「いつか読書する日」幸せの形はそれぞれ

2006年08月19日(土) 0時16分
「いつか読書する日」★★★wowow鑑賞
田中裕子、岸部一徳 主演
緒方明 監督、2004年

中学の初恋の想いをずっと
心の中に持ち続けている
50才すぎの女性が主人公。

はたから見ると幸せそうには見えないが、
それでも日々の小さな幸せを
ひとり感じているようにも見える。
(小確幸)

初恋の相手も同じ町に住み、
自宅で妻の介護をしている。

その家に早朝の牛乳を届けるのは
主人公の美奈子、
坂の多い町で女性の仕事としてはキツそうだが、
何か大いなる決心をしているような覚悟を感じる。

淡々と日々は繰り返し
同じ様に30年が過ぎたのだ。

そして二人は・・・。

久々に大人の恋物語を見た気がした。
これでいいのだと彼女は思うだろう、
しかしそれでも哀しすぎるのだ、
晴れたキラキラした太陽の下で、
二人で歩いて欲しかったな、若い日々に。

待ち合わせをした本屋のように
本で囲まれた部屋で彼女はこれからも「その日」を待つのだ。
大好きな読書をしながら。

★レンタルで見たくなったらココもクリックよろしく←ランキング参加中!

★劇場で見る邦画は年間20本くらい、最近はwowow活躍してます。
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/611
トラックバック
トラックバックURL:
2005 日本 邦画 ラブロマンス ドラマ
作品のイメージ:ほのぼの、切ない
出演:田中裕子、岸部一徳、仁科亜季子、渡辺美佐子

田中裕子の圧倒的な存在感と、岸辺一徳の感慨深い演技が見物の作品。朝は牛乳配達、昼はスーパーで働く50歳の独身女性・美奈子(田中裕子)は、30年以上もただ一人の男性を想い続けてき
あず沙の映画レビュー・ノート  2009年06月15日(月) 16時36分

いつか読書する日 [DVD] (2004/日本)

朝は牛乳配達、昼はスーパーで働く50歳の独身女性・美奈子。彼女の楽しみは想いを寄せる同級生・槐多に毎朝、牛乳を届けることだった。(シネマトゥデイ)
みかんのReading Diary♪  2009年01月06日(火) 7時09分



カテゴリ
: ドラマ

製作年
: 2004年

製作国
: 日本

時間
: 127分

公開日
: 2005-07-02?2005-08-19

監督
: 緒方明

出演
: 香川照之 杉本哲太 田中裕子 岸部一徳 渡辺美佐子 山肌に家々が貼り付いたような生まれ故郷で、牛乳配達をしてい...
サーカスな日々  2007年01月27日(土) 0時16分














ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(111) いつか読書する日-狙いは面白いのだが、

平凡を演じた演技が平板過ぎた。

大場美奈子(田中裕子)は、坂の多い町で牛乳配達をする50歳の女性。
父を早くに亡くし、母も高...
ヒューマン=ブラック・ボックス  2006年08月22日(火) 21時12分

いつか読書する日
2005年7月2日初公開

新文芸座
2006年4月12日(水)11時50分からの回
(併映:『火火』)

ゴウ先生ランキング: A-

公式サイト: http://www.eiga-dokusho.com/
映画と本と音楽にあふれた英語塾  2006年08月21日(月) 13時25分
50歳で独身、牛乳配達とパート勤造で暮らしている美奈(田中裕子)。 末期ガンの妻を看病している役所勤造の槐多(岸部一徳)。 二人は高校の同級生。当時つきあっていたが、それぞれの父親と母親が自転車の二人乗りで交通事故死してから疎遠になってしまった。 あれか...
気ままに映画日記☆  2006年08月21日(月) 11時06分
非常に良く出来たメロドラマである。50才の大場美奈子は今も独身のままでいる。朝の牛乳配達とスーパーでレジを打ち、夜は本がたくさんの本棚の家でひとり過ごす生活。彼女は、高校時代から想いを寄せていた男を忘れずにいる。ある事件で疎遠になってしまった二人だった...
映画と出会う・世界が変わる  2006年08月21日(月) 9時15分
 いつか読書する日

「いつか読書する日」 ★★★★

(2004年日本)
監督:緒方明
脚本:青木研次
キャスト:田中裕子、岸部一徳、仁科亜季子、渡辺美佐子、上田耕一、香川照之、杉本哲太、鈴木砂羽、左右田一平、神津は?
NUMB  2006年08月20日(日) 11時03分
[監督 : 緒方明、主演 : 田中裕子、岸辺一徳]
下手な全国公開作やテレビドラマなんかより100倍は面白いので、鑑賞者の平均年齢をあと10歳は下げたいのですが・・・
「いつか読書する日」 緒方 明中学校の教室で、大場美奈子の作文が読み上げられる。「お兄さんやお姉さんたちはこの町を出て行くけれど、私は出ていかない。一生この町で生きていく」時は流れ、坂道を自転車で走る50歳になった大場美奈子。独身の美奈子は、牛乳配達を終...
SolPoniente  2006年08月19日(土) 19時12分
『いつか読書する日』
上野昂志、北川れい子、荒井晴彦などが絶賛しているので見に行ったのだが・・。
すごくよく出来た映画、いや「日本映画」だと思う。ああ、日本映画ってこういう風だったんだよなあと思い出す。たとえば田中裕子が牛乳配達する姿は、ふと柳町光男監督...
地球が回ればフィルムも回る  2006年08月19日(土) 12時54分
こんばんは。
曇り空の金曜日です。
今日はDVDで観た映画について。

『 いつか読書する日 』 ( ‘04年 日本 )
坂道の多い小さな町 西東市。
生まれ故郷で、牛乳配達をしている50歳の大場美奈子(田中裕子さん)。独身の美奈子は、牛乳配達を終えるとスーパーに出...
** Paradise Garage **  2006年08月19日(土) 12時14分


いつか読書する日を見ました。この映画は、あまりお金がかかってないし、一見地味な映画なのだろうけれど、引き込まれて2時間釘付けで見てしまいました。かなり練られた上質なシナリオという感じでした。2時間の?
ポコアポコヤ 映画倉庫  2006年08月19日(土) 10時50分
2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf