東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映

2006年10月22日(日) 13時05分
東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。
今年も行ってきました。

出演者の舞台挨拶は地味目でした。
一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。
昨年は高倉健さんが舞台挨拶だったな。

「父親たちの星条旗」★★★★オススメ
ライアン・フィリップ ,ジェシー・ブラッドフォード ,アダム・ビーチ ,
ジェイミー・ベル ,ポール・ウォーカー 主演
クリント・イーストウッド 監督、2006年アメリカ

1945年2月23日硫黄島で撮影された
一枚の写真は、そこに写った軍人はもとより、
太平洋戦争の運命も変えた。

イーストウッドがアメリカ側から
この硫黄島の戦いを描いた本作は
12月公開の日本側から描いた
「硫黄島からの手紙」と対をなす作品だ。

アメリカ軍に姿を見せない日本軍は、
突然集中砲火を浴びせかける。
恐怖や絶望の中
撮影された一枚の写真は戦争の勝利を予感させ、
国の戦争への意識を高めることになる。

この映画はそこに写った6人のうちの
生き残りの三人の兵士が、本国に呼び戻され
国民から英雄として祭り上げられることへの
戸惑いを描くことで
戦争に於いて真のヒーローなど存在しないことを
強く印象づける。

戦争を経験したものは、
その体験を早く忘れようと、戦場で何が行われたかを
多くの人は語ろうとはしない。

でも知ることで未来への戒めとすることも
重要だ、一度起こったことは
二度と繰り返さないとは言えないからだ。

忘れようにも忘れられない悪夢は
主人公達のその後も支配し続けた、
一生消えない傷、
一体そのことで何に勝利したのか。

海の向こうでは今だにテロや殺し合いが
続いている。
日本も核保有について議論が必要と
総理大臣を目指した人が口に出している。

人間は生きている限り、
他者とを比べながら、他よりも有利な状態を
望み続けるのだ、
かつて地獄を体験しながらも
それでもその一歩を踏み出してしまう生き物なのだ。

★全然映画の感想になっていませんが何か感じたらクリックよろしく!←ランキング
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/665
トラックバック
トラックバックURL:
2006 アメリカ 洋画 ドラマ 戦争ドラマ監督 : クリント・イーストウッド出演 : ライアン・フィリップ , ジェシー・ブラッドフォード , ...
Yasutaka's GROOVE  2007年05月14日(月) 11時10分
クリント・イーストウッド監督が第2次世界大戦時の最も悲劇的な戦いと言われる 硫黄島での戦いをアメリカ側の視点から描いた作品。 硫黄島の擂鉢山に星条旗を掲げる6名の兵士を写した 写真に登場するジョン・ブラッドリーを父に持つ ジェイムズ・ブラッドリーの著わした「...
噂の情報屋  2007年03月13日(火) 21時01分
省みても 繰り返す 人類史 


 もちろん、忘れ去られつつある太平洋戦争を第1部「父親たちの星条旗」と第2部「硫黄島からの手紙」、双方から描くことで、各々の立場とそれを超えた共通性を示しながら、改めて歴史観を今の人々に伝え、戦争の悲劇を伝えたいという...
空想俳人日記  2006年12月12日(火) 12時29分
英雄と いう名のアイドル 銭もうけ 


 まず硫黄島第1弾から。あの「ミリオンダラー・ベイビー」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメリカ側、日本側それぞれの視点から描く2部作の第1弾だ。初めから、両方作...
空想俳人日記  2006年12月12日(火) 12時23分
◆父親たちの星条旗公式site◆

日米戦争末期、激戦地硫黄島に星条旗をたてた無名の兵士たちの物語。
巨額の赤字解消のため、アメリカ政府は生き残り3人に国債キャンペーンツアーをやらせ、英雄を演じさせる。熱狂する市民?
子供と一緒にお仕事の日々  2006年12月06日(水) 0時16分
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから,
人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。

Akira's VOICE  2006年11月30日(木) 14時23分
監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・ハリー』でハリーについて語られる言葉だが、イーストウッドその人を顕実に...
Subterranean サブタレイニアン  2006年11月21日(火) 15時13分
昨日の金曜日は、珍しく6時台に職場を出なければいけなかったので、その足で、10
つねさんの人生奮闘記  2006年11月18日(土) 21時25分
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい
はらやんの映画徒然草  2006年11月13日(月) 23時46分
人の心を惹き付けて止まない。一人一人の個性が混ざり合って、一つの色を成して、クラ
RAKUGAKI  2006年11月13日(月) 23時28分









監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ


MoonDreamWorks★Fc2  2006年11月13日(月) 20時57分
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド  / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ 出演 : ライアン・フィリップ  /ジェシー・ブラッドフォード  / アダム・ビーチ  /  脚本 : ポール・ハギス  / 音楽 : クリント・イーストウッド 公式HP...
MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ  2006年11月12日(日) 22時59分
無料で映画やドラマが見られるGyaOとケーズデンキの共同企画で行っている、「秋の号泣チケットプレゼントキャンペーン」に当選しました。 映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の鑑賞券が届きました。 「地下鉄に乗って」だけでなく、「手紙」と「Sad Movie(サッド・ムービ...
DC2  2006年11月12日(日) 11時23分
★★★☆  三連休の初日というせいか、588座席を誇る「新宿ミラノ2」が、ほぼ満席状況であった。どうやらクリント・イーストウッド監督は、名監督の仲間入りというか、ブランド名となったようである。  イギオロギー色が強過ぎるためか、物語自体は非常に退屈で、何度
ケントのたそがれ劇場  2006年11月12日(日) 11時13分














ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(201) 父親たちの星条旗-戦争の最前線では、

オールマイティな英雄は存在しない。

この映画は、アメリカ側から見た「硫黄島の闘い」を映画化したもので、年末には、日本側から見た...
ヒューマン=ブラック・ボックス  2006年11月12日(日) 7時27分
「許されざる者」「ミスティック・リバー」とラストに救いようなさを味合わされ、人間の業の深さを描ききった、蓮実重彦氏に言わせれば、映画の枠を超えようとする“恐ろしい映画”を撮ったクリント・イーストウッド監督の最新作「父親たちの星条旗」を観て来た。

「ミ...
シネマつれづれ日記  2006年11月12日(日) 5時32分
「父親たちの星条旗」丸の内プラゼールで鑑賞

クリント・イーストウッドが描く戦争は、たしかに今までの戦争映画とは一線を隔したものでした。スピルバーグが総指揮をとったので、戦闘シーンは確かに激しく残酷なものも感じられましたが、イーストウッドの人柄が良く出...
てんびんthe LIFE  2006年11月11日(土) 23時58分


戦争に英雄など存在しない・・・。

これはまた、イーストウッド監督流のキレのある反戦映画が誕生しました!

61年前、太平洋戦争の激戦地となった硫黄島での戦い。
そこで写された1枚の写真。
勝利のシンボルとして英雄に祭り上げられた3人の兵士たち。

...
UkiUkiれいんぼーデイ  2006年11月11日(土) 21時49分
<img src='http://blog.netrend.jp/UPLOADFILES/k.onodera/flag_father.jpg'>

硫黄島にジョン・ウェインはいなかった…
というお話。

観終わってしみじみ考えると、やはりひたすらにイーストウッドらしい戦争映画だった。
k.onoderaの日記  2006年11月11日(土) 20時25分
鑑賞日:06.11.3 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16

 オスカーを2度受賞している巨匠、イーストウッド監督が描く「硫黄島」2部作の1作目。
太平洋戦争の激戦で散った兵士たちを日米双方の視点から描き出す。
戦場を間近で見た兵士たちの思いとは・・・?...
けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ  2006年11月11日(土) 15時54分

【新宿ミラノ座】
太平洋戦争末期、硫黄島に上陸したアメリカ軍は日本軍の予想以上の抵抗に苦しめられ、戦闘は長引き、いたずらに死傷者を増やす事態に陥っていた。そんな中、擂鉢山の頂上に星条旗が高らかに翻る。この瞬間を捉えた1枚の写真が銃後のアメリカ国民を熱...
CINEMANIAX!  2006年11月11日(土) 12時33分
原題:Flags of Our Fathers原作:「硫黄島の星条旗」ジェイムズ
TRUTH?ブログエリア  2006年11月10日(金) 20時09分
1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫
2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫
3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞前メモ≪→こちら≫

おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。

11月4...
太陽がくれた季節  2006年11月10日(金) 19時35分
かなりハードな映画だった。 たぶん、今まで観た戦争映画の中でも、強烈な印象を与えるものだと思う。 しかも、その語り口は静かなものであるので、なおさら染み入るものであった。
反米嫌日戦線「狼」(一輝まんだら)  2006年11月10日(金) 16時48分
映画「父親たちの星条旗」の感想です
ジャスの部屋 -映画とゲーム-  2006年11月10日(金) 10時50分
戦争モノは苦手なんだけど、12月公開の「硫黄島からの手紙」が気になっているので・・・
「父親たちの星条旗」を観ました。
( → 公式HP
 )




出演:ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード 、アダム・ビーチ 、ジェイミー・ベル、バリ...
映画でココロの筋トレ  2006年11月09日(木) 23時47分
クリント・イーストウッド監督の最新作「父親たちの星条旗」を見た。硫黄島の戦いにおける、アメリカ側から描いた戦争の映画だ。戦費調達のために、政府の宣伝に駆り出された若者の悲哀は深い。本格派の戦争映画として、映画史上に残るすばらしい出来栄えだ。12月公開の次回
とらちゃんのゴロゴロ日記-Hamazo  2006年11月09日(木) 17時46分
2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。クリント・イーストウッドといえば、「許されざる者」「ミステ...
やまたくの音吐朗々Diary  2006年11月08日(水) 23時16分
 「父親たちの星条旗」を観た。
クリント・イーストウッド監督の映画だ。期待大だ。
昔、「ダティーハリー」という映画で刑事役をしていた彼はかっこよかった。
映画を観てアメリカにあこがれた。
今回の「父親たちの星条旗」は期待を裏切らない映画だ。
アメリカ側...
黄昏の小市民  2006年11月08日(水) 22時41分
満 足 度:★★★★★★★
      (★×10=満点)
監  督:クリント・イーストウッド
キャスト:ライアン・フィリップ
      ジェシー・ブラッドフォード
      アダム・ビーチ
      ジェイミー・ベル
      バリー・ペッパ
★試写会中毒★  2006年11月07日(火) 18時25分
 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。
よしなしごと  2006年11月07日(火) 3時13分
一枚の有名な写真がある。
太平洋戦争の激戦地、硫黄島の擂鉢山の山頂に、星条旗を突き立てる6人のアメリカ兵を写したものだ。
1945年2月23日にAP通信のジョー・ローゼンタールによって撮影され、ピューリッツァー賞を受賞
ノラネコの呑んで観るシネマ  2006年11月06日(月) 18時36分
 『父親たちの星条旗』、映画館で観ました。 太平洋戦争末期、激戦の地となった硫黄島の
肯定的映画評論室ココログ支店  2006年11月06日(月) 16時29分
『FLAGS OF OUR FATHERS』公開:2006/10/28(11/04鑑賞)監督:クリント・イーストウッド製作:スティーヴン・スピルバーグ、クリント・イーストウッド、ロバート・ロレンツ原作:ジェームズ・ブラッドリー    『硫黄島の星条旗』(文春文庫刊)/『父親たちの星条旗』(...
映画鑑賞★日記・・・  2006年11月06日(月) 15時33分
「父親たちの星条旗」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
映画レビュー トラックバックセンター  2006年11月06日(月) 15時28分
父親たちの星条旗 試写会@中野サンプラザ

「”英雄”と呼ばれるのがくるしい」

硫黄島での1枚の写真、英雄に祭り上げられた6人の内、生きて本国に帰れたのは3人だった。第二次世界大戦末期、日本はもうぼうぼろの状態だったのですが、アメリカでも戦争に対して...
駒吉の日記  2006年11月06日(月) 14時33分
28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。

そして2本目に観たのが<span style="font-size:
欧風  2006年11月01日(水) 21時04分
特別試写会のハガキが送られてきたんですけど
封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて
果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。
適当に応募したのが当たったのか?
それすらも忘却の彼方。
でもラッキー。(^^)


太平洋戦争末期の1945年2月、硫黄島。
...
映画、言いたい放題!  2006年11月01日(水) 12時16分
言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこのプロジェクトの完成度をこの作品で理解しておくほうがい...
「父親たちの星条旗」オープニング興収1.9億円。クリント・イーストウッド監督「
映画コンサルタント日記  2006年10月31日(火) 0時20分
公式サイト→http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/ 決して、過度に感傷的な描写が施されているわけではない。決して、定型的な催涙演出が為されているわけでもない。戦闘シーンにおいても、悲惨なシーンは数多スクリーンに映し出されるが、むしろ、全体としては抑
香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎  2006年10月29日(日) 16時32分
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。クリント・イーストウッド監督・硫黄島2部作のアメリカ側から描いた作品「父親たちの星条旗」(脚本・ポール・ハギス)を見た。注・ラストシーンに触れています。製作・S・
映画雑記・COLOR of CINEMA  2006年10月29日(日) 2時54分
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。

お薦め度:.★★.
 "クリント・イーストウッドが余りにも熱心に日本の人々に向かって語りかけるので、それなりに敵国から見た日本に対して何らかの言及があるのかと思ったの?
PICO*THEATRE  2006年10月27日(金) 0時45分
こんにちは。
風が強く肌寒い、曇りの火曜日です。
今日は、日曜日に ヤマハホール、昨日 よみうりホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、クリント・イーストウッド氏の新作映画について。

『 父親たちの星条旗 ( FLAGS OF OUR FATHERS ) 』 ...
** Paradise Garage **  2006年10月25日(水) 11時41分
2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf