映画「マッド・マックス 怒りのデスロード」こんな未来が来ませんように!核兵器反対!

2016年06月01日(水) 19時09分
映画「マッド・マックス 怒りのデスロード」★★★★WOWOW鑑賞
トム・ハーディ、シャリーズ・セロン、
ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーン 出演

ジョージ・ミラー 監督、
120分、2015年6月20日公開
2015,アメリカ,ワーナー・ブラザース映画
(原題/原作:MAD MAX: FURY ROAD)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「メル・ギブソンの出世作となった
アクション・シリーズ『マッドマックス』の
30年ぶりの新作。
近未来の荒廃した大地を行く
天才ドライバーにしてタフガイ、
マックスの新たな死闘が繰り広げられる。
『ダークナイト ライジング』のトム・ハーディが
ギブソンの跡を継いで主人公を熱演。
ヒロイン、シャーリーズ・セロンの
スキンヘッドの怪演も見もの。」

ぴあ HPより

第88回アカデミー賞受賞
・美術賞
・衣装デザイン賞
・メイクアップ&ヘアスタイリング賞
・編集賞
・音響編集賞
・録音賞



今年もwowowで中継された
アカデミー賞の授賞式を見たが
前半はほとんどこの映画が
受賞していたような雰囲気、
さすがに作品賞等の主要賞は逃したが
それでも充分にインパクトがあり

是非見たいと思っていたが
劇場へはいけず
イタイミングでwowowで放送されたので
録画しておいて見た。


映画の感想の前に
名古屋の住人としては
「伊勢志摩サミット」が無事に終わって
オバマ大統領が広島訪問と
象徴的な出来事が身近で
起こって、「核」について
また考えたりした。



そういう意味でも良い機会だった。
この映画でも描かれているが
「核兵器」は一瞬で、未来を
この映画を現実とさせてしまうのだと。

ああ、映画で良かったと。


大ヒット映画の続編でもなく、
リメイクでもなく、
どういう位置づけか分からんが
核戦争後の荒廃した大地で
僅かに生き残った人類が
ただひたすら生きるために戦う。


水と食料とガソリンを求めて
何も無さそうな砂漠を進むんだけど
とりあえずは
どこかに理想郷みたいなものは
あるのかもしれないが
この映画は、とりあえず
「悪」があるとして
そこからひたすら逃げて
最後は真っ向勝負して勝利を勝ち取るというもの。

アクション映画としては
出来は良いと思う、
「そうきたか!」という
戦い方や繰り出す技が
思ってみなかったりして
それだけで楽しめる



砂漠が延々と続くような世界なら
一匹狼じゃなく
多くの人と集まって
水や食料を確保したほうが
生き残れる確率は高いと思うが
そのあたりが主人公はどういう位置づけなのかも
良く分からない。



とりあえず巻き込まれて
なるようになる・・・
そんなストーリー

まあ、アカデミーの演技賞はムリ、
何故この映画がこんなに
多くのご褒美をもらったのか
もうひとつ納得は出来ないが
こんな映画が評価されること自体
面白いし、悪くないので
アカデミーの変化?に
期待したい。

それでもやはり、
アクション映画が好きじゃないと
この映画、面白くないだろうな、

自分は充分に楽しめた、
大画面で見たらもっと楽しめただろうな。


本日の教訓
シャリーズ・セロンは、アカデミー主演女優賞も
取っているが、かなりチャレンジャーだ、
見習いたいね(どこをどう見習うかは不明)


★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2421
トラックバック
トラックバックURL:
アドレナリンマックス!まさに血沸き肉躍るとはこのことです。このところ80年代の作
はらやんの映画徒然草  2016年06月23日(木) 21時56分



☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
6月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:05の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2016年06月05日(日) 17時06分
長い事『歴史に残る傑作』と思っていた「マッドマックス サンダードーム」
その後見返してみると、サンダードーム以外はただ走るだけだなぁ・・・と思っていたのが、過去3部作と同じジョージ・ミラー監督の手によって、3部作を合わせたメガ傑作となって戻ってきた!!
ノルウェー暮らし・イン・原宿  2016年06月04日(土) 23時44分
狂気が、荒野を覆い尽くす!

30年ぶりの「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、恐るべき熱量を持つ映画である。
近年は「ベイブ」や「ハッピー・フィート」など、すっかり動物映画の人になっていたジョージ・ミラー監督は、たまりにたまったマグマが噴出するように、バイオレンスなエナジーを大爆発させる。
上映時間2時間のうち、95%は終末世界の荒野で繰り広げられるバトルアクション。
トゲト...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2016年06月04日(土) 22時23分
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 を試写会で鑑賞しました。

やっぱり、3Dは不要だね
そんなこたぁどうでも良い! まぁ兎に角すげぇ映画だわ

【ストーリー】
 資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。


お前のMADが目を覚ます。 という宣伝文句を下ネタっぽいなぁとか思って観た訳であるが
これは、ジョージ・ミラー監督はキチガイだわ。。。という最高の映画であった。
いくら金が掛かっているかと調べたら1億5千万$であった。
まぁあれだけのことを天下の砂漠で撮るんだから半端ない。
トム・ハーディも吊るされたり、縛れたりで、こんなのもうやりたくないんじゃないか
という程の観ていて痛々しい内容なのである。
それに、シャーリーズ・セロンもあんな格好で...
【概略】
石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックスは愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ、全身白塗りの男ニュークスと共に自由への逃走を開始する。
アクション



映画館鑑賞。
ヤバイ!すげぇ面白い!!…とりあえず問答無用に雄たけびをあげたくなる。ヒャッハーー!!!

マックス役にトム・ハーディ。共演にシャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じたヒュー・キース・バーンら。

とにかく、アクションの凄さにブッたまげる。それに改造車も!巨大な太鼓を積んでドンドコドコドコと叩きながら併走するダンプカー、火を噴くデス・ギター、車についてる棒の先に人間がぶら下がり、ビュンビュン飛んで車に飛び乗るしで。もうなんか…お祭り!?みんな狂ってる!!

この作品を70歳台のジョージ・ミラー監督が作り上げたってのも驚きだけど、30年たっての新作って事で、その間、頭の中ではこの狂った世界の構想がよぎり猛りまくっていたんだろうと考えると、マッド!...
いやいやえん  2016年06月01日(水) 21時03分
マッドマックス 怒りのデス・ロード@ワーナーブラザース映画試写室
あーうぃ だにぇっと  2016年06月01日(水) 20時36分
ジョージ・ミラーとメル・ギブソンの79年公開の「マッドマックス」を劇場で見た自分にとって、約35年ぶりの新作はド派手なアクションのてんこ盛りだった。悪役の一味の所業は荒廃した近未来を生きる究極の知恵なんだけど、見所はやっぱり車やバイクのアクションだ。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2016年06月01日(水) 19時54分
実はセレブの美女ロード(load)
公式サイト。オーストラリア映画、原題:Mad Max: Fury Road。ジョージ・ミラー監督。トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2016年06月01日(水) 19時45分
2016年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf