映画「ジャージー・ボーイズ」 イーストウッド監督が何故この映画なのかは分からなかった

2014年10月17日(金) 20時46分
映画「ジャージー・ボーイズ」★★★★
ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、
マイケル・ロメンダ、ビンセント・ピアッツァ、
クリストファー・ウォーケン出演

クリント・イーストウッド監督、
134分 2014年9月27日日本公開
2013,日本,ポニーキャニオン
(原題/原作:JERSEY BOYS)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「クリント・イーストウッド監督が
1960年代に活躍したアメリカの
ポップバンド、フォー・シーズンズをモデルにした
トニー賞受賞ミュージカルを映画化。
バンドの華やかな成功の裏に隠された
知られざるドラマや、
メンバー間に生じた亀裂を描き出していく。」

ぴあ映画生活 HPより

ニュージャージーの貧しい町で
生まれ育った4人の若者。
この町から抜け出すには、
軍隊に入るか、ギャングか、
スターになるしかない。

俳優が突然スクリーンの向こうから
語りかけてくるのは
うまい演出だと思った、

これを映像で描くか、セリフで言わせると
またそのシーンを用意しないといけないからね。

貧しいけれど
彼らは強い仲間意識と
何より独特な歌声と
作曲の才能が出会って
一躍トップスターへと駆け上がる、
その時の畳みかけるような
ステージシーンの
彼らの様子、観客の熱狂で
こちらにその熱がしっかり伝わってくる。



音楽好きなイーストウッド監督が
何故、舞台でミュージカルとして
ヒットしてるものを映画化したのか
そのあたりは分からなかったが、
現実を描きつつも
見終えてなんか爽やかな気分になる


実際に見ていたのは
栄光の陰の
仲間割れや、お金の問題
ギャングの存在など
結構「負」の部分が多かったのに
終わってみたら
彼らはそれぞれ精一杯に生きていて
それが何だかいちいち切なかったな。



ラストは歌に合わせて
インド映画もどきの
全キャスト勢揃いの踊りも
遊び心があって楽しい。


イーストウッド監督を考えると
どうしてもあとどのくらい
彼の作品が見られるか・・・、
同時代に彼の生きざまを見られる事が
ホント幸せなことなのだ。

★100点満点で80点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2293
トラックバック
トラックバックURL:
18日のことですが、映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。

ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。
コネも金もないが天性の歌声と曲作りの才能、そして最高のハーモニーがあった 彼らは...
笑う社会人の生活  2015年03月04日(水) 23時53分
【概略】
ニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折を描く。
ドラマ



フォー・シーズンズというバンドがあったことすら知らなく、楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というくらいの知識しかない。
ストーリーはまさに直球ストレートな栄光と挫折の話で、それ以上でもそれ以下でもない。
スターの影の部分も映し出している本作は、娘の死を乗り越えるために歌う「君の瞳に恋してる」の「君」が恋人ではなかったことに驚き。普通のラブソングだと思ってた。でもやっぱりこの曲はいいですね、名曲ってのが伝わってくる。
物語自体は淡々と流れていくものの、しっかりとした作りで飽きさせない。
ただ、当時を知る人にとっては懐かしくて、知らない人には目新しい発見を与えてくれるという監督の手腕はさすがですね。
エンディングのインド映画さながらの歌って踊る演出が楽しい。
出演ではないですが、劇中でイーストウッド監督の若い頃の映画がかかってた!
良作ですが、全体的に見ると感動するほどでもなく、普通かなー。
いやいやえん  2015年02月16日(月) 15時13分
2014年/アメリカ/134分
監督:クリント・イーストウッド
出演:ジョン・ロイド・ヤング
   ヴィンセント・ピアッツァ
   エリック・バーゲン
   マイケル・ロメンダ
   クリストファー・ウォーケン

■概要
原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の同名ミュージカルを映画化した、アメリカ製作による2014年の伝記ミュージカルです。監督はミュージカル初挑戦...
偏愛映画自由帳  2015年02月11日(水) 20時17分
ジャージー・ボーイズ
'14:米



◆原題:JERSEY BOYS
◆監督:クリント・イーストウッド「インビクタス 負けざる者たち」「グラン・トリノ」
◆出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォ...



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
9月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:15の回を鑑賞。
みはいる・BのB  2014年11月02日(日) 21時05分
1951年、イタリア移民が多く暮らす労働者の街アメリカ・ニュージャージー州ベルヴィル。 場末の酒場で歌い、刑務所を出たり入ったりしていたトミーとニック、ファルセットボイスが地元では有名だったフランキー、そして作詞作曲の実績があったボブという、地元の4人の若者(=ジャージー・ボーイズ)が結成したグループ“ザ・フォー・シーズンズ”。 それはのちに、世界的人気のポップグループへと成長していく…。 音楽ヒューマンドラマ。
象のロケット  2014年10月22日(水) 14時25分
2014年・アメリカ/マルパソ・プロ=GKフィルムズ配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Jersey Boys 監督:クリント・イーストウッド脚本:マーシャル・ブリックマン、リック・エリスミュージカ
監督: クリント・イーストウッド   
キャスト: ジョン・ロイド・ヤング、エ…
映画@見取り八段  2014年10月19日(日) 14時48分
'14.09.11 『ジャージー・ボーイズ』(試写会)@一ツ橋ホール

ハリウッド・ニュースで当選! ありがとうございます!! これはスゴイ見たかったので、バレエのお稽古休んで行ってきたー 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(感想はコチラ)より先に見たけど、公開日の関係で後回しになった(;´・ω・`)ゞごめんなさい

ネタバレありです!結末にも触れています!

「ニュージャージー州の貧しい地区に育ったフランキー、トミー、ニックは、音楽でそこから抜け出そうと考えていた。既にヒット曲を持つボブが加わわり本格的に売り込みを開始。プロデューサーとの出会いもあって、次々ヒット曲が生まれるが・・・」という話で、これは1960年代に世界的ヒットを飛ばしたザ・フォー・シーズンズの栄光と挫折を描いた作品。トニー賞作品賞に輝くミュージカル作品を、クリント・イーストウッドがどう描くのか、期待大だったのだけど・・・ うーん(笑) 面白かったのだけど、全体的に見ると普通かなぁ・・・

2005年にBroadwayで開幕した「ジャージー・ボーイズ」の映画化。毎度のWikipediaで調べてみたところ、1960年代ビートルズ以前に世界を席巻したPOPグループ、ザ・フォー・シーズ...
・*・ etoile ・*・  2014年10月18日(土) 23時55分
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
はらやんの映画徒然草  2014年10月18日(土) 23時25分
巡りゆく四季、巡りゆく音楽。

トニー賞受賞のブロードウェー・ミュージカルを原作に、巨匠クリント・イーストウッドが作り上げた瑞々しい音楽映画。
1960年代、時代を牽引した伝説的ポップスグループ、“ザ・フォー・シーズンズ”の実話を元に、アメリカンドリームの光と影を描く。
舞台版と同じく、ジョン・ロイド・ヤングがリードボーカルのフランキー・ヴァリを演じ、てんこ盛りの音楽シーンは、もはや...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2014年10月18日(土) 22時34分
ジャージー・ボーイズ@一ツ橋ホール
あーうぃ だにぇっと  2014年10月18日(土) 15時44分
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。
 『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ、心躍るヒット曲、波乱に満ちた成功物語だ。
 そんな作品を、よりによってクリント・イーストウッドが監督するとは!?
 アクション大作...
映画のブログ  2014年10月17日(金) 23時02分
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf