(市原隼人)も」の一言。ほんまにそれに尽きる。

あらすじを言えば1分で終わるのに、何回も観てしまう。登場人物たちの不器用さが、はがゆいのに自然ですーっと入ってくる。

上野樹里の涙を溜める演技が残った(あまり好きじゃなかったのに)
個人的に、市原隼人役の惚れっ早いところとか、容量悪いところとか、人の言うこと全部真に受けちゃうダメっぷりは嫌いじゃない。。ほんと「ばかだ」けど…(笑)

岸田が気づかなかったのはあおいの気持ちじゃなくて、自分の気持ち。ほんと「ばかだよ」。...
食はすべての源なり。  2011年06月16日(木) 15時19分
いつまでも鈍感な主人公・智也と、思いを寄せるあおい、二人は互いの思いを告げられないまま永遠の別れを迎えました。
学生時代、二人の出会いは、智也の片思いをあおいが助けるところから始まります。
それか...
事務屋の日記  2010年02月21日(日) 15時42分

虹の女神 Rainbow Song (2006/日本)

映像制作会社に入社したての岸田智也は、ドジな性格が災いして上司の罵声を浴びる毎日を送っていた。そんなある日、智也の大学時代の親友、佐藤あおいが、アメリカで命を落としてしまう。智也はあおいの家族を空港まで送るが...
みかんのReading Diary♪  2007年10月20日(土) 6時58分
今日は某出版社で当選した 『虹の女神 Rainbow Song』の試写会に行ってきた。 《私のお気に
しましまシネマライフ!  2006年11月26日(日) 19時29分
今年のマイベストかもしれない・・・というくらい思い入れたっぷりで観る事ができた。
しかし、最初にことわっておくが、優れた映画ではないと思う。単なる私の偏愛である。8mmで映画撮ってた大学の映研の時の思い出がオーバーラップし、あのころ夢に見た様な死ぬほどうら...
今週で上映終了となるようなので、観に行ってきました。上野樹里さんは、最近結構ブレイクしている若手の女優さん確かNHKの朝ドラでデビューした人ですよね。特に個性の強い人ではないし、いたって普通ぽい・・・・。
お話映像制作会社に働く智也(市原隼人)はある日、...
銅版画制作の日々  2006年11月17日(金) 15時39分
虹のように儚い、愛の物語
 
 
■監督 熊澤尚人■原案・脚本 桜井亜美■脚本 斎藤美如、■キャスト 市原隼人、上野樹里、蒼井優、酒井若菜、鈴木亜美、相田翔子、小日向文世、佐々木蔵之介 □オフィシャルサイト  『虹の女神 Rainbow Song』 大学生の...
京の昼寝?♪  2006年11月17日(金) 0時16分







 映像製作会社で働く岸田智也(市原隼人)は日々、多忙の日々を送っていた。そこに一本の電話が舞い込む。かつての大学時代の友人、あおい(上野樹里)が飛行機事故で亡くなったというのだ。

 智也は、かつての友人の死に戸惑い、自分の立ち位置を決められ...
とにかく、映画好きなもので。  2006年11月16日(木) 20時27分
”のだめ対決”とまで言われてる、 「ただ、君を愛してる」と「虹の女神 Rainbow Song」。 だ~~もう。 どうして男ってのはこうも鈍感でへタレなのよっ。 どっちもどっちだっちゅうの。 でもカッコイイからいいか。 (ノ*゚▽゚)ノ(ノ*゚▽゚)ノ(ノ*゚▽゚)ノ(ノ*゚▽゚)ノ(..
ペパーミントの魔術師  2006年11月13日(月) 11時29分
映画「虹の女神 Rainbow Song」の感想です
ジャスの部屋 -映画とゲーム-  2006年11月13日(月) 11時17分

監督:熊澤尚人
出演:市原隼人
   上野樹里
   蒼井 優 ほか


またひとつ、素晴らしい作品に出会えてしまった。


この作品、最大の魅力は「リアル」なところなのではないでしょうか。
人物像がとってもリアル。心理描写がとってもリアル。
お話も...
えいがの感想文  2006年11月13日(月) 10時14分

ちょっと! ちょっとちょっと!!
はい、こんにちは!
皆様の期待を裏切らないアルのお通りです♪
行って来ましたよ? 試写会!!
真実はいつも1つ!! じっちゃんの名にかけて!! ↓
FC2 Blog Ranking
のんびり平和な1日  2006年11月13日(月) 6時02分
 この映画が公開される一週間前くらいの事だったでしょうか。僕はある夢を見ました。その夢の内容とは上野樹里と屋台で横並びになって一緒に酒を呑んでいるといったものだったのです。

 実は僕が見る夢の中に知っている人が出てくることは滅多にありません。
 だっ...
映画大陸  2006年11月12日(日) 21時20分
「虹の女神 Rainbow Song」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:市原隼人、上野樹里、蒼井優、酒井若菜、鈴木亜美、尾上寛之、田中圭、相田翔子、小日向文世、佐々木蔵之介、他 *監督:熊澤尚人 *原案・脚本:桜井亜美 感想・評価・批評 等、レ...
映画レビュー トラックバックセンター  2006年11月12日(日) 15時42分

虹の女神 Rainbow Song (出演 市原隼人、上野樹里)
2006年10月28日 劇場初公開
公式サイト: http://rainbowsong.jp/start.html

ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン2 D-13
2006年11月1日(水)14時30分の回

ゴウ先生総合評価: A-
  画質(ビス...
映画と本と音楽にあふれた英語塾  2006年11月12日(日) 15時23分
昨日、平塚CINEPLEXで虹の女神を観賞してきました。
公開初日だって言うのに、ざっと見渡しても12、3人位?

でも何これ、予想を遥かに上回るいい作品だった!
「天使の卵」で市原隼人の演技が微妙とか書いちゃったけど、
こっちの市原隼人はまるで別人で、すっごい...
おきらくIMPALAさん  2006年11月12日(日) 13時09分
(10月17日@イイノホール)
私にはダメだった「天使の卵」主演の市原隼人。今回はどうでしょう…。

映像制作会社に入社したての岸田智也(市原隼人)は、ドジな性格が災いして上司の罵声を浴びる毎日を送っていた。そんなある日、智也の大学時代の親友、佐藤あおい(...
WAKOの日常  2006年11月12日(日) 11時31分


アンハッピーエンドから始まる映画は珍しくないんですが、
「切ない系映画」に弱い自分としては、かなりツボの作品。
特に中盤までは「これめちゃくちゃいい!」と思ってました。
主人公二人は大学の映画研究会で8ミリ映画を作っていきますが、
映画じゃなくても...
It's a Wonderful Life  2006年11月12日(日) 11時26分
『虹の女神』(★★★☆☆)
2006年/日本
監督/熊澤尚人
プロデュース/岩井俊二
出演/市原隼人、上野樹里、蒼井優、酒井若菜、小日向文世、佐々木蔵之介 他

岩井俊二がプロデュースした『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人?
アジアンリミックス  2006年11月12日(日) 9時38分


映像制作会社で働く智也(市原隼人)は、大学時代の友人あおい(上野樹里)が飛行機事故によってアメリカで死亡したことを知る。
智也があおいの友人に片思いしていたことからふたりは知り合う。ふたりは友人として親しくなり、あおいは自分が所属している映画研究会...
しまねこ日記  2006年11月12日(日) 7時29分
233「虹の女神 Rainbow Song」(日本)
 映像製作会社で働く智也。ある日大学時代の友人あおいが飛行機事故によってアメリカで亡くなったことを知る。智也とあおいの出会いは、智也が片思いをしている女の子に近づくため、その友人であるあおいに声をか...
CINECHANの映画感想  2006年11月12日(日) 0時26分
----これって岩井俊二が初プロデュース。
しかも小説家の桜井亜美が脚本に参加しているんだよね。
「うん。
申しわけないけど
実のところ、この映画に対しては
ぼくは全く期待していなかった。
監督の熊澤尚人にしても『ニライカナイからの手紙』だの
『親指さがし』だの...
ラムの大通り  2006年11月11日(土) 23時09分
学生時代、8ミリ映画を作っていた。だから、この映画の予告編を観た時から気になっていた。―大学映研の話―僕は大学の映研を1ヶ月で辞めた。入ってみたらただの飲み会サークルだったからだ。それにメンバーに可愛い女の子がいなかったのも大きかったかもしれない。
そ...
古今東西座  2006年11月11日(土) 22時14分


虹なんて、もう何年も見てないなぁ?。。。

久しぶりの岩井ワールドでした!

今作は、岩井俊二が主宰する企画開発プロジェクト「プレイワークス」の第1弾映画。
全国からシナリオを募集する企画「しな丼」から発展させた作品だそうです。
岩井氏は、今の日本映画...
UkiUkiれいんぼーデイ  2006年11月11日(土) 21時48分
ヨカッタぁ、まさか連日こんなにも感動して泣ける映画に出会えるなんて幸せです。しかも邦画のラブストーリーが2本続けて大当りするなんて滅多にないことである意味快挙カモ。ちょっと感受性が高まって泣きやすい精神状態だったともいえるカモ。でもそれもまた真実ですか...
カノンな日々  2006年11月11日(土) 18時09分
この映画は「死」について言っているわけでも「恋愛」について言っているわけでもない。「青春」そのものを言っている映画なのではないだろうか。
「死」を最初に描く事で悲しさや切なさが前面に押し出して来ず、「温かさ」がにじみ出ている、そんな映画だ。
八ちゃんの日常空間  2006年11月11日(土) 1時18分
期待値:84%  岩井俊二テイストたっぷりの恋愛映画。 韓国ブームの影響なのか(?)、また悲劇の物語
週末映画!  2006年11月11日(土) 0時04分
この映画の感想をどのように表現したらいいのかなぁ。
頑張る!独身女!!  2006年11月09日(木) 21時20分
多くのブログで評判が良く、『ただ、君を愛してる』との比較も目立つ『虹の女神 Rainbow Song』を、梅田のナビオTOHOプレックスで観てまいりました。朝10:00からの回ということで、約160席のシアター8の観客はまばら。ここの椅子は、前後の間隔がとても広くて、ゆったり...
健康への長い道  2006年11月09日(木) 0時01分

{/hiyo_en2/}このビルは?
{/kaeru_en4/}シアター・イメージ・フォーラム。
{/hiyo_en2/}ああ、アート系専門の映画館ね。
{/kaeru_en4/}佐藤あおいもあんな形で死ななければこういうところで上映される映画を撮っていたんじゃないかと思うと、つい涙が出てきて感慨ひとし...
【映画がはねたら、都バスに乗って】  2006年11月07日(火) 21時25分
「虹の女神 Rainbow Song」
岸田智也(市原隼人)と佐藤あおい(上野樹里)、
友達以上の関係になれない微妙な空気。
切なく、懐かしい思いにさせてくれる、繊細で、かなり好きなタイプの作品。

あおいの妹・かなを演じた蒼井優を含めた、
三人の自然な演技は素晴...
わたしの見た(モノ)  2006年11月06日(月) 20時38分













ヒューマン=ブラック・ボックス -映画の記録(203) 虹の女神-主演 上野樹里?

観終わってまず、「この映画はきっと多くの人に受け入れられるのだろうな」と思った。

片思いを抱いたまま異国の地で飛行機事故で死んでしまったあお...
ヒューマン=ブラック・ボックス  2006年11月02日(木) 19時17分
人間は,思い出があるからこそ生きていける。
悔いがあるから前に進める!

Akira's VOICE  2006年11月02日(木) 13時19分
出演:市原隼人、上野樹里、蒼井優、酒井若菜/空に浮かぶまっすぐな虹。
物語は、この不思議な虹を絡めながら、一人の青年の記憶と共にゆっくりと巡ってゆきます。
映画・DVD blog  2006年11月02日(木) 4時02分
岩井俊二監督が本格的なプロデュース業に挑んだ切ない青春ストーリー「虹の女神 Ra
映画コンサルタント日記  2006年11月02日(木) 1時48分
「虹の女神?Rainbow Song?」は飛行機事故で亡くなった女性が生前に残した映画フィルムを元にある1人の男性に対する思いを残した作品である。近くにいるとわからないものでも本当に失って気付く事があるのでそういう事を思い出したい時がある。
オールマイティにコメンテート  2006年11月02日(木) 0時11分
何気ない日常生活を送っているのに、突然人が死ぬ。今まで居た人がいなくなる。 §
RAKUGAKI  2006年11月02日(木) 0時10分
本年度のビックリ大賞。
だって監督は熊澤尚人。
評価額300円、「金を取って良いレベルに達していない」とまで酷評した「親指さがし」の監督だ。
正直言って、とてもじゃないけど同一人物による作品とは思えない。
勿論
ノラネコの呑んで観るシネマ  2006年11月01日(水) 23時38分
満 足 度:★★★★★★★★ 
      (★×10=満点) 
監  督:熊澤尚人
キャスト:市原隼人
      上野樹里
      蒼井優
      酒井若菜
      相田翔子、他




■ストーリー■

 小さな映像製作会社で働く...
★試写会中毒★  2006年11月01日(水) 23時20分



映画 「虹の女神」 を観ました。
ようこそMr.G  2006年11月01日(水) 22時38分
先週も映画ハシゴ観したんですが、28日から公開の映画も結構観たいのが多いんですよね〜。そんなに立て続けに公開しなくてもいいじゃんって思う訳ですけれども。私は邦画の方が好きなので、それだけ最近は邦画が多いって事か。今回は一番近いイオン下田TOHOシネタウン1...
欧風  2006年11月01日(水) 21時51分
虹の女神 Rainbow Song 鑑賞 60点(100点満点中)
岩井俊二がプロデュース、脚本は桜井亜美、そして監督が熊澤尚人と、それぞれ独自の情感表現に定評のある3人によって作られた映画。特に熊澤尚人は本作が初の全国ロードショー作品となる。

映像制作の現場で最下級...
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)  2006年11月01日(水) 20時14分
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf