「リトルランナー」奇跡は信じる者に贈られる

2006年04月09日(日) 23時10分
「リトルランナー」★★★
アダム・ブッチャー、キャンベル・スコット主演
マイケル・マッゴーワン監督、2004年カナダ

奇跡を信じて走る少年の姿。

ラストはわかっていても
こういうい映画を時々見たくなる。
ぐっと胸にくる暖かいものを
映画館の暗闇の中で
心の揺れに任せてその時間を楽しむのだ。

「奇跡」は誰にも等しく訪れるというものではない。
殆どの人には起こらないものだ。
でもきっと「奇跡」に近いことが起こることを信じて
自分の力の限りを尽くすのだ。

最近そんなふうに力を尽くして何かを
成し遂げたことあったかなと考える。

生ぬるいことしてるんだなと
気がつく。
ギリギリの状態まで追い込んでまで
欲しい何かがあるのか、
かつては確かにあった。

でも今は。

そして感じることがある、それは不幸なことなのか、
いや、そうでもないなと。

かつて達成感を感じた、確かに感じたのなら
それは力になる、
もうギラギラしたような飢餓感は遠い、
でも信じている、何かあれば必ず何とかしてみるぞと。

そしてちょっと思う、ホントに出来るかなと。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中
全然違う意見も是非TBで知らせてください。
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/484
トラックバック
トラックバックURL:
日記:2007年は4月某日 映画「リトル・ランナー」を見る. 2004年.監督:マイケル・マッゴーワン. アダム・ブッチャー,キャンベル・スコット,ゴードン・ピンセント,タマラ・ホープ,ジェニファー・
なんか飲みたい  2007年04月28日(土) 21時19分
昔「リトル・ダンサー
」と言う映画があったので、そんな感じかなあ、と思ってましたが・・・
原題は「Saint Ralph」。なるほど!「聖人ラルフ」なわけですね。
まあ、キリスト教が良く分からない多くの日本人にとっては、訳しにくい原題ではありますが、リトル・ラン...
no movie no life  2006年06月12日(月) 20時43分
本日の1本目は「リトル・ランナー」 1953年カナダのカトリック学校に通うラルフ
HIROMIC WORLD  2006年04月21日(金) 23時16分
しめっぽくないのがいい。すがすがしい感動。
不屈のユーモアにスポ根プラス信仰、愛、希望の力あり。

1953年、カナダのハミルトン。カトリックの私立校に通う14歳の問題児のラルフは、病気で昏睡状態に陥ってしまった母のために奇蹟を起こそうとボストンマラソン参加...
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY  2006年04月18日(火) 12時29分
キャッチが「奇跡なんて、起こしてみせる!」ですよ。これだけで男の子の健気さが「ぐっ」ときます。奇跡でも起きないかぎり目覚めないと宣告された母のため、ボストンマラソンに最年少で出場し、「優勝」を目指すというお話。それがまた純粋無垢な少年とは違って、厳格な...
○○をアレしちゃいました  2006年04月18日(火) 1時17分
原題:SaintRalph(カナダ)公式HP上映時間:98分監督・脚本:マイケル・マッゴーワン出演:アダム・ブッチャー(ラルフ・ウォーカー)、キャンベル・スコット(ヒバート神父)、ジェニファー・ティリー(看護師アリス)、ゴードン・ピンセント(校長)、タマラ・ホープ(...
KINTYRE’SPARADISE  2006年04月15日(土) 1時19分
リトルランナー公開中ストーリー ☆☆映画の作り方☆☆総合評価  ☆☆ ストーリー
シネマ de ぽん!  2006年04月13日(木) 22時24分
北九州では公開が4月ということですが、私に都合のいい上映時間でやるかどうかもわかんないので、一足早く福岡で見てきましたーー!


<b><font color=#ff3366><font size=6>「僕が奇跡を起こす!」</b></font></font>

1,950...
専業主婦のおきらく生活  2006年04月12日(水) 1時19分
日曜日の夕方、渋谷のル・シネマへ。 渋谷の文化村の中にあって、日曜日の最終回は1...
magicmagazine blog  2006年04月11日(火) 23時53分
 今日は単館系映画リトルランナーを見てきました。バトルランナーとは1文字しか違いませんが、全く違います。チケットを買う時に「リトルダンサー、大人1枚。」と言ってしまいましたが、これも違います。リトルランナーです。はい。
よしなしごと  2006年04月10日(月) 22時32分
『リトルランナー』を観ました。
奇跡を信じて、ただひたむきに走る少年の姿に、胸を打たれました。
とてもいい映画でした。
老人と子供の映画には、はずれはやっぱり少ないですね!(笑)

1953年、カナダのハミルトン。カトリックの私立学校に通うラルフは、戦争で...
ロッタのひなたぼっこ  2006年04月10日(月) 19時55分
「爆泣・・・。オレ、この手の映画にほんとうに弱いな。」 「昏睡状態のお母さんは奇跡でも起きなければ目覚めない」⇒「14歳の少年が世界最高峰のボストンマラソンで優勝するのは奇跡だ」⇒「もし優勝したら奇跡が起きてお母さんの目が覚める」という図式で少年がマラ..
えいがのススメ  2006年04月10日(月) 19時04分
サンタから もらえなくなって 幾歳月 

  
 ああ、なんだか、かったるいなあ。あれとこれと、しなければいけないけど、面倒臭いなあ。あれは仕事だから、ま、仕方がないけど、これはプライベートだから別にパスしてもいいだろうねえ。
 早い朝、布団の中で目を...
空想俳人日記  2006年04月10日(月) 9時56分
jesterは走ってる人を見ると、なんか嗚咽がこみ上げてきてしまう、という奇癖の持ち主デス。 マラソンはもちろん、中学校とかの徒競走でも、必死で走る姿は美しい! というわけで、予告編を見てた時点でもう泣いていた「リトル・ランナー」ですが、実際映画を見てみると...
JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD  2006年04月10日(月) 8時15分
【ストーリー】
学校では、ちょっとか弱い系の14才の男の子。
時にはいじめられたり、女の子にちょっかいだしたりしている、ごく平凡な生活。
でも、いたずら好きで、校則違反で校
myu's Life  2006年04月10日(月) 8時13分
アダム・ブッチャー主演 カナダ映画



1954年 カナダ・オンタリオ州ハミルトン
私立中学3年生のラルフ・ウォーカーは何処にでもいそうな少年
校内で喫煙をするは、女子の更衣室は覗き見するは
ちょっと世の中を斜に見る問題児 思春期をまるだしの男の子なのです

ラル...
travelyuu とらべるゆう MOVIE  2006年04月09日(日) 23時21分
2006年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf