映画「フォックスキャッチャー 」ヒリヒリするような緊張感がラストまで

2015年02月22日(日) 11時07分
映画「フォックスキャッチャー 」★★★☆
スティーブ・カレル、チャニング・テイタム、
マーク・ラファロ、バネッサ・レッドグレーブ、
シエナ・ミラー 出演

ベネット・ミラー 監督、
135分、2015年2月14日公開
2014,アメリカ,ロングライド
(原題/原作:SIFOXCATCHER)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

今年のアカデミー賞の監督署、
主演男優賞、助演男優賞、脚本賞などに
ノミネートされている。



「『カポーティ』のベネット・ミラー監督が、
1996年に世界を震撼させた
財閥御曹司によるレスリング五輪
金メダリスト射殺事件を映画化。
孤独や名声、富などによってつながった
金メダリストと大富豪がたどった運命を
鮮烈なタッチで描く。
財閥の御曹司をスティーヴ・カレルが、
メダリスト兄弟をマーク・ラファロと
チャニング・テイタムが演じる。」

ぴあ映画生活 HPより


内容は全く知らずに見た、
冒頭に事実をベースにしていると
字幕が出た。



冒頭に主人公の経済的に恵まれない
生活が映し出される、
オリンピックで金メダルを取れば
アメリカならヒーローが
約束されていると思ったが
全部が全部じゃないんだなと実感。

メダルを掲げながらも
興味の無さそうな学生相手に
話をして20ドル
車でハンバーガーを食べ
ひっそりとしたひとりの食事風景。


そんな彼に大富豪から
ソウルオリンピックで
金メダルを目指す
レスリングチーム“フォックスキャッチャー”に誘われる


常に兄のデイヴを慕いながらも
彼の影響下で影のようになっている
自分を変えるためにも
デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンと
家族のような関係を築いていくが
そのチームに兄が合流したことで
変化が生まれていく。


誰もが羨むような財力と
尊敬を集めるジョン・デュポンの
内面にも迫ろうとしているが
自分には類型的に感じた、
母に認めてもらいたい幼子として
描いていたが
それだけでは核心に
迫り切れていないと感じた。

確かに一面ではあるが
それだけじゃないと。


ただし映画は勝利や後悔や
様々な心の葛藤を映し出しながらも
常に熱が感じられず
緊張感が全ての感情を押さえつけ
画面にひきつけられる、
これは凄い事だと思う



今年のアカデミー賞の監督署、
主演男優賞、助演男優賞、脚本賞などに
ノミネートされているが、
チャニング・テイタムは蚊帳の外、
まだまだ賞には遠い。
納得のノミネートだ。

月曜のwowow放送を楽しみにしている。

監督の作品では「カポーティ」も面白かった。
クリックすると記事へジャンプする。↓
「力ポーティ」演技とはこういうものだ、職人技を堪能
2006年10月01日(日
)


★100点満点で75点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2327
トラックバック
トラックバックURL:
【概略】
レスリング界で起こった実話を元に描くサスペンス。大財閥の御曹司、ジョン・デュポン率いるチーム“フォックスキャッチャー”と契約した金メダリストのマーク・シュルツ。だが、ふたりの主従関係は次第に崩壊していく。
サスペンス



なぜ大財閥の御曹司は、オリンピックの金メダリストを殺したのか?
1996年1月26日、世界的な化学メーカー、デュポン社の創業者一族の御曹司が、レスリングの金メダリストを射殺したのだ。変わり者として知られた大富豪と優秀なアスリートの間には、いかなる因縁があったのか。実話を元にした物語。
スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロと私の好きな俳優らが主演共演、見ごたえのある骨太なサスペンスになっていました。
人間の底にある感情…例えば劣等感や、コンプレックスが肥大化した状態など、その心理描写が凄い。特に、スティーヴ・カレルの異様さ…何を考えているかわからない人間の不気味さが凄く良く出来ている。
愛国心に燃える財閥の御曹司は、母親に認められたいという裏欲求の塊で、その母親役のヴァネッサ・レッドグレイヴ、これがまた出ている場面は少ないのだけれど圧倒的...
いやいやえん  2015年09月07日(月) 8時44分
24日のことですが、映画「フォックスキャッチャー」を鑑賞しました。

オリンピックで金メダルを獲得したマーク・シュルツはデュポン財閥の御曹司ジョンからレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に誘われる
同じく金メダリストの兄へのコンプレックスから抜けだす...
笑う社会人の生活  2015年04月26日(日) 22時43分



スポーツで食っていくのは大変。
それが例え、オリンピックのメダリストだろうと…


レスラーで、ロスオリンピック1984でメダルを獲得した主人公(写真:左)は、超リッチな富豪からの招待を受ける。
申し出は、自分の広大な土地内の、昔は狐狩りをしていた施設を改造...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  2015年03月07日(土) 19時09分
 『フォックスキャッチャー』を渋谷シネマライズで見ました。

(1)昨年のカンヌ国際映画祭で監督のベネット・ミラー(注1)が監督賞を受賞した作品だというので、映画館に行ってきました。

 本作の冒頭では、多数の猟犬を従えて馬に乗ってキツネ狩りをするシーンが描か...
映画的・絵画的・音楽的  2015年03月06日(金) 21時09分
『フォックスキャッチャー』 (2014)アメリカ
原題/Foxcatcher
監督/ベネット・ミラー
出演/スティーヴ・カレル  チャニング・テイタム  マーク・ラファロ  ヴァネッサ・レッドグレイヴ






1984年のロサンゼルス・オリンピックで金メダルに輝いたレスリング選手マーク・シュルツ(チャニング・テイタム)は有名な大財閥デュポン家の御曹司ジョン・デュポン(...
天邪鬼みーすけの映画な日々  2015年03月06日(金) 14時04分

1984年のロサンジェルス・オリンピックで、金メダルを獲得したレスリング選手のマーク・シュルツ(チャニング・テイタム)は、同じ金メダリストの兄デイヴ(マーク・ラファロ)を頼りにするも、マイナー競技ゆえ、次のソウル・オリンピックを目指すどころか、競技を続けるのもままならなかった。
ある日、デュポン財閥の御曹司であるジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、自ら率いるレスリングチーム結成...
心のままに映画の風景  2015年02月23日(月) 1時04分
大財閥の御曹司が、元オリンピックの金メダリストを射殺してしまう。 かなりセンセー
はらやんの映画徒然草  2015年02月22日(日) 22時31分
スティーブ・カレルがアカデミー主演男優賞、マーク・ラファロが助演男優賞にそれぞれノミネート。
そこに惹かれて観に行ったけど、そういう箔がついてなかったら普段は観に行っ ...
時間の無駄と言わないで  2015年02月22日(日) 22時28分
Foxcatcher(viewing film) 『フォックスキャッチャー(原題
Days of Books, Films   2015年02月22日(日) 16時08分
フォックスキャッチャー@一ツ橋ホール
あーうぃ だにぇっと  2015年02月22日(日) 12時02分
『フォックスキャッチャー』 を試写会で鑑賞しました。

今週はクタクタで。。。よく寝れる映画ですよ(笑)
ところでアンミカって誰なんだか

【ストーリー】
 大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、ソウルオリンピックに向けたレスリングチーム結成プロジェクトに勧誘される。同じくメダリストである兄デイヴ(マーク・ラファロ)と共にソウルオリンピックを目指して張り切るが、次第にデュポンの秘めた狂気を目にするようになる。

アカデミー賞5部門ノミネートとのことであるが、
作品賞にはノミネートされなかった。
主演、助演男優賞にはスティーヴ・カレルとマーク・ラファロが選ばれている。
確かに見て納得のノミネートだと思う。
特に、スティーヴ・カレルは何者なのかサッパリ分からなかった。
ママににらまれると何も言えないが、周りへの態度は王様というキャラクターな
よくある金持ちの我侭小僧だね。
そんなキャラクターをよく演じた。
全然話は知...
公式サイト。原題:Foxcatcher。ベネット・ミラー監督。スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、シエナ・ミラー、アンソニー・マ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2015年02月22日(日) 11時21分
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf