映画「ふしぎな岬の物語」 そろそろ吉永小百合の代表作を見たい。

2014年10月26日(日) 16時34分
映画「ふしぎな岬の物語」★★★
吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、
笹野高史、小池栄子、春風亭昇太、井浦新、
中原丈雄、石橋蓮司、米倉斉加年出演

成島出 監督、
117分 2014年10月11日公開
2014,日本,東映
(原題/原作:岬の喫茶店/森沢明夫)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「千葉県に実在する喫茶店をモチーフにした
森沢明夫の小説『虹の岬の喫茶店』を映画化。
里の岬に立つ小さなカフェを舞台に、
そこに集う人々の温かくも切ない
人間模様が描かれる。
主演のみならず初の企画に挑戦した
吉永小百合がカフェ店主に扮し、
阿部寛、竹内結子、笹野高史ら
実力派俳優が脇を固める。」

ぴあ映画生活 HPより


良い人である、
そんな人ばかりが出てくる、
だからこれは、お伽噺として
見るといいかもしれない。

現実はもっと厳しいことも多いからね。


その場所で30年、
地元の人たちが、
朝のひと仕事を終えて、
ちょっと息抜きに
その店の美味しい珈琲を飲みにやってくる。


日常の何気ない事を話しているが
それが毎日の繋がりだから
都会の喫茶店とは
その様子は全然違う。



誰もがそんな行きつけの店を
持ちたいと思いながらも

どこも「いちげんさん」でしかなく
そんな場所は、自分の想像の中でだけ、
それが現実。

だから彼らの行動を見ていても
身近でありながら
もうひとつリアルには迫っていない。


自分もかつて、行きつけの喫茶店があった、
お店には自分の指定席があり
そこで、なんだかなんだと
店を出たら何を話したかも
忘れてしまうくらい
些細な事を話していた。

店が無くなってもう随分なるな、
ママは数年前に亡くなってしまった、
マスターは、何してるのかな
もうすぐ年賀状のシーズン
そんな時にふと、思い出すだけ。

色んな事が起こったが
この映画でも
それは一瞬に消えてしまう、

自分達はその瞬間を忘れてしまうのかな、
それとも、また同じ様なことを
繰り返す事を経験で知ってるので
それ程心に留めないように
出来てるのかもしれない。

登場人物は誰も優しく
良い人で
心に突き刺さるようなシーンは
無かったけれど
過酷な現実を見て
うなだれて帰るより
この静かな癒しの余韻は
良いのかもしれない。


レンタルでも
それ程印象は変わらないかも。


★100点満点で65点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2294
トラックバック
トラックバックURL:
『ふしぎな岬の物語』 を鑑賞しました。

別にサユリストって訳ではありませんが、ここのところの吉永小百合の出演する作品は
鑑賞率が高い気がする...

【ストーリー】
 海と花畑に囲まれた心休まる里、その岬の突端にあるカフェ「岬カフェ」には、店主の柏木悦子(吉永小百合)がいれるコーヒーを目当てに里の住人たちが集まってくる。店の隣に住むおいの浩司(阿部寛)は、何でも屋を営みながら悦子を献身的に見守ってきた。そんな穏やかな日々が営まれていたある日、常連客の娘で音信不通だったみどり(竹内結子)が数年ぶりに帰郷するが……。

成島出監督と吉永小百合の企画で始まった本作であるが、
後味の悪い終わり方ではなく、やっぱり良い終わり方だった。
そして、竹内結子と笹野高史のエピソードでは涙を流してしまった。
この映画を見て竹内結子は高嶋ちさ子と似ていることが分かった。(間違う位 笑)
豪華俳優陣なのは監督と吉永小百合だからこそなのであろう。

幾つかのエピソードからなる本作は、一つ一つが丁寧で分かりやすい。
それは、笑福亭鶴瓶のエピソードだったり、
飛び込み客の井浦新、米倉斉加年などが出演する。
小池栄子のエピソードは...
海の向こうに富士山を望む、のどかな里にある「岬カフェ」は、住民たちの憩いの場。 店主・柏木悦子のこだわりは、45歳の甥・浩司と一緒に毎朝、小島に汲みに行く岩清水。 その水で彼女がお客さんの幸せを祈って淹れるコーヒーは美味しいと評判だ。 30年来の常連客タニさんは、何かと問題を起こしてばかりいる浩司の一番の理解者だったのだが…。 ハートフル・ストーリー。
象のロケット  2014年11月01日(土) 12時31分

 
まぁ 確かにフシギな映画でありました。
 
岬の先端にあるカフェ、小百合さんが店主なのですが お客さんは鶴瓶さんと笹野さんと幾三さんと 限られた方方ばかり、コーヒーの水をわざわざ離島まで汲みに行って 「おいしくなぁれ〜」と呪文をかけて、まぁこれで経営は成り立ってるのか、まずフシギ。
 
甥っ子の阿部ちゃんも よくわからぬフシギ男で いきなりレスラーに いきなりテルマエロマエ化 やることなすこと なにがなんだか。
小百合さ...
大当り狸御殿〜大当り映画御殿  2014年10月28日(火) 13時42分
岬村にいる人たちは時間が止まっているようだ。そこに外から人間が帰ってくることで波乱が起きて、時計の針が進む。絵ではなく本物の虹が空に現れるとき未来に向かって歩き出すのだ。
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年10月27日(月) 8時19分
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
&nbsp;



 当初は、まじめで肩のこる映画と思っていましたが、実際に観てみると

&nbsp;

コミカルで肩がこらない映画になっていました。

&nbsp;

柏木浩司役の阿部寛とタニさん役の笑福亭鶴瓶が

&nbsp;

いい味を出していました。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

 風景はどこか懐かしさがある田舎。

&nbsp;

東北か北陸かと思っていたら、千葉県が映画の舞台だったとは

&nbsp;

ちょっと驚きました。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

 あと印象に残っているのは、霊感少女。

&nbsp;

悦子の旦那さんが絵を返してほしいと

&nbsp;

霊感少女に行った後、喫茶店が火事で全焼したのは

&nbsp;

何か関係があるのでしょうね。

&nbsp;

&nbsp;

&nbsp;

2014年 東映

&nbsp;

キャスト
 柏木悦子・・・・・吉永小百合
 柏木浩司・・・・・阿部寛
 竜崎みどり・・・・竹内結子
 タニさん・・・・・笑福亭鶴瓶
 竜崎徳三郎・・・・・笹野高史
 柴本恵利・・・・・小池栄子
 柴...
こみち  2014年10月27日(月) 5時03分
原作は森沢明夫の『虹の岬の喫茶店』。それを『孤高のメス』や『八日目の蝉』の監督・成島出と主演・吉永小百合の企画により映画化した人間ドラマだ。岬の村の住人を阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史といった実力派俳優が演じている。モチーフとなった喫茶店は実際に千葉県鋸南町・明鐘岬に実在し、そのため千葉県内各所を中心に撮影が行われたという。
MOVIE BOYS  2014年10月26日(日) 18時34分
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf