「ヒトラー 〜最後の12日間」彼も普通の人間だった

2005年08月08日(月) 16時55分
「ヒトラー 〜最後の12日間」★★★☆
ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ主演

1945年4月20日
ソ連軍の砲火が
押し寄せるベルリン。

敗戦を疑わない者は
いない状況で
史上最も有名な独裁者とその
側近達の12日間。

彼がヒトラーであることを除いてしまえば
敗れ去るものの、「哀れ」や
奈落に落ちていくその加速度に
ともすると感情移入さえしてしまう。

そして当たり前のことに気がつく。
彼も普通の人間なのだと。

だからこそ、人間が人間でなくなる「狂気」を
誰もがはらんで生きていることを
肝に銘じなければいけない。

先日の朝日新聞の「首相の靖国参拝」について
作家の渡辺淳一が書いていた文章が
忘れられない。

「われわれと同じ血が流れている、家族思いで
優しかった父や祖父やその上の人たちが、
戦争という狂気のなかで、狂人になったことがあるのだから」

怖いという簡単な言葉で片付けられない
重い事実だ。

そしてこの映画のように、その当事者を
等身大で描くという行為に誇らしい気もする。
そうだ人間は学習し、そして必ず立ち直れると。

「戦後」は終ったという雰囲気がある。
この映画を見終わって、日本の「戦後」はまだ終っていないと
痛感した。
まだまだ復習が終っていないのだ、正しい認識をして
本当に理解し、周囲の理解も得られて初めて終るのだと。

骨太な記録映画のような2時間半。
どこか足らない部分もあるが、それをこの映画に求めない。
足らない「事実」は自分で自ら進んで知るべきなのだから。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

@@動員@@
上映2週目の午後、建物の外まで客の列が続いていた。
こんな地味目の映画にこんなに沢山の人が集まることに
感激しつつ同じ暗闇に座る、至福の時


  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/243
トラックバック
トラックバックURL:
原題:Der Untergang
1945年5月7日、第3帝国は終焉を迎える。ドイツ・ナチス総統ヒトラーが4月20日に地下要塞に籠もり自殺するまでの最後の12日間の悲劇の物語・・



この映画、歴史家ヨアヒム・フェストの「ダウンフォール」と、ヒトラーの秘書トラウ...
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル 主演 ブルーノ・ガンツ 2004年 ドイツ/イタリア映画 155分 ドラマ 採点★★★★ “理想”を貫き通すには、多くの犠牲が払われる。やがて“理想”は“妄想”へと成り代わり、人々を巻き込み、正常な判断すら出来なくなり、さらに多く...
Subterranean サブタレイニアン  2006年02月24日(金) 17時55分
    以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品を発表して大いに評判となりました。単なる事件の記録にとどまらず、この戦場におけるドイツ側、ロシア側そ...
~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録  2005年11月06日(日) 17時42分








監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ラーラ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン

評価:90点(100点満点)

公式サイト

ヒトラーも一人の人間だったということか。
いや、ヒトラ...
『ヒトラー〜最期の12日間〜』
【※ネタバレあります※】



原題:DER UNTERGANG
製作年:2004年
製作国:独国  155min.

・監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
・製作:ベルント・ア?
人間喜劇  2005年09月26日(月) 14時03分
ヒトラー ~最期の12日間~

1945年4月20日、ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。
ヒトラーとその側近たちは総統官邸の地下要塞に避難していた。
もはや敗戦を疑う者はいなかったが正常な判断力を失ったヒトラーは、わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じさらに状況を悪...
とりあえずな日々(仮)  2005年09月26日(月) 7時29分
「ヒトラー 最期の12日間」

敗戦直前のヒトラーを描いた作品。今まで表舞台ではナチスドイツの傲然たる独裁者として描写されていたが、本作品では1人の人間としての脆さを抱えた姿が描かれる。
ヒトラー役はブルーノ・ガンツ。

そこまで残虐なシーンがあるわけ...
泥海ニ爆ゼル  2005年09月21日(水) 2時00分
      

? 公式HP http://www.hitler-movie.jp/




ブルーノ・ガンツのヒトラーは、私の記憶にあるヒトラーの写真や映像によく似ていた。
そして、少し弱弱しい。
背中は丸く、いつも背中に回された左手が震えている。パーキンソン氏病だったとは...
◆Ahaha堂本舗◆  2005年09月16日(金) 9時07分
ヒトラー〜最後の12日間〜公式サイトマメ情報 ジャンル;ドキュメンタリー  制作年度/国;'04/独                  配給;GAGA  上映時間;115分      監督;オリヴァー・ヒルシュビーゲル      出演;ブルーノ・ガンツ、アレクサ...
ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ  2005年09月02日(金) 12時25分
「ヒトラー?最期の12日間?」観ました。


監督は「es」のオリウ゛ァー・ヒルシュビーゲル。
タイトル通りヒトラーとナチスドイツの終焉を秘書の眼を通して描かれます。

首都ベルリンの地下要塞に潜り、
地図上でしか見ない軍隊に指示を出す。
時に激昂したり、時に人間的...
宇宙のめいぐると  2005年09月01日(木) 21時49分
この映画は第三者的視点で、客観的に描かれている。
一区切りを付ける今日はヒトラー以外の人物に焦点を。

生きることを選び生き残るために歩いた、個人秘書トラウドゥル・ユンゲと
明日の時代を生きる象徴と思われる(両親は殺害された)少年。

ベルリンに残り滅...
どこにも言えないアレやコレ。  2005年08月31日(水) 23時40分
市原悦子主演「家政婦は見た!」ではなく、
「女性秘書は見た!ヒトラーの真の姿を!!」



映画の日、夜の部。この日4本目で最終。

「ロボッツ」、「ポケモン」の2本のアニメと、オバカ人形劇「チーム★アメリカ」を鑑賞後の歴史映画。
茶化したような書き出しで
「ヒトラー 〜最期の12日間〜」  (2004年 ドイツ映画)

私はヒトラーにはまったく興味がない。彼がたとえ、この映画のもととなる回想録を書いた、個人秘書のユンゲに優しかったとしても。映画を見て、彼に人間味を感じてしまうとしたら、それは、彼を演じたブルー...
記憶の鞄  2005年08月25日(木) 14時38分
お疲れ様 本日は皆様がお仕事されている中を午後から半休してしまいました
やっと観ましたよ ヒトラー?最後の12日間 忘れないうちに感想を述べておきます
最初に、ちゃあが好きなタイプの映画です
ただ、ヒトラーに関しては悪いイメージが先行してしまう人が多いの...
ちゃあの徒然日記  2005年08月24日(水) 23時14分
「ヒトラー-最期の12日間」 ☆☆☆☆
 「ヒトラー-最期の12日間」という映画の原作です。
 あの名作、ヴィム・ベンダース監督の「ベルリン−天使の詩」で天使をしていた
 ブルーノ・ガンツがヒトラーを演じる、ということで注目していた映画ですが、
 まず原...
ハムりんの読書  2005年08月21日(日) 20時23分
2005年8月18日


ヒトラー ?最期の12日間?
The Down Fall

彼の敵は世界

2005年7月9日、シネマライズ他全国順次ロードショー
2004年/ドイツ/カラー/155分
ドルビーSR、ドルビーデジタル/ビスタサイズ
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
ヒ...
☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!  2005年08月18日(木) 2時43分


明日書きます、と一昨日言っといて、すっかり忘れていました。

さて・・・のサブタイトルにもある様に、
この作品は、秘書を勤めたトラウドゥル・ユンゲの視点から見たヒトラーが、
極悪非道のイメージから、やや人間性のある人物として描かれた映画です。
それ...
わたくしぶろぐ おもしろぶろぐ  2005年08月16日(火) 20時38分

8月11日(木)名演小劇場にて
2004年2月に、私は『アドルフの画集』という映画を観た。独裁者になる前の青年時代のアドルフ・ヒトラーは絵を描くことが好きで、ある画商との出会いによって一時は画家を目指すのだが、次第に政治運動に傾倒して行った…というストーリ...
日曜に行ったのが間違いだったか、初回から最後までずっと満席でしたね。ついでに隣の「皇帝ペンギン」も。本当は2作とも見たかったんだけど、3時間待って、こちらだけ鑑賞してきました。

ヒトラーの女性秘書ユンゲの視線で、たんたんと客観的に描いている。それがなお...
the borderland  2005年08月14日(日) 23時55分
★本日の金言豆★ヒトラーと、彼を作品で痛烈に批判したチャップリンは、同い年で誕生日も近い(チャップリンが4日年上)。 今の世の中で独裁者といえば、ツッパリ国家イラクのフセインか、拉致国家の金正日ですが、世界史上最も悪名高い独裁者といえばヒトラー。 いか...
 今日は「ヒトラー:最期の12日間(原題:Der Untergang 英語題:Downfall)」です。



ストーリー:
 1945年、独裁者ヒトラーは、地下壕に追い詰められて自殺する。その後、彼がいなくなったドイツ国内は混乱状況に陥っていく…その様子を、ヒトラーの側近であ...
Movie_Room_Poster!!  2005年08月14日(日) 12時05分
彼の敵は世界 川崎チネチッタに「ヒトラー 〓最期の12日間〓」がやってきたので早速見に行った。 僕はヒトラーというのは教科書や歴史番組で知る程度で、アメリカの...
賢者の贈り物  2005年08月14日(日) 1時52分
本日1本目は「ヒトラー 〜最期の12日間〜」です。
 
ヒトラーが地下の要塞で過ごした最期の12日間を秘書が明かす真実のドラマです。
個人秘書が明かす話なのでほぼ全て真実なのでしょう。
だから、この作品以上にヒトラーという男の人間性を知れる作品はないはずで
★☆★ Cinema Diary ★☆★  2005年08月14日(日) 1時14分
観て来ました。
今月の映画館での鑑賞映画はヒトラー〜最後の12日間です。
なんかすげえ映画でした。
戦争って壮絶だな〜って。
なんか自決するシーンが多くて、まるで日本みたいだなって思いました。
自決する国って日本だけかとおもってたけど、何所の国も敵に殺...
ヨチズミア  2005年08月12日(金) 22時20分
出演:ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ、コリンナ・ハルフォーフ、ウルリッヒ・マテス他
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
原題: Der Untergang                      2004年 ドイツ
ネタバレ含んでいそう...
ゴネの独り言。  2005年08月11日(木) 5時30分
>ヒトラー 最後の12日間
まずはこれほどにセンセーショナルな、いくつ「超」を並べても足りないほどの問題作が「タブー」という言葉のもとに埋没させられることなく、歴史を再考して風化させまいとする「試み」の一形態として無事に保全されてくれた事を心から喜びたい...
TRUE−TIME WEB−LOG  2005年08月11日(木) 1時55分
「ヒトラー 〜最後の12日間」試写会
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
CAST ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ・・・

story
 1945年4月20日、ベルリン。首相官邸の地下要塞に退去していたヒトラー。彼は、敗戦のいろが漂う中ある決断をする。ヒト
ミチミチ  2005年08月11日(木) 1時38分
ドイツ人自らが負の歴史に向き合ったリアルで見ごたえのある誠実な作品。

1942年11月、トラウドゥル・ユンゲという女性がヒトラー総統の個人秘書に採用される。そして、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線末期の1945年4月20日、ベルリン。ソ連軍の砲火を避けるため、ヒトラ...
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY  2005年08月10日(水) 0時34分
戦後60年の今年に、
映画「ヒトラー〜最期の12日間〜」が7月9日から公開されるそうです。

私は,ヒトラーと聞くと,
音楽を政治に濫用した人という風に連想してしまいます。

そして,ナチス政治に翻弄された,たくさんの音楽家たちを連想します。



ヒトラ
ひとり語り  2005年08月09日(火) 17時36分
東京国際フォーラムホールD1「ヒトラー 〜最後の12日間〜」試写会。オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督がインタビューで「ヒトラーを人間的に描くというタブーに挑戦した。しかもドイツ人の自分が」という様な事を話していた。 主演のブルーノ・ガンツも「この役を引き受ける..
試写会帰りに  2005年08月09日(火) 4時21分
渋谷のシネマライズで、並びに並んで、『ヒトラー 〜最期の12日間〜』を観てきました。先月のドイツ映画祭にも出品されていた本作は、ヒトラーの秘書の証言をもとに描かれた、かなりの「問題作」です。

どれくらい「問題」であるのかというと、普通はいいことばかり書...
西欧かぶれのエンタメ日記  2005年08月09日(火) 4時08分
邦題:ヒトラー 最後の12日間 原題:The Down Fall 監督:オリバー
Pocket Warmer  2005年08月09日(火) 1時34分

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演:ブルーノ・ガンツ
    アレクサンドラ・マリア・ラーラ
    ユリアーネ・ケーラー
    トーマス・クレッチマン

2時間半の長丁場なのに睡魔はおろか中弛みも一切感じませんでした。
実際にヒトラーの言動を傍で
Saturday In The Park  2005年08月09日(火) 0時45分
邦題:ヒトラー 最期の12日間(Downfall)
『1945年4月20日、ベルリン。ソ連軍の砲火を避けるために、ヒトラーはドイツ首相官邸の地下要塞に退却していた。すでに正常な感覚を失っていたヒトラーは部下に実現不可能と思える作戦を熱く語っていた。離れてゆく側近、近づくソ...
なおのオススメ文芸。  2005年08月09日(火) 0時37分
リバイハルの「ローマの休日」を観ながら感動して泣いている友人に構わず麦チョコを横でボリボリ食べて顰蹙をかった事がある私ですが社会派とか言われている作品は結構好きだったりします。それで『ヒトラー 最後の12日間』。防空壕で過ごした最後の12日間をドキュメント...
本日的一句  2005年08月09日(火) 0時06分
まぁ、今日はカープのキムタクさんが面白すぎるご活躍をされたわけですが、それは次回にとっておいて、映画のお話から。『ヒトラー?最後の12日間?』がいよいよ日本公開となりました?今日からだったんですね。試写会申し込んでたけど外れたみたい。野球の予定が立て込ん...

昨日のニュースで、この映画が紹介されてました。ドイツで物議をかもし出しているという内容と共に、役者と監督、著者の秘書だった女性のインタビューが流れました。

《関連記事を抜粋》

ナチス・ドイツの指導者ヒトラーを描いた映画作品が、さきごろドイツ国内で公
晴れ、ときどき 三匹と一緒。  2005年08月08日(月) 20時52分
−世界震撼。全てを目撃した秘書が今明かす衝撃の真実。− −彼の敵は世界−(日本語版コピー) −April 1945, a nation awaits its ... −(Tagline in English) 日本語版タイトルが表しているように、ヒトラーの最後の日々を描いた映画。ドキュメンタリーを観ているようだ..
Calling you  2005年08月08日(月) 20時19分
非常に重厚な映画でした。
おもしろいとか、おもしろくない、の物差しでははかれません。
でも、見る価値はあります。
睡眠十分とってから、見に行ってね!

なんたって、ヒトラーのごく身近で、
彼自身と、彼が作り上げた組織の
暴走と狂信と崩壊を
目の当たりに...
王様の耳はロバのママ  2005年08月08日(月) 20時06分
辛かった。異常なのは、人なのか情勢なのか。シチュエーションを醸し出す土壌となるも
cococo  2005年08月08日(月) 20時04分
映画感想「ヒトラー〜最期の12日間〜」
【評価】★★★★
【感動】★★
【笑い】★★★
【エロ】★
【凄味】★★★★★
試写会が当たったんで行ってきました。
いやー、凄い映画。凄い。いろんな意味で凄い。

ヒトラーの秘書のユンゲという女性が一応、主人公で
三匹の迷える羊たち  2005年08月08日(月) 18時19分
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf