「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代

2005年11月27日(日) 1時10分
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★
堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演
山崎貴監督、2005年

予告編を見た時、
「この映画はやめよう」と
思っていた。

「泣き」の映画の
あざとさのようなものを
嗅ぎ取ったからだ。

で、映画館の暗闇で上映開始を待つ。
やっぱ、見てるんじゃん。


泣いた。
心の中で父や母にありがとうと何度かつぶやいた。

映画の中に、ウエットな大多数の日本人の心を
揺らすキーワードがいくつも散りばめられていて、
時々胸の奥の柔らかい部分を刺激する。

この映画は舞台の演劇を見ているようで
大げさな演技と、ベタな笑い、
でも冷めた目でなんて見ることは出来ない。

夢を語り、人とのつながりを真面目に
子や家族に話していた時代、
それはカッコイイこととかカッコワルイこととか
そんなことでなく、ごく当たり前のことだったのだ。

今は人は夢は語らない。
叶わない夢は追わない。

手が届きそうなことを「夢」と呼び、
誰もがほしがる物を同じように追っている。

町の隅々までに熱気が溢れた様子が
映画でもよく表現できていて、
それがこの映画にリアルを与えている。

同じような毎日を時として否定的に考えることがある。
でもこの毎日を、与えてもらったことに
感謝さえしていない。

貧しいとか豊かだとか
もうどんな物差しでも計れない。
他人がどう思おうと構わない、
そこには何も確かなものはない。

そう思いながらも、この映画で描かれる時代の空気は
どうだろうか、濃密で暖かだ。
悪いものは悪い、良いものは良い、
もうたぶん戻れない郷愁に涙を流すが
そこに自分の求めるものはない。

画面いっぱいの美しい夕日を見て
心の底から湧き上がる、力を感じながら
この高揚する心の暖かさはきっと変わらないのだろうなと。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

★久し振りに映画を作る熱い心を感じた映画。
この調子で、心に響く映画をよろしく。

★「貧しいけれど、心は豊かだった」等の記述を見かけるが
それはどうかな、やはり心も貧しい人はいつの時代も変わらない。
昔ばかりが良いようなコピーには、違和感を覚える。

今を生きているものとして、今が最高と書きたいね。

  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/357
トラックバック
トラックバックURL:
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。
前作が大好きな妻と一緒です。
前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。
このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、)
山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...
アートの片隅で  2007年11月02日(金) 18時04分
こんにちわ。 タテコです。 『三丁目が帰ってきます!』 ALWAYS続・三丁目の...
タテコのenjoyエンタメ日記  2007年10月26日(金) 22時32分
監督:山崎貴
脚色:山崎貴、古沢良太
原作:西岸良平
プロデューサー:安藤親広、高橋望、守屋圭一郎
アソシエイト・プロデューサー:小出真佐樹、門屋大輔、沢辺伸政
撮影:柴崎幸三
音楽:佐藤直紀
美術:上條安里
編集:宮島竜治
衣装(デザイン):水島愛...
風に吹かれて-Blowin' in the Wind-  2007年07月12日(木) 18時22分

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版(2005/日本)

昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子...
みかんのReading Diary♪  2006年12月24日(日) 23時35分
評判いいですね、この映画。
観よう観ようと思っていると、TVで放映。
ラッキー。(^^)

昭和33年の東京。
短気だが情の厚い則文が営む小さな町工場に
青森から集団就職で六子がやってくる。
向かいの駄菓子屋の茶川は、
芥川賞の選考に残った経験がありながら...
映画、言いたい放題!  2006年12月05日(火) 0時23分
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。彼はひ...
取手物語〜取手より愛をこめて  2006年12月05日(火) 0時05分
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版西岸良平 山崎貴 吉岡秀隆 バップ 2006-06-09売り上げランキング : 28おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools
おススメ度★★★★★

期待したとおり良い映画でした。

映画館でもなく、DVDでもなく、テレビを録画して今日初め...
成功者への道 powered by jugem  2006年12月02日(土) 19時05分
今週の北部九州はずっといい天気{/kaeru_fine/}みたい。職場には窓が無いんですけどね{/face_ase1/}
ブログに記事と一緒に天気を書いてて思うことは「いい天気{/fine_sim/}」の割合って多いんだなぁということ。
あんまり雨マーク使った記憶ないですもんねぇ。

最近はた...
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画  2006年12月02日(土) 9時19分
東京タワーが建設中だった昭和33年の下町を舞台にした心温まるヒューマンドラマ。
かんべえの別館・DVD映画レビュー  2006年10月31日(火) 12時31分
A+  面白い
A     ↑
A?
B+
B    普通
B?
C+
C     ↓
C?  つまらない

『評価』 
A-
(演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40)

『評論』
あれ?
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!  2006年10月25日(水) 10時08分
これは昭和33年、建設中の東京タワーを望む下町・夕日町三丁目の物語。六子(堀北真紀)は集団就職で上京して来たが、就職先は小さな自動車修理工場“鈴木オート"。立派な会社を想像していた六子は失望してしまう。一方で、鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営む小説家...
ルーピーQの活動日記  2006年10月18日(水) 0時35分
ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版
第29回 日本アカデミー賞 最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞 他授賞

CAST:吉岡秀隆、小雪、堤真一 他

東京タワーが完成する昭和33年、東京。小さな町工場の鈴木オートやその向かいに住む貧乏小説家の茶川(吉岡秀...
**Sweet Days**  2006年09月26日(火) 12時17分


●ALWAYS 三丁目の夕日●
●原作;西岸良平
●監督;山崎貴
●出演:;吉岡秀隆/須賀健太/堤真一/薬師丸ひろこ/小清水一輝./小雪/堀北真希/もたいまさこ
●2005年11月5日公開/133 分

 新作3泊4日レンタルになったので、レンタルにて鑑賞。
 昨年の映画各賞を...
活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世  2006年09月21日(木) 8時38分
ALWAYS三丁目の夕日応援委員会(http://www.geocities.jp/always3chome/)委員長です。

今まで更新情報に使っておりましたジオログの使い勝手が悪く、また検索エンジンでもまるでヒットしないため、本日よりこちらのgooブログに引っ越しました。

DVD発売後一ヶ月が過ぎ...
『お前と俺は縁もゆかりもないんだぞ〜』
may☆flower's style  2006年07月12日(水) 18時41分
[:テレビジョン:]かなりご家庭シアター向きなALWAYS、「ザ・昭和[:日の出:]」です

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版西岸良平 山崎貴 吉岡秀隆 バップ 2006-06-09売り上げランキング : 39Amazonで詳しく見るby G-Tools

人っていいなぁ、家族っていいなぁ?[:ニコニコ...
ムーパラ控え室から・・・  2006年07月11日(火) 0時45分
[:テレビジョン:]かなりご家庭シアター向きなALWAYS、「ザ・昭和[:日の出:]」です

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版西岸良平 山崎貴 吉岡秀隆 バップ 2006-06-09売り上げランキング : 39Amazonで詳しく見るby G-Tools

人っていいなぁ、家族っていいなぁ?[:ニコニコ...
ムーパラ控え室から・・・  2006年07月11日(火) 0時27分
『ALWAYS 三丁目の夕日』
この映画は東京タワーの完成を間近に控えた昭和33年、東京の下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れる物語です。笑いあり、涙あり、世代を超えて共感出来る古き良き日本を感じさせてくれる作品。駄菓子屋の店主でしがない小説家、茶川竜...
  2006年07月06日(木) 21時28分
6/9発売のDVDで、ALWAYS三丁目の夕日の面白さと感動を知った皆様も多いことだと思います。ただネット上には断片的な情報が多く、整理された総合情報が少ないため、私がホームページとしてまとめてみました。

深く考えず家族とぶらっと見に行ったのが、去年...

【story】
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、集団就職で六子(掘北真希)がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川(吉...
NOW☆MAY☆room〜まいのシネマノート  2006年06月30日(金) 23時17分
監督:山崎 貴 出演:堤 真一 薬師丸ひろ子 堀北真希 小清水一揮 吉岡秀隆 小雪 須賀健太 いやー、いい映画でした。 評判通りで、感動しました。 東京タワーが完成する昭和33年の東京下町を舞台にした 心温まるストーリー。 「テレビが家に来る」という事が町...
映画をガブリ  2006年06月18日(日) 18時13分
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10006060612


ALWAYS 三丁目の夕日

監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ ほか?





毎日、雨続き。
梅雨ですかね?
うっとうしいなぁ・・・。
なんとかならんですかね。
今週...
東京ミュービー日記  2006年06月16日(金) 23時19分
最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。

物語は、六子が田舎から集団就職のために上京してくるところか...
文学な?ブログ  2006年06月04日(日) 18時30分
ALWAYS 三丁目の夕日[posted with amazlet on 06...
ike design Mk-II  2006年05月31日(水) 10時55分
第29回日本アカデミー賞の最優秀作品賞などノミネートされた13部門のうち 12部門を受賞する快挙を達成した「ALWAYS 三丁目の夕日」。 原作は、西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」。(ビッグコミックオリジナル連載中) 連載開始から30年以上のシリーズ発行部数...
噂の情報屋  2006年05月27日(土) 20時06分
第29回日本アカデミー賞の最優秀作品賞などノミネートされた13部門のうち 12部門を受賞する快挙を達成した「ALWAYS 三丁目の夕日」。 原作は、西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」。(ビッグコミックオリジナル連載中) 連載開始から30年以上のシリーズ発行部数...
噂の情報屋  2006年05月27日(土) 20時02分
≪ストーリー≫
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に...
ナマケモノの穴  2006年03月09日(木) 23時37分
 
『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー!








47年後に、逢いましょう。

すべての日本人に贈る

夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!!

文部科学省選定作品

★スタッフ★

監督・脚本・VFX:山崎貴
脚本:古沢良太
音楽:佐藤直紀
主題歌:D-51 ...
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!  2006年02月09日(木) 6時00分
今年の秋の『泣ける邦画』としてあーちゃんが注目していた2本は不発…という事で今日はめっちゃ楽しみにしていきました。

{/kaeru_cry/}STORY オフィシャルサイト
昭和33年、東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目では個性豊かな住民たちが暮らしていました。...
ワンダーあーちゃん(*´∇`*)  2006年02月04日(土) 18時37分
ALWAYS三丁目の夕日やさしさと不器用さに泣けました第816回 1月25日 日本アカデミー賞優秀賞全部門受賞の「ALWAYS三丁目の夕日」を年末に観てきました。友人とふたりで観た久々の映画でした。 とにかく、人のやさしさと不器用さに泣けました。 昭和33年の東京...
気ままな日記  2006年02月04日(土) 8時33分
昨日はレディースデイということで、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て来ました。この映画調べたら、結構みんないい評価をしてんだよね~。 内容は昭和初期の日本でのほのぼのとした日常を描いているって感じで、今では考えられないけどもテレビが来るっていっては大騒...
ぷよにゃんの映画感想会  2006年01月26日(木) 22時40分
『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005 / 日本 / 山崎 貴) 『僕の恋、彼の秘密』(2004 / 台湾 / DJチェン) Text By 鮫島 サメ子  まったく脈絡のない組み合わせで申し訳ありませんが、まずは前者。日本中が感動しているらしいです。話題性や観客動員数はともかく、...
I N T R O+blog  2006年01月23日(月) 12時18分
『ALWAYS 三丁目の夕日』観ました

私が、まだ生まれる前の東京のお話。
なんだか、「8時だよ全員集合!」とか、「じゃりん子チエ」なんかを思い出しました

ストーリー「東京タワーが完成した、昭和33年の東京。夕日町三丁目は、いつもにぎやかな、まさに下町。短...
今日はどこへ行きましょうか  2006年01月19日(木) 17時21分
最近気になる日本の映画があります。題名は「Always/三丁目の夕日」。
原作は知る人ぞ知るに西岸良平さんですが、昭和30年代の日本を舞台としていると言う事で、、色んな意味で観たいと思っています。
年を取ったのでしょうか、近所の空き地で遊んだ子供時代を思い出し...
カリフォルニアの青い空  2006年01月17日(火) 11時20分
  
  
  
ALWAYS〜三丁目の夕日〜(2005年、東宝)
http://www.always3.jp/

監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、他
  
  
  
昭和33年、春。東京下町の夕日町三丁目の物語である。
東京...
ライターへの道。女32歳の挑戦。  2006年01月17日(火) 1時42分
今日はALWAYS〜3丁目の夕日〜を見にいきました。


話題になっていたのに、見たのがかなりおくれていますが・・・・
それでも館内はけっこうな人でしたよ
たぶん、今週で終わってしまうからかなぁ〜。
そして、見てよかったですほんと
いやぁ〜久々に見終わったあ...
365日  2006年01月16日(月) 22時43分
駅や繁華街などの雑踏の中で、他人のちょっとした行動が気になる・目につく・イライラ
ココロにおいしいシネマ  2006年01月16日(月) 15時30分
昭和33年かあ・・・。
私は、まだ生まれておりません。
ウチの親が、ちょうどこの映画に出てくる子供ぐらいだったはずです。
「わたすは嘘吐きでねえだっ!{/ase/}」

いやあ、ポスター見て、「堤真一、小川直也みたいだよ・・・{/namida/}」
と思っていたんですけど、あ...
凛大姐&小姐的極楽日記!  2006年01月16日(月) 9時31分
映画館に入る時から、いつもと違う雰囲気なので、驚いた。
年輩の女性が殆どだったというか、ヨン様をお迎えに成田に集合した年齢層が殆どだったというか...
焦りました。

昭和33年の東京。東京タワーが建造中で、まだ土台しかない。
町中には、新横浜にあるラーメ...
Gachami の映画と日記のページ  2006年01月16日(月) 1時50分
昨晩は「ALWAYS 三丁目の夕日」の公開とあって早速見に行ってきました。

サイコーによかったです!
昭和33年の東京を舞台にした、家族、近所とのふれあいを感じました。ただ単に当時の平凡な毎日を描いているだけなのに、そして、本筋の内容もよくある話なのに、ど...
与平次の独り言  2006年01月16日(月) 0時34分
?携帯もパソコンもTVもなかったのに、
     どうしてあんなに楽しかったんだろう。?

というフレーズと、一緒に流れるどこか懐かしいと無性に思う映像を
予告編でチラッと観たときから、ずっとずっと惹かれるものがあった。

そして昨日、待ちに待った『ALWAY...
My Style  2006年01月15日(日) 20時33分
2005年 日本 監督:山崎貴 脚本:山崎貴 原作:西岸良平 『三丁目の夕日』
銀の森のゴブリン  2006年01月15日(日) 16時01分
西岸良平氏の長期連載漫画 『三丁目の夕日』 を「リターナー」の山崎貴監督が映画化。

東京タワーが作られた昭和33年の東京。下町の自動車修理工場:鈴木オートに東北から集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。期待はずれのボロ工場と短気な工場主(堤真一)に愕然...
粗製♪濫読  2006年01月15日(日) 8時36分
昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の...
はむきちのいろいろ日記  2006年01月15日(日) 2時05分
監督:山崎貴
出演:堤真一/吉岡秀隆/小雪/薬師丸ひろ子/掘北真希/もたいまさこ/三浦友和
としゆきの評価(5点満点中):4.5

”昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、...
としゆきは犯人じゃない  2006年01月15日(日) 0時02分


先日映画館で観た日本映画「蝉しぐれ」には
涙腺がピクリともしなかった私にも「ALWAYS 三丁目の夕日」は泣けた。
えぇ?話や。(涙)
ハートウォーマーな映画やねぇ?。
この映画ならお金出す価値アリ。
「蝉しぐれ」は知らん。
みんなの愛と自己チュー愛の違い...
明日になればまた変わる  2006年01月14日(土) 23時27分
Hさんありがとう♪
ビッグコミックオリジナルに連載中の「三丁目の夕日」の映画化です。

思わず涙してしまいました。
(T_T)★★★★★★★★☆☆
http://www.always3.jp/
原作:西岸良平「?
♪日々 新鮮♪  2006年01月14日(土) 21時34分
なかなか評判の良い映画の模様。私もそう思う(笑)。でも不思議と涙が出なかったの
たいむのひとりごと  2006年01月14日(土) 21時20分
ALWEYS三丁目の夕日 公式HP
夕焼けの詩?三丁目の夕日 (3)
西岸良平
小学館このアイテムの詳細を見る
西岸良平氏原作の漫画「夕焼けの詩 三丁目の夕日」をビッグコミックオリジナルで読んで居たのはもう随分前になるな。
ほのぼのとしたタッチと人情味溢れる登場人物や...
海老名誠の身辺雑記  2006年01月14日(土) 21時07分
評価:85点{/fuki_osusume/}

ALWAYS 三丁目の夕日


原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。

涙もろい私にはかなり毒です。

体内の水分がかなり減りました。

水分補給必須の作品となっています。


舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始め...
平気の平左  2006年01月14日(土) 19時56分
 今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきた。 昨日の「TAKESHIS’」
ようやく観てきました!scopsさんをはじめみなさんから大推薦のこの映画
ロングランもたぶん来週で終わりです。ロードショーも最後の方になってしまいましたが、ホントに観て良かったです!
妻とレイトショー。開映前に同じ会社の人に出会いました。原作コミックを全巻買...
お気楽ぅ〜  2006年01月14日(土) 17時31分
              始まってすぐから、涙が?。


 昭和32年?33年頃のお話。私5歳、だんな7歳頃です。はっきり言って懐かしいです。ちょっとこれは違うなぁーと思われる所もまま、ありますが、最近緩みの激しい涙腺が刺激される事、される事。私、ずっと涙が乾...
猫とマンガとゴルフの日々  2006年01月14日(土) 13時37分

私的オススメ度:8.5P

妙に評判がいい映画だし、前々から映画を見にいくと流れる予告で毎回予告だけで泣きそうになっていたので、上映中に見に行きたいと思っておりました。新年第1作品目として見ましたぁ。

【STORY】
京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に...
OL映画でいやし生活  2006年01月14日(土) 12時39分
 ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t

「ALWAYS 三丁目の夕日」 ★★★☆

(2005年 日本)
監督:山崎貴
原作:西岸良平 『三丁目の夕日』
キャスト:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、三浦友
NUMB  2006年01月14日(土) 11時11分
最近観た映画って何ですか? 私は気付けばしばらく映画を観に行っていないような気が
穀ろぐ  2006年01月14日(土) 8時53分
 そしてもう1本は2回目となる「ALWAYS 三丁目の夕日」。管理人の行きつけの映画館では16日で終了ということなので、見納めということで。

 実は1回目のときは原因不明の歯痛に襲われていて、いまいちじっくりと見ていなかった気がしますが(それでもほのぼの...
ふろくのぶろぐ。  2006年01月14日(土) 1時15分
昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、
夢と希望の国民エンタテインメント映画!

公開日 2005年11月5日

2005年製作 日本 ジャンル ドラマ

期待度 ★★★☆☆

監督 山崎貴
原作 西岸良平
脚本 山崎貴
出演 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真
CLII -映画のような恋をして-  2006年01月14日(土) 1時15分
上映当初は全く観る気もしなかったんだけど、RINさんとこの裏レビューががあまりにも面白くて、なんとか年内に観て来ました。
私はこの年代はもちろん生まれてないし、ノスタルジックな気持ちもない。でも、「男たちの大和/YAMATO」を観た後だったので、敗戦から十数...
the borderland  2006年01月14日(土) 0時26分
なにっ!私の作品をVFXで描く!【西岸良平せんせい談(想像)】

【劇場公開作品より】
11/26 ユナイテッドシネマとしまえん にて

監督:山崎貴
原作:西岸良平
出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、他

まずは、西
こだわりの館blog版  2006年01月13日(金) 23時47分
 川辺を歩く父と女の子、そして白い犬。
 女の子は買ってもらったばかりの麦藁帽子が得意顔。

 疾風が麦藁帽子を舞い上げた。
 犬が吼えながら追い駆ける。
 
 風に乗ってどんどん飛んでく。
 川面に落ちる。

 犬が流される帽子を追って何度も吼える。
 
 遠...
水呑地蔵日記  2006年01月13日(金) 22時04分
★本日三件目の打ち止め日記です^^★金曜レディースデイにつき「ALWAYS・三丁目の夕日」を再び見に行って参りました!!今回は昭和世代どまんなか還暦すぎの母と一緒に!!最初見たときにこれは絶対に親に見せてあげたいという想いが募りましたそれにあの時代をリ...
刹那と永遠 - amomentandeternity -  2006年01月13日(金) 21時11分
映画三丁目の夕日を見てきました。思いっきり泣きたくて、なんだったら泣いてもおかしくないシチューションになるかなって考えたら思いっきり泣ける映画を見ればいいんだ!と思い
あれやこれや  2006年01月13日(金) 20時26分
久々に映画を観に行ってきました。そろそろ上演終了となる「ALWAYS 三丁目の夕日」です。

映画を観るまでは、「良いという噂を良く聞く、『三丁目のなんとか』という映画」というくらいの認識で、タイトルさえしっかり覚えていなかったのですが(ちなみにALWAYSという...
まさぐちるのひとりごと  2006年01月13日(金) 12時28分
『ALWAYS三丁目の夕日』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;'05/日本                      配給;東宝  上映時間;143分        監督;山崎貴       出演;堤真一/吉岡秀隆/小雪観賞劇場:11/3(木祝)日劇PLE...
ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ  2006年01月12日(木) 12時02分
【鑑賞】試写会
2005年11月5日公開 2005/日本
【監督】山崎貴
【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/三浦友和
【原作】西岸良平「三丁目の夕日」






舞台は昭和33年の東京。下町の夕日三丁目には、人情味あふれる住民たちがにぎやかに暮らしていた...
映画日記  2006年01月11日(水) 10時17分
 広島のホテルでの朝食の折り、ほぼ私と同世代の4人が一つのテーブルに集った。私
落葉松林のデッキの上で  2006年01月11日(水) 1時05分
最近は良い邦画が多いですね。その中でも特に良かったのがこの映画。舞台は昭和三十年代の東京の下町 (東京タワーの近くだから芝のあたりかな)。主人公は三丁目の人々とそれを優しくつつみ込む夕日。 とにかく涙腺をくすぐる映画で、観客席の四方八方からすすり泣く声が...
しろうと日記  2006年01月10日(火) 22時51分
同じ特撮マンでありながら、“特技監督”という日本の映画界ではこだわっている呼称とその精神を引き継いだ樋口真嗣監督とは対照的に、デビュー以来“VFX”という呼称で通した山崎貴監督は、この映画の大ヒットでこの先何年か、ある程度の予算で、東宝で映画を作らせて...
   淳之介ーーーー!!!(T_T)

いやぁ〜泣いちゃいました
暖かな心に触れてきました

昭和33年、気の短い鈴木オートのオヤジ。
売れない作家で、駄菓子やを営んでる茶川さん。

鈴木オートには、青森から集団就職で来たばかりの
六子がいる。大きな自動車...
Enjoy Life♪  2006年01月10日(火) 17時18分
いや、あのその・・もじってどうもです。 ラストシーンの情景が印象的だったもので。 ALWAYSD-51 吉田安英 IKUMA by G-Tools つくりかけの東京タワーが最後にはできあがってるんですが、 あの街にやってきた一人の少年と集団就職でやってきた一人の少女が 街に人に...
ペパーミントの魔術師  2006年01月10日(火) 16時28分


劇場で予告を観たときに、うわ!面白そう!と思ってましたが、
期待通りの楽しい作品になってました。まさに昔ながらの人情喜劇。
予告でも冒頭「TOHO SCOPE」の東宝マークに始まって、
建設中の東京タワー、都電やミゼットの走る街並み等のイメージがおぉ!
っと...
It's a Wonderful Life  2006年01月10日(火) 13時03分
映画の日。映画鑑賞
『ALWAYS 三丁目の夕日』
元々邦画は苦手な方で中でもドンパチも恋愛もないこの手の映画は絶対に口にしないたちだが、映画通のお友達が絶賛してるし、評判がいいようなので観に行くことにした。
思うトコロあって・・・  2006年01月10日(火) 10時02分
2005年12月8日観賞 in MOVIX倉敷。 うぉ〜〜〜、なんだこれは!す
CHONのアポヤンド的日々  2006年01月10日(火) 9時30分
前評判(かなりイイ!)を受けて見てきました。
宣伝で吉岡秀隆さんを見たとき
「あ?この人って西岸さんの漫画に出てきそうだな?」
って思ったんですよね。
(原作は読んでないんですけど、顔つきで)
建設途中の「東京タワー」にもときめきました。
「ものがないか...
新×3もろもろ日記  2006年01月10日(火) 0時25分
予告を何度か観たけど、”どうせ泣かせようって魂胆みえみえの
クサイ映画でしょ??”と思ってて、観る気なかったんですが、
評判がいいのと、堤真一見たさに・・・。

東京タワー建設中の昭和33年。
売れない作家の茶川、自動車修理工場の鈴木オート一家、
飲み屋の美人...
目の中のリンゴ  2006年01月10日(火) 0時19分
監督:山崎貴
出演:堤真一
    吉岡秀隆
    小雪
    薬師丸ひろ子、他

あらすじ{/book/}
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もう...
優みゃの辛口映画感想  2006年01月09日(月) 22時59分
この『ALWAYS?三丁目の夕日』や、同時期に公開している『大停電の夜に』を観て、本当に“今、日本映画がキテるな!”と感じるワケです。

2・3年前なら考えられない状態。

これまでなら“ミニシアター直行・決定済”な企画に、これ程に予算をかけて撮ってもいいな...
オタクの魂forビギナーズ  2006年01月09日(月) 22時57分
          

昭和33年。まだ建設中の東京タワーを望む下町に、集団就職でやってきた六子。
小さな自動車修理工場「鈴木オート」で、短気な社長と働き者の奥さん、そして彼らの息子、一平との生活が始まります。
鈴木オートの向かいに住むのは、つぶれかけた駄...
sabuのつれづれ  2006年01月09日(月) 22時31分
9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この「ALWAYS 三丁目の夕日」。

以前もこういう出掛ける前の試写会ってあったな〜。もっと余裕を持って準備をしたいん...
欧風  2006年01月09日(月) 22時28分
後輩曰く、「がん泣きしました」。
というので、観たいと思っていながらも機会を逃していた映画「ALWAYS 三丁目の夕日」をようやく年末に観る事が出来ました。普段日本映画をどちらかというと毛嫌いしている私なのですが、その感想を。

その後輩にしろ、私にしろ、昭和3...
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜  2006年01月09日(月) 22時05分
評判の作品で期待していたのですが、それほどでもなかったでしょうか。
CGやセットによる昭和33年の東京の町並みの再現はたしかに素晴らしく、建設中の東京タワーを見ているとなんだか胸騒ぎを覚えて途中まではかなり乗って見ていたのだけど、だんだん平板な展開のよう...
地球が回ればフィルムも回る  2006年01月09日(月) 21時51分
ダイハツの「ミゼット」に乗ったことがあります。まだ現役で市内を走行している路面電
cococo  2006年01月09日(月) 21時27分
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家...
極私的映画論+α  2006年01月09日(月) 20時38分
心地よい涙が頬を伝わります。こんなに温かくなる映画を観たのは
初めてです。充実した幸せな2時間でした。
『ALWAYS 三丁目の夕日』であります。
[混]ミックスランチ  2006年01月09日(月) 19時08分
20世紀は良かったなどと言うと、それでは浦沢直樹氏『20世紀少年」のような話になってしまいますが、「ALWAYS 三丁目の夕日」も、1400万の発行部数を誇る、西岸良平の傑作コミックを「夕焼けの詩―三丁目の夕日 」ビックコミックスの映画化なんです。その映像...
話題のナレッジベース  2006年01月09日(月) 13時59分
監督:山崎貴
脚本:山崎貴/古沢良太
音楽:佐藤直紀
出演:吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子

《携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。》

東京下町・夕日町三丁目。
昭和33年春、短気だが家族思いの鈴...
夢見る小悪魔  2006年01月09日(月) 12時35分
-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ


「ALWAYS 三丁目の夕日」
昭和33年の東京を舞台に、心温まる作品。
133分の上映時間中、最後まで心地よい時間を過ごせました。
素晴しいストーリーと映像。

私が生まれる以前の話。
予告で観た、再現された東京の町並み惹
わたしの見た(モノ)  2006年01月09日(月) 11時59分

映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」 の試写をイイノホールにて。
ようこそMr.G  2006年01月09日(月) 11時23分
なにっ!私の作品をVFXで描く!【西岸良平せんせい談(想像)】

【劇場公開作品より】
11/26 ユナイテッドシネマとしまえん にて

監督:山崎貴
原作:西岸良平
出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、他

まずは、西
こだわりの館blog版  2006年01月09日(月) 4時00分
観てきました!

父と弟が毎週買っている雑誌に「三丁目の夕日」が連載されていて、
私もたまに読んだりするので原作は知ってたけど、
映画化ってイメージが湧かなかったので
そんなに期待して行かなかったのですが、
めちゃめちゃ良かったです。

笑えるし、泣けるし。
...
MONOlog  2006年01月08日(日) 22時58分
もう3週間ほど前になりますかね~。 「ALWAYS三丁目の夕日」観てきました。(^-^) 宣伝やら評判なんかでもう皆さんお分かりと思いますが、 東京タワーを作っている最中の昭和33年の東京のお話。 一言で言うと、 「楽しかった」(^-^) です。(笑) でもね、前評判...
MOMMYな毎日  2006年01月08日(日) 12時09分
昭和33年の東京。高度経済成長の真っ只中、東京タワーが完成するこの年に東京夕日町三丁目に青森から集団就職で六子(堀北真希)が鈴木オートにやってきた。短気だが家族思いの父・鈴木則文(堤真一)、優しさで皆を包み込む母・トモエ(薬師丸ひろ子)、やんちゃ坊主の長...
musi-k ~ムジーク  2006年01月08日(日) 11時02分
久しぶりに泣けた。泣ける映画だった。シネコンの数ある映画の中から、この映画を選ん
幸田回生  2006年01月08日(日) 9時29分
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★



なにかと話題で、賞を取っている映画。
観に行ったのですが、


普通(」゜ロ゜)」 ナント


普通の日本映画でした。

普通でないのは映像技術。

遠くに見える東京タワーですとか、
昭和の町並み。
次第に出来...
AI-z「出田直正(nao)の一日。」  2006年01月08日(日) 4時18分
バイト先の店長(団塊世代)に、ぜひとも観たまえ、いいから観なさいと言われ、時間がないなら店を早退してもよい、とまで半ば強引に薦められたので、お言葉に甘えて早めに帰って、『ALWAYS 三丁目の夕日』を観にいった。

が、それにしても、私の涙腺はいったいどうし...
西欧かぶれのエンタメ日記  2006年01月08日(日) 3時15分
山崎貴監督作品、吉岡秀隆主演の、

映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た。


昭和33年、東京下町の夕日町三丁目に住む人々の話。


感想。

?郵便屋さんはもう少し大切に扱いましょう。

?オラ、東京さ何遍が行っだげど、東京タワーはまだ見だごどねぇ?。

?夕...
サナダ虫 〜解体中〜  2006年01月08日(日) 1時28分

【監督】山崎貴
【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和
【公開日】2005/11.5
【製作】日本

【ストーリー】
昭和33年、東京タワーが
シネマをぶった斬りっ!!  2006年01月08日(日) 1時23分
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったんだろう。 <ス
any's cinediary  2006年01月08日(日) 0時01分
前評判の高い映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。

この映画は小学館発行の「ビッグコミックオリジナル」に連載されている西岸良平氏の「三丁目の夕日」が原作です。実に32年にわたって連載されている超人気作品です。私も愛読していますが、ほのぼのしてくる漫...
馬球1964  2006年01月07日(土) 23時36分
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。
こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。
なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・
2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。

あらすじ
昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。
町場の修理工場・...
ひらりん的映画ブログ  2006年01月07日(土) 23時13分
観て来ました{/hiyos/}

実は、「インハーシューズ」を見るつもりが、
午後からの上映がなかったので、急遽変更!!

今日から公開のハリーポッターも考えたけど、めちゃ混みだったので、
面白いと聞いていた「ALWAYS三丁目の夕日」になったという訳。

確かに面白かった{...
ガブ飲み生活♪  2006年01月07日(土) 22時40分
「ALWAYS 三丁目の夕日」
{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞

{/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに...
ふくちゃんの懸賞日記  2006年01月07日(土) 22時22分
期待値:88%  クリスマス・イブということで愛情たっぷりの映画。 原作が漫画。ほのぼの系。 あんま
週末に!この映画!  2006年01月07日(土) 22時08分
あまり期待してなかったけど、なんだか前評判いいみたい。昭和30年代の東京が再現されてるのも、見所らしい。ちょっとだけ期待して、レイトで観てきた。
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★

ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……...
ミチの雑記帳  2006年01月07日(土) 20時01分
 2005年11月8日

『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー!





47年後に、逢いましょう。

すべての日本人に贈る

夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!!

文部科学省選定作品

★スタッフ★

監督・脚本・VFX:山崎貴
脚本:古沢良太
音楽:佐藤直...
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!  2005年12月31日(土) 23時35分
ほのぼのとしたいい映画でした{/fine_sim/}
思ってたよりもずっとおもしろかった{/up/}
感動させられたなぁ

薬師丸ひろ子のお母さん役はかなりハマってました
そして堤真一はやっぱり大好き{/hearts_pink/}
あの親子には何回も笑わされました{/face_yaho/}

テレビが家に...
時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド  2005年12月30日(金) 17時02分
舞台は、昭和33年、東京タワーが建設中だった春である。 上野の駅から程近くの、夕日町三丁目では・・・・ 鈴木オートは、町の小さな自動車整備工場、そこには、少しばかり(?)短気ですが、家族思いの父親:則文(堤 真一)と、昭和の代表的なやさしさを持つ...
みちこに『ゆうてみてみ』  2005年12月29日(木) 21時22分
ロングヒットの 『ALWAYS 三丁目の夕日』 をやっと観ました。 全体的に、何かとてもハイセンスというか、美しさを基調とした作品だなぁ と感じました。 “笑い” と “感動” がバランス良く織り交ぜられているし、テンポが良いのか、観てい
Tak.Arai の 今夜もナローマインド!  2005年12月29日(木) 19時37分
昭和のエッセンスが凝縮、今日は「ALWAYS 三丁目の夕日」を見た。
良かった。
ベタなんだけど目頭が熱くなっちまったよ。
俺って吉岡秀隆物にも弱いかも。
ベタなのがまた昭和なんだ?
-TONENSO-シネマ随想録  2005年12月28日(水) 0時01分
昭和33年。考えてみれば東京タワーは333m.と聞いたことがある。 そうか。昭和33年に着工されたんですね。 まだ終戦からそう経ってない日本。「防空壕」とか「空襲」が 身近に残ってる。そして「集団就職」に「口減らし」か。 まだまだ貧しい日本だけど子どもたちはなんと...
キマグレなヒトリゴト  2005年12月26日(月) 15時42分
CGで表現された昭和の街など見たくない
などと思っていた昭和生まれだけど、
スクリーンに繰り広げられる
見事な映像に
目を見張ってしまいました。

最先端の技術と
人間ドラマの融合ということで
これはまぎれもなく平成らしい映画なのだった。

人と人との暖かい触れ合...
邦画ブラボー  2005年12月26日(月) 7時32分
ALWAYS 三丁目の夕日  なんか懐かしそうな映画だなと思って、最近できたコンプレックスシアターに寄って来た。  映画自体は可も無く不可も無くと言ったところだろうか。  気になるのは登場人物の演技がゆるゆるな部分。  特に吉岡の演技が見てられない。  タイミング...
jizo.net  2005年12月20日(火) 14時46分
立川まで出て「Always 三丁目の夕日」を見に行ってきました。 いろいろな登場人物がでてきてそれぞれストーリーがあり、それで2時間30分くらいの上映時間、さすがに疲れてしまった。それでもなかなか面白くて、昭和の匂いというものが手に取るように感じられた。登場...
重金属的文学  2005年12月19日(月) 22時02分
品川プリンスシネマ。吉岡秀隆,堤真一,薬師丸ひろ子他出演。 昭和33年,東京タワ
たつし’s くま・シネマ倶楽部  2005年12月19日(月) 21時15分

「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005)

携帯もパソコンもTVもなかったのに、
どうしてあんなに楽しかったのだろう。

「ビッグコミックオリジナル」に連載中の西岸良平「三丁目の夕日」を
特別 -the blog-  2005年12月18日(日) 20時07分
いや、あのその・・もじってどうもです。 ラストシーンの情景が印象的だったもので。 ALWAYSD-51 吉田安英 IKUMA by G-Tools つくりかけの東京タワーが最後にはできあがってるんですが、 あの街にやってきた一人の少年と集団就職でやってきた一人の少女が 街に人に...
ペパーミントの魔術師  2005年12月17日(土) 18時31分
ふと、映画館に行きたくなった。

最近、責任を負う仕事で朝から終電まで会社、って一日が多かったから、羽を伸ばしたいってのもあった。

そういう時は素直に感じたまま行動した方がいいからね。

そんな訳で、大学へ行く足を途中で方向転換し、有楽町へ向かったのだ。

...
A live log  2005年12月17日(土) 14時01分
●昭和33年ではなく「現代を知る」には良き指標となる作品●平成版浦島太郎になれる、演歌と水戸黄門のミックスジュース。荒波の浜辺からいざ出発!そういう人って「いたいた探検隊」の竜宮城ツアー。古い玉手箱を開けて精神的に一気に老け込むか、はたまた「新玉手箱」を...
わかりやすさとストーリー  2005年12月17日(土) 13時05分
池袋HUMAX シネマ4(ヽ(●▽●)/ フォ?にて)

吉岡秀隆の演技が光る映画です
吉岡演じる茶川は、売れない小説家。
賞に応募すれば落選続き…
そんな彼の元に身よりのない淳之介が転がり込み、
奇妙な「縁もゆかりもない赤の他人同士」での
生活がはじまるが…

昭...
小学館「ビッグコミックオリジナル」に連載中の漫画「三丁目の夕日」を映画化。 最新のVFX技術で再現された昭和33年の東京下町は、生まれちゃいないけど、なんとなく懐かしい雰囲気。この映像をスクリーンで観たくて、映画館まで足を運んだ次第です♪ ただ、あくまで...
ダメダス.NET  2005年12月17日(土) 9時15分
現在公開中の映画『ALWAYS 三丁目の夕日』

その、原作となったのが西岸良平さんのコミック

夕焼けの詩―三丁目の夕日 (3)


昭和30年代の、夕日がきれいなとある町の光景が描かれた?
明日の本棚  2005年12月17日(土) 0時53分
昨日は映画の日。 最近映画の日に映画を見てなかったこともあり、何かを見ようということになった。 今どんな映画をやってるのかほとんど知らなかったので、MovieWalkerでチェック。 とりあえずTOP10から物色。 知ってたのは『ハリポ』と『イン・ハー・シューズ』と『A...
カキナグリ  2005年12月16日(金) 23時06分
「ALWAYS 三丁目の夕日」は映像も素晴らしかったんだけど、何よりその脚本が素晴らしかったです。

山崎貴監督って本当にすごい人だね。
映像センスだけでなく、脚本のセンスもいい。
原作は短編集で個別の物語なんだけど、それを上手につないで昭和33年の市井に生きる人...
キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜  2005年12月16日(金) 21時29分
この前お友達と一緒に『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました
昭和33年の東京の下町を画いた涙アリ、笑いアリの人情味あふれる映画
予想以上に良かったです(予想が低かったせいもありますがwww)
「愛すべき昭和の日本人」って感じでしょうか・・・(*´∀`)

...
今日のかんかんちゃん  2005年12月16日(金) 20時22分

この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?

    ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→
                      0点□□□□□□□□□□10点
    ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する...
本と映画と音楽と・・・お酒が好き  2005年12月15日(木) 20時46分

(c) 2005 「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会

こういう下町の人情ものっぽい映画は、観る気が起きない。あまりにベタに笑わせたり、泣かせにくるような気がして、イヤなのだ。観るのが?
或る日の出来事  2005年12月14日(水) 0時16分
ミゼット、駄菓子屋、ちゃぶ台、力道山、街頭テレビ、汽車、フラフープ、舗装されていない道路、広場、子どもたちの歓声、タバコ屋のおばあさん、戦争の傷あと、東京タワー、「別れの一本杉」、「ダイアナ」、ロカビリー・・・。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」には、そんな...
おしゃれ手紙  2005年12月13日(火) 13時53分

大きな事件があるわけでもなく

ストーリーだって王道中の王道で

それなのになぜこんなにも心に残るのでしょうかね?

でも最初、自分は正直言ってあまり作品に入り込めずにいました

しかしそれは上映中での出来事・・・

ん?映画館の中で他のお客さんなん...
M-A-S MR2  2005年12月12日(月) 22時32分

{/new_color/}
この映画をごらんになった当時を知る方は、
どんな思いで観ていたのでしょう?
ある方は、楽しかったことを、ある方は辛かったことを
また、なつかしさに涙した方も。
それでも・・・幸せだった時代です。
未来への夢があった時代です。

{/heart_pink/}

...
赤毛のアンちゃん  2005年12月12日(月) 21時17分

{/new_color/}
覚えていますか?
わが家にテレビがやってきた日のこと。

もちろん年代によっては、テレビ放送が始まった頃には
生まれてなかった方もいらっしゃるのですが
少なくとも昭和28年(1953年)までに生まれた方でしか
この頃の記憶はないはずです。
でも...
赤毛のアンちゃん  2005年12月12日(月) 21時16分
暖かい映画でした。
ラストの、淳之介君が茶川(吉岡)にとびこんでいくところでやはり涙がとまりませんでした。
だって「おまえなんか邪魔なんだよ」と言われても全然ためらいもせず抱きついていったんだもん。
この二人いい関係でしたよね。
それに淳之介君はあの若...
Bizarre Bizarre  2005年12月12日(月) 20時31分
昨日1日は映画が千円ということで母親と映画館に行ってきました。

母が「ALWAYS三丁目の夕日
」を見たいということでそれに決定!!

出演している役者さん(吉岡秀隆さん、堤真一さん、子役の須藤健太君・・・そしてなんと言っても小雪さんが色っぽい!)もよか...
ズバッときた!!  2005年12月12日(月) 16時26分
 心地良いホームシックになりました “昭和”に会いに帰れないかな

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

★★★★ 2005 日本 監督:山崎貴

                        ALWAYS 三丁目の夕日
映画短歌・せんかいへき blog  2005年12月12日(月) 15時52分
監督:山崎貴 出演:堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ.
新妻blog(もう新妻じゃないけど)  2005年12月12日(月) 12時25分
今日は映画館がレディースデーで1000円だったので、お友達と「ALWAYS 三
ランチママの徒然日記  2005年12月12日(月) 10時36分
ALWAYS 三丁目の夕日昭和33年、東京タワーが完成する年。東京の下町で暮らす人々が織り成す、心温まる人情群劇。自動車修理工場を営む鈴木(堤真一)家と、向かいの駄菓子屋で純文学作家を目指しながらも三流少年誌で児童小説を書いている茶川(吉岡秀隆)が、物...
ああ、こんな脳でなかったら  2005年12月12日(月) 8時37分
ALWAYS 3丁目の夕日を観て来た、コレが予想外に良かった。

...
Ve:blog  2005年12月12日(月) 2時27分
今日の一言:街のイルミネーションはクリスマスが一番派手で豪華ですが、正月と比較して長期間使用される(11月初旬から12月末まで)ので元手は十分取れているんでしょうね。

 今日?
竹里館雑記  2005年12月12日(月) 1時03分
監督:山崎貴
出演:堤真一
    吉岡秀隆
    小雪
    薬師丸ひろ子、他

あらすじ{/book/}
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もう...
優みゃの辛口映画感想  2005年12月12日(月) 0時35分
この映画で非常に印象に残るシーンがある。鈴木家に電気冷蔵庫が来て、それまでの氷で冷やす冷蔵庫は捨てられる。その捨てられた冷蔵庫を哀しそうに苦々しく見つめる氷屋。演じるピエール瀧の表情がいい。三種の神器が揃って、高度成長時代が近づく。このシーンは、そうい...
映画と出会う・世界が変わる  2005年12月12日(月) 0時34分
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を見て、いろいろなことを考えた。東京において上野駅という場所は、故郷とつながった場所として特別な思いを持たれる場所のようだ。しかし、それは東京より北の地域の方のみのものではなかろうか。九州からの寝台特急はすべて東京駅が...
映画と出会う・世界が変わる  2005年12月12日(月) 0時34分
バイト先の店長(団塊世代)に、ぜひとも観たまえ、いいから観なさいと言われ、時間がないなら店を早退してもよい、とまで半ば強引に薦められたので、お言葉に甘えて早めに帰って、『ALWAYS 三丁目の夕日』を観にいった。

が、それにしても、私の涙腺はいったいどうし...
西欧かぶれのエンタメ日記  2005年12月11日(日) 23時47分
  
  
  
ALWAYS〜三丁目の夕日〜(2005年、東宝)
http://www.always3.jp/

監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、他
  
  
  
昭和33年、春。東京下町の夕日町三丁目の物語である。
東京...
ライターへの道。女32歳の挑戦。  2005年12月11日(日) 23時42分
映画館に入る時から、いつもと違う雰囲気なので、驚いた。
年輩の女性が殆どだったというか、ヨン様をお迎えに成田に集合した年齢層が殆どだったというか...
焦りました。

昭和33年の東京。東京タワーが建造中で、まだ土台しかない。
町中には、新横浜にあるラーメ...
Gachami の映画と日記のページ  2005年12月11日(日) 23時29分
◆滋賀県草津市の県立琵琶湖博物館、びわ湖の成り立ちなど湖沼関連の博物館であるが、昭和30年代グッズの展示もなかなか充実している。当時の民家の実物大復元もあって、本筋の展示物よりはこちらのほうがはるかに面白い。昔の牛乳瓶受けとか家電製品など、よく探したも...
マイ・ラスト・ソング  2005年12月11日(日) 23時02分
 試写会@長野東宝中劇。今年9度目のタダ映画(当たったのは13回…)。公式サイトは→こちら。

 笑って、ほろりとさせられて。非常に和みます。舞台は違うが『てるてる家族』と通じるものが。
 高円寺2人旅と、シュークリームの話と、指輪のエピソードが特に好き。
...
日常雑記。  2005年12月11日(日) 22時44分
昭和33年、戦後をまだ引きずっており決して豊かではなかったが、高度経済成長が始まり、日本人はみな来るべき明るい未来を信じて疑わなかった、ある意味幸福だった時代の東京下町の人?
LDS Lounge  2005年12月11日(日) 22時37分
この『ALWAYS?三丁目の夕日』や、同時期に公開している『大停電の夜に』を観て、本当に“今、日本映画がキテるな!”と感じるワケです。

2・3年前なら考えられない状態。

これまでなら“ミニシアター直行・決定済”な企画に、これ程に予算をかけて撮ってもいいな...
オタクの魂forビギナーズ  2005年12月11日(日) 22時37分
東京タワー建設中の施工写真
行ってきました、昭和33年の夕日を見に。
美しかった、そりゃ、綺麗なんてもんじゃなかった。

スッ と、入ってっちゃった。
雰囲気、匂い、人、こ?
兵一郎の自由日記  2005年12月11日(日) 22時29分
ずっと観たかった映画“ALWAYS 三丁目の夕日”を観に行きました。 “ALWAYS 三丁目の夕日” 主演:吉岡秀隆/堤真一/小雪 ~ストーリー~ 昭和33年−東京タワーが完成するこの年−東京下町の夕日町三丁目には、個性豊かな住民たちが暮らしていました。 ある春の日のこと、..
教員目指す虎キチの沖縄移住計画  2005年12月11日(日) 22時25分
ずっと観たかった映画“ALWAYS 三丁目の夕日”を観に行きました。 “ALWAYS 三丁目の夕日” 主演:吉岡秀隆/堤真一/小雪 ~ストーリー~ 昭和33年−東京タワーが完成するこの年−東京下町の夕日町三丁目には、個性豊かな住民たちが暮らしていました。 ある春の日のこと、..
教員目指す虎キチの沖縄移住計画  2005年12月11日(日) 22時25分
2005年 東宝監督:山崎貴(『Returner リターナー』)原作:西岸良平音楽:佐藤直紀(『ローレライ』 『海猿 ウミザル』)出演:吉岡秀隆   堤真一   小雪   堀北真希   他東京タワーが建設中だった昭和33年。夕日町三丁目で“鈴木オート”を営む父 則文...
「日々の泡」 by Kazu-Kazu  2005年12月11日(日) 22時24分
11月に「ALWAYS 三丁目の夕日」という映画を観ました。 昭和33年代の東京の下町で繰り広げられる人間模様を描いた映画でしたが最近の映画にはない感動を覚えました。 最近、いろんな犯罪が起こっている中、この映画を日本人すべての人が観れば、もっと犯罪が減るの...
弦太郎のパソコンライフ  2005年12月11日(日) 22時20分
          

昭和33年。まだ建設中の東京タワーを望む下町に、集団就職でやってきた六子。
小さな自動車修理工場「鈴木オート」で、短気な社長と働き者の奥さん、そして彼らの息子、一平との生活が始まります。
鈴木オートの向かいに住むのは、つぶれかけた駄...
sabuのつれづれ  2005年12月11日(日) 22時16分
観て来ました{/hiyos/}

実は、「インハーシューズ」を見るつもりが、
午後からの上映がなかったので、急遽変更!!

今日から公開のハリーポッターも考えたけど、めちゃ混みだったので、
面白いと聞いていた「ALWAYS三丁目の夕日」になったという訳。

確かに面白かった{...
ガブ飲み生活♪  2005年12月11日(日) 22時05分
夕方から見てきました。
レディースデーってことで、客層は女性中心。
高齢の方もちらほら。

笑いあり、涙ありで、皆が一生懸命生きてる様子にじんわり。

ボサボサ頭の茶川作家が良かった。
淳之介くんと、徐々に家族らしくなっていくところ。
淳之介くんがいな...
日々のキモチ  2005年12月11日(日) 21時58分
最近、うちの田臥君がオーバーワークによる腰痛のため、しばらくバスケが出来なく、ちと寂しい私です(子供が一番歯がゆいんだろうけど)。 今日は5時間目で腰が痛くなった様で、車で迎えに行ってクリニックへ。リハビリセンターで腰痛にいいストレッチを教えてもらって...
おやじーズ!(^^)! (バスケするダス)  2005年12月11日(日) 21時57分
個人的評価 ★★★★ 映画館で予告を見ただけで涙腺ゆるんでしまって、とても見たかったこの作品。 郷愁溢れる作品でほのぼのと暖かくて、ちょっと切なくて。 泣けて笑えて、良い映画でした。 ただ、期待が大きすぎたのか中盤少し退屈な印象も受けました。 複数のエピソ...
徒然映画感想  2005年12月11日(日) 21時29分
昨日、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 あまり事前に調べずに行った
ピーチくんblog  2005年12月11日(日) 21時28分
2005年最後の映画の日に選んだのは・・・          「ALWAYS三丁
物欲エントロピー  2005年12月11日(日) 21時28分
昨日、レイトショーでこの映画を見てまいりました。

映画の秋ということかどうかわかりませんが、
金曜日土曜日日曜日いずれもレイトショーで3本の映画を見ていました。

しかし、この映画よかったですわ。めちゃめちゃ泣けました。
何だろう、モノがなくても夢が...
広島ではたらく社長になりたい男のBLOG  2005年12月11日(日) 21時24分
原作は、ロングセラーマンガ西岸 良平著「三丁目の夕日・夕焼けの詩」
BSマンガ夜話2003年11月25日放送で、「三丁目の夕日・夕焼けの詩」
やって、
何回かは読んだことあるけど、いつかはじっくり読んでみたいなぁ
と思ってたんだけど、読まないまま映画観ました。そ...
★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★  2005年12月11日(日) 21時17分
監督・脚本・VFX(*)、山崎貴。原作、西岸良平(さいがん=りょうへい)マンガ『
erabu  2005年12月11日(日) 21時07分
-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつバップこのアイテムの詳細を見る
[ストーリー]
昭和33年の東京。
短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。
一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と連日大喜び。
鈴木オートの向かいで...
チョコレイトをパキッとわった音  2005年12月11日(日) 21時02分
☆☆☆☆ ビジュアルエフェクトというのは、それ自体が目的ではなく、 いかに物語に貢献しているか、という点で評価されるべきで、 たとえば、「スパイゾルゲ」でも一生懸命昔の東京を 再現していましたが、 物
公開後一ヶ月たっても、いまだ某有名映画サイト発表の”興行成績第3位”。 (1位はハリポタ、2位はスミス) もう一つの某サイトでも ”作品アクセスTOP10”の2位 ”見て良かったTOP10”の1位 劇場ではパンフレット売り切れ状態! これは一体どういう事...
Brilliant Days  2005年12月11日(日) 20時21分
西岸良平原作の「三丁目の夕日」の映画化。 夕日町三丁目の鈴木オートに集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。 短気で乱暴な社長(堤真一)は六子の履歴書の特技 自転車修理を自動車修理と読み違えて採用したのだった。 一方、鈴木オートのむかいの駄菓子屋の主人茶...
気ままに映画日記☆  2005年12月11日(日) 20時12分
本日、池袋HUMAXシネマズ4にて「 ALWAYS 三丁目の夕日 」を観ました。ハッキリ言って!最高です!現時点において、自分的には本年度の”最高作品 ”です!劇場で映画を観ながら『 泣いた!』なんて、「 愛と青春の旅立ち 」のラストシーン以来です!( 笑 )...
C級セールスマン講座  2005年12月11日(日) 20時04分

製作:2005年、日本
原作はビックコミックオリジナルで30年以上も連載し続けている漫画。


舞台は昭和33年の東京。東京タワーも建造中の最中。
VFXでの東京タワーや、東京の街並みの復元は、すばらしい!

自分はまだまだ生まれてもいない。
小さい頃でも、この映画に出...
ようやく、見ることができました。日本テレビが制作に絡んでいるので、「『SHINOBI』みたいにがっかりさせられんじゃないか」なんて思ってたんですが。すごく良かったです。テーマは、絆なんですね。主なストーリーは2つ茶川竜之介と古行淳之介の絆。飲み屋のおかみの石橋...
B級人生  2005年12月08日(木) 21時02分
オフィシャルサイト → ALWAYS 三丁目の夕日昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋を...
日々映画三昧  2005年12月06日(火) 13時18分
ストーリーはいいとして、映像の出来は、邦画もここまできたかと感動的。 当たり続け
東京右往左往  2005年12月06日(火) 2時38分
西岸良平の漫画の映画化ですが、漫画の方は長らく愛読していました(最近は漫画を買わなくなったためご無沙汰していますが)。短いページできれいにまとめ、当時の雰囲気を表現する氏の漫画を、生意気な言い方で申し訳ないですが、まともな脚本を書ける人のいない今の邦画...
lunatic's 映画評  2005年12月06日(火) 1時28分

邦画だし、なんとなく「台場一丁目商店街」風にノスタルジーを煽ろうというのかしら、などという疑いもあり、あまり期待せずに観にいきました。

しかし。

2時間13分の間に、何回涙をこぼしてしまったことでしょう。しかもじわーっと泣く気持ちのよい涙なのです。...
WAKOの日常  2005年12月05日(月) 11時21分
人気blogランキングに参加してます!
ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。
ご協力お願い致します。


今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。

集団就職で青森から来た六ちゃん。

怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。

駄菓子屋の茶川さんは...
ALWAYS 三丁目の夕日

監督:山崎貴        原作:西岸良平
出演:吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ子 小雪 掘北真希 三浦友和


ストーリー
昭和33年の東京下町。東京タワーが着々と建築されるのを眺める町、夕日3丁目。
「鈴木オート」を営む鈴木家に、
ハイジのシネマパラダイス  2005年12月03日(土) 15時22分
久しぶりに映画館のはしごをしてきました。
こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。
なななかおじさん連中には評判のようだったので・・・
2005年製作のファミリー・コメディ・ドラマ、133分もの。

あらすじ
昭和33年、東京の下町、夕日町三丁目が舞台。
町場の修理工場・...
ひらりん的映画ブログ  2005年12月03日(土) 2時44分
どうしても見たい映画があって、近所(と言っても隣市ですけど)の映画館で上映するので見に来ました。[オフィシャルサイト]
スポーツクラブの会員証提示で自分は300円引きの1400円、妻はなんと700円引きの1000円で見れます。
時代的には生まれていないんですけど、小さい...
むすびブログ  2005年12月03日(土) 0時00分
どうしても見たい映画があって、近所(と言っても隣市ですけど)の映画館で上映するので見に来ました。[オフィシャルサイト]
スポーツクラブの会員証提示で自分は300円引きの1400円、妻はなんと700円引きの1000円で見れます。
時代的には生まれていないんですけど、小さい...
むすびブログ  2005年12月03日(土) 0時00分
香港映画フリーク友達・アキラちゃんと、「ALWAYS 三丁目の夕日」を 見に行っ
三遍まわってタバコにしょ。  2005年12月02日(金) 17時25分
今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな〜って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。

昭和33年の日本を舞台に、家...
Alice in Wonderland  2005年12月02日(金) 12時41分
今日は古きよき時代の日本にタイムスリップしてきました。昭和30年代の事なんか全く知らないあたしですが、こんなんだったんだろうな〜って思ってしまうくらいリアルで違和感のないあったかい映画でした。是非両親にも薦めたい映画です。

昭和33年の日本を舞台に、家...
Alice in Wonderland  2005年12月02日(金) 12時39分
 時は昭和33年、東京タワー建造中の東京のとある町が題材の『ALWAYS 三丁目の夕日』を見てきました。あまり邦画は好んで見ないんですが、そんな俺からも言わせてください「見ないと損な映画」です。チョットばかし期待はしていましたが、それおを大きく超える期待以上の...
音の鳴る木  2005年12月02日(金) 9時06分
桜坂秋太郎です。


「ALWAYS 三丁目の夕日」を鑑賞してきました。ボクは原作の漫画をまったく見てないので、先入観無しに観ることができたと思います。

広告とかニュース類の情報で、昭和33年をモチーフにした映画である事は知っていました。ストーリーについては...
★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog  2005年12月01日(木) 23時43分
昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、 集団就職で六子がやってきた。 小さな町工場にがっかりした六子を、 一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。 鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、 芥川賞の選考に残...
てぃーちゃーのプライベート  2005年12月01日(木) 23時03分
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて

昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場...
『ALWAYS三丁目の夕日』公式サイトマメ情報  ジャンル;ヒューマン 制作年度/国;'05/日本                      配給;東宝  上映時間;143分        監督;山崎貴       出演;堤真一/吉岡秀隆/小雪観賞劇場:11/3(木祝)日劇PLE...
ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ  2005年12月01日(木) 12時25分
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(...
toe@cinematiclife  2005年12月01日(木) 11時49分
本日の1本目は「ALWAYS 三丁目の夕日」です。 朝一番の上映回だったのに、か
HIROMIC WORLD  2005年11月30日(水) 22時07分
以前このブログでも採り上げた
、「ALWAYS三丁目の夕日」(山崎貴監督)

が、第30回報知映画賞
で作品賞・助演男優賞・助演女優賞の3冠に輝いた。
監督は山崎貴で、堤真一と薬師丸ひろ子が夫婦役で受賞した。


綿密な時代考証と驚くほど自然なVF...
SC所沢の挑戦  2005年11月30日(水) 13時20分

なにを観ても最近の日本映画には幻滅を繰り返してたけど、脚本と演出と撮影と演技を丁寧に積み上げていけば、こんなにも良い映画が出来るのか?、と心から感動した一本。
ひとつひとつのエピソードはそれほど目新しいものではないのに、ディテールを細かく描くことによ...
俺の話を聴け〜!  2005年11月30日(水) 10時13分
西岸良平の原作マンガは、連載されているビッグコミック・オリジナルを購入した時は欠かさず読んでいます。昭和30年代の時代背景をベースに、ネタが尽きる事なく毎回心温まるエ
Mr.Ericの感じたままで  2005年11月30日(水) 0時50分
ちょっと落ち着きました。そして、ようやく映画を観られる日々が帰って参りました!

3ヶ月ほど観る暇がなかったのでございます・・・(涙)

そして復帰第1戦に選んだのがコレ。

☆5つ! ホントに良かったです! ま?泣いた泣いた。

う?ん、最近「東京タワーもの」...
マチのチマチマ教員日記  2005年11月30日(水) 0時01分
作品:ALWAYS 三丁目の夕日
監督:山崎貴
主演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、もたいまさこ
制作:2005年 日本
映画館
ALWAYS三丁目の夕日
携帯もパソコンもTVもなかったのに、
どうしてあんなに楽しかったのだろう。
今年も...
のんびりぐ〜  2005年11月29日(火) 21時52分
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
ねこのひたい〜絵日記室  2005年11月29日(火) 17時27分
『ALWAYS 三丁目の夕日』観ました

私が、まだ生まれる前の東京のお話。
なんだか、「8時だよ全員集合!」とか、「じゃりん子チエ」なんかを思い出しました

ストーリー「東京タワーが完成した、昭和33年の東京。夕日町三丁目は、いつもにぎやかな、まさに下町。短...
今日はどこへ行きましょうか  2005年11月29日(火) 17時14分
なつかしいー。 監督:山崎貴 原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆 堤真一 薬師丸ひろ
さぁ みんなで読んでみよう  2005年11月29日(火) 15時48分
思わずポロリときました。これは勝手な想像なのですが、恐らく今現在、劇場公開されている映画の中で、一番ハートウォーミングなお話ではないでしょうか?
ビデオもケータイもプレステも無かったこの時代に、今、モノに何一つ不自由しない我々が一番欲しかった物がいっぱ...
こっちゃんと映画をみまちょ♪  2005年11月29日(火) 13時44分
山崎貴監督の『ALWAYS 三丁目の夕日』(日本,2005年)である。原作はいわずと知れた西岸良平のロングセラー『三丁目の夕日』である。

あらすじは,例のごとく−−−−−
昭和33年の東京。短気だが情の厚い鈴木則文(堤真一)が営む鈴木オートに、集団就職で星野六子(堀...
ハードでルーズな生活  2005年11月29日(火) 9時15分
少年向、青年向、成人向、家庭向、文部科学省選定作品。
チラシ広告の宣伝文句では観に行こうと思ってなかったけど
予告編を観たり、試写会に行った人のブログの感想を読んだりして?
ちょっとひとことええでっかぁ〜♪  2005年11月29日(火) 8時46分
最新VFX技術で再現された昭和33年の東京下町で繰り広げられる人情物語。
未完の映画評  2005年11月29日(火) 2時36分
えがった????(・ー・* )

コレ面白すぎ♪

映画館で観客席から笑い声が聞こえてくるんですよね、それも何度も。
私のその中の一人だったのですが(^^ゞ

ノリがいいですよねぇ?。
鈴木オートといい、ろくちゃん(!?)といい、タバコ屋のおばちゃん…。
その他みん...
小雪組曲♪  2005年11月29日(火) 1時38分
何気に最近よく話題になってる映画を見てきました。ネタバレありません。ALWAYS 三丁目の夕日面白かったです。良い映画でしたよ。昭和33年というと、自分の親父が劇中に出てくる子供くらいの年頃になる感じでしょうか。この世代の人達が見たらもの凄く感情移入できるんじ...
描きたい生活  2005年11月29日(火) 1時09分
久々に試写会以外でお金を払って見た映画です。
友達に誘われて行ったのですが、正直全然知りませんでした。
それに日本映画だし、あんまり期待していませんでした。
平日の昼間だからゆっくり行っても席もあるだろうし、きっとガラガラかも・・・なんて思って行ったら...
未完成  2005年11月28日(月) 23時26分

「Always 三丁目の夕日」
 
まったく不覚。ノーマーク、想定外。この映画は私にとってはある意味、「事件」といっていい。
 
今日なにげなく観てきたのですが、不覚にも泣いてしまいました(それもハンカチが必要なほど)。常々言っていることですが、も...
♯Credo  2005年11月28日(月) 23時21分
CGという技術を手に入れたクリエイターがCGべったりでただCGと遊ぶばかりで、物語とか演出とかそういう部分がまったく面白くなく、というよりそもそもそういう基本的技術を必要としていないかのような映画作りをする。その一番極端な例がエピソード1以降のジョージ・ルー...
学校から家に帰ってくると、両親が熱く語り合っていた。
耳をたてて聞いてみると、「昭和30年代が・・・」とか「東京タワーって・・・」とか聞こえてきた。
どうやら今巷で話題の“ALWAYS 三丁目の夕日”観てきた様子。
父は当時、物心がついていたためなんとなく懐かし...
まことのブログ  2005年11月28日(月) 21時17分
学校から家に帰ってくると、両親が熱く語り合っていた。
耳をたてて聞いてみると、「昭和30年代が・・・」とか「東京タワーって・・・」とか聞こえてきた。
どうやら今巷で話題の“ALWAYS 三丁目の夕日”観てきた様子。
父は当時、物心がついていたためなんとなく懐かし...
まことのブログ  2005年11月28日(月) 21時17分
子供の頃に家族で東京タワーに登ったことがあります。しかもどうしてだか?理由は覚えていないけど、階段で登りました。あの頃はかる?く[:ジョギング:]駆け上がって登ったのを覚えています。今だったら翌日は死んでいます[:汗:]

展望台から見下ろした街並みは、車がミ...
Lovely Cinema  2005年11月28日(月) 20時45分
私は生まれた時には何でもあったと思う。
この時代にはそういう便利なものは何もない。
でもこの時代に私はすごく欲しいものがありました。

昭和30年代。知っているわけがありません。
でも冒頭からのCGがとてもよくて映画のノスタルジックな雰囲気に何だか懐かしさを感...
映画を観たよ  2005年11月28日(月) 19時23分
昨日は大阪で行われた新聞週間の講演会と『ALWAYS 三丁目の夕日』の試写会へ行ってきました。 はじめに知的発達障害者のスポーツ活動を支えるNPO法人「スペシャルオリンピックス日本」の細川佳代子理事長さんの講演を聴きました。 僕はそのなかで、細川さんの...
日々の泡  2005年11月28日(月) 18時15分
              始まってすぐから、涙が?。


 昭和32年?33年頃のお話。私5歳、だんな7歳頃です。はっきり言って懐かしいです。ちょっとこれは違うなぁーと思われる所もまま、ありますが、最近緩みの激しい涙腺が刺激される事、される事。私、ずっと涙が乾...
猫とマンガとゴルフの日々  2005年11月28日(月) 17時01分
この作品が、「ジュブナイル」「リターナー」と同じ監督の作品だとは思えない。それだけ斬新かつ素晴らしい映画でした。山崎監督の手腕に脱帽です。

そして、映画に関わったキャスト・制作スタッフなど全ての方々に感謝したいと思います。本当に素晴らしい作品を観れて...
Wings of Freedom  2005年11月28日(月) 16時32分
?(2005年)

「携帯もパソコンもTVもなかったのに、
    どうしてあんなに楽しかったのだろう。」

泣いたよ。
笑ったよ。
感動したよ。

これぞ映画と言いたくなる作品でした。
最近いい映画を観てなかったので、余計にきたね。

原作もきちんと読んだ事も
魂こがして  2005年11月28日(月) 16時28分
「ALWAYS 三丁目の夕日」についてのレビューをトラックバックで募集しています
映画レビューTBセンター  2005年11月28日(月) 15時58分
こんばんは。
みのもんたが紅白歌合戦の司会だって!?
「NHK=みのもんた」の構図は,どうしても浮かばない!
 
本日,給料日なり。18時に帰ろうかと思ってると,「エーッ!もう帰っちゃうんですか?」とはA.H君。「普段そっちのほうが早く帰ってるじゃ...
はやのつぶやき  2005年11月28日(月) 15時27分
【ALWAYS 三丁目の夕日】の試写会へ行って来ました。

小学生だった頃、父がビックコミックを買っていて、私はその中の【三丁目?】だけを読んでいた。
小学生の時は成人誌を見ても、絵が凝りすぎていて受け付けなかった。
そんな中【三丁目?】は絵も内容も、ほのぼの...
ペ・ンギン日誌  2005年11月28日(月) 12時41分
朝はいつも、とくダネの私です。
小倉さんが
「よそのテレビ局制作だけどね、良いものはいいと紹介しなきゃね?」
オープニングトークで、メイキングが紹介されていたのです。
シリーズ化しても良いのでは?なんて事も言っていたのです

かりんとうさんも超おすすめしてい...
ゆめのある場所  2005年11月28日(月) 10時39分
昭和33年かあ・・・。
私は、まだ生まれておりません。
ウチの親が、ちょうどこの映画に出てくる子供ぐらいだったはずです。
「わたすは嘘吐きでねえだっ!{/ase/}」

いやあ、ポスター見て、「堤真一、小川直也みたいだよ・・・{/namida/}」
と思っていたんですけど、あ...
凛大姐&小姐的極楽日記!  2005年11月28日(月) 10時38分
正直に告白します。
私はこの映画を観て、泣きませんでした・・・。
(え??ん、みんなオトナだろっ!石投げないでよ??っ!{/face_naki/})

でも、あまりにも皆さまの評判・感想がよく、皆さま感動なさっているので、
正直な感想を書くのも、水を差すようでオトナ気ないか...
凛大姐&小姐的極楽日記!  2005年11月28日(月) 10時36分
私は昭和36年生まれである。「もはや戦後ではない」という言葉はもうなかった。池田内閣が『所得倍増計画』を打ち出したのがその前年。私は文字通り高度経済成長とともに育った。

東北の日本海側(今でも裏日本とか言うのだろうか・・)の片田舎なんぞ、東京の進み方と...
迷宮映画館  2005年11月28日(月) 8時39分
この原作はとても好きで家にもたくさんある。

原作は1話構成で成り立っているのでどうかなと興味津々。

しかしやはり原作にこだわってはいけない。

六ちゃんは映画では少女だし、主要人物は美男美女ばかり。

最初はそこら辺に戸惑いをおぼえてしまうが、
映画君の毎日  2005年11月28日(月) 8時27分
10/18の試写会ネタです。今回はビックカメラ有楽町店の7Fにあるよみうりホール。ここは席のオフセットがちょっと少な目で、段差もそれ程大きくないので、余り見やすいとは言えないんですけどね。洋画で字幕が出たりする訳ではないのでまあいいかと。
肝心の映画ですが・...
VAIOちゃんのよもやまブログ  2005年11月28日(月) 7時10分
あーーー昔 子供の頃ね扇風機に向かって声出したことあるなぁ〜(笑)
声が震えて響くのよね^^
そんな単純なこと、飽きずにやってたなぁ〜
昭和33年じゃ、さすがにまだ生まれていませんから、体験してるわけじゃないですけど
猫が子供の頃なんて、パソコンも携帯...
黒猫のうたた寝  2005年11月28日(月) 7時06分
製作国:日本
公開:2005年11月5日
監督/VFX:山崎貴
脚本:山崎貴、古沢良太
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ、三浦友和 ほか

川崎で鑑賞するつもりだったけど色んなことがあって、結局いつもの立川シネマシティで鑑賞するこ...
外部デバイスへの記録  2005年11月28日(月) 7時04分
一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の漫画「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけ...
試写会帰りに  2005年11月28日(月) 2時52分
特に変わっているわけでもない普通のエピソードなのに、こんなに心を打つのはなぜなんだろう。先を予想する
Paranoia Vagrant  2005年11月28日(月) 2時16分
 2005年11月8日

『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー!





47年後に、逢いましょう。

すべての日本人に贈る

夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!!

文部科学省選定作品

★スタッフ★

監督・脚本・VFX:山崎貴
脚本:古沢良太
音楽:佐藤直...
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!  2005年11月28日(月) 1時03分
みんなそれぞれがいい味出してた、
笑った、泣いた、忙しい映画やったっ _|\○_ぃゃっ ε= \_○ノほぉ〜ぃ


ALWAYS 三丁目の夕日  

当時のことは知らないけれど、でも、胸が苦しくなったし、
でも、爽快感もあってね、
貧しくっても「満たされたキモ...
deli*cling ★ talk to myself ★  2005年11月28日(月) 1時00分





ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(72) Always 三丁目の夕日







Always 三丁目の夕日を観た。





そういえば、家の前の道路は舗装されてなくて、通りから家の中までよく見えたな。
日中戸締まりしている家なんてなか...
ヒューマン=ブラック・ボックス  2005年11月28日(月) 0時59分
お気に入り度:★★★★★
昭和30年代といえば私の親が生まれた頃なので、当然私自身はその時代を知らないわけなんですが、それでもどこか懐かしい気持ちになりました。
思い切り?
turedureC.C.  2005年11月28日(月) 0時54分
昭和33年の東京のある町の「三丁目」を舞台にした作品。

”金の卵”として中学卒業と同時に青森から就職するために東京へやってきた少女、そんな少女を受け入れる将来は大きくなることを夢見ている自動車の修理工場[鈴木オート」を経営する一家、駄菓子屋の店番をしな...
 2005年/日本
 監督/山崎 貴
 出演/吉岡 秀隆
     堤 真一
     薬師丸 ひろ子
     小雪

 昭和33年の東京の下町を舞台にした作品。原作はコミックです。
 
 なんだか、とても温かい気持ちになりました。私はこの年代の生まれでは...
It's a wonderful cinema  2005年11月27日(日) 23時11分
先日、東宝から送られてきた招待状を持って
試写会行ってきましたー♪
タダ!嬉しいっ!一ツ橋ホールへGO−!!(笑)


PC直描きで全然綺麗じゃない夕日が出来上がりました…orz

「ALWAYS 三丁目の夕日」2005年公開・邦画
監督/山崎貴 脚本/山崎貴、古沢良太
...
きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/  2005年11月27日(日) 22時16分
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の感想です
ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-  2005年11月27日(日) 21時44分

僕は学生の頃に、西岸良平のマンガ「三丁目の夕日」(小学館)を愛読していた。
子どもたちの視点で描かれた「昭和」が、現代を生きる日本人の共感を呼ぶ。そして、夕日に照らされて描かれる登場人物たちが、読み手の心を暖かくしてくれるマンガだ。

今でも連載されてい...
とりあえず俺って何様?  2005年11月27日(日) 21時42分
監督・脚本:山崎 貴
原作:西岸良平
キャスト:吉岡秀隆・堤 真一・小雪・堀北真希・三浦友和・薬師丸ひろ子・須賀健太・小清水一揮
97点

私の涙腺は決して、ゆるい方ではありません。感動はしても、なかなか涙は出てきません。
それは、主人公が命を落とすような...
邦画大好き  2005年11月27日(日) 21時07分
「ALWAYS 三丁目の夕日」夕日町オフィシャルガイドALWAYS 三丁目の夕日 オフィシャル・フォト・ブック三丁目の夕日 特別編

always三丁目の夕日

always三丁目の夕日を見てきました!
必死に走って観に行った甲斐のある、凄く良い映画でした。
大きなストーリーとし...
ノスタルジックコム.  2005年11月27日(日) 21時07分

私の世代よりもひと世代前の物語。
ゆえに観客もその世代が多かった。
いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、
自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。
駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。


見所キャスト

鈴木オート(...
うぞきあ の場  2005年11月27日(日) 20時59分
舞台は昭和33年の東京
この年 東京タワーが完成します
「もはや戦後ではない」と言われた頃
青森から集団就職で六子(ムツコ)が
上京してくるところから物語は始まります


   
公式サイト


話の軸になるのは
茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)の...
そこで馬が走るかぎり  2005年11月27日(日) 20時57分
これは観る価値のある映画です。昭和33年の生活をうまく表現していることにまず驚きます。そして、この1本の映画の中に様々な人間ドラマがうまく盛り込まれていて、感動すること間違いなし。

何ヶ月か前に映画の予告を観た時は、原作も知らないし、「観なくてもいい...
まぁず、なにやってんだか  2005年11月27日(日) 20時31分
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家...
極私的映画論+α  2005年11月27日(日) 20時07分
初日に観にいきました。圧倒的中高年の期待を担った映画です。観客は、ほぼ40代以上です。(私もその一人)

CGで昭和30年代をほぼ復元しています。町並みの様子-看板、自
skywave blog  2005年11月27日(日) 18時50分
第266回

★★★★(劇場)

(万人に薦められる故、核心に触れる文面にご注意あそばせ)

「ALWAYS 三丁目の夕日」は、まさに夕焼けを見たくなるような思いに駆られる作品で、終盤になるとそれぞれのエピソードの結末にいちいち感動させられる。

 と...
まつさんの映画伝道師  2005年11月27日(日) 18時46分
心地よい涙が頬を伝わります。こんなに温かくなる映画を観たのは
初めてです。充実した幸せな2時間でした。
『ALWAYS 三丁目の夕日』であります。
[混]ミックスランチ  2005年11月27日(日) 18時45分
2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
★☆★ Cinema Diary ★☆★  2005年11月27日(日) 18時45分
今年の秋の『泣ける邦画』としてあーちゃんが注目していた2本は不発…という事で今日はめっちゃ楽しみにしていきました。

{/kaeru_cry/}STORY オフィシャルサイト
昭和33年、東京タワーが完成するこの年、夕日町三丁目では個性豊かな住民たちが暮らしていました。...
旦那にはひ・み・つ (☆o☆)  2005年11月27日(日) 18時32分
心暖まる作品でした。
舞台は東京タワー完成間近の東京。時は昭和33年。私が生まれる遥か前の時代です(笑) でも見てると、この街の暮らしいいなって思うんです。
鈴木オートにテレビが来た日、近所の住人たちが集まって力道山の試合に熱中する。そんな元気で一体となっ...
Winding Road  2005年11月27日(日) 18時28分

東京タワーが建設中だったあの頃… 
昭和33年の東京を舞台に空前のスケールで贈る、
 夢と希望のエンタテイメント映画!!………………  試写会チラシより
……………………………………………………………………………… 
 
原作は西岸良平のコミック...
花ごよみ  2005年11月27日(日) 18時05分

【監督】山崎貴
【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和
【公開日】2005/11.5
【製作】日本

【ストーリー】
昭和33年、東京タワーが
シネマをぶった斬りっ!!  2005年11月27日(日) 17時58分
試写を見た友達のおすすめだったので観に行った。ビッグコミック・オリジナル「三丁目の夕日」の映画化。
昭和33年の日本。地面は土で野良犬が歩いてて人と人との壁が薄かった時代。建設途中の東京タワーが主人公。
ALWAYS 三丁目の夕日 公式サイトhttp://www.always3.jp...
青いblog  2005年11月27日(日) 17時42分
よくこれだけ昭和33年の風景を再現したもの。
強いて難を言うと、きっちり奥まで写り過ぎていて空気感があまりない感じ。そんなに昔は良い人ばっかだったのかな、とか色々言いたくなるが、別にいいじゃないと気にする気にならず。役者が脇までよく考えてキャスティングさ...
prisoner's BLOG  2005年11月27日(日) 17時38分
三丁目の夕日が 優しく涙腺を刺激する




〜 ストーリー 〜

昭和33年の東京。
短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、
集団就職で六子がやってきた。
小さな町工場にがっかりした六子を、
一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰...
みかんのかんづめ  2005年11月27日(日) 17時36分

8.5点 よくぞ造った映像は、昭和のにおいがプンプン
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろこ 公式サイト 
 昭和33年。建築中の東京タワーを見渡す下町。就職のために青森から上京してきた六子が見たのは、そこにある自動車修理工場だった…...
シネまだん  2005年11月27日(日) 17時33分
『ALWAYS 三丁目の夕日』観ました

私が、まだ生まれる前の東京のお話。
なんだか、「8時だよ全員集合!」とか、「じゃりん子チエ」なんかを思い出しました

ストーリー「東京タワーが完成した、昭和33年の東京。夕日町三丁目は、いつもにぎやかな、まさに下町。短...
今日はどこへ行きましょうか  2005年11月27日(日) 17時23分
「ALWAYS 三丁目の夕日」
{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞

{/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに...
ふくちゃんの懸賞日記  2005年11月27日(日) 17時10分

巷ではこの映画が大ヒットしているらしい。
原案は30年も続いている大人気コミック『三丁目の夕日』で、
昭和30年代の東京の下町が舞台になっています。

映画は東京タワーが建設途中だった昭和33年のお話。
ある日、自動車修理工場・鈴木オートに、青森から...
閑遊閑吟   2005年11月27日(日) 16時25分
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を早速観た。
良かったです!
「笑いあり涙あり」って、この映画のことを言うんだと思う。
いっぱい笑い、泣いた(観客の方々、みんな感動してました)。
ベストキャスティングで素晴らしい。
見事に全員ハマリ役だった。
堤真一イイ、...
◇◆Essayという試み◆◇  2005年11月27日(日) 16時25分
評判の作品で期待していたのですが、それほどでもなかったでしょうか。
CGやセットによる昭和33年の東京の町並みの再現はたしかに素晴らしく、建設中の東京タワーを見ているとなんだか胸騒ぎを覚えて途中まではかなり乗って見ていたのだけど、だんだん平板な展開のよう...
地球が回ればフィルムも回る  2005年11月27日(日) 15時29分
公式サイト…ALWAYS 三丁目の夕日

携帯もパソコンもTVも無かったのに、
どうしてあんなに楽しかったのだろう。

昭和33年…
豊かではなかったけれど
明日への夢があった

あなたの心の いちばん暖かい場所へ


まず、堤真一のキャラが面白かった...
my life of my life  2005年11月27日(日) 15時22分


先日映画館で観た日本映画「蝉しぐれ」には
涙腺がピクリともしなかった私にも「ALWAYS 三丁目の夕日」は泣けた。
えぇ?話や。(涙)
ハートウォーマーな映画やねぇ?。
この映画ならお金出す価値アリ。
「蝉しぐれ」は知らん。
みんなの愛と自己チュー愛の違い...
明日になればまた変わる  2005年11月27日(日) 15時09分

☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5)
昭和33年の東京下町が舞台の映画です。
原作はビッグコミックオリジナルに連載中の
西岸良平の漫画。
みはいる・BのB  2005年11月27日(日) 14時54分
 広島でのホテルの朝食の折り、ほぼ私と同世代の4人が一つのテーブルに集った。私
落葉松林のデッキの上で  2005年11月27日(日) 13時47分
昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残った経験があり...
俺の明日はどっちだ  2005年11月27日(日) 13時31分
出来立て東京タワー越しに、映える夕日も色あせる程、この映画は人を感動させ、泣かせることだけを目的に作られたに違いない。昭和33年、ミゼットに都電にフラフープにSLに集団就職に建設中の東京タワーに力道山。



物語の出だしは、やや平凡で退屈な印象を受...
携帯もPCもコンビニも、TVはじめ家電も、もちろん高層ビルも無かった、昭和33年の東京下町・夕日町三丁目が舞台である。
町からは建設中の東京タワーが眺められ、映画の進行とともに段々と高くそびえてゆく様や、東北からの集団就職が到着する上野駅など、見事なV...
ようこそ劇場へ!  2005年11月27日(日) 12時26分

昨日は友達と夜中まで遊んでました。
で、現在放映中の『ALWAYS 三丁目の夕日』をレイトショーで鑑賞。
もうね、すんごく良かった!!
物語後半は、皆さんの感動してすすり泣く声が前後左右から聞こえてきました。
もちろん私も号泣しましたけど、なにか??...
39☆SMASH  2005年11月27日(日) 12時19分

映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」 の試写をイイノホールにて。
ようこそMr.G  2005年11月27日(日) 12時04分
皆がけばだったセーターを着てつんつるてんのズボンを穿いている。東京タワーの建設が始まり完成するまでの、昭和33年の春夏秋冬を織り交ぜた下町人情群像劇。VFXを駆使して当時の町並を再現し、小道具にも細心の注意を払って古き良き時代をアピールした。

作家を目指...
ソウウツおかげでFLASHBACK現象  2005年11月27日(日) 12時02分
観に行ってきました。
年配の方がたくさん観に来ていました。

映画ですが・・・よかったです{/face_yoka/}
ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。
「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした{/namida/}

昭和33年春から冬までの、...
ダラダラ生活 日記  2005年11月27日(日) 11時59分
暖かい。
温かい。
・・・それを感じることって自然と涙が出るんだなと思いました。

久々にボロボロ泣いてしまいました。
白状すれば、監督も鈴木オートの夫婦(薬師丸ひろ子も堤真一)もみな同じ世代。
昭和33年は知らなくても、その残り香を感じている世代。
...
毎週水曜日にMOVIE!  2005年11月27日(日) 11時54分
いやぁぁぁ、ヨカッタぁぁぁ、もぉ最高に笑顔と涙があふれこぼれるハートウォーミングな素敵な作品でした、感動的ですっ。女性だけではなく年配の男性のすすり泣きが劇場のあちこちから聞こえてきましたヨ。もちろん私もとっても気持ちよくボロ泣きしちゃいました。原作の...
カノンな日々  2005年11月27日(日) 11時49分
駅や繁華街などの雑踏の中で、他人のちょっとした行動が気になる・目につく・イライラ
ココロにおいしいシネマ  2005年11月27日(日) 11時39分
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。
■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWA...
京の昼寝〜♪  2005年11月27日(日) 11時20分


「ALWAYS/三丁目の夕日」

評価 ★★★★★
(4.5)


『あらすじ』

 昭和33年、日本は高度成長期を前に人々は、期待に胸膨らませ暮らしていた。東京では、
東京タワーの完成が近づきつつあった。春、集団就職で青森から上京した星野六子(堀...
何を書くんだろー  2005年11月27日(日) 11時20分
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。

時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
☆ 163の映画の感想 ☆  2005年11月27日(日) 11時10分
----うわあ、なにこれ?東京タワーが壊れている。
しかもその前を路面電車が走っている?
「(笑)これはね。いまだに根強い人気を持つコミック
『三丁目の夕日』を実写映画化したものなんだ。
舞台が昭和33年。というわけでこれは建設中の東京タワー」
----それって撮影...
ラムの大通り  2005年11月27日(日) 11時02分
10月16日(日)「ALWAYS 三丁目の夕日」 一ツ橋ホールで鑑賞

昭和33年まだ東京タワーが建築中。作品中どんどんタワーが高くなっていく様子がちょっと嬉しい。たいした作品では無いだろうなんてタカをくくって見に行ったら、それはそれは作品の中に入り込...
てんびんthe LIFE  2005年11月27日(日) 10時54分
 今日は友人に誘われ、中央公会堂で開催される「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会に行った。

 前半、「スペシャルオリンピックスの魅力」と題してNPO法人スペシャルオリ
machan blog  2005年11月27日(日) 10時51分
昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の...
はむきちのいろいろ日記  2005年11月27日(日) 10時42分
ALWAYS 三丁目の夕日

監督:山崎貴
出演:堤真一/吉岡秀隆/小雪/薬師丸ひろ子/掘北真希/もたいまさこ/三浦友和/他

昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オート
マボロシログ  2005年11月27日(日) 10時39分
バップ
-ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつ


「ALWAYS 三丁目の夕日」
昭和33年の東京を舞台に、心温まる作品。
133分の上映時間中、最後まで心地よい時間を過ごせました。
素晴しいストーリーと映像。

私が生まれる以前の話。
予告で観た、再現された東京の
わたしの見た(モノ)  2005年11月27日(日) 10時38分
観賞日:05.11.18 観賞場所:シネプレックス幕張
「ALWAYS 三丁目の夕日」オフィシャルサイト」
東京タワーが建設された昭和33年。そこには、今の日本にはない、人々の素朴な明るさと希望があった。
今の僕らが忘れかけた日本人の心がここにあった。
<ス...
けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ  2005年11月27日(日) 10時31分
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・

 長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け...
ネタバレ映画館  2005年11月27日(日) 10時27分
西岸良平氏の長期連載漫画 『三丁目の夕日』 を「リターナー」の山崎貴監督が映画化。

東京タワーが作られた昭和33年の東京。下町の自動車修理工場:鈴木オートに東北から集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。期待はずれのボロ工場と短気な工場主(堤真一)に愕然...
粗製♪濫読  2005年11月27日(日) 10時24分
お店に『三丁目の夕日』のコミックスが何巻かある。 大好きなお客さんいて、土曜日の
喫茶店日誌  2005年11月27日(日) 10時22分
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]@吉祥寺で鑑賞。
「困った時に使ってね」って、あの文字は小学生にちゃん
と読めたのか。ひらがなでよかったのでは。

でも、よかった。またまた感動してしまった。

昭和33年。東京タワーが建った年。
東京の夕日町三丁目には、個性的...
アロハ坊主の日がな一日  2005年11月27日(日) 10時08分
ん、試写したのはずいぶん前だったからあっためてたらいつの間にやら公開一週間前じゃないかね。てことで、ちょっとうろ覚えになってきちゃったけど感想を。コミックが原作とのことですが、まったく知りませんでした。ほのぼの系らしいね。
ALWAYS 三丁目の夕日

正直...
APRIL FOOLS   2005年11月27日(日) 10時05分
SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
Akira's VOICE  2005年11月27日(日) 9時54分
Hさんありがとう♪
ビッグコミックオリジナルに連載中の「三丁目の夕日」の映画化です。

思わず涙してしまいました。
(T_T)★★★★★★★★☆☆
http://www.always3.jp/
原作:西岸良平「?
♪日々 新鮮♪  2005年11月27日(日) 9時51分
9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この「ALWAYS 三丁目の夕日」。

以前もこういう出掛ける前の試写会ってあったな〜。もっと余裕を持って準備をしたいん...
欧風  2005年11月27日(日) 9時28分
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★

ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……...
ミチの雑記帳  2005年11月27日(日) 9時20分
暖かな希望。過去には未来があって、人は元気だった。 昔は良かったというのは、今は
RAKUGAKI  2005年11月27日(日) 9時13分
ダイハツの「ミゼット」に乗ったことがあります。まだ現役で市内を走行している路面電
cococo  2005年11月27日(日) 9時10分
昭和30代のテーマパークというか博物館みたいな映画。たとえば年越しの上野発青森行きがあんなにすいているはずないじゃん、テント村つくって並ばせていたんだぜ、みたいなところとかいろいろ言い出せばあるけれど、まあ、許してしまおう。なんたって涙がちょちょぎれる...
梟通信〜ホンの戯言  2005年11月27日(日) 8時32分

当初観る予定には入っていない映画だった。
子供で泣かせようなんざ許せねぇ、と思っていたし、みんなで
「あの頃はよかったよな〜それに比べて今の世知辛い世の中・・・」
なーんて後ろ向きなハナシするのもイヤだったしね。
・・・んだが!
あんまりまわりの評判...
龍眼日記 Longan Diary  2005年11月27日(日) 6時58分
評価:85点{/fuki_osusume/}

ALWAYS 三丁目の夕日


原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。

涙もろい私にはかなり毒です。

体内の水分がかなり減りました。

水分補給必須の作品となっています。


舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始め...
平気の平左  2005年11月27日(日) 5時32分
現在劇場上映中の「ALWAYS?三丁目の夕日?」を淡路東宝で見てきた。
 そしたら、貸し切り状態だった。観客は私ひとり。

淡路をご存じない方のために。
大阪市の一番北に位置する下町で、私の住んでいる吹田市に隣接している。私の家からは二駅、約十分。


い...
映像職人'舞'録゛  2005年11月27日(日) 5時16分
20世紀は良かったなどと言うと、それでは浦沢直樹氏『20世紀少年」のような話になってしまいますが、「ALWAYS 三丁目の夕日」も、1400万の発行部数を誇る、西岸良平の傑作コ...
話題のナレッジベース  2005年11月27日(日) 3時43分
携帯もパソコンもTVもなかったのに、
どうしてあんなに楽しかったのだろう。

人気コミック「三丁目の夕日」
東京タワーが建設中の昭和33年が舞台。

とっても素敵な映画でした。

オープニング、子供達が飛ばした紙飛行機が空を舞い
「ALWAYS 三丁目の夕日」とタイトルバ...
アンナdiary  2005年11月27日(日) 3時11分

昭和33年、東京下町を舞台に繰り広げられる人情味溢れた物語〜〜
邦画では久々に‘イイモン’観たって感じがする。
この時代はさすがにまだ生まれていなかったので「懐かしさ」こそあまり感じなかったが、あの‘東京タワー’が建設されるころ〜〜終戦から10年以上経て「....
future world  2005年11月27日(日) 3時07分
意外だった!意外に名作だったのだ!

試写を見逃してもう観ることはないのかしら…
と思っていたところ、1chと行くことになった。

明るい未来を胸に、上京してきた六子(むつこ)の
就職先は、予想以上におんぼろな自動車修理工場の鈴木オート。

でもあったか...
シネマのしたため  2005年11月27日(日) 2時43分
戦後の高度成長期を背景に繰り広げられる人情劇。
人間っていいね、とウェルメイドに浸れる。


★「ALWAYS 三丁目の夕日」
 2005年日本、132分
 監督:山崎貴
 出演:吉岡秀隆
    堤真一
    小雪
    薬師丸ひろ子
    堀北真希


★Story
...
cinema capsule  2005年11月27日(日) 2時42分
 昭和30年代前半の日本を描いた傑作。東京タワー建設中の東京に集団就職のために青森から上京した六子が住み込む鈴木家(鈴木モーター)と、その向井の売れない小説家を中心とした、ほのぼのとしていて、そしてクスッと笑える、あったかい話だ。映画館で見るつもりはサラ...
気ままなNotes...  2005年11月27日(日) 2時39分
2005年日本監督)山崎貴出演)吉岡秀隆 堤真一 小雪 薬師丸ひろ子 堀北真希 三浦友和満足度)★★★★☆ (満点は★5つです) TOHOシネマズ市川コルトンプラザにて 昭和33年、夕日町三丁目。自動車修理工場鈴木オートを営む鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師...
セルロイドの英雄  2005年11月27日(日) 1時56分
日本 133分
監督:山崎貴
出演:吉岡秀隆
    堤真一
    小雪
    薬師丸ひろ子



昭和33年、東京下町の夕日町三丁目を舞台に人情&個性豊かな人々が繰り広げ
る心温まる人間模様。西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化。

この...
Saturday In The Park  2005年11月27日(日) 1時49分
この映画を観ていて「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」を思い出した。
「昭和」に限りないノスタルジーを感じ、思い出の世界こそ理想と考える一団が、古き?
ノラネコの呑んで観るシネマ  2005年11月27日(日) 1時44分
2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf