「ゲド戦記」この映画を見てタイトルを理解するのは難しい

2006年07月31日(月) 0時09分
「ゲド戦記」★★★
岡田准一、手嶌葵 声の出演
宮崎吾朗監督、スタジオジブリ作品、2006年

大宣伝をかけたジブリの新作。
珍しく公開初日に見た、
劇場はこのあたりでは一番大きなハコ。
600席の8割が埋まっている。

ハリウッド映画好き、
邦画はあまり見ない自分にとって
この作品はどうだったかというと
なんてこと無い作品だった。

まずは父王を刺して国を飛び出してきた
エンラッドの王子・アレンが
何故父を殺さなければならなかったかが分らず、
いくらそのことを含めて心に闇を持っていようと
醒めた目でしか見られなかった。

また大賢者ハイタカは実はゲドであるのだが、
説明不足で「この人がこの物語の主人公なのか?」
どうもよく分らないうちに王子アレンが
人間らしい心を少女・テルーによって取り戻すのだが、
殺人者だよ、どうなってるんだ。

原作は長い長い物語のようだ。
そのどこかのエピソードを切り取って映像にするのは
悪くないが、いくらなんでも伝わらないんじゃないかな。

子供には難しく、大人には物足りない結果になったようだ。

せっかく実写でなくアニメでやるのなら
「千と千尋」で見せた創造の世界の驚きのようなものを
目の前に見せて欲しかった。

ただ出来はどうかといえば、それほど酷いものでもないが、
普通の出来と感じた。

アニメで見せる世界観はどういう方向を目指すにしろ
「これは実写ではできないよな」と思えるような
心躍る映像を見せてもらいたいものだ。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★主題歌は雰囲気があって良かった。
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/581
トラックバック
トラックバックURL:
総論:経験不足で"やりたいこと"が表現できていない人界に現れてはいけない龍の出現は、世界の均衡が崩れる兆し。人の心は闇に染まり、人狩りが横行していた。心の闇に飲まれ、国王で?...
映画批評OX  2010年10月16日(土) 14時50分
日記:2008年1月某日 映画「ゲド戦記」を見る. 2006年.監督:宮崎吾朗.音楽:寺嶋民哉.主題歌:手嶌葵. 冒頭嵐の海を行く一艘の船.上空に2匹の龍が現れ,闘いあう.その知らせを受けエンラッドの
なんか飲みたい  2008年01月27日(日) 21時52分
宮崎吾朗は本当にアニメを撮りたかったのかな。
ジブリの商売に利用されただけだったら可哀想だな。

宮崎吾朗はジブリじゃなく違う制作会社で作ればよかったのに。


妄想感想いきます!


オイラの妄想感想日記  2006年11月17日(金) 9時21分
「ゲド戦記」観てきました。巷では評判あまりよろしくなかったので、やや期待度低かっ
はらやんの映画徒然草  2006年10月01日(日) 20時13分
夏休みに従妹と一緒に観てきました。
アニメ作品は今年初です。


監督  宮崎 吾朗


声  岡田 准一  手鷲 葵  菅原 文太  田中 裕子  香川 照之

   風吹 ジュン  内藤 剛志  倍賞 美津子  夏川 結衣  小林 薫


ストーリ...
PLANET OF THE BLUE  2006年09月26日(火) 23時22分
「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。
トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15











公開
2006年

...
ジブリトラックバック  2006年09月17日(日) 13時43分


【映画的カリスマ指数】★★★☆☆

 素材はいいがシェフが悪い

 
カリスマ映画論  2006年09月10日(日) 11時48分
ネットの評判も映画雑誌の批評もイマイチだったが、僕は、確かにジブリ作品らしさはないが、宮崎吾朗監督のデビュー作としては及第点だったのではないかと思った。

アーシュラ・K・ル=グウィンの原作、「指輪物語」「ナルニア国物語」と並んで3大ファンタジーと呼ば...
シネマつれづれ日記  2006年09月10日(日) 3時53分



 『ゲド戦記』 2006 / 日本











端的に言うと『ゲド戦記』最高!vvv
したたか爆笑!あのダイナミックな演出に!やるな、吾朗!

多分ねー、いい話と思って観たヒトはおかんむりじゃねーのかなぁ?
コレねー、まじめな話の皮をかぶった...
『テルーの唄』と巨匠の息子の第一回監督作品というネタに負けて、
観に行ってみた映画がコレ↓


ゲド戦記

国王である父を殺してしまった主人公(?)のアレンが中心の話。
背景には生態系のバランスが崩れてしまっていて・・・というような、
環境問題に関するネタもあ...
りおんたいむ  2006年08月28日(月) 14時47分


 宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗氏の初監督作品。


 『 ゲド戦記 』


 人間界に現れるはずの無い竜が姿を現し
 様々な異変が起こり始める。
 世の均衡を崩す原因を探るべく
 旅に出た大賢人ゲドは、旅の途中で
 国を捨てた王子アレンに出会う ―――
王様の耳はロバの耳  2006年08月28日(月) 14時36分
「 ゲド戦記
 」見たよ〜

♪.......心を何にたとえよう 鷹のようなこの心
      心を何にたとえよう 空を舞うような悲しさを....♪





あんま期待せずに見に行ったら、
いや〜思ったより 面白かったよ。
?
ネットで批判ばかりだけど、
確か...
キャバ嬢このはの気まぐれ日記  2006年08月27日(日) 1時47分
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)

ワタクシ、年に数回「ジブリ強化月間」と称してジブリ&宮崎駿作品を片っ端
から観まくるくらいに”ジブリ好き”です。
実は最近も6月から7月にかけて「ジブリ強化月間」を実施したばかりでして・・・
ジ...
ぶっちゃけ…独り言?  2006年08月26日(土) 6時36分
映画『ゲド戦記』といえば、今夏の「ジブリ映画」なのだが、制作決定となってから懸念の声が強かった、それが大当たりしたかのように、現在、ネットでは酷評が続いているようだ。
それは、ずぶの素人である二代目と、父親宮崎駿、そしてジブリという世界のブランドとの落...
手当たり次第の本棚  2006年08月24日(木) 8時02分
『ゲド戦記』観てきました?
ライブまでの待ち時間に、映画でもということで。
初日だったけど、午前中だったからか?満員という感じではなかったかな。
時間ぎりぎりでも入れたので、ラッキーでした。

原作も読まなくちゃ?と思いつつ、読めないまま映画公開。
はっ...
まったり読書日記  2006年08月20日(日) 17時57分
夏休みなどには家族で軽い映画を見ることが多い。今年は「ゲド戦記」を見た。
学生のころに原作第1巻を読んで、その後刊行につれて2〜5巻まで順次読んだが、昔のことでもあり細かいことは忘れている。しかし、第1巻のゲドの苦悩は印象深く覚えており、同じ魔法学校も...
五月兎の赤目雑感  2006年08月20日(日) 9時00分
ゲド戦記
2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン
原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。
息子さんが、初めて監督したんですよね。
てか、やっぱり、お...
猫姫じゃ  2006年08月20日(日) 1時12分




寺嶋民哉, カルロス・ヌニェス
出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日: 2006/07/12
メディア: CD





作者: 宮崎 駿
出版社/メーカー: 徳間書店
発売日: 1983/06
メディア: 文庫


やっと観てきました。
色々な評判を聞いていたので、複雑な心...

「ゲド観にいきたいんだゲド〜」とベタなメールを友人を誘った。
のは、まぁいいとして 『ゲド戦記』を観てきました。


ストーリーは、、、、エンラッド国の王子であるアレン。彼はみんなから慕われる王である父を剣で指してしまう。そして逃亡の旅に。その途中、大賢...
映画観たよ(^^)  2006年08月19日(土) 18時58分
1周年記念と言う事で今週は記事特盛で行きます! 先週末のボックスオフィスは上位2
映画コンサルタント日記  2006年08月18日(金) 21時36分
これは、『ゲド戦記 3 さいはての島へ』を元にして作られた映画らしい。岡田
トゥビ・オア・ナトゥビ  2006年08月17日(木) 22時44分

アースシーでは、さまざまな異変が起こり始めていた。
聖なる生き物である竜が共食いを始め、
家畜は疫病に倒れ、農民は田畑を捨て、
職人は技を忘れていく。
街では人狩りによる人身売買が行われ、
まがい物が売られ、麻薬が蔓延し、
人々は忙しく動き回っている...
Enjoy Life♪  2006年08月17日(木) 6時56分




ゲド戦記


監督:宮崎吾朗   

声の出演:岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫



ストーリー
多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が...
It's Called Acting  2006年08月16日(水) 1時24分
 2006年/日本
 監督/宮崎 吾朗

 人気ファンタジー小説「ゲド戦記」の映画化。監督は宮崎駿の息子の宮崎吾朗。

 え〜っとですね、ジブリ作品にしてはあまり広がりが感じられませんでしたね。世界観が確立されてないというか。ナウシカやラピュタに比べ、登場...
It's a wonderful cinema  2006年08月16日(水) 0時20分
あまり長いので、Part2にした。
といっても残るは声優の感想プラス追加の感想だけなんだが。

アレンの岡田准一はさすがに上手い。
声優チェックをしていなかった連れは、
エンドクレジットを見るまで気づかずときめいていたそうだ。
テルーの手嶌葵は棒読みの時も...
ぱせりブログ  2006年08月15日(火) 22時12分
先日公開された新作ジブリ作品『ゲド戦記』が余り好評ではないようですね。ざっと一般の反響をネット上で垣間見たところ、なぜ余り好評となっていないのかそのメカニズムが見えてきた気がしたので寸感です。傾向としては、物語、つまりナラティブが分かりにくい、というと...
フィルム・アカデミア  2006年08月15日(火) 15時19分
ゲド戦記の報道もだんだん真実に迫って行っているんですかね? 今はまだ『大好評!上映中』とか言っていますが ゲド戦記見に行きました?。 酷評ばかりであんまり期待していなかったのですが それでも残念で呆然でした。。。。 Yahooムービー ユーザーレビュー ht...
ねぇさんのつれづれと本のあれこれ  2006年08月15日(火) 14時22分


☆☆−−− (5段階評価で 2)
7月29日(土) 109シネマズHAT神戸シアター9にて 16:30の回を鑑賞。
私にとっては 初のDLP方式での上映作品でした☆
みはいる・BのB  2006年08月15日(火) 13時42分
鑑賞日:06.08.11 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16
スタジオジブリ制作。監督には宮崎駿の息子、宮崎吾朗。

「ゲド戦記」原作者アーシュラ・K・ル=グウィンから映画化のオファーを直接受けたというほど、ファンタジー・アニメ映画の力量が評価されている...
けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ  2006年08月15日(火) 13時11分
猪木を大切にしないヤツなんて大嫌い1・2・3・ダーっ!命を大切にしないヤツなんて大嫌いだ!えーっと、ゲド戦記見てきました。ゴロー第一回作品です。(別に知り合いじゃないけど)むー、「最初で最後」になりませんように。何と言えばいいですかね〜。ジブリ前作の「
Barbarossa Blog  2006年08月15日(火) 11時55分
監督: 宮崎吾郎原作: Ursula K. Le Guin脚本: 宮崎吾郎、丹羽圭子出演: 岡田准一、手嶌葵、田中裕子、菅原文太 etc...
type C  2006年08月15日(火) 11時39分


出掛けたついでに友人と観てきました。初日だったからかけっこう人がいましたね。宮崎アニメということもあってか、子連れの方もちらほらといました。夏休み中でもあるから余計に親子連れがいるのかな?とりあえず楽しめ?
まったりでいこう〜  2006年08月15日(火) 11時27分
昨日は、宮崎吾郎初監督作品「ゲド戦記
」を観てきました。

いつものUCとしまえん
のレイトショー、といっても20:00上映開始ですが。

先週は、やけに混んでましたが、今日はいつものUCとしまえん


「ゲド戦記
」は、2つのスクリーンでやっている...
いいかげん社長の日記  2006年08月15日(火) 11時23分
 ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック

「ゲド戦記」 ★★

TALES FROM EARTHSEA (2006年日本)
監督:宮崎吾朗
原作:アーシュラ・K・ル=グウィン 『ゲド戦記』
原案:宮崎駿 『シュナの旅』
脚本:宮崎吾朗、丹羽
NUMB  2006年08月15日(火) 11時07分
 ゲド戦記を観てきました。

 簡潔に言えば、主人公とヒロインの話。より正確に言うと、「ヘタレな主人公をヒロインが更正させるお話」です。

 原作モノの映画化で、大事なのは、「映画の中での完結」と、「物語の広がり」
日がな一日ラらラら日記  2006年08月14日(月) 23時42分
てなわけで。ジブリとファンタジーをこよなく愛する相方が、「たとえ監督が宮崎Jr.で、どれほど酷評されようとも、観に行くんだ!」と、公開を心待ちにしていた映画「ゲド戦記」を観て来ました。ゲド戦記 公式サイト公開2日目。無計画なわたし達にしては、稀に観る俊敏...
ヨカッタ探し  2006年08月14日(月) 1時21分
(2006年・東宝/監督:宮崎吾朗) 宮崎吾朗監督に対してかなり手厳しい意見が多いが、いったい何を期待しているのだろうか。 アニメの経験も
なんだかんだ、ダラダラしているうちにもう7月が終わりを迎える日になりました。
明日から一ヶ月私が留学するまで日本での最後の一ヶ月です。アメリカ組とかはもう一週間だよね。
私はまだ信じられなけど最近実感湧かなくなりました。正直ヤバイです。



そんな中...
yuri au cafe  2006年08月13日(日) 23時55分
[コメント]『指輪物語』『ナルニア国ものがたり』と合わせた三大ファンタジーのひとつがスタジオジブリにより映画化されました。公開早々パイレーツ・オブ・カリビアンを抜き、この夏、日本で最大のヒット作品になりそうです。ただ、残念ながら宮崎駿監督作品と違ってス...
peruriの劇場映画鑑賞記  2006年08月13日(日) 22時07分


ネットで感想をみると批判ばかり。
おすぎは「ゴミみたい」といってるし。
そんなに酷いのか?
と想い逆に興味をもって見に行きました。

たしかに。
宮崎駿と比較したら
そりゃ宝石とイミテーションのくらい?
泣ける映画と本のblog  2006年08月13日(日) 18時50分
「ゲド戦記のアニメ化」 ♪スタジオジブリ最新作“宮崎吾郎”発監督作品 【 歴代の中では失敗作? 次回に期待 】 出来はテレビ放映でも構わない普通といった様子。 まだ映画として公開すには早すぎます。 歴代の作品の中では最下位に位置し始まりが調度良いかな...
Tv_Catch_Up 【テレビをつかみ取り】  2006年08月13日(日) 12時57分
ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。
とは言っても原作は未読。( ^ _ ^;
しかしいきなり評判悪いですね、この作品。汗
でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。

多島海世界「アースシー」。
人間界には現れなかった竜が現れた。
聖な...
映画、言いたい放題!  2006年08月13日(日) 2時02分
前評判の低さ、各映画評論家の評価の低さから観るかどうか迷ったんですけど、結局、初
merseysideに佇んで  2006年08月12日(土) 23時52分
《ゲド戦記》 2006年 日本映画 - 英題 - TALES FROM EAR
Diarydiary!  2006年08月12日(土) 21時12分
宮崎ブランドの暖簾わけ...。

監督 : 宮崎吾朗  出演 : 岡田准一 / 手嶌葵 / 菅原文太        公式HP : http://www.ghibli.jp/
 原作は、ル=グウィン箸 「ゲド戦記」 清水真砂子翻訳  「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並び称されるファンタジー文学の傑作とのこと。 ...
MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ  2006年08月12日(土) 11時46分
すーっと物語りに入っていけた。  王の子息である少年が父親を殺す。  宮崎吾郎
幸田回生  2006年08月12日(土) 8時41分
今日はいろいろあり、病院にも行って薬を貰って飲みましたが、まだ胃は痛かったけど、「ゲド戦記」を観てきました。うーん、やっぱりどうしてもジブリ作品と言うことで、宮崎駿監督作品とは比べちゃいけないと思いますが、全く違う作風とか画風なら比べないんだろうけど、...
すみれ色の日常  2006年08月12日(土) 7時37分
世界の均衡(バランス)が崩れている。
セルアニメとCGアニメのバランスが。



ねこのひたい〜絵日記室  2006年08月12日(土) 1時19分
この作品には注目していた。だからシネコンで初めて前売りで券を買って、初日でもいい席で見る体制を整えていたのである。どのように注目していたのかは「ゲド戦記」に対する期待と不安(1)「ゲド戦記」に対する期待と不安(2)に書いている。ここで、「不安」の部分に...
再出発日記  2006年08月12日(土) 0時50分
「ゲド戦記」を観ました。
★★★

かなりがっかりな出来でした。原作大好きだしジブリだし、それなりのものを期待してたんだけどな。予告時点で不安だったのはV6岡田さん。でもこれは意外にすんなりクリア。それより問題は脚本かも。2時間の間にワクワク感を感じる所...
ふわふわり  2006年08月12日(土) 0時19分
“ ことばは沈黙に 光は闇に 生は 死の中にこそ あるものなれ 飛翔せる鷹の 虚
遠い海から来た・・  2006年08月12日(土) 0時03分
 街並みの描写がすばらしい。さすがジブリと思うのはそれぐらい。  モチーフがはっきりしないこと、感情移入できる人物がいないことの2点が致命的。  最初に登場する竜が、結局何を表しているのかわからないまま終わるように、いろいろ重要なテーマらしきものが提...
ももたろうサブライ  2006年08月11日(金) 23時40分
2006年41本目の劇場鑑賞です。公開翌日劇場で観ました。宮崎吾朗監督デビュー作品。ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。相変わらず、声優はクオリティの低い、話題性重視なのがとても残念でした。アレンが父親を...
しょうちゃんの映画ブログ  2006年08月11日(金) 23時31分
現役スパイを引退し教官となったハント。穏やかな生活を選らぼうとしたが、教え子の危機を救うためのミッションが待っていた。敵のデイヴィアン(フィリップ・シーモア・ホフマン
skywave blog  2006年08月11日(金) 23時09分
子供には難しく、大人には、物足りない。

私は、ダビンチ・コードの轍を踏んでしまいました。元ネタを知っているという前提で、作られています。原作の内容を知らないと、この物
skywave blog  2006年08月11日(金) 23時04分
期待が大きすぎたか。 ストーリーは満足だけど、アニメーションとしてどうなの? 公...
ほしいものリスト  2006年08月11日(金) 22時44分
噂の映画「ゲド戦記」を鑑賞してきました。
やはり多くの人が並んでいましたよ(驚)
FREE TIME  2006年08月11日(金) 22時23分
世界の均衡が崩れつつある。 人々は忙しなく動き回っているが目的はなく、 その目に映っているものは、 夢は、死か、どこか別の世界だった。 人間の頭が変になっている。 災いの源を探る為に旅に出た大賢人ゲドは、 心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンに出会う。...
マンガ・雑貨のお店屋さん  2006年08月11日(金) 21時41分
世界の均衡が崩れつつある。 人々は忙しなく動き回っているが目的はなく、 その目に映っているものは、 夢は、死か、どこか別の世界だった。 人間の頭が変になっている。 災いの源を探る為に旅に出た大賢人ゲドは、 心に闇を持つ少年、エンラッドの王子アレンに出会う。...
映画批評  2006年08月11日(金) 20時46分
2006年7月29日に公開となったスタジオジブリ待望の最新作『ゲド戦記』を先日観に行きました。以前にも話題に取り上げましたが、宮崎駿氏のご子息である宮崎吾朗氏の初監督作品として注目されており、タイトルが発表された時からとても楽しみにしていた作品で
STEP by STEP  2006年08月11日(金) 18時52分
昨日、てつサンと一緒に、『ゲド戦記』、観に行ってきました。


うん、感想はいろいろあれど、
まぁ観てよかったです、あたしは。

ジブリ作品は、物心ついた時から、欠かさず観てきてますが・・・。

もともとジブリ作品が好き☆というよりは、
宮崎駿監督×音楽・久...
Secret Seven  2006年08月11日(金) 16時19分
いやぁ、これは想像以上でしたよ。 まさかここまですごいとは思ってもいなかった。 期待以上のモノを見せてもらいましたよ。 え?「時をかける少女」とどっちがよかったと思うかですって? そんなの決まってるじゃないですか 放映映画館数が少ないほうですよ。 ※激しく...
SOBUCCOLI  2006年08月11日(金) 16時11分
スタジオジブリ最新作、「ゲド戦記」を観てきました。
日記とか文章披露?  2006年08月09日(水) 2時34分
 前評判が芳しくない公開作品が目立つ中で、ひときわ酷評に晒されている本作も、観ようか観るまいか少し悩みました。  その結果は、それほどのこと
シネクリシェ  2006年08月08日(火) 20時56分
たとえばアニメしか見ないで育つと、こういうものの見方しかできなくなるのではないかというひとつの集大成である。
MIWOのレタスなLOGBOOK  2006年08月08日(火) 17時07分
ジブリ好きなので、今回の「ゲド戦記」はとても楽しみにしていました。…しかし前評判通り、正直あまり良い出来とは言えませんでした。まず話の前後がぽっかり抜けている為、主題が何なのかよく分からず疑問がたくさん残ります。またセリフが説明口調で堅い。ジブリの持ち...
Tokyo Sea Side  2006年08月08日(火) 15時09分
日曜日、「ゲド戦記」を観てきました。
いろいろと前評判を聞いていましたし、同じく原作を元にした映画「ハウルの動く城」と原作の、余りの内容の違いに仰天したことがありましたので、今回も原作と違ったものになっているのではないかと、不安半分、心配半分(あれ?)...
Mugen Diary  2006年08月08日(火) 0時31分
『ゲド戦記』(2006 / 日本 / 宮崎 吾朗) Text By 仙道 勇人  アーシュラ・K・ル=グウィンの『ゲド戦記』と言えば、『指輪物語』と並び称されるハイ・ファンタジーの傑作にして、エピック・ファンタジーの至宝とも言える作品である。尤も1968年の第一巻から1972年刊行の...
I N T R O+blog  2006年08月07日(月) 20時16分
編集部のミッキーが、7月29日、公開初日に『ゲド戦記』を見て参りました。 宮崎駿...
CINEMA COMIN'SOON シネマブログ  2006年08月07日(月) 12時25分
こんにちは、編集部のうめ吉です。 このところ全然映画を観に行ってなかったんですが...
CINEMA COMIN'SOON シネマブログ  2006年08月07日(月) 12時24分
スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記



」観賞。







この映画は一幅の掛け軸のようだ。







示唆に富んでいるというよりは、メッセージそのもの。







その掛け軸には
やまたくの音吐朗々Diary  2006年08月06日(日) 21時46分
見終わった後、wikiで調べてみたところ、このゲド戦記(原題はEARTHSEA)は世界三大ファンタジーと言われているらしく、他の二つが指輪物語(Lord Of The Ring)とナルニア国物語。なるほど。

で、今回のスタジオジブリのゲド戦記はその中の第三作目の「さいはての島へ...
バイヤーKENの全力疾走「商売日記」  2006年08月06日(日) 20時53分
評判が芳しくないという話はちらほらと聞いていた。でもそれはそれ。自分で観ないことにはなんともね。原作は未読。そして原案が宮崎駿の『シュナの旅』だということをはじめて知った。最初に登場する文章が、この作品のテーマだとわかっていれば、理解に苦
たいむのひとりごと  2006年08月06日(日) 18時11分
さて、ここで書いた、日曜日に観てきた映画というのが、この「ゲド戦記」。

これはですね〜。かなり前から予告編が流れてましたね。そして予告編を観た事がある方ならみんな知ってるであろう、あの歌!そう、「心を何にたとえよう」なんていうなんとも寂しげな感じの歌...
欧風  2006年08月06日(日) 14時03分
満席でした。
そして、映画見に行ったところが今日花火大会だったので、浴衣の女性もちらほら。
さてこのジブリのゲド戦記。
ゲド戦記だけど主人公はアレン。
ハイタカことゲドはあくまで脇役です。
原案として、「シュナの旅」もあげられています。(シュナの旅にも...
どうしても書きたくて・・・  2006年08月05日(土) 17時19分

2006年07月29日公開のアニメ映画「ゲド戦記」を見ました。

* ネタバレあり *

見終わって最初に思ったことは、パパ・宮崎駿さんが作ったらどんなだったかな〜?と…ナンセンスなことですがね。

ストーリーは均?
映画★特典付き前売り券情報局  2006年08月05日(土) 1時20分
『ゲド戦記』
前評判を見る限りあまり期待しない方がいいのは分っていましたが、それでもなぜか期待してしまうのがスタジオジブリ。けれど今回ばかりはガッカリと言わざるを得ません。状況説明は全部セリフで言ってしまうし、場面転換も荒削り、ジブリ映画に欠かせない“...
Tokyo Bay Side  2006年08月04日(金) 21時59分
夕やみせまる雲の上
いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろう
音も途絶えた風の中
空をつかんだその翼
休めることはできなくて
心を何にたとえよう
鷹のようなこの心
心を何にたとえよう
空を舞うような哀しさを

手嶌葵の唄が心に響きました・・・
うーー...
黒猫のうたた寝  2006年08月04日(金) 7時32分

【監督】宮崎吾郎
【声の出演】岡田准一/手嶌葵/田中裕子/香川照之/風吹ジュン/菅原文太
【公開日】2006/7.29
【製作】日本

【ストーリー】
多島海世界アースシー。西海域の果てに棲む竜が突如、人間の世界である?
シネマをぶった斬りっ!!  2006年08月04日(金) 0時39分
♪夕闇迫る雲の上、
いつも一羽で飛んでいる?
鷹はきっ?と悲しかろ・・・♪
印象に残ったには、
このテルーの歌と
鮮やかな映像くらいかな???。

わざわざ、宮崎吾郎第一回監督作品と名をうって、
派手な宣伝の作品ですからね?。
まあ、正直最初からあんまり期待...
ルナのシネマ缶  2006年08月04日(金) 0時20分
「見えぬものこそ。」
監督:宮崎吾朗
原作:アーシュラ・K.ル=グウィン
脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子
出演:岡田准一、手蔦葵、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志、倍賞美津子、夏川結衣、小林薫、菅原文太、他
公式HP: http://www.ghibli.jp/ged/
鑑賞:T...
きょうのあしあと  2006年08月04日(金) 0時14分
今回のゲド戦記は・・・う〜ん、、
小さい子供向けの作品ではないです。
世間の評価もかなり厳しいと予想できます。
でも荒削りだけどイイものも感じました。
色即是空日記+α  2006年08月03日(木) 23時35分
まずビックリしたのが、ガラガラだったこと!びっくりです・・・。MOVIXの一番大きなシアター(518席)での上映だったのに多分50人くらい・・・(~_~;)いくら平日のお昼の回だとは言え、これはないでしょう・・・。まだ公開して1週間たってないし、夏休み中ですよ!確か...
ランチママの徒然日記  2006年08月03日(木) 23時19分
「ゲド戦記」、
アニメ作品として制作されたのですから、
もっと爽快に、スカッとさせて欲しかったな〜というのが本音でした。
しんのすけの イッツマイライフ  2006年08月03日(木) 22時32分


先日「となりのトトロ」テレビでやってましたね。
もちろんこの作品の宣伝を兼ねてなんでしょうけど、
何度観てもいいなぁと思ってしまいます。
たまたまテレビつけたらやってたんですが、途中から
観てもすんなり物語りに入っていける作品だと思いました。
この...
It's a Wonderful Life  2006年08月03日(木) 20時05分
(40点/100点)

原作を読んでいなくてもストーリーは分りますし
映画のメッセージは伝わってきます。
エヴァが好きな人は必見かも(笑)

それよりまず声を大にして言いたいのは

これは小さなお子さんのいるファミリー?
ねこだましいな日  2006年08月03日(木) 17時20分
先日ゲド戦記を見て来ました。


ジブリの宮崎吾朗監督第一回作品ということでした。
結論から言えば、自分的に際立っておもしろくもないがつまらなくもないとう感じでした[:汗:]

ただ当たり前だけど後継者の作品って感じはすごい伝わりましたけど
正直映画はのこ...
☆OnlineShop☆市川自動車ブログ☆  2006年08月03日(木) 13時09分
監督
宮崎吾朗

ストーリー
竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が
起こりはじめた多島海世界"アースシー"。異変の原因を探る
べく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺
して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会っ...
ロビ子の I LOVE CINEMA 別館  2006年08月03日(木) 11時22分
 宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ゲド戦記を見てきました。
よしなしごと  2006年08月03日(木) 0時19分
疲れていたが、午前中に時間ができたので「ゲド戦記」を見てきた。
結論から言うと、予想以上にいい映画だった。

しかし今朝六本木ヒルズのTOHOシネマズの入り口をくぐると、
チケット売り場はガラガラ。
客席も半分以上空いている。
カップルと男性のひとり客...
ぱせりブログ  2006年08月02日(水) 23時24分
第1回監督作品にしては、ハードルが高い原作だったんじゃないでしょうか?

宮崎駿監督は、今は大衆受けより自分のやりたいようにやってるので、初期の子供も大人も楽しめる作品を吾郎監督が担うんじゃないかと、勝手に思っていました。でも今までの劣勢コピーでしかな...
the borderland   2006年08月02日(水) 23時02分
「父は立派な人だったよ。ダメなのは僕の方さ。」
・・・えーと、これは監督の心情そのものでしょうか。
まあそんなに卑屈にならずに。
ジブリ作品だと思わなければ、そしてこれが20年位前のアニメ映画だと思えば、
意外と良かった・・・かな、いや自分結構この映画好きか...
サムライ大将の砦  2006年08月02日(水) 19時14分
?2006 二馬力・GNDHDDT
『ゲド戦記』  
公式HPはこちら
←クリック
●あらすじ
ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は、道中で国
映画と秋葉原とネット小遣いと日記  2006年08月02日(水) 15時51分
本当の自分を探す旅に出たいなどという言葉を良く聞く。若い頃、よく使う言葉の一つだろう。でも、考えてみて欲しい。本当の自分とは君自身ではないか。君が旅するべき場所は、今の君から一番近くて、そして一番...
24LIVE  2006年08月01日(火) 22時35分
「ゲド戦記」もしくは「海辺のカフカ」? (これは映画を見ている途中、ふっと思った
映画雑記・COLOR of CINEMA  2006年08月01日(火) 20時39分
 基本として無敵の私。ボストンでも誰でもめったぎり・・・・でも二つ怖いものがあ
eclipse的な独り言  2006年08月01日(火) 14時36分
退屈度:★★★★★いつになったら面白くなるのかと我慢し続け、そのままエンドロール
ブエナビスタ  2006年08月01日(火) 13時58分
「ゲド戦記」オープニング興収は9.05億円。「ハウルの動く城」(最終興収196
映画コンサルタント日記  2006年08月01日(火) 1時41分
スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が『ルパン三世』を引き継いでいるようなものです。
ついでに原作が、『指輪物語』や『ナルニア国ものがたり』と並んで<世界三大ファンタジー>と称さ...
【徒然なるままに・・・】  2006年07月31日(月) 22時57分
試写会があたったので瑠璃さんと見に行ってきました。。。 感想ですか・・・・ ねむたかったぁ~って言ったら「寝てたじゃん」って。。。 はい、寝てました(- −;) ストーリーがスローテンポ。どんでん返しもないサプライズもない。 途中寝ててもしっかりお話はわかり..
ちわわぱらだいす  2006年07月31日(月) 22時36分
やっぱり気になるこのニュース!
宮崎駿さんは迷走中だからか、今度の監督は息子の宮崎吾郎さんだそうです。初めてお子さんがいた事を知って驚いたけど、今までアニメの製作をした事がないのでまたビックリ!不安いっぱいなのだが大丈夫なのでしょうか?

「ゲド戦記」...
MOMOCINEMA  2006年07月31日(月) 18時08分
ジブリアニメ映画 「ゲド戦記」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主なキャラクター(声優):アレン(岡田准一)、テルー(手嶌葵)、クモ(田中裕子)、ウサギ(香川照之)、テナー(風吹ジュン)、ハジア売り(内藤剛志)、女主人(倍賞美津子)...
映画レビュー トラックバックセンター  2006年07月31日(月) 16時32分
『ゲド戦記』鑑賞レビュー♪ヽ(´・ω・`)ノ



命を大切に

しないやつなんて

大っ嫌いDA!!!!

世界の均衡を崩す者の正体を
つきとめる旅に出た大賢人ゲドが
国を捨てた王子アレンと出会う


★review★


本作は、宮崎駿のご子息
"宮崎吾朗"の ...
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!  2006年07月31日(月) 14時05分
ゲド戦記 試写会@一ツ橋ホール

「こころを何にたとえよう」

手嶌葵さんの『テルーの唄』が頭から離れない〜
劇中アカペラで歌うシーンは珍しいくらい長い。童謡のような懐かしいかんじの曲で高すぎない声でじんわりしみこんできました。

人と竜と魔法のファン...
駒吉の日記  2006年07月31日(月) 13時27分
●ゲド戦記を鑑賞。 島と海の世界、アースシー。ある日、西の果てに棲む竜が人間の住
Blog・キネマ文化論  2006年07月31日(月) 11時22分
「ダビンチコード」並みの
不評が話題の?
宮崎吾朗第1回監督作品
「ゲド戦記」

まずは
第1回監督作品としては
合格ではないでしょうか?

父「ハウルの動く城」のレベルと
同じぐらいでは?

「千尋」や「ハウル」に比べたら
キャラクター的には落ちますが
キャラクタ...
bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ  2006年07月31日(月) 8時52分
レイトショーで観てきました。
人が少なくて居心地良かったです(^^

監督がアレなんで、かなり期待しないで観に行ったんですが

…良かったですよ(><

面白いと言うより、良い映画といった感がします。
道徳の時間に見せたら良いんじゃないかとさえ思いました
MONYABLOGDO  2006年07月31日(月) 1時27分
土曜日は「ゲド戦記」を見に映画館へ。 レイトショーにも関わらず満員。チケットがネ...
フューチャースピリッツ谷孝のブログ  2006年07月31日(月) 1時09分
29日公開の映画「ゲド戦記」を鑑賞した。

この映画は宮崎駿監督の息子である宮崎悟朗監督に

初監督作品として注目され、

スタジオジブリが今年最大の話題作として送った作品である。

物語は一見奥深そうだが人の心を上手く

描いた作品として興味深い作...
きたよきたよジブリ! 駿の息子・宮崎吾朗が監督でナニかと超話題。周りの映画ライターは低評価出してたけど、どうなの『ゲド戦記』? 7月29日公開。
ゲド戦記

かつては同じ世界にいたヒトと竜。自由を求めた竜と、モノを求めた人間は袂を分かつ。時は流れ現代。人...
APRIL FOOLS  2006年07月31日(月) 0時12分
アサヒ飲料で「ゲド戦記」の試写会が当たったので、9歳の長男と行って来ました。
画像がとても美しいので、絵画を習っている長男や、油絵を習い始めた私にも勉強になるのではないかな、と思ったからです。

実は、宮崎アニメはかなり苦手。でも、宮崎吾郎監督の第一回...
まぁず、なにやってんだか  2006年07月30日(日) 23時40分
本日公開された「ゲド戦記」の情報を。
アメリカの女流作家、アーシュラ・K・ル=グウィンの「ゲド戦記」シリーズを、スタジオジブリが映像化したファンタジー・アニメ超大作。
声の出演:岡田准一(アレン役)、手嶌葵(テルー役)、田中裕子(クモ役)、香川照之(ウサ...
Mugen Diary  2006年07月30日(日) 23時35分
ハーゲンダッツのお店って、 どうしても「高い」というイメージがあって、 なかなか
多趣味ですがなにか問題でも?  2006年07月30日(日) 22時56分
スタジオジブリ最新作『ゲド戦記』の試写会へ。アサヒ飲料が特別協賛で、三ツ矢サイダーをいただく。 宮崎駿の『ハウルの動く城』は★1つだったので(『天空の城ラピュタ』が最高で★5つ)、息子・宮崎吾朗の『ゲ
時流を聴く  2006年07月30日(日) 22時30分
昨日の夜中、とりあえず流行物には乗っておけのいつも通りのノリで「ゲド戦記」見てき
時の流れの中で  2006年07月30日(日) 21時50分
「ゲド戦記」というお話は、全六巻もあって‘ゲドさん’が少年の時からの長い長い話なのだそうです。

「スタジオジブリが有名な児童文学を映画化する」。
正直、私はこの知識のみ(後は主演声優がV6・岡田くんだ)で鑑賞しました。

そんなコトなので、自分の為に...
紫@試写会マニア  2006年07月30日(日) 21時46分
『ゲド戦記』やられた。素直でエネルギッシュに描くということは、なんと説得力があるのだろうか。今の自称映画マニアは理屈っぽく醒めすぎているのではないかと思うことしばしば。見えぬものこそ、というコピーは深い。
よろ川長TOMのオススメ座CINEMA  2006年07月30日(日) 20時34分
 スタジオジブリの作品「ゲド戦記」の試写会へ行ってきました。監督は宮崎駿氏のご子
ぶんちょうの小部屋  2006年07月30日(日) 20時28分
今日は某雑誌で当選した 『ゲド戦記』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 本当
しましまシネマライフ!  2006年07月30日(日) 20時18分
『ゲド戦記』試写。ジブリ作品の『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』は好きですが、それ以降の作品からはあまり期待しないように。でも、どんなストーリーでも楽しめるシーンが必ずあるので、その期待値は毎回高くなる一方でもあります。 今回の...
試写会帰りに  2006年07月30日(日) 19時33分
娯楽度[:テレビジョン:]         2006/07/29公開  (公式サイト) 
満足度[:星:][:星:][:星:] 


【監督】
宮崎吾朗
【プロデューサー】
鈴木敏夫
【脚本】
宮崎吾朗/丹羽圭子
【原作】
アーシュラ・K・ル=グウィン  『ゲド戦記』シリーズ(...
アンディの日記 シネマ版  2006年07月30日(日) 19時07分
2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf