映画「GODZILLA ゴジラ2014」怪獣映画の基本に忠実、ドキドキ感は少ない

2014年08月03日(日) 9時32分
映画「GODZILLA ゴジラ2014」★★★☆
アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、
エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、
サリー・ホーキンズ、デヴィッド・ストラザーン出演

ギャレス・エドワーズ監督、
124分 2014年7月25日公開
2014,アメリカ,東宝
(原題/原作:GODZILLA)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

日本で公開、初登場首位獲得。
日本に先駆け5月16日より世界62の国と地域で公開され、
すでに全世界の興行収入が累計500億円を突破。
今回の日本の結果で、
世界63の国と地域すべてで第1位に輝いたことになる。


「日本が産んだ怪獣映画の大傑作
『ゴジラ』がハリウッドでリブート。
日本からは渡辺謙が
『ゴジラ』精神を受け継ぐ科学者役として参加。
『モンスターズ/地球外生命体』で
怪獣映画に詩情とロマンスを持ち込んだ
ギャレス・エドワーズが監督を務める。」

ぴあ映画生活HPより


1999年日本から映画は始まる、
原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、
大きな振動に危機を感じ
原発の運転を停止する、
その過程で妻のサンドラ(ジュリエット・ビノシュ)は
命を落としてしまう、
なんとなく、今の日本人のとっては
居心地の悪い時間だった。



ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、
日本で暮らす父を訪ねる。
原発崩壊事故によって
かつて家族が暮らした場所は
進入禁止区域となっていたが、
二人で侵入して見ると
そこでは「何か」巨大なプロジェクトが
国民にも極秘に行われていたことが分かった。


原発の崩壊と言う
今日的な問題を突き付けつつ

映画の中で日本政府が隠していた怪獣は、
核のエネルギーが栄養源であり
原発崩壊時のエネルギーも
全て食い尽くしてくれる
今の日本に是非欲しい怪獣とも言えるが
そこは怪獣なんだから
やはりうまく共存は出来ないわけで。


手に負えなくなったら
日本にはゴジラがいる、

実際のゴジラはなかなか登場しない、
かつての歴史を紐解きつつ
待ちに待ったゴジラが
雄たけびを上げる!
なんか待ちに待った登場だったので
結構こちらも気持も熱くなって
「待ってました!」



しかし怖いシーンもいくつか、
ゴジラがハワイに上陸する際の
津波の映像は怖かったな、

震災以降、こういうシーンを
ただ映画のワンシーンと見られない、
その意味で、ゴジラは
人間の味方って訳じゃないのだ。


街を派手にぶっ壊し
怪獣同士の戦いでも
ビルがバンバン壊れていく
そういったシーンは
中に人間が入っていた時代から
それ程進歩しているように思えない
でもそれがかえって
微笑ましく

CGでどれ程、怪獣の質感が増そうと
怪獣は怪獣なのだ、
原発の方がよっぽど怖い
それだけは確かなようだ。


映画は期待以上で満足。
こんなものでしょう、
暑い夏、劇場は涼しく快適だ。

★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
  • URL:http://yaplog.jp/sora2001/archive/2270
トラックバック
トラックバックURL:
25日のことですが、映画「GODZILLA ゴジラ」を鑑賞しました。

アメリカ爆発物処理班の隊員であるフォードは日本にいる父ジョーを元を訪ねる
ジョーは19年前の原発崩壊事故の原因を調べようと躍起になっており 2人は侵入禁止区域に足を踏み入れ そこで思いも寄らぬ光景を...
笑う社会人の生活  2015年01月26日(月) 0時08分
怪獣映画の傑作として映画史に名を残す『ゴジラ』を、ハリウッドが再リメイクした超大作。突如として出現した怪獣ゴジラが引き起こすパニックと、ゴジラの討伐に挑む人類の姿を壮大なスケールで活写する。メガホンを取るのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・...
パピとママ映画のblog  2014年08月19日(火) 18時54分
2014年・米/レジェンダリー・ピクチャーズ=ワーナー 配給:東宝 原題:Godzilla 監督:ギャレス・エドワーズ原案:デビッド・キャラハム脚本:マックス・ボレンスタイン撮影:シーマス・マッガーベ
 ハリウッド版ではありますが、久しぶりにゴジラが映画館に帰ってきたので、出来るだけ早く見に行こうとしたもののなかなか仕事の都合がつかず、ようやく本日の夕方の回での鑑賞となりました。
良い映画を褒める会。  2014年08月09日(土) 15時13分
海外で「ゴジラ」が映画化されるのは、ローランド・エメリヒッヒが監督した1998年
はらやんの映画徒然草  2014年08月07日(木) 21時35分
「ファイナル・ウォーズ」の号で予想していたように、ゴジラ復活。当然です。これほど
事務職員へのこの1冊  2014年08月07日(木) 20時27分
1999年に日本で発生した地震・原発事故で妻を亡くしたアメリカ人科学者ジョー・ブロディと、息子で現在は米軍に勤務するフォードは、15年後、昔住んでいた立入禁止区域を訪れ、拘束されてしまう。 そこには密かに研究所が作られており、二人は日本人科学者・芹沢猪四郎博士から協力を求められる。 1999年の地震は、実は巨大な怪獣と関係があったのだった。 日本・ハワイ・そしてアメリカ本土へ、今その怪獣は驚異的な早さで移動していた…。 SF怪獣アクション。
象のロケット  2014年08月06日(水) 23時53分
 舛添東京都知事、何しに某国へ行っているのでしょうか。日本のオリンピックに某国の協力を求めるなんて、どのようなメリットがあるというのでしょうか。こんなことなら、ドクタ
こんな映画観たよ!-あらすじと感想-  2014年08月06日(水) 11時42分
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 ゴジラVSムートーの戦いに時々人間が絡
うろうろ日記  2014年08月05日(火) 16時39分
日本人の記憶にあるゴジラの面影を残しつつ最新技術で映像化した姿は、迫力満点だった。もう大満足の展開だった。自然界の頂点にたつ存在ゴジラは、人間が太刀打ちできない。大自然の脅威をゴジラが再現してくれているようで、人間のちっぽけな存在に恐れおののく想いがした
とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver  2014年08月05日(火) 14時09分
神の名を持つ存在…



詳細レビューはφ(.. )
http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407250001/


映画 海外 GODZILLAゴジラ エアポート ポスター(FP-3343)【代引手数料無料!送料全国一律】【...価格:1,166円(税込、送料別)

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【オススメ新...
日々“是”精進! ver.F  2014年08月05日(火) 12時50分


原爆と核実験の象徴から、善悪を超越した存在として描かれている、ゴジラ。ただの大怪獣でもない。
前情報がでてから、ゴジラのビジュアルと設定がとかく気にかかっていました。前作・ハリウッド版の「GODZILLA」は、単なる怪獣映画と化してしまっていたので。日本人が納得するゴジラではなかったのだった。本作はどうだろう。圧倒的な自然の驚異という設定で(一応は)安心した。(ゴジラさん少々お太りになられて…。顔が小さいな!)
ゴジラはバランスの崩れた自然界を修正するために現れた「荒ぶる神」のようにして描かれていました。質感、滑らかな動きと、ムートーのギャオスとレギオンを合わせたような造形や、後半におけるゴジラの必殺の尻尾攻撃、放射熱線なんかは感激しましたねえ。

が、正直期待はずれの部分もあった。主人公に絡むストーリーはほとんど不必要で、そのくせほとんどがその場面で、結局芹沢博士が属する研究組織は15年も何を研究してたのだ?とか(主人公の父のほうがわかっていた)、いつのまにムートー交尾してたのかとか、冬眠してるから核廃棄施設行きだとか、しかもあんなに豪快に逃げてるのに気づかないとか、主人公橋から落ちて...
いやいやえん  2014年08月05日(火) 10時14分
王の帰還。

日本映画が生んだ銀幕のスーパースター、怪獣王ゴジラの10年ぶりの復活にして二度目のハリウッド映画化。
突如として出現したゴジラと謎の怪獣ムトーの戦い、人知を超えた巨大生物の脅威に直面し、彼らを倒そうとする人類の葛藤が描かれる。
監督は低予算SF「モンスターズ/地球外生命体」で注目され、本作に抜擢された俊英ギャレス・エドワーズ。
1998年に作られた前回のハリウッド版が...
ノラネコの呑んで観るシネマ  2014年08月04日(月) 22時17分
 『GODZILLA ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました(3D日本語吹替版)。

(1)怪獣映画ファンでもないのでパスしようと思っていたものの、余りにPRが凄いものですから(注1)、それならと映画館に出かけてみた次第です。

 本作のはじめの方では、1999年、研究機関モナ...
映画的・絵画的・音楽的  2014年08月04日(月) 21時27分
GODZILLA(2014)
(ネタバレ有ります)

98年版のハリウッド・ゴジラ(エメリッヒ監督版)と違って、今回のGODZILLAはゴジラっぽくて怖いほど力強かった。(唯一、98年GODZILLAのほうがマシなのは、ゴジラの鳴き声がオリジナルに忠実だったことくらいかな・・・。)

満足度「78点」くらい。(特撮92点、物語39点・・)
?◆?
ゴジラと怪獣ムートー(雄・メス)との戦いはド迫力。

物語の欠点やツッコミどころを補うに充分の「ヘビー級」の戦いぶりで、ハワイやサンフランシスコの破壊度が凄い。

背びれが光って口からグワーーーッと放射熱線を吐くゴジラには感動さえ・・・

ムートーにやられた戦闘機が空から降ってくるシーンなんてのはハッとさせられたし・・・。

ゴジラ出現によって津波が起きたんだけど、『東日本大震災』のことが頭にあるから微妙に心がザワつきました。

ビルにムートーや戦闘機がぶつかったりするシーンは、アメリカ的には『9.11』を想起しないんだろうか?

わざと9.11のメタファーとして描いてるんだろうか?

で、ハワイもシスコも大破壊だったんだけど、よく考えると元祖『ゴジラ』(1954年版)で、炎に焼き尽くさ...
世事熟視?コソダチP  2014年08月04日(月) 9時46分
書き忘れです。

・今回のゴジラの脚はサリーちゃん足だ。
・そう言えば前回のゴジラは脚長だった。
 脚長だと逃げ脚も速いからダメなのか。
・じゃあ、次はもっと足がない蛇み ...
ふじき78の死屍累々映画日記  2014年08月04日(月) 0時30分
こんなんネタバレなしではよう語れん。
という事でこの後、バリバリネタバレします。

五つ星評価で【★★特撮は良い。話は適当】  
だが、この特撮は割と見る所があるのに話 ...
ふじき78の死屍累々映画日記  2014年08月04日(月) 0時30分
 今夜は盟友N氏と「GODZILLA ゴジラ」(2D字幕版)を観てきた。IMDbでの評価も高く、期待値を上げてでの鑑賞となった。なお16年前、ローランド・エメリッヒによるハリウッド版ゴジラ鑑賞時、トカゲとなった(ゴジラではなく)ジラとあまりにおバカな物語に飽き、途中爆睡したのが思い出される。万が一の感もあったので今回は昼寝をたっぷり取って、体調を万全にして臨んだ。  ビキニ環礁等かつての水爆実験映
厳しい暑さの中、いかがお過ごしでしょうか。私は先日「GODZILLA ゴジラ」を観てきましたので、適当に感想を書いていきたいと思います。例によってネタバレ全開ですので未見の方は気をつけてくださいね。

ローランド・エメリッヒ監督が過去にもハリウッドで「ゴジラ」を撮りましたがあまりに別物だろうという批判が内外から出たことで、今回かなり東宝が作ってきた怪獣映画を意識しているなと感じさせられま...
生まれてから今まで観てきた映画全部  2014年08月03日(日) 14時20分
『ゴジラ/GODZILLA』 をジャパンプレミアで観賞しました。

東京国際フォーラムの試写会は気持ちが高ぶるのもあるけど
落ち着かない...途中退出者や途中携帯見たりするのがいるから。
人数が多いからそういうのが居る可能性が高くなるよね
本日の登壇は、渡辺謙、波留、ギャレス・エドワーズ監督でした。


【ストーリー】
 1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。


映画はハリウッドのLEGENDARYが製作なんだけど
上映開始とともに東宝のロゴが出てきて、その後、ワーナーのロゴが出るという
なんとも不思議な感じの開始である。

今回のジャパンプレミアは流石にゴジラ好きが多かったのか
ゴジラ登...
これは詐欺、もうハリウッドはゴジラ作らんでいい
公式サイト。原題:Godzilla。ギャレス・エドワーズ監督。アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリ ...
佐藤秀の徒然幻視録  2014年08月03日(日) 10時21分
 【ネタバレ注意】

 「ゴジラはアンチヒーローなんだ。善玉じゃないけれど、悪の化身でもない。」

 ゴジラとは何か?
 ゴジラ映画を撮る際に作り手が最初に悩むであろうこの質問に、『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督は上のように答えている。
 1954年に誕生して以来、ゴジラというキャラクターはブレ続けてきた。人間を襲う脅威だったり、人間を助けるヒーローだったり...
映画のブログ  2014年08月03日(日) 9時57分
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
http://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf