「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた

2006年06月23日(金) 18時04分
「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ
中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演
中島哲也監督、2006年

リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。

悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、
「これは映画じゃない」と
正統派の心の声が叫ぶが、
「一人になるよりマシ」という
松子の心情が吐露されると
画面が急に心に迫ってきた。

なんだこれは!と思っているうちに
歌出だす、松子
殴られてもすがりつく、松子
ケバイ格好でも上を向いて歩く松子に
釘ずけになる。

傑作というより怪作。
なんとも表現しきれないが、
この不条理なモヤモヤ感は悪くない。

中谷美紀お見事。(普通断るだろ!)
見事に代表作を手に入れたね。
次も同じような手ならガッカリだが、
生ぬるい邦画が多い中ではホント立派。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/542
トラックバック
トラックバックURL:
嫌われ松子の一生 通常版中谷美紀 瑛太 ...
SUPER BLOG.JP  2008年02月10日(日) 17時37分
 例えば、ニュースで予想しなかった形で亡くなった人を知ると、私たちは自分勝手にも、可哀想だ、不幸だと思ってしまうことが多いものです。

 そう思うのは、人としてきわめて自然な感情ですし、正しいとは思いますが、そういう悲しいことだけがその人の人生ではない...
転落j続きの一生を53歳で終わらせた松子の生涯をえがいた中谷美紀主演の映画。中島
かんべえの別館・DVD映画レビュー  2007年02月27日(火) 11時47分
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。
映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラ...
一言居士!スペードのAの放埓手記  2007年02月15日(木) 21時30分
ついに実現!スクリーン内一人独占観賞!映写技師さん、八ちゃんの為にご苦労様でした。と、いうか噂どおり凄まじい映画・映像です。邦画の新しいエンタメ時代の到来でしょうなぁ。2007年劇場観賞20本目です。
八ちゃんの日常空間  2007年02月03日(土) 7時23分
誰に聞いても絶賛のこの作品。
2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。
ふぅ。

平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。
その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレスのようだった。
彼女の名は川尻松子。
彼女は何故殺されなければならな...
映画、言いたい放題!  2006年12月29日(金) 17時35分








監督:中島哲也
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山...
デコ親父はいつも減量中  2006年11月18日(土) 13時12分
?????????? 嫌われ松子の一生
????????????????????????????????????? お勧め度 : ★★★☆☆



『人間価値って人に何をしてもたっらかじゃなく、
         人に何をしてあげたかってことだよね・・・・』

終始、コミカルにミュージカルっぽく
お勧め映画&DVD情報  2006年11月11日(土) 19時07分
中谷美紀のファンなので 『蠍座』(札幌市 北区北8西3)の最終上映回に行ったところ思わぬ収穫。一部内容からテレビで放送されない可能性があるのも観に行った理由。
坂野上淳のウェブ日記  2006年09月27日(水) 1時11分
嫌われ松子の一生(2006)ひとつのごまかし、一回のボタンのかけちがいから転がる人生。かなり暗い内容をコミカルに。コメディー映画が泣けるのは、表面上の明るさ、コミカルさと、対照的な心境が重なるから。ギャップですな。あー不幸なひとね、でもあんたが悪い、と泣けは
MY BEST HIT TODAY cinema!  2006年09月14日(木) 23時38分
 怒濤のテンポと極彩色の濃密度数・息つく暇ナシで疲れたぞ。  これで感動したり勇気を頂いちゃったりする人もいるもんだからさ~あんまり言ぃたかぁないんだけどねぇ。なーんかねぇ,どことなく騙されたような気分になるのは気のせいかね。
日々徒然ゆ~だけ  2006年08月31日(木) 16時46分
山田宗樹の小説を「下妻物語」の中島哲也監督が映画化した 奇想天外な女の一生物語。 転落の一途を辿る壮絶なヒロイン川尻松子の人生を多彩な映像表現を駆使して カラフルかつポップに描いています。 教師をクビになり殺人まで犯してしまう川尻松子に中谷美紀が扮し、 転...
噂の情報屋  2006年08月30日(水) 0時43分
久々の観るネタ。
今週は時差ボケに苦しみながら毎日14時間以上働いたので、
今日はエイヤ!と映画を観に行きました。いいよね?(←誰に?)

観たのは『嫌われ松子の一生』。http://kiraware.goo.ne.jp/
泣いたり笑ったりしました。中谷美紀がすごかった。
あれだけ変幻...
curima's diary:*  2006年08月26日(土) 1時18分
 映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。
 観にいくまえに何人かの人に感想を聞いたら、「すっごく楽しいよ」「かなり辛い…へこむよ」と、両極端な感想。
 でも、どちらも本当だったのです。


 昭和22年生まれの川尻松子。彼女の7歳から53歳を描いているの...
星までも 曲げて伸ばせば 夢じゃない 


 そういえば、「嫌われ松子の一生」ってありましたね。映画です。おいおい、ついこの間じゃないっすかあ。結構、観た直後、テンションアップなる作品多けれど、ふにゃふにゃふにゃってすぼむ作品も多いもんすから。
 でも...
空想俳人日記  2006年08月03日(木) 10時09分
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は...
銅版画制作の日々  2006年08月01日(火) 10時54分
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々と大半は...
銅版画制作の日々  2006年08月01日(火) 10時51分

今回で、『嫌われ松子の一生』2回目です
先入観は良くないね。
前回一緒に観に行った人も周りの人も良かったと言っているのに自分はなんか微妙でした。
多分、予告のポップな感じや個性あふれる役者、前作の下妻などから勝手に連想して笑いを求めていました。
今回...
必殺のすくい投げ  2006年07月31日(月) 4時45分
「嫌われ松子の一生」 2006年 日本

★★★★★




もう、最高ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪
この映画は、市内のシネコンでも、郊外に行かなきゃ観れなかったのが(そこに行ってまで観ようとは思ってなかったので^^) 街のシネコンでも先週から上映され、...
とんとん亭  2006年07月30日(日) 12時04分
「嫌われ松子」と言うくらいだからどれだけ性格悪いんだろうと思っていたのですが、それほど嫌われてるワケでもなく、どっちかって言うと「あわれな松子」ってカンジでした。ミュージカル仕立てというコトもありテンポが良く、ところどころウケ狙いもあり、とても見やすい...
Tokyo Sea Side  2006年07月29日(土) 22時00分
昨日が最終日と言うことで見てきました。 内容は、 ミュージシャンの夢を諦めた若者
走る競馬狂の嘆き…。  2006年07月18日(火) 22時47分
『嫌われ松子の一生』
“嫌われ松子”と聞くと、最初は誰しも性格ブスな女性をイメージするのではないでしょうか?しかし川尻松子(中谷美紀)は決して人から嫌われていた訳ではなく、本当はむしろ愛されていた気がしました。ただ過剰なまでに愛する事、愛される事に一生...
Tokyo Bay Side  2006年07月18日(火) 21時32分
前日の日記からのつづき。
目まぐるしい移動記を(笑)

まず5時20分頃の中央線に乗り吉祥寺を出る。
御茶ノ水で総武線に乗り秋葉原へ。
地下鉄日比谷線に乗り換え新越谷に出てJR武蔵野線に乗り換え。
地元吉川に7時10分に着く。
7時15分のバスで自宅近くに行き、
...
CHEAP THRILL  2006年07月17日(月) 12時21分
松子は殺される。
なぜ?誰に?
どんな人生を歩み、死して後も「嫌われ松子」などという不名誉なあだ名で呼ばれるようになってしまったのか?




嫌われ松子の一生

山田 宗樹 / 幻冬舎(2003/07)
Amazonランキング:96,226位
Amazonおすすめ度:
哀しい物語・...
こんな本を読んだ。  2006年07月12日(水) 22時44分
主な出演者:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、 黒沢あすか、 柄本明、 木村カエラ、 柴崎コウ、 片平なぎさ、 ゴリ、 竹山隆範 、谷原章介、 宮藤官九郎、 劇団ひとり、 谷中敦、
ちょいシネ  2006年07月12日(水) 22時14分
(06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島哲也。出演:中谷美紀、ほか。 先日、4回目を観に行っちゃい...
丼 BLOG  2006年07月11日(火) 7時25分
 嫌われ松子の歌たち

「嫌われ松子の一生」 ★★★★

MEMORIES OF MATSUKO (2006年日本)
監督:中島哲也
原作:山田宗樹「嫌われ松子の一生 (上)」「嫌われ松子の一生 (下)」
脚本:中島哲也
テーマソング:BONNIE PINK『LOVE
NUMB  2006年07月11日(火) 1時38分
奇跡のような映画だった。原作読んで全部話を知っている私でさえ、最後は号泣した。映
映画を観る女。  2006年07月10日(月) 23時07分
昨日が最終日と言うことで見てきました。 内容は、 ミュージシャンの夢を諦めた若者
走る競馬狂の嘆き…。  2006年07月10日(月) 22時12分
' L',?´"http://pine-link.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/m
人生はお伽話もしくは映画のよう  2006年07月10日(月) 13時15分
(06年6月鑑賞) 「近年稀に見る傑作。極めて悲惨な一生の物語を見せられて何故こんなに清々しい気持ちになれるのか。それはきっと人間讃歌になってるから。単なるカタルシス以上の物がそこにある。」監督:中島哲也。出演:中谷美紀、ほか。 先日、4回目を観に行っちゃい...
丼 BLOG  2006年07月08日(土) 7時11分
2006年/日本/ 配給:東宝 (歌詞・手書き風) ★★★★☆(★★★★★に近い) おもしろかった! 笑って、泣ける! 演技よい、音楽よい、映像よい! こんな色使い、CG使い! 監督・脚本:中島哲也 (なかしま てつや) 監督の才能をみせつけられた感じ! 『下妻物...
映画子の映画日記  2006年07月08日(土) 0時39分


「嫌われ松子の一生」
行ってきました。
F列 真ん中通路の真ん中
足の伸せる席にて・・(笑)。
上演開始と同時
真っ暗になる館内では
深く椅子に座って
(少しお行儀悪いけど)
足を組替えたり
伸したり出来る席は魅力です。




メルヘンチックで可...
。雫滴る想いの丈に。  2006年07月07日(金) 7時10分
嫌われ松子の一生を見に行って来ました。 もちろん(!?)、BONNIE PINK
インディゴの空  2006年07月06日(木) 19時29分
なんつーか、濃い映画でした^^;。面白いっちゃあ、面白いんですが(笑)。悲しくもあり、楽しくもあり、いろいろな感情が多重に折り重なった本体を、ポップなミュージカルで包んだような感じでしょうか。かなり抽象的な表現で申し訳ないですが^^;。
どんなにカラフ...
ブラックチョコとチキンな日々  2006年07月06日(木) 13時01分
書くのが遅くなりましたが「嫌われ松子の一生」見てきましたよ。金曜日の遅い時間だっ
東京ときめきガール(nifty本店)  2006年07月06日(木) 12時58分
監督・脚本、中島哲也。2006年日本。コメディ・人間ドラマ映画。出演、中谷美紀(
erabu  2006年07月06日(木) 8時57分
2006年 東宝 06年5月27日公開 監督、脚本:中島哲也 原作:山田宗樹『
銀の森のゴブリン  2006年07月06日(木) 8時33分



『下妻物語』の中島哲也監督の最新作。壮絶な不幸な目に合いながらも愛を求め続けるヒロインの一生を描いたドラマ。主演は中谷美紀。
中島監督の相変わらず凝りに凝った映像は健在ですね。ヒロインに次々と襲いかかる不幸は観ていて痛々しい限り。合間合間に明るく楽し...
もじゃ映画メモメモ  2006年07月06日(木) 0時55分
平日の夜なのにレイトショーで「嫌われ松子の一生」を見てきました。ひょんなことから一生が大きく左右に振られてしまうこととなる松子。ハッピーなときには歌い、父親の機嫌を取るためにヘン顔をする松子。でもハッピーな時間はすぐに終わりを迎える。
切ないなあと感じ...
きまぐれぶろぐ  2006年07月05日(水) 22時05分
株主総会の後、ふらっと新宿に立ち寄って、コマ劇のあたりを散歩してたら、「嫌われ松
小福のへりくつ  2006年07月05日(水) 9時14分
[ 嫌われ松子の一生 ]@吉祥寺で鑑賞

なんで、一人でこんな世界が描けるのか。
すごい。すごすぎる。
中島哲也監督って、たぶん完ぺき主義なんだろうな。
音楽といい、画といい一つの世界が完成されている。

山田宗樹の同名ベストセラー小説の映画化。
壮絶で...
アロハ坊主の日がな一日  2006年07月05日(水) 0時06分
 
 中学教師をしていたとき、生徒の窃盗事件で不始末をおかして退職。

 同棲相手にDVを受けた末、その相手に自殺され。

 不倫が破局して、ソープ嬢になり。

 新たな同棲相手を殺害し、自殺未遂。

 連行されて服役。

 次の同棲相手はやくざで逮捕...
「境界に生きた心子」  2006年07月05日(水) 0時03分
ナビオTOHOプレックス 長い期間、同じ予告を何度も見せられた。撮影の進捗状況にあわせて、違った長めの予告も何度も見せられた。正確ではないが、50回は見せられた。こういうことをされると、期待は膨らむ
映画評論家人生  2006年07月04日(火) 0時31分
3回目の「デイジー」と天秤にかけましたが、 下妻好きの私ですから観ない訳には行き
uni’s cinema diary  2006年07月03日(月) 19時48分
 あ?あ、ガッカリ。期待外れ。これが『嫌われ松子の一生』を観た直後の感想だ。帰り道の足取りは重かった。で、なぜ楽しめなかったのか、理由を考えてみた。

1. 期待値が高すぎた。

 なにしろ『下妻物語』を撮った中島哲也の新作である。僕にとって2004年ダントツの...
少年トッパのブログ  2006年07月03日(月) 15時13分
やっと観ました『嫌われ松子の一生』♪
実を云うと、、、この映画に関してはかなり半信半疑で、
信用していいのかなー、という気持ちでいたのですが、
やっぱり観ておこー、と思い立ったのはそこに「下妻物
語」という下地があったからに他なりません。

映画を観な...
Oink Days**  2006年07月03日(月) 14時26分
川尻松子― 一生を、だめんず達に捧げた女。 もし彼女が今の時代に実在していたなら
ココロにおいしいシネマ  2006年07月03日(月) 13時13分
「嫌われ松子の一生」に便乗して、今週(2006.06.12週)のプレイボーイの特集は「嫌われ鈴香の半生」・・・原作者に怒られるぞ、まったく。公式ページはこちら→http://kiraware.goo....
24LIVE  2006年07月03日(月) 10時36分
オススメ度 ★★★★☆

劇場公開が終了してしまうということで、急いで観ました、本当は公開直後に観たいくらいの映画だったんですが、遅くなってしまいました。
完成度高いです、監督が極限までこだわったのがうかがえます、俳優との衝突もたくさんあったようですし...
映画感想BLOG 瞼のスクリーン  2006年07月03日(月) 8時00分
作品名:「嫌われ松子の一生」 監督:中島哲也原作:山田宗樹出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ(ガレッジセール)、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦(東京スカパラ...
雑記すとりーと  2006年07月02日(日) 11時08分
Jポップの中谷美紀のファンだったのに...今では立派な女優さん。あぁ、アルバム『食物連鎖』の頃が懐かしい。そんな中谷美紀。今では結構な年齢です...か?
映像と音は言葉にできないけれど  2006年07月02日(日) 6時21分
『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック


『嫌われ松子の一生』
を観てきました。
ぴあの出口調査で「松子」が観たいと言ったのはもう1ヶ月も前か。
待ったよ、松子。

いやぁ・・・すごい。すごいですよ。
壮絶。松子はすごい。
面白くて、ちょっと哀しい
だらっくま日記  2006年07月02日(日) 0時24分
う??ん、なんともすごい!!
小説とはまた違う
川尻松子の一生を
中島ワールドで、
お腹いっぱい過ぎる?くらい
堪能させてもらいました。

中谷美紀の身体をはった松子は、たしかにすごかったです。
あれでは、途中で辞めたくなるのもちょっと分かる気もします。...
ルナのシネマ缶  2006年07月01日(土) 23時09分
《嫌われ松子の一生》を観ました。 原作は読んでいないし、何も情報がないまま、ただ「面白いらしい」というので観に行きましたが、多分これまでで初めてじゃないかっていうくらい泣きました。家ではしょっちゅう映画を観て泣きますが、映画館ではかなり我慢します。なの...
宝箱のカギ  2006年07月01日(土) 17時43分
relax(リラックス)7月号に「嫌われ松子の一生(前述・2006-05-22、
映画雑記・COLOR of CINEMA  2006年07月01日(土) 14時33分
これ、おもしろいです。僕的にかなりHITしました。
ダ・ヴィンチ・コードよりこっち観た方がいいかもw
とりあえず日記みたいな  2006年07月01日(土) 13時35分
映画『嫌われ松子の一生』を観た。 『下妻物語』の中島哲也監督が中谷美紀を主演に迎えた最新作。原作を読んでいないので比較できないが、かなり極端に脚色されているようだ。『下妻物語』のテンションをそのままに、川尻松子の波乱万丈な生き様をつづる。様々な有名人30...
あ〜るの日記@ココログ  2006年06月30日(金) 0時25分
好評上映中の和製ミュージカル「嫌われ松子の一生」には、ボツになった幻の脚本があった。刑務所から出てきた恋人が、ずっと待っていた松子を振ってしまった後、自暴自棄になりながら山谷で働いていた時期のエピソードである。松子はその後、夜遊びをしていた中学生に注意...
再出発日記  2006年06月29日(木) 8時44分
嫌われ平社員。
石塚です。
BIGLOBE平社員ブログ  2006年06月29日(木) 2時53分
久しぶりに映画館に行き、嫌われ松子の一生を観た。

なんか中谷美紀のためにあるような映画ですね。
昔大好きだったけど最近はあんまり好きじゃなくなってたので
この映画でまた私の好きな中谷美紀に出会えて嬉しい。

他のキャストも豪華だけどそれでもやっぱ中谷...
雑食  2006年06月28日(水) 23時39分

【新宿ジョイシネマ】
昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になっ...
CINEMANIAX!  2006年06月28日(水) 20時29分
昨日久しぶりに映画を見に行った。     「嫌われ松子の一生」    理由はた
楽々主義  2006年06月28日(水) 17時29分
オフィシャルサイト → 嫌われ松子の一生

昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも?
日々映画三昧  2006年06月28日(水) 13時29分
壮絶な女の孤独な生涯の話らしい。これはかなり期待。 常に駄目男に引っかかってしまう女っていますよね・・・。不幸体質というのか。




来春公開される映画は「下妻物語」の中島哲也監督。映画化したいとすぐに思ったよう。
主演は中谷美紀さんで「『嫌われ松...
主婦の秘め事  2006年06月27日(火) 17時40分

 『 嫌われ松子の一生 』
 を見てきました


 お姫様みたいな人生に憧れつつも
 他人には不幸に思える人生を歩んで
 53歳、荒川の河川敷にて、死体で発見される
 川尻松子 ( 中谷美紀 ) のストーリー。
王様の耳はロバの耳  2006年06月27日(火) 10時26分
 映画『嫌われ松子の一生』は、
 @主人公・松子の堕ちっぷりが見事
 Aその松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!
 B宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス!
 ...
海から始まる!?  2006年06月27日(火) 5時28分
昨夜、話題の映画「嫌われ松子の一生」を見た。 仕事を定時で切り上げ、普段あまり足...
それでさ。  2006年06月27日(火) 1時11分
『下妻物語』の監督作。
極彩色でポップな画面と、CGいっぱいな画面が楽しい。

松子は教師になるも、不祥事で辞職。
家を飛び出して、作家志望の青年と同棲。青年自殺。
青年の友人の兼業小説家の愛人になるも振られ。
ソープ嬢になるものの、ヒモを殺して刑務所へ...
日々のキモチ  2006年06月27日(火) 0時49分
原作本を一昨日買って、上巻の真ん中へんまで読んでいたんですが、インタビュー記事満載という噂の映画のパンフレットが欲しくなってしまいました。それでパンフレットを買うついでに「嫌われ松子の一生」をもう一度レイトショーで見に行ってしまいました。先週見たときは...
きまぐれぶろぐ  2006年06月27日(火) 0時40分
『下妻物語』『チーム★アメリカ/ワールドポリス』と今年のダービー予想のように的確な推奨をしてくれるPOG仲間が『嫌われ松子の一生』を観ておけというので、夕食を済ませてから近所のシネコンへ。 観る側に考
時流を聴く  2006年06月27日(火) 0時21分
先日、ひょんなことから映画「嫌われ松子の一生」を見る機会を得た。なんの予備知識もなく、またどのようなものなのか全く知らなかったが、見終えて感心してしまった。

日本人らしい家族の心の行き違いにはじまり、一途な恋愛と裏切りの繰り返しの果ての人間不信、精神...
吉岡鍼灸院 ブログ版公式サイト  2006年06月27日(火) 0時15分
感動度[:ハート:][:ハート:]   5/27公開       公式サイト(壁紙、特別映像あり)
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]
泣き度[:悲しい:][:悲しい:]
衝撃度[:!:][:!:][:!:]
映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:][:結晶:]
満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]


【...
アンディの日記 シネマ版  2006年06月26日(月) 22時34分
フォレスト・ガンプ ゴミおばさんバージョン。
終わりの方、泣けたんですが松子に共感とかでなく演出に泣かされたと言うか。なんせただひたすら不幸な松子の人生を説明してるだけでストーリーがないため、いまいちな印象だったんだけど小説が暗くて湿っぽいものと知り、...
ex-青いblog  2006年06月26日(月) 18時50分
盛りだくさんの内容でした。
いろんな角度から楽しめる映画で、DVD欲しくなっちゃいました。
パンフレットを買ったのも久しぶりだな〜。
邦画ってすごいことになってきてるな〜。
王様の耳はロバのママ  2006年06月26日(月) 17時42分
近年の邦画界で屈指の傑作、『下妻物語』の中島哲也監督の最新作、
『嫌われ松子の一生』を観てまいりました。
壮絶なまでに不幸な人生を歩む川尻松子の生涯を、
しかし明るく前向きに、ミュージカルシーンをまじえて描く異色作です。

まあ、ここ数ヶ月の公開前の話...
ginpeichanの映画日記。  2006年06月26日(月) 16時13分
嫌われ松子の一生@TFMホール

「♪ま〜げて〜のばして〜おほしさまをつかもう〜♪」」

予告では悲惨なストーリーにカラフルな映像、派手な音楽・・・まさか泣かされるとは思ってなかったです。主演の中谷さんは監督と大バトルだったそうで・・・エロとか汚れ役と...
駒吉の日記  2006年06月26日(月) 14時33分
今日は、お友だちさんと映画デートしてきました。
映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。
★☆★Suppin Girl★☆★  2006年06月26日(月) 10時54分
映画館に足を運ぶのはほぼ一ヶ月ぶり。
久々のレディースデー、何を見ようかと前日にスケジュールをチェックし、インターネット先取り予約をする。
これで当日はチケット売り場に並ばなくても自動発券機でOK。

選んだのは『嫌われ松子の一生』。
時々、どうしても...
閑遊閑吟   2006年06月26日(月) 7時44分
「嫌われ松子の一生」観て来ました。

中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之
市川美日子、黒沢あすか、柄本明
ゴリ、竹山隆範、劇団ひとり、荒川良々、
柴崎コウ、宮藤管九郎、谷原章介、武田真治
谷中敦(スカパラ)、BONNIE PINK、木村カエラ、AI


原作とは...
ENTERTAINMENT  2006年06月26日(月) 1時10分
「嫌われ松子の一生(上・下)山田宗樹」読みました。

山田宗樹の作品は初めて読みました。映画化されていなかったら、まず読んでないと思います。読んだきっかけは、文庫本の帯に「嫌われてもいい・・・松子を演じることができるなら。私は松子を演じるために女優とい...
ENTERTAINMENT  2006年06月26日(月) 1時08分
表面の明るさとは対極的に、皮肉で切ないミュージカル映画。 CMで培った映像表現を生かし、シュールな笑いを提供してきた中島哲也監督ですが、今回は重く悲しい話を笑いによって対極的に表現した、とても切ない話です。今までひたすら明るくて楽しかった同監督作品が新し...
Notes @ opus77.net  2006年06月26日(月) 1時06分
「不幸って何?」
監督:中島哲也
原作:山田宗樹
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、市川実日子、黒沢あすか、ゴリ、武田真治、荒川良々、劇団ひとり、マギー、谷原章介、竹山隆範、甲本雅裕、片平なぎさ、他
公式HP:http://kiraware.goo.ne.jp/
鑑賞:TOHO Cinem...
きょうのあしあと  2006年06月26日(月) 0時26分
いや~、わかってはいたんですが、 なんともはや極彩色のケバイ映像にこれでもかと 花が咲き、鳥が飛び、、蝶が舞い、彼女は歌い踊る。 でも「なんで?!」の連続する転落人生は 映像の華やかさとは真逆に地獄へと転がり落ちていく。 彼女の人生を、彼女のしたことを肯定...
ペパーミントの魔術師  2006年06月25日(日) 22時41分


これはスゴイ傑作でした。期待以上に圧倒されましたよ。
「下妻物語」の中島哲也監督の新作。
全編派手な演出で、テンポが速くて、
スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに
ちゃんと芯の通った部分があるのは前作に共通する部分。
主演の中谷美紀も、語り...
It's a Wonderful Life  2006年06月25日(日) 17時50分
『下妻物語』でその名を知らしめた中島哲也監督の新作『嫌われ松子の一生』。5月27日いよいよ公開! これ必見!!
嫌われ松子の一生

最高に不運で不憫で不器用な女、川尻松子の一生を紐解くお話。親の愛を得るために心を砕くも受け入れられない。教師になって生徒をか...
APRIL FOOLS  2006年06月25日(日) 14時04分


☆☆☆−− (5段階評価で 3)
5月27日(土) シネ・リーブル神戸シネマ1 にて 12:55の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2006年06月25日(日) 10時44分
鮮やかな色彩のド派手な美術、 かっこいい音楽にのせたミュージッククリップのような映像。 一歩間違えば、悪のりのおバカ映画になりそうだが、 細部まで徹底的にこだわった演出と中谷美紀の確かな演技で、 とても完成度の高い作品に仕上がっている。
Take it Easy  2006年06月25日(日) 8時50分
・・・凄まじい愛・・・ しかし共感しまくりです。松子が刑務所に入ったあたりから・・・自然と涙が止まらなかったなあ。
エリ好み★  2006年06月25日(日) 2時46分
阪本順治監督の『顔』をちょっと思い出した。『顔』も、福田和子をモデルにした引きこもりだった女(福田和子と引きこもりとを結び付ける発想には驚いたが)という三面記事的な話をユニークな映画にしていてあっと思わせたが、中島哲也監督の『嫌われ松子の一生』も、三面...
地球が回ればフィルムも回る  2006年06月25日(日) 1時34分
私のことをよく理解してくれている
と、思われる男性おふたりに、

「嫌われ松子の一生」
を見たら?と
同時期に薦められました。

あまりに気になって観に行って、

ぐぅ。

あんなにポップにファンタジックに描いているのに、
泣いた泣いた。堕ちていくス...
占いはいつも”大器晩成”  2006年06月25日(日) 0時35分
松子(中谷美紀)の人生を客観的に眺めれば、不幸とか悲惨とか、そういう言葉が思い浮かぶかもしれない。しかし、彼女はいつも楽しい歌を口ずさんでいて、彼女の意識の中ではかわいらしい色とりどりの花々が咲き誇っている。ろ
Kinetic Vision  2006年06月25日(日) 0時22分
★★★☆中学校の教師をやっていた松子、ある事件から退職、男をとっかえひっかえ果
mimiaエーガ日記  2006年06月24日(土) 23時23分

監督:中島哲也 
CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他


平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷で遺体となって発見された。松子のことを知らない笙は仕方なく...
*Sweet Days*  ~movie,music etc...~  2006年06月24日(土) 22時22分
山田宗樹の同名ベストセラー小説を映画化。
脚本と監督は、中島哲也。音楽は、ガブリエル・ロベルトと渋谷毅。出演は、中谷美紀、瑛太他。
久々に良い映画を観せていただきました。素直な感想です。

脚本監督の中島哲也氏の手腕に大拍手です。
脚本構成、音楽、進行...
ポビーの日記  2006年06月24日(土) 22時19分
 正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。
よしなしごと  2006年06月24日(土) 22時01分

人に嫌われるのには、嫌われるなりの理由がある。
肝心なのはその理由を自分でどう受け止めるかだ。
プライドが高いクセに、コンプレックス全開の人間は、
自分が人に嫌われたという事実を認めたくないから嫌う相手を逆恨みするし、
かと思えば、人を恨みはしないけ...
27日に公開された

「嫌われ松子の一生」(PG?12)を鑑賞した。

この作品は昭和22年(1947年)

福岡県大野島生まれの川尻松子の

波乱万丈の一生を描いた作品である。

これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性が

それでも男たちを愛してやまな...
空仰ぎ 曲げて伸ばして 星になる 


 そういえば、「無法松の一生」ってありましたね。それが何って、別に何でもないけど。
 この映画、「おもろいやんけ、でも、ちと浅いかなあ」タイプと「つまんねえけど何かぐっと感じるんだよね」タイプと、そんな狭間を行っ...
空想俳人日記  2006年06月24日(土) 21時25分
かなり、映画感想アップしてないのがあるんですけど…。
(約5作品あげてないw)
先に舞台挨拶付きで観せて頂いたし、
大好きな中谷美紀さん主演の映画なので
感謝(宣伝?)の意味も込めてこちらを!(笑)



「嫌われ松子の一生」2006年公開・邦画・PG-12指定...
きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/  2006年06月24日(土) 21時12分
昨日の1本は「嫌われ松子の一生」 映画の予告を随分前から観ていたので、気になって
HIROMIC WORLD  2006年06月24日(土) 21時03分


嫌われ松子の一生 (2006/日)
Memories of Matsuko
Kozmic Blues by TM  2006年06月24日(土) 18時53分
最近邦画ばかり見ているなあ〜。これは先週見たんですけどね。今日は『花よりもなお』見て来たし、これから見たいと思うものも『デスノート』や『TORCK2』等、邦画が多いんですよね〜〜。この『嫌われ松子の一生』の原作は、文庫本(上・下)で読みました。私としては、『...
ぷち てんてん  2006年06月24日(土) 17時45分
笑いあり歌あり涙あり、これは感動の一大巨編だ
「人に何をしてもらったがでなく、人に何をしてあげたたが大切だ」
松子の付き合う男は、皆癖のある悪い男たちばかり
しかし、松子は全身全霊男たちを愛するが、やがて男たちは
松子を裏切ってばかり…
闇に歌えば  2006年06月24日(土) 17時03分


“生れて、すみません。”

松子の一生は、駆け足のように足早に・・・
・・・その中で人を愛し・・・
・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。

その松子の人生に、私は・・・

涙がでました!

“意気消沈”している日本映画において、こんなにも“エネルギッ...
UkiUkiれいんぼーデイ  2006年06月24日(土) 15時41分
《嫌われ松子の一生》 2006年 日本映画 - 英題 −MEMORIES OF
Diarydiary!  2006年06月24日(土) 13時21分
嫌われ松子の一生 [◆◆◆◆◆◆6/6] ○2006日本/130min/ 東宝 ○コメディ/ドラマ/ロマンス/公開2006/05/27 ○イントロダクション あるきっかけで教師を辞めることになった川尻松子。父親からの愛の減少感がトラウマとなり、一途で不器用な性格とあいまって、その...
Big Screen  2006年06月24日(土) 12時58分
ま〜げて♪伸ばして〜 お星様をつかもう♪
冒頭とラストでこの曲の思い入れ度がこんなに変化するなんて思わなかったなぁ
音楽の使い方とテンポのよさ、ファンタジックにデフォルメされた映像に
『ムーラン・ルージュ』を連想しちゃったのは猫でした(笑)
今日の映画...
黒猫のうたた寝  2006年06月24日(土) 11時12分
いろんな人が多彩に出てきて。
いろんな人の人生と角度から見た松子が出てきて。
んで家族や神や堕落した人生やそれぞれの理由や。
んでかなりのお笑い。
中谷美紀が綺麗過ぎるからいいのか。
最近の子供を殺した人もそうだが。
男が居ないと生きていけない女は
何...
物欲日記  2006年06月24日(土) 11時06分
ずいぶん前、5/30に「嫌われ松子の一生」を観てきました。 山田 宗樹の壮絶な原
Black Pepper's Blog  2006年06月24日(土) 10時10分


「嫌われ松子の一生」
MEMORIES OF MATSUKO

評価 ★★★★☆
(原作チェック済み評価・★★☆☆☆)


『あらすじ』

 親元を遠く離れ東京で独り暮らしをする笙。恋人に愛想尽かされ、目指していたハズのミュージ
シャンとゆー夢も諦め...
何を書くんだろー  2006年06月24日(土) 9時58分
『下妻物語』が大好きなので、早速見てきました。 すごい!中島ワールド炸裂です。 オープニングからコテコテしていて、 ついていけるかちょっと不安になるくらい激しかったです。 でも、見ていたらすぐに、こっちもノリノリになってきちゃった。 『下妻』は、大いに笑...
まるっと映画話  2006年06月24日(土) 9時30分
楽天日記のリンク先、吉祥寺自由業日記でも絶賛されているが、

映画「嫌われ松子の一生」(中島哲也監督)
http://plaza.rakuten.co.jp/kitijoujitakuya/diary/200606060000/


(1)映像がすごい(映画「嫌松」その2)
http://plaza.rakuten.co.jp/kitijoujit...
パートナーさがし日記 本命編  2006年06月24日(土) 9時29分
「嫌われ松子の一生」TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7で鑑賞

2時間サスペンスの女王 片平なぎさ

何とも…、こんな映画初めて見ました。映画をを見る前にスポーツクラブにいてバイクをこぎながらぼおーーっとTVを見ていたらちょうどこの作品のメイキングを...
てんびんthe LIFE  2006年06月24日(土) 8時14分
そんなこと・・・
言われなくたって〜っっっ
とっくに・・・痛いくらい・・・わかりすぎてるくらい
わかってるも〜ん


本当に本当に本当に
原作読んでいなかった
HPもチラっと観たけれども・・・
そんなの・・・毎日・・・チャングムのHPの掲示
見るのが・...
★ただの日記★  2006年06月24日(土) 7時01分
今日嫌われ松子の一生を観てきました。
車で20分くらいのところにシネコンがあるんですが、今まで行ったことなくて始めて行きました。
意外にも混んでいて驚き!(郊外なのに。。。)

前作下妻物語も面白かったので期待していたのですが、期待通り面白かった。

普...
☆青*空*日*記☆  2006年06月24日(土) 6時39分
山田宗樹原作の奇想天外な女の一生を描いた同名小説を映画化した作品。
出演は中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、榊英雄、谷原章介、甲本雅裕、宮藤官九郎、劇団ひとり、BONNIE...
Imagination From The Other Side  2006年06月24日(土) 6時28分
「嫌われ松子の一生」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九朗、劇団ひとり、谷中敦、BONNIE PI...
映画レビュー トラックバックセンター  2006年06月24日(土) 3時21分

[映画・カ行] 嫌われ松子の一生
今回の映画は、「嫌われ松子の一生」です。この作品の映画公開にちなんで、「嫌われ松子の一生」の作品紹介について書いてみました。
(この映画レビューは、本家サイト「やわらか映画?おすすめDVD?」からの転載です。また、「やわらか映...
映画「嫌われ松子の一生」観賞下妻物語級に笑えるかと思っていたら、意外とそうでもなかったですね。とにかく悲惨な人生に彩られた松子の一生。「これでもか」と見せつけてくれました。それにしても、中谷美紀ちゃんの体当たり演技がナイス。よくまぁ、あれだけの波瀾万丈
Barbarossa Blog  2006年06月24日(土) 1時46分
  
  
  
嫌われ松子の一生(2006年、東宝)
http://kiraware.goo.ne.jp/

監督・脚本:中島哲也  原作:山田宗樹
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、他
  
  
  
昭和22年・福岡県大野島生まれ
ライターへの道。女32歳の挑戦。  2006年06月24日(土) 1時23分


映画 「嫌われ松子の一生」 を観ました。
ようこそMr.G  2006年06月24日(土) 0時59分
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分!
試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/}
面白かった?{/onpu/} {/onpu/}
長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/}

原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。

嶽本野ばら原作のハイパーパ...
我想一個人映画美的女人blog  2006年06月24日(土) 0時52分
本日、仕事前に劇場にて鑑賞

ブラボ〜!!

と拍手をしたかったくらい良かった!!
(一人でやる勇気はありません。。。)

前評判も高いし、
下妻物語の中島哲也監督作品だし、
予想を遙かに上回り素晴らしかった。

ストーリーや脚本、演出も素晴らしかったが
ドリアンいいたい放題  2006年06月24日(土) 0時48分
この映画は見なきゃ後悔する。中谷美紀渾身の一本。 好きだったバンドもやめて、彼女にもふられたショウ(瑛太)。 何もする気がなくて家で寝ていたら、枕元におやじが立っていた。 びっくりして飛び起きた。何しに来たって聞いたら、おばさんが死んで葬式出すために...
気ままに映画日記☆  2006年06月24日(土) 0時41分
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。

体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪して...
文学な?ブログ  2006年06月24日(土) 0時37分
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。

体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪して...
文学な?ブログ  2006年06月24日(土) 0時37分
{{{   ***STORY***             2006年   日本
昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて...
Cartouche  2006年06月24日(土) 0時08分


そもそもタイトルのインパクトが強烈なのですが、
公開前の数ヶ月間、映画館で上映された予告編の、
極彩色でミュージカル仕立ての華やかな映像もまた、
インパクトがありました。
さらに、”タイトル”と”予告編が醸し出すイメージ”
のギャップも。
日本CM界屈指の...
はなこのアンテナ  2006年06月24日(土) 0時07分

【監督】中島哲也
【出演】中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/他
【公開日】2006/5.27
【製作】日本

【ストーリー】
昭和22年。福岡県に生まれた川尻松子は、お姫様のような人生を?
シネマをぶった斬りっ!!  2006年06月23日(金) 23時59分
こんばんわ。愛するよりも愛されたい男、徐新です。



はい、昨日『嫌われ松子の一生』観て来たので感想です。

ぶっちゃけ、可も不可も無くって感じです。

いや、面白かったんですよ、普通に。
歌もあって、笑いもあって感動もあって娯楽作としては完成品でし...
★とても不思議な作品でした。原作はずっと、読むのを我慢していたので映画を観たこ
空の「一期一会」  2006年06月23日(金) 23時49分
映画化が決まった頃に本を買おうか悩んだけど、長いのと暗〜い話そうだったので敬遠してました。そしたら、あの予告編、「本当にあの本なの?!」という疑問が渦巻き、観たくて、うずうずしてましたよ。さらに同じく中島哲也監督の「下妻物語」は全く興味なかったけど、先日...
the borderland   2006年06月23日(金) 23時32分
『嫌われ松子の一生』試写。 終盤からラストまで、涙が止まらなくなりました。 何故なのか? 自分でもわからないほどに。 松子は、女の子なら誰もが持っている感情の固まりで、その行く末も、哀しいけれど、誰でも行きつく先なのです。 少女の頃は、誰でも白馬の王子様を...
試写会帰りに  2006年06月23日(金) 23時26分
BJ「男運に恵まれず、怒涛(どとう)の転落人生を一直線にすべり落ちる、ある女の人生を描いた、娯楽快作」
ノーマ「ん、娯楽快作?」
「快作というのが、ふさわしいね。決して、大作じゃないよ」
「監督が、『下妻物語』の中島哲?
或る日の出来事  2006年06月23日(金) 23時09分
不幸って何?

公式サイト


【ストーリー】
昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転
PM5:00*OLサンの放課後日記  2006年06月23日(金) 23時07分
『下妻物語』が大好きだったので、これは絶対観なくてはということで。 嫌われ松子の
勝手にコピーライター宣言  2006年06月23日(金) 22時11分
「嫌われ松子の一生」
「下妻物語」は、
嶽本野ばらの小説の面白さと、中島哲也監督の映像センスの相乗効果で、
最近ではもっとも好きな作品である。
中島監督の最新作ということで、当然のことながら期待して、
公開初日に劇場に足を運んだが、
「下妻」に比べると...
わたしの見た(モノ)  2006年06月23日(金) 22時10分
中島哲也監督の映画「嫌われ松子の一生」を観て参りました。
 先に原作の小説(山田宗樹)を読んでいたので、それと比較しながら感想を書いてみます。


 先に映画版の印象を言っておくと、慈愛に満ちた作品でした。実はそこ?
眠い犬  2006年06月23日(金) 22時07分
何と言ってもキャストが豪華。 さらに『下妻物語』 の中島哲也がメガホンをとった作
シネマ坊主(女)  2006年06月23日(金) 22時05分
「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画。永遠の1位です。未だに観ていないなどと言う不届き者は、日本にはもう居ないと思いますが、万が一観てない場合は今すぐレンタル屋にダッシュして観るべし!

その終身名誉映画を撮った、終身名誉監督の作品...
欧風  2006年06月23日(金) 22時01分
「嫌われ松子の一生」 製作:2006年、日本 130分 PG-12指定 監督:中
映画通の部屋  2006年06月23日(金) 21時57分
いやぁー、なんと波乱万丈で壮絶な一生だったことか。笑っていいのか、泣いたほうがいいのが、とにかく忙しかった。人生の転落と挫折から再浮上まで、いったい何度繰り返したことだろう?松子は「不撓不屈の精神の持ち主」と呼んで差し支えないと思う。あの
たいむのひとりごと  2006年06月23日(金) 21時54分
夕方からちょこっと映画館へ。『嫌われ松子の一生』を観に。 数えきれないくらいの色
haljion_blog  2006年06月23日(金) 21時48分
そりゃまあ人生いろいろ、とは言う、ワケですが。
あまりにも悲惨だと本人は麻痺するのか、周りが見るほど不幸でもないのか?
・・・・今日は午後を有休にして、「嫌われ松子の一生」を見に行きました。・・混んでましたなあ^_^; 
前作で、めちゃ面白かった『下妻物語』...
椿的濃縮タマシイ  2006年06月23日(金) 21時48分
 嫌われ松子の一生
 千葉県の日ということで学生が800円だった15日。レイトショーが組まれていないこの作品を見に行った。いやートリッキーだね。トリッキー。主人公も『下妻』よりトリッキーだった。兎も角、この主人公が中学教師を解雇されるに至った経緯も凄い...
woody経済新聞  2006年06月23日(金) 21時40分
ずっと楽しみにしてた「下妻物語」の監督の新作だ。面白くないわけなかろう。公開初日、レイトで観てきた。
まさに、下り坂を転げ落ちる人生。こんなに暗い話だとは、思っていませんでした。予告編はミュージカル仕立ての下妻物語風だったので、軽めに楽しむつもりだったのですが・・・

skywave blog  2006年06月23日(金) 21時14分
嫌われ松子の一生山田 宗樹幻冬舎2003-01by G-Tools
三十年前、松子二十四歳。教職を追われ、故郷から失踪した夏。その時から最期まで転落し続けた彼女が求めたものとは?一人の女性の生涯を通して炙り出される愛と人生の光と影。
こんなに重たく救いようのない話しとは...
ひなたでゆるり  2006年06月23日(金) 20時36分
とことん男運が悪く坂道を猛スピードで転がり落ちていく女性の一生を描いた映画、「嫌
トミーのエンタメ日記  2006年06月23日(金) 20時31分
☆☆☆☆・


 九州から上京し二年目の夏を迎えた大学生・川尻笙は、
 突然の父の訪問で三十年以上前に失踪した伯母・松子の存在と、
 その彼女が最近東京で何者かに殺されたことを知る。
 松子の部屋の後始末を頼まれた笙は、
+++ こんな一冊 +++  2006年06月23日(金) 19時11分
嫌われ松子の一生山田 宗樹 幻冬舎 2003-01
三十年以上前に失踪し、最近になって殺された松子という女性。殺されるまでその存在すら知らなかった松子の生涯を、甥である大学生・川尻笙は興味本位から調べ始めます。そこで明らかになった彼女の凄まじい人生とは…。

...
+ ChiekoaLibrary +  2006年06月23日(金) 18時39分
2006年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf