映画「紙の月」ここではない何処かへ、ダイブする

2014年12月07日(日) 18時16分
映画「紙の月」★★★★★
宮沢りえ,池松壮亮、大島優子、田辺誠一、
近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美出演

吉田大八 監督、
126分 2014年11月15日公開
2014,日本,松竹
(原題/原作:紙の月)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「バブル崩壊直後の1994年。
わかば銀行の契約社員として働く、
平凡な主婦・梅澤梨花。
上司や顧客からの信頼も厚く、
何不自由ない生活を送って
いるように見えた梨花だったが、
自分への関心が薄い夫との間には
見えない溝ができ始めていた。
そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会い、
やがて2人は男女の関係になる。
光太と過ごすうち、
ついに顧客のお金に手をつけてしまう梨花。
高価な買い物や高級な食事、
ホテルのスイートでの連泊を重ねるうち、
やがて金銭感覚と日常が少しずつ歪み出し、
最初は1万円に過ぎなかった横領が、
次第にエスカレートしていく…。」

シネマトゥディ HPより


いやーぁ、面白かった。
いつまでも心に残る名作
とは、思わないが
見終えた時のあの
胸のつかえがスッっとした
心を吹き抜けた風は心地よかった。


ラストを見ればこの映画は
お伽噺だ、
その結末が自分に
と言うか、今の自分の気分に
ピッタリだったのだろうな。



1億を超えるお金を
彼女はどうして横領したのか?
彼女が事件を起こすに至った
経過が描かれているが
だからと言って
不倫や満たされない結婚とか
明確な理由は提示されない。


見ている自分にとっても
そんなことはどーでも良かった。


小林聡美演じる模範的な銀行員に
「逃げましょう」と
手を差し伸べる時の表情、
割れた大きな窓ガラス
あれって確か2階のハズなんだけど
どーやって飛び降りたのか・・・、
それもどーでもいいな。



何だろう、
彼女の走る姿
たぶんバンコクのカオサンで
ふいに現れる彼女の姿
そして雑踏に紛れ込む姿。


そりゃあ、道徳的に言えば
赦されない事だけれど
映画なんだし。
そこは目をつぶる事にして。


どれもがなんか清々しくて
これで良いのだという気分。
映画的なうまい着地点と
くどくど説明しない描き方が良い。

面白かった。

★100点満点で100点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2309
トラックバック
トラックバックURL:
【概略】
銀行で契約社員として働く主婦・梅澤梨花と夫との間には空虚感が漂っていた。ある日、大学生・光太と逢瀬を重ねるようになった彼女は、彼のために顧客の預金に手を付けてしまう。
サスペンス



田辺誠一さんが夫で何の不満があるの。チッ とはパートナーのいない私の言葉である(笑)。結婚ってそれだけじゃないよね?誠実さとか、優しさとか、相性とか、会話とか、なにより、心が寄っているかが重要なんじゃないかな。主人公夫妻にはそれが欠けてた。空虚な穴。ぽっかり。
実際にあったあの有名な女性の横領事件を元にしたのかな?
心にあいた空虚な穴を、若い青年が埋めてくれた。自分に出来る最大限のお礼をしたら、喜んでくれた。それだけ。多くは望まない。…違う違う、最大限のお礼は金じゃないよ。心遣い=金にはならんよ。
宮沢りえさんが、金の迷宮にはまってしまう横領女を演じていましたが、愛に堕ちていく女性を上手く演じられてました。こういうのって、最初は、ほんの少しからなんだよね。
価値を等価交換出来る「金」というものの恐ろしさもそうなんだけど、主人公・梨花の、たががはずれていく様が良く描かれていて、若い男との逢瀬な...
いやいやえん  2015年06月25日(木) 9時25分
22日のことですが、映画「紙の月」を鑑賞しました。

1994年、銀行の契約社員として働く主婦 梅澤梨花は仕事への取り組みや周囲への気配りで上司や顧客から信頼されるようになる
一方、自分に関心のない夫にむなしさを抱く中、大学生 光太と出会い不倫関係に陥ち 彼と逢瀬...
笑う社会人の生活  2015年03月19日(木) 21時32分
『紙の月』 を鑑賞しました。

本日の2本目で、TIFF(東京国際映画祭)の本拠地六本木ヒルズには
今年初参戦である。(その間もTIFFですが、日本橋だから 笑)

【ストーリー】
 バブルがはじけて間もない1994年、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は綿密な仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上司や顧客から信頼されるようになる。一方、自分に関心のない夫との関係にむなしさを抱く中、年下の大学生・光太と出会い不倫関係に陥っていく。彼と逢瀬を重ねていくうちに金銭感覚がまひしてしまった梨花は、顧客の預金を使い始めてしまい……。


上映前に宮沢りえ、池松壮亮、吉田大八監の舞台挨拶があった。
宮沢りえは40歳を超えてもなお魅力的だ

映画は3人の女性と平成の濡場男優の池松壮亮を中心に進む。
原作は読んでいないが、原作とは異なるらしい。
そして過去の部分を省いて人間関係を描いたとのことで
それは前作の「桐島ぶかつやめるってよ」よりは全然観やすくなっていた。
(私は桐島〜は好きじゃありません)

物語の中心は、宮沢りえと池松壮亮の不倫から堕ちていくさまであるが
そこに同僚の大島優子と小林聡...
主人公梨花は、優しく人のことを想う心をもち、またおとなしく従順な側面と、いざとな
はらやんの映画徒然草  2014年12月08日(月) 20時51分
紙の月@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
あーうぃ だにぇっと  2014年12月08日(月) 7時27分
監督: 吉田大八   
キャスト: 宮沢りえ、池松壮亮、田辺誠一、近藤芳正、石橋…
映画@見取り八段  2014年12月08日(月) 2時24分
1994年。 夫と二人暮らしの梅澤梨花は「わかば銀行」の契約社員で、職場では高い評価を受けていた。 ふとしたことから、梨花は裕福な顧客・平林の孫で、大学生の光太と逢瀬を重ねるようになる。 買い物途中、預かり金から1万円借りてしまったことをきっかけに、彼女は銀行の金を横領し始めた。 その額は、日増しにエスカレートしてゆくが…。 サスペンス。
象のロケット  2014年12月08日(月) 0時21分
ちょっとした心の隙間と誘惑に揺れただけで、快楽を続けたいと思い横領を続けてしまう。破綻するのはわかっていてもやめられない苦悩を丁寧に描いていた。逃げる主人公を思わず応援したくなる魔力をこの映画は持っている。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年12月07日(日) 23時01分
 



 
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164641/
↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。
 
 
人妻銀行員の横領事件――
 

始めは、夫の生活のすき間を
若いツバメとお金に溺れた、中年女(梨花)のどうしようもなさを、見るのかと思っていました。
 
 
けれど、冒頭から
梨花が...
**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**  2014年12月07日(日) 21時33分
2014年の東京国際映画祭で観客賞と最優秀女優賞の二冠を獲得した作品。原作は『八日目の蝉』の角田光代の長編小説。銀行勤めの平凡な主婦がとあるきっかけから起こした横領事件を描いている。主演は宮沢りえ。共演に『海を感じる時』の池松壮亮、『マザーウォーター』の小林聡美、元AKB48の大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司が出演している。監督は『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八。
MOVIE BOYS  2014年12月07日(日) 21時21分
公式サイト。角田光代原作、吉田大八監督。宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美、中原ひとみ、平祐奈。元ネタになったと思われる女性銀行員に ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年12月07日(日) 20時56分
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf