「フライ,ダディ,フライ」カッコ悪いは、カッコ良いのだ

2005年08月06日(土) 9時43分
「フライ,ダディ,フライ」★★★☆
岡田准一、堤真一主演

人は鳥のようには飛べない。

それは明らかなことだ。
でも空想の中でさえ、
もう飛ぶことを
諦めている。

心の中は、もっと自由で
限りなどなく、何でもできるのに、
その中でさえ自分で限界を決めている。

やりたいことなら
やればいいのに、
やらないことの理由を他に求めている。
誰も救ってくれないのにね。

映画の主人公が迷いながらも
「頑張っている」姿が、見ているこちらを熱くさせてくれる。
頑張るという言葉がネガティブな
カッコ悪いことのような雰囲気があるが
流した汗を美しく感じることで
そんなことはないと教えてくれる。

この映画は舞台を見ているような
時に過剰な演出が気になるし、ちょっと
恥ずかしいセリフもある。

しかし微妙なさじ加減で
そいういものさえ感動に結び付けている。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/242
トラックバック
トラックバックURL:
この作品はDVDを見る前に流れる映画紹介で、ある程度 あらすじを知っていました。 『結構面白そうだな~』って言うのが第一印象。 過度に期待しすぎても良くないけど... 結構楽しみにしていました。秊 結論は『good』というところでしょうか。&#63...
この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!  2006年09月06日(水) 5時40分
格闘技ファンならお馴染みの須藤元気が高校総体ボクシングチャンピオンの敵役で登場する。暴力は感心しないが、ロッキーしてプライドもしちゃう・・



平凡なサラリーマンの鈴木一(堤真一)、妻の鈴木夕子(愛華みれ)に娘の鈴木遥(星井七瀬)、ある日娘がカラオケで不良...

【story】
在日韓国人の高校生・朴舜臣(岡田准一)が、 "おっさん"こと鈴木一(堤真一)に出会ったのは、 夏休み前日の終業式だった。鈴木は、 自分の娘を傷つけた石原という生徒を探して学校に乗り込んできたのだが、 舜臣に一発でKOされてしまう。しかも、 鈴木は乗り込...
NOW☆MAY☆room〜まいのシネマノート  2006年06月30日(金) 23時21分
痛快な映画でした。
喧嘩なんて全く知らないお父さんが、ある日、幸せな家族の絆を壊されるように、大事な一人娘を暴漢が襲います。
まぁ、お茶でも  2006年04月07日(金) 1時41分

フライ,ダディ,フライ(2005/日本) オススメ♪

 鈴木一は愛する妻と自慢のひとり娘がいる平凡なサラリーマン。ところがある日、その大切な愛娘が男子高校生に殴られ入院してしまう。相手の石原という男はボクシングの高校チャンピオン。娘はすっかり心を閉ざして...
みかんのReading Diary♪  2006年01月10日(火) 15時40分
【ストーリー】高校生・朴スンシン(岡田准一)がおっさん鈴木一(堤真一)とであったのは、夏休みの前日終業式の日だった。おっさんは 自分の娘(なっちゃん)を傷つけた石原(須藤元気)がいる高校に包丁を持って乗り込んだ・・・・ハズだった校門前「石原を出せぇ」の声もむな....
映画大好き☆  2005年11月17日(木) 22時46分
第151回

★★★★(劇場)

 これは「復讐劇」だ。

 愛する娘を暴行された父親が、犯人を叩きのめそうと体力改造を図る。

 これは「大人のファンタジー」だ。

 父親は犯人を警察に突き出すことよりも、真剣勝負を挑むことを選択する。

 そして、こ
まつさんの映画伝道師  2005年08月15日(月) 10時13分
大切なものをとりもどす、最高の夏休み! <ストーリー> 絵に描いたような円満な
any's cinediary  2005年08月14日(日) 17時23分
今年41本目の映画「FLY,DADDY,FLY」を友人と見に行く。
私も彼女も岡田くんのファン。

だから初日にというわけではないのだが、友人が多忙につき、なかなかスケジュールが合いそうになかったので、結果的に初日になってしまった。

円満な家庭で幸せな生活を送って...
まきまきにっき  2005年08月13日(土) 14時51分
いや〜、岡田さんも堤さんもカッコよかった!!
舜臣のぶっきらぼうだけど、だんだん気を許して行くところ、
鈴木の情けないおっさんから、どんどん頼もしくなっていくところ、
なかなか面白く見る事ができました。
ネタバレすんのもいやなので、詳しく書きませんけど...
ちびっ子のミーハー日記  2005年08月10日(水) 0時19分
この世で最後のひとりになっても守ってやれるのはオレしかいなかったのに…ごくごくありふれたサラリーマン鈴木一(堤真一)は、出来がよくてかわいい娘が唯一の生きがい。ところがある日、その娘がなぐられて怪我をしたという知らせが。駆けつけると、相手はインター杯連...
美月らしく  2005年08月08日(月) 13時07分
断言します。『バットマン・ビギニンズ』なんかより、数段すごい!!
ねこのひたい〜絵日記室  2005年08月08日(月) 11時34分
堤 真一、岡田 准一共演(2005年)

これは最高に素晴らしく上質で深みのある面白い映画でした!久々に映画で大笑いしました。
監督にありがとう と一言伝えたいです。

邦画を映画館で見るのは多分「ハウルの動く城」以来(あれはアニメか)でした。あまり見る機会が...
自然に生きる 映画に生きる  2005年08月08日(月) 11時27分
‘飛べ、おっさん、飛べやぁ〜’堤真一扮する真面目なサラリーマンのおっさんの底力を見せ付けてくれる元気の出る映画。

大事な一人娘を傷付けられて、その相手をいつか必ず!とぶちのめしてやりたくて、トレーニングに励むというそんな努力の日々。。。
ぶっきらぼうで
雑板屋  2005年08月08日(月) 2時55分
「フライ,ダディ,フライ」■あらすじ■娘にケガを負わせた高校生の高校に中年サラリーマンの鈴木(堤真一)が乗り込み、落ちこぼれの高校生、朴舜臣(スンシン・岡田准一)が彼を鍛える話。どうしても石原をやっつけたい、鈴木(堤真一)は、スンシン(岡田准一)に、喧嘩...
おしゃれ手紙  2005年08月08日(月) 1時13分
 「勝つのは簡単だよ。  問題はその向こう側にあるものだ。」 「恐怖の向こう側にあるものを見せてやるよ。」 個人評価 ★★  『 映画雑感 』
cinema days 『映画な日々』  2005年08月08日(月) 0時39分
「飛べ!おっさん、飛べ!!」(FLY,DADDY,FLY)



所用で木曜休んだので、水曜のレイトショーで鑑賞しました。
水曜レイトだというのに結構入っていたなー・・・


「GO」で直木賞を受賞した、金城一紀の原作の映画化。
漫画(それもクレヨンしんちゃん、4コマ漫
★『FLY, DADDY, FLY』原作・脚本:金城一紀 監督:成島出 出演:堤真一 岡田准一 
 主題歌:Mr.Children「ランニングハイ/四次元」
 ⇒@『FLY, DADDY, FLY』公式サイト
=========================================================
*笑って、泣けて、清々し...
夕暮れの匂いに空を見上げる  2005年08月07日(日) 21時40分


フライ,ダディ,フライ

全館リニューアルしたシネマデプト友楽で、早速観に行...
peaceful world  2005年08月07日(日) 20時11分
京の昼寝〜♪:『フライ、ダディ、フライ』で薦められて・・・ 行ってきました、「フ
物欲エントロピー  2005年08月07日(日) 18時01分
フライ、ダディ、フライ
金城 一紀
角川書店 2005-05-31by G-Tools

 先日のメモで書いたとおり、とっても楽しみだったんです。堤真一はマイブームだし、V6の岡田くんは文句ナシにかっこいいし。だからね、あまりにもドキドキしてチケットカウンターでこんなこと言...
にわうたぶろぐ  2005年08月07日(日) 16時33分


予告を観て前々から観たいと思ってた映画で
つい最近観てきました。
てか、ネタばれなので、気をつけてください。

感想としては、話自体はシンプルなのですが、
登場人物の個性や背景に
深いものがあり、かなり楽しめました。
主役の2人はまさにはまり役で、...
M2SK  2005年08月07日(日) 16時03分
塚本高史・佐藤隆太・岡田義徳 なんとも良いキャストを当てたもんだ(笑) 『木更津キャッツアイ』、『ロッカーズ』で共演して、原作の3人のように地元の友達感を醸し出す3人が、グダグダ感
コウの鑑賞人blog  2005年08月07日(日) 15時25分
本日4本目は「フライ,ダディ,フライ」です。
公開日以来の鑑賞です。
 
爽快とても清清しい気持ちです。最高でした
スンシン(岡田准一)が登場してからはもう楽しくて楽しくて
本日の締めくくりには最高の作品です。
 
感想は1回目の時とほとんど同じで
★☆★ Cinema Diary ★☆★  2005年08月07日(日) 13時53分
映画「フライ,ダディ,フライ」の感想です
ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-  2005年08月07日(日) 10時53分
昨日は舞台を見た後2本目の映画「フライ,ダディ,フライ」鑑賞。 かねてより期待していた映画なのですが、 なかなか期待に応えてくれました。 V6の岡田准一君と堤真一さん共演の映画で、 堤真一演じるおじさんが娘に乱暴した男と対決するために 岡田君演じる高校生に鍛...
エモーショナル★ライフ  2005年08月07日(日) 10時31分
【2005年7月9日(土) 新百合ヶ丘マイカル】 金城一紀原作小説の映画版。今
雨が降ろうが槍が降ろうが…  2005年08月07日(日) 8時50分
 一見するとあまり飾り気のないストレートな作品にみえますが、盛りだくさんの要素が詰め込まれています。  1番目は復讐譚。この作品のもっとも骨
シネクリシェ  2005年08月07日(日) 8時10分
成島出監督

金城一紀ゾンビーズシリーズの、或る夏休み物語。
もとい、
娘を傷つけられた「おっさん」と、彼の特訓に手を貸すことになった「おちこぼれ高校生」の、
友情(と一部打算?)の物語。

や、面白かったです。

ストレートな青春物語であり、おじさん再
BUNPITUノHIBI  2005年08月07日(日) 6時52分
製作国:日本
公開:2005年7月9日
監督:成島出
原作:金城一紀
出演:岡田准一、堤真一、須藤元気、星井七瀬、松尾敏伸、塩見三省、田口浩正、徳井優、温水洋一、モロ師岡

午後に家で観た映画『マトリックス レボリューション』で気分が滅入ってしまったため、気分転
外部デバイスへの記録  2005年08月07日(日) 2時03分
今日は、声を出して笑えそうで、さらに好きな堤真一が主演で、しかも誕生日月で1000円だったので、かるーい気持ちで観にいった『フライ,ダディ,フライ』です。

前知識もなかったし、のんきにシェイクをすすりながら観るはずだったのに…なんと感極まって落涙してしま...
西欧かぶれのエンタメ日記  2005年08月07日(日) 1時21分
監督:成島出
出演:岡田准一,堤真一,松尾敏伸,須藤元気,星井七瀬,愛華みれ,塩見三省


絵に描いたような円満な家庭で幸せな生活を送っている鈴木一。そんな鈴木の生活が、ある日、あまりにも突然にガタガタと崩れ去った。愛娘が殴られて入院したのだ。病院に向かった...
KINOKANAL  2005年08月06日(土) 23時59分
 郊外にマイホームを建て、仕事が終われば駅まで自分の妻と娘が車で迎えにきてくれるまるでドラマのように幸せな生活をしていたサラリーマンの鈴木(堤真一)。
 そんな彼の生活が一気に崩壊する出来事が発生する。
 娘が学校帰りのカラオケボックスで何者かの手により
映画大陸  2005年08月06日(土) 23時52分
【監督】成島出【出演】岡田准一/堤真一/松尾敏伸/須藤元気/星井七瀬/愛華みれ/塩見三省【公開日】2005/7.9【製作】日本【ストーリー】ブルース・リーが大好きなスンシン(岡田准一)とおっさん、鈴木一(堤真一)が出会ったのは夏休みの前日、終業式の日だった。...
シネマをぶった斬りっ!!  2005年08月06日(土) 23時29分
7月10日(日)TOHOシネマズ木曽川にて

2回目なので、ネタバレで書きます。
未鑑賞の方は、こちらをどうぞ。

期待を裏切らない面白い作品◆『フライ,ダディ,フライ』

いつも拝読させて頂いている『まつさんの映画伝道師』のまつさんは、この映画を「復讐劇だ」
6月21日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて

どうでもいいことかもしれないが、私は岡田准一のファンだ。
どのくらいのファンであるかというと、6〜7年くらい前に、自宅PCの壁紙は岡田准一だったのに、だからと言って「V6の(名古屋)レインボーホールのチケット
「電車男」に続き、試写会が当たってタダで観てきました!
原作は読んでいませんが、岡田くん主演の
青春映画、最近お気に入りの坂本真さんも出演!
ミスチルが主題歌を歌ってるということで、
非常に楽しみ!
なによりタダっていうのがイイですよね!!(笑)
って...
きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/  2005年08月06日(土) 12時24分
若手で今、こんなセクシーで演技も出来る役者はいないんじゃないか
(と私は思っている)岡田准一と、ドラマ「恋におちたら」を見て
かな?りファンになってしまった堤真一の初タッグ(だよね?)

鈴木一(堤)の最愛の一人娘・遥(星井七瀬)が不良に怪我を負わされ...
新×3 もろもろ日記  2005年08月06日(土) 12時16分
『フライ,ダディ,フライ』 試写会に行って来ますた。(7月8日に。)

前日「姑獲鳥の夏」の試写会に行ってまして、ちょっと期待はずれで「むむむー」となっている所に、こちらも「姑獲鳥の夏」と主演が同じ堤真一(笑)
実は原作、一度図書館で借りたのですが読まずじまい...
Such One Day  2005年08月06日(土) 11時29分
加藤 義一
『フライ,ダディ,フライ』VISUAL BOOK ~スンシンの哲学~

?


「フライ,ダディ,フライ」
金城一紀のゾンビーズ・シリーズを読破し、
原作の持つ爽快感を求め、いざ劇場へ。
期待通りの作品で満足です。
 
連休最終日にシネコンにて鑑賞。
「ポケ
わたしの見た(モノ)  2005年08月06日(土) 11時24分
元気が出るより,ハッキリ言って眠たかった!
Akira's VOICE  2005年08月06日(土) 11時17分
試写会組のみなさんの感想がわりと概ね好評だったのと桂木ユミさんとこのブログでも「マラソン」と同じような感動があったとのことで、オススメ作品となっていたので、でわちょっくら観てこようかなと気軽な感じで鑑賞してきました。原作などの予備知識はゼロでしたが、劇場
カノンな日々  2005年08月06日(土) 11時05分
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf