映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」良い悪いは見方次第、どうしても共生は出来そうにない

2014年09月25日(木) 19時09分
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」★★★★
アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、
ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル出演

マット・リーヴス監督、
131分 2014年9月19日日本公開
2014,アメリカ,20世紀フォックス
(原題/原作:DAWN OF THE PLANET OF THE APES)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「SF映画史に名を残す『猿の惑星』の
原点の物語として製作された
『…創世記〈ジェネシス〉』の続編。
遺伝子的に進化を遂げた猿たちと、
人間の新たな戦いが繰り広げられる。」
ぴあ映画生活 HPより


映画の舞台は2020年代、
実際上では東京でオリンピックが開かれ
名古屋までリニアが開通した頃、
映画では人類の90%が
猿ウイルスによって死滅したことになる。

近未来すぎて
やはりリアルな感じは全く無い、
だからこそ絵空事と割り切って見る



猿のシーザーはゴールデンゲートブリッジの奥の森に
仲間と文明的なコロニーを築いて
平和に暮らしていたが
そこに生き残った人間が
ダムの発電による電力を必要として
森に入って来た事から
新たな対立が生まれる。


人間も猿も理性的なものも居れば
自分達の事しか考えられないものも居て
どちらも似たり寄ったり、
その中でも幼いころ人間に育てられた
シーザーの人格と言うか猿格は
他に抜きんでている。



今さら猿の特殊メイクというか
造形に驚きは無いが

やはりその違和感の無さには
技術の進歩を見るし、
沢山の猿が動くシーンでは
どこまでがリアルでどこからが
CGなのか違いは全く分からない。


そういうことこそ
凄いことなのだろう。



結局この映画
結論は出ている
生物の頂点に立つ人間の
これからの行動が
未来を大きく左右すると言う事だけど、
現実社会に目を戻すと、
ここで描かれる未来も
まんざら絵空事とも思えなくなる
それこそが怖いことだ。


ハリウッド大作として
充分楽しめるし
テーマもしっかり

これは続編がまだありそうなので
次も楽しみだ。

★100点満点で80点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2288
トラックバック
トラックバックURL:
19日のことですが、映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を鑑賞しました。

勢力を拡大し手話や言語を操るようになった猿たちは森の奥深くに、人類はわずかな生存者たちが荒廃した都市の一角に
そんなある日、資源を求めた人間たちが猿たちのテリトリーを侵食したこと...
笑う社会人の生活  2015年02月27日(金) 22時47分
【概略】
猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。
SF



前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。
なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行くまでの過程(この10年)が見たかったのに。前作のラストで「人間に対し反乱を起こして」という感じではなかったような気がするんだよね。あくまでアルツハイマーの新薬開発で飛躍的に知能が発達した猿たちが団結して人間社会から巣立っていった…と言う感じだった気が。
悲観する間もないほどテンポよく進んでいくストーリー、人間=猿ドラマの中に社会同士の対立や組織のあり方など、猿たちを鏡として、自分たち人間を省みるような作品になっていた。
前作の方が好きだったし面白いと思えるんだけど、本作での沈むように悲しみに浸りこんでいくのが、なんとも言えず。
中盤からはシーザーよりもコバのほうが予想外に活躍、最先端技術を駆使した映像は前作同様見事で、たくさんの猿がいるシーンでも違和感は少ない。演技派のコバから目が離せなかった(笑)二丁拳銃で疾走するコバも。
猿側の方が...
いやいやえん  2015年02月07日(土) 8時05分
猿の惑星 新世紀(ライジング)
'14:米



◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES
◆監督:マット・リーヴス「モールス」
◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、...


自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。
サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが
ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。
人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、
再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考...
R.U.K.A.R.I.R.I  2014年10月04日(土) 0時01分
クオリティ高いなあ。
或る日の出来事  2014年10月01日(水) 22時09分
“星を継ぐもの”は誰だ?

2011年に公開されたリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の、10年後の世界を描く新シリーズ第二弾、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は驚くべき映画だ。
ルパート・ワイアットから監督を引き継いだマット・リーヴスは、絶滅に瀕した人類と進化した猿たちの予期せぬ出会いから始まる壮大な叙事詩を構築し、あっさりと前作を凌駕してみせた。
二つの種族10年ぶりの...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2014年09月30日(火) 23時06分
 今日はどうしても、どうしても劇場で観たい衝動に駆られ、久しぶりに一人で「猿の惑星:新世紀(ライジング)」へ行ってきた。前作の感想でも書いた通り、「猿の惑星」はオリジナルを含め個人的に思い入れの強いシリーズ。実は先週の金曜、ニコ生で組まれた「猿の惑星」シリーズを語る特番を観て以降、火が付いたまま一週間燻っていたのだ。いつもなら盟友N氏を誘うのだが、予定を組まずに夕方になってしまった。そしてレイトシ

高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。
猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。
一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅し、わずかな生存者グループは、荒廃した都市の一角で身を潜めるように暮らしていた。
ある日、電力が底をつきかけた人間たちは、ダム...
心のままに映画の風景  2014年09月29日(月) 1時19分
 横浜DeNAの中村ノリ、3度目のFA宣言するみたいですね。どこの球団が、彼のような我がままデブを採るのでしょうか。本当に、懲りない人ですなぁ。では、本日紹介する作品はこち
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2014年09月28日(日) 16時10分


映画 『猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映初日の第1回目で劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。










ざっくりストーリー


2020年代のサンフランシスコ。猿たちは驚異的な遺伝子の進化を遂げ、人類と接触しようとせず、森の奥に平和なコミュニティーを...
ディレクターの目線blog@FC2  2014年09月28日(日) 8時47分
天性のリーダーシップで2000頭の猿を統率するシーザーは、サンフランシスコ郊外の森の奥深くに、巨大なコミュニティを築き上げていた。 一方、10年前に世界的に拡散したウイルスの影響で人類の大半は死滅しており、免疫を持つわずかな生存者たちが、荒廃したサンフランシスコ都市部で共同生活を送っていた。 互いの存在を忘れつつあった人間と猿は森で遭遇し、互いにパニックに陥ってしまう…。 SFスリラー。
象のロケット  2014年09月28日(日) 5時18分
前作同様、大変面白かった。
だらだら無気力ブログ!  2014年09月28日(日) 0時30分
猿の惑星:新世紀(ライジング)

なんとまたしても猿の惑星ですね。
何度目のリメイクでしょうか?

前にやったのは、確か観た記憶がありましたが。前のがどの回か、分かりませんけどね。
宇宙船があって、そこで何か判明していた気がしますが。

今回は、どんな内容に?

今回は、どうやらウイルス。
そのウイルスによって、人類のほとんどが死滅した。

サンフランシスコでは、人類と、進化してしまった猿達との闘争が起きている。

人間に対して、猿は、文明を築いていこうとしている。...
映画情報良いとこ撮り!  2014年09月27日(土) 5時27分
猿の英雄シーザーを中心に山の中で文明的な生活を構築しているのに対して、人間は絶滅の危機に陥っている。二つの集団が共存できるのか敵対するしかないのか、猿社会と人間社会それぞれの葛藤が繰り広げられる。猿も人間も同じように苦悩するのが物語に深みを与えている。見
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年09月26日(金) 11時22分
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。

冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか?

この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=...
勝手に映画評  2014年09月26日(金) 8時19分
監督: マット・リーヴス   
キャスト: アンディ・サーキス、ジェイソン・クラ…
映画@見取り八段  2014年09月26日(金) 0時19分


3年前の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編

自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、再び人類が地球を支...
よくばりアンテナ  2014年09月25日(木) 23時39分
『猿の惑星 -新世紀(ライジング)-』 を鑑賞しました。

先行公開で急遽3連休に飛び入り参戦した猿は如何に...

【ストーリー】
 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考えに従って動き出す。一方、猿たちを率いるシーザー(アンディ・サーキス)は、人類と接触しようとせずに文明を構築していた。

この映画は前作『創世記』の10年後という設定である。
前のレビューはいろんな意味で散々だ。
そして今作も前回同様期待していたが、肩透かしに終わった。
やっぱり猿が主役では面白くない。
喋るのも気に入らなければ、喋らなくてもたぶん気に入らないだろう(笑)
この映画は何時まで続くのか...ある意味そっちのが楽しみになってきた。
キャストもゲーリー・オールドマン位しか知らないのも痛い。。。

 ↓良かっ...
'14.09.13 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』@TOHOシネマズ日本橋

したまちコメディ映画祭で『西遊記 はじまりのはじまり』を見た後、時間も早いのでせっかくだから1本何か見ようということになり、『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』と悩んで、先行上映だからこちらに決定! 一足先に見てきた 2D字幕版で鑑賞!

ネタバレありです! 結末にも触れています!

「ジェネシス社の新薬開発の失敗による伝染病蔓延から10年。人類の90%が死滅した。一方、新薬投与により驚異的な進化を遂げた猿シーザーをリーダーとした、類人猿たちは森の中にコミュニティを築き平和に暮らしていた。ある日、思わぬ侵入者が現れて・・・」というあらすじはあんまり上手くない。大方の予想通り、結局は人類vs猿という構図になっていくので、思わぬ侵入者もなにも・・・(o´ェ`o)ゞ あらすじも自分で書いてるので、ツッコミ入れてみた(笑) そんな自虐ネタはどうでもいいけど、言いたいことは"結局は人類vs猿という構図になっていく"ってこと。もちろん、それだけではないけど、このシリーズ自体がそういう方向なんだろうし、やっぱりそこをクライマックスに持っていくしかないわけで、それを...
・*・ etoile ・*・  2014年09月25日(木) 22時11分
共存か、対立か…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/


 猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別)

【楽天ブックスならいつでも送料無...
日々“是”精進! ver.F  2014年09月25日(木) 20時59分
希望は再エネだったが・・・
公式サイト。英題:Dawn of the Planet of the Apes。マット・リーヴス監督、アンディ・サーキス(モーションピクチャー:シーザー)、ジェイソン・クラーク、ゲイ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年09月25日(木) 20時59分
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf